【鳥】奇妙な形をした鳥居

カテゴリ【鳥】:京都の鳥居
~京都にある珍しい鳥居や特徴的な鳥居をピックアップします。


ミニブログコーナー:先日、桑田さんのライブを見に東京ドームへ行ってきました。アリーナで2塁ベースのあたりでしたよ。"〇〇〇〇〇〇"からの"〇〇〇〇〇〇〇"は鳥肌モノでした。私はセトリは知りたくない方なので、伏字にさせてもらいましたが、ファンならわかっちゃうかな。
今回は、京都三珍鳥居の最後の一つ、蚕の社(かいこのやしろ)の三柱鳥居(みはしらとりい)を御紹介すべく、嵐電で蚕ノ社駅へやってきました。蚕ノ社の三柱鳥居は今まで記事にしようと何度も訪問していましたが、その都度記事にするチャンスを失っておりました。

蚕ノ社・駅近くの石鳥居_H29.06.27撮影
駅近くの石鳥居 H29.06.27撮影

駅を降りると目の前は三条通り、嵐電の線路はここから四条大宮に向かって三条通りの上を走っていきます。線路に沿って50mも進むと、北側に進む道に6~7mはあろうかと思われる1934(昭和9)年の銘の入る大きな石鳥居が目に入ってきました。

蚕ノ社・石鳥居脇の石灯籠_H29.06.27撮影
石鳥居脇の石灯籠 H29.06.27撮影

石鳥居の扁額や鳥居脇の石灯籠には"蚕養神社(こがいじんじゃ)"と刻まれています。これは、蚕の社の境内社である"蚕養神社"のことを指し、それが駅名にもなった"蚕の社"の通称の由来となっています。元々は、古代に渡来人として、この地、太秦(うずまさ)で大きな勢力をもった"秦氏"の養蚕・機織・染色技術に関わる神社なのでしょう。

蚕ノ社の森_H29.11.03撮影
蚕ノ社の森 H29.11.03撮影

石鳥居の下を進むと通り沿いは、数軒の飲食店や住宅が並ぶ静かな地方のごく小さな町の趣きです。300m程進んだセブンイレブンのある変形十字路の一角に、蚕ノ社のこんもりとした森が現れました。

蚕ノ社・木の鳥居_H27.04.24撮影
木の鳥居 H27.04.24撮影

入り口に立つ黒ずんだ丸太の神明鳥居は、それほど古いものでは無さそうですが、この神社の格と気品を感じさせます。

蚕ノ社・木嶋坐天照御魂神社の石碑_H29.06.27撮影
木嶋坐天照御魂神社の石碑 H29.06.27撮影

鳥居の脇には、蚕ノ社の正式名称である"木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)"の碑が建っています。舌を噛みそうな名前ですが、京都検定受験の時には覚えるのに苦労しました。蚕の社以外の通称では、木嶋神社(木島神社 このしまじんじゃ)とよばれています。

蚕ノ社・石柱と石燈籠_H29.06.27撮影
石柱と石灯籠 H29.06.27撮影

隣には蚕神社の石碑、石灯籠には蚕養社と刻まれています。

蚕ノ社・境内_H29.06.27撮影
境内 H29.06.27撮影

渡来人の秦氏に所縁があるといわれる通り、京都の神社の中でも古い時代、平安遷都以前に創建された神社で、604(推古12)年に創建されたとの説もあります。一方、参道の脇には保育園があり、日中は無邪気な子供の声が響きます。

蚕ノ社・舞殿_H27.06.27撮影
舞殿 H27.06.27撮影

鳥居から一直線、社務所や蔵の前を通り過ぎると、舞殿に行きあたります。舞殿から先は、木々の葉に覆われて空が見えなくなります。そのせいで辺りは少し暗くなるのですが、それが否が応でもこの場所の神秘的な感じを引き立てています。私は京都の神社の中では、ここが最も神秘的な印象をもっています。

蚕ノ社・拝殿_H27.06.27撮影
拝殿 H27.06.27撮影

舞殿の向こうの小さな石段を上がったところが拝殿です。本殿は位置的に撮影が難しいのですが、本殿の祭神は天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、大国魂神(おおくにたまのかみ)、穂々出見命(ほほでみのみこと)、鵜茅葺不合命(うがやふきあえずのみこと)、瓊々杵尊(ににぎのみこと)の五神となっています。古くから雨乞いの神社としても信仰されていました。

蚕ノ社・本殿と蚕養神社_H29.11.03撮影
本殿(左)と蚕養神社(中央) H29.11.03撮影

こちらが蚕の社の名の由来にもなっている蚕養神社です。本殿の向かって右に、本殿と並んで建っています。拝殿の内側にあり、東本殿とよばれていることで、この養蚕神社が重要な位置を占めていることがわかりますが、由来はよくわかっていないそうで、祭神は保食神、蚕の神、木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)となっています。

蚕ノ社・珍鳥居前に建つ鳥居_H27.04.24撮影
珍鳥居前に建つ鳥居 H27.04.24撮影

今回の珍鳥居は舞殿の脇の小さな木製鳥居を抜けた先、元糺(もとただす)の池の中にあります。元糺の池では、夏の土用の丑の日に足浸け神事が行われます。この日、この池に足をつけると諸病に効くという伝承があるのです。

蚕ノ社・元糺の池(手前)_H29.06.27撮影
元糺の池(手前部分) H29.06.27撮影

現在、元糺の池は水がありません。神社の方に伺ったところ、神事の際は地下水をポンプでくみ上げて、池に水を張っているそうです。20年くらい前はコンコンと水が湧いていたのだとか。元糺の池は竹柵で二つに分けれれており、池の手前側はちょっとした幼稚園のプールくらいの深さでしょうか。ここからさらに出ている水路は神社の正面をぐるりとまわり、社務所の裏まで続いています。

蚕ノ社・元糺の池(奥側)_H29.06.27撮影
元糺の池(奥側) H29.06.27撮影

少し見えていますが、この御幣をつけた竹柵の向こうに、今回の三柱鳥居が鎮座しています。いつ頃からあるものかは不明ですが、現在のものは享保年間に修復されたものだそうです。

蚕ノ社・三柱鳥居_H29.06.27撮影
三柱鳥居 H29.06.27撮影

竹柵の隙間から撮影してみました。八の字型の池の真ん中に奇妙な三本柱の鳥居が鎮座しています。鳥居の真下には石が積まれ、真ん中に御幣が。何やらただならぬ雰囲気が感じられます。

蚕ノ社・三柱鳥居_H29.06.27撮影
三柱鳥居 H29.06.27撮影

渡来人の秦氏が景教(古代キリスト教の一派)を日本に伝えたのではないかという説から、この三柱はキリスト教の三位一体を表しているのではないかという考え方もあるそうです。こちらのHPでは、三柱鳥居の場所と方角について面白い分析をされています。

蚕ノ社・三柱鳥居の下部_H29.06.27撮影
三柱鳥居の下部 H29.06.27撮影

枯れた池にぽつねんと立つ不可思議な鳥居ですが、水があればさらに神秘さが増していることと思います。鳥居の下の、この石組の下からポンプで水をくみ上げているそうです。

蚕ノ社・三柱鳥居_H29.06.27撮影
三柱鳥居 H29.06.27撮影

訪れたのはいずれも春夏の時期、池は森の木々に覆われていますが、三柱の上にはさらに深く覆い被さり、何かからこの鳥居を守っているように感じました。ちなみに日中でも、一眼レフでこの鳥居を撮影すると写真がぶれることが多いのも不思議な気がします。(単に私の撮影技術の問題だと思いますが。掲載の写真は全てスマホで撮影しています。)

三囲神社_H29.11.18撮影
三囲神社 H29.11.18撮影

余談になりますが、呉服屋から財を成した三井家は、布に関わる技術を守護する蚕の社を篤く信仰していました。江戸期に松坂から進出した三井家は、江戸では向島の三囲神社を崇敬することとなります。"三囲"が"三井"の"井"の字を"□"で囲っていることから、"三井を護る"と解釈されたのです。

三囲神社・三柱鳥居_H29.11.18撮影
三囲神社・三柱鳥居 H29.11.18撮影

現在も"三囲(みめぐり)神社"の中には、この鳥居を模した三柱鳥居が置かれています。説明には"三角石鳥居 三井邸より移す。原形は京都太秦・木島神社にある。"とはっきりと書かれています。鳥居の真下には井戸が置かれていました。

三囲神社・顕名霊社_H29.11.18撮影
三囲神社・顕名霊社 H29.11.18撮影

ネット上では(wikipediaでも!)三井家の家祖を祀る顕名霊社が今でも蚕の社にあることになっていますが、三井広報委員会こちらのHPによると、顕名霊社は現在東京の三囲神社内に移されていると書かれています。東京の三井北家邸取り壊しと共に、1994(平成6)年にこの地へ、三柱鳥居と共に移ってきたようです。

蚕ノ社・椿丘大明神の入り口_H27.04.24撮影
椿丘大明神の入り口 H27.04.24撮影

蚕の社の話に戻りましょう。最後にもう一つ、この神社の神秘的なスポットをご紹介します。神社の入り口に近い側の蔵の脇を入った所が、椿丘大明神と呼ばれる一角です。元糺の池から水を引く水路を渡る橋を渡ります。

蚕ノ社・椿丘大明神入口_H29.06.27撮影

石鳥居をくぐるとと、四つの社と一つの塚で構成されているスペースが現れます。こちらも、昼でも何となく薄暗く奇妙な感覚にとらわれる場所です。

蚕ノ社・椿丘大明神・白清社外観_H29.06.27撮影
椿丘大明神・白清社外観 H29.06.27撮影

一番奥の、白清社は石を積んだ"かまくら"のような洞穴の中に社が置かれています。薄暗い中にぼんやり見える社は恐怖さえ感じてしまいます。

蚕ノ社・椿丘大明神・白清社内部_H29.06.27撮影
椿丘大明神・白清社内部 H29.06.27撮影

石室の中で狐を従えているのが白清稲荷です。ここから南に700mほどの所にある秦氏に所縁の天塚古墳から、伯清稲荷大明神を移築したため、このような造りになりました。伯清稲荷は養蚕稲荷ともよばれていて、ここでも秦氏、養蚕の深い関係が浮き彫りになっています。

H27.4.24、H29.06.27他取材
蚕ノ社(木嶋坐天照御魂神社):京都府京都市右京区太秦森ケ東町50番地(地図)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.11.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【鳥】京都の鳥居

【食】二大スターのカツライス~大映通り商店街・キネマキッチン

カテゴリ【食】:京都で食べる
~私が京都で食べた店、食べたい店をご案内します。味音痴なのでグルメガイドはできません。まずかったり、印象悪かった所は掲載していませんので。


ミニブログコーナー:最近トレーニングルームに行けてないので、近所の家電販売店で格安のワンダーコアを購入してきました。組み立て中に鉄の部品を落として足の指を怪我。幸先悪いなぁ~
大映通り商店街_H29.06.27撮影
大映通り商店街入口 H29.096.27撮影

今回は【京都で食べる】から少しはみ出しているかもしれませんが、今年は勝新太郎没後20年といった意味も含めて、大映通りのキネマキッチンを取り上げてみました。嵐電の帷子ノ辻駅で下車して三条通りに出ると、すぐに大映通り商店街の入口があります。

大映通り商店街のプレート_H29.06.27撮影
大映通り商店街のプレート H29.06.27撮影

商店街名を書いたプレートがカメラの形になっているのがわかるでしょうか。ここはその名の通り、1986(昭和61)年まで太秦にあった"大映京都撮影所"とともに発展した商店街です。かつて映画の撮影所が多かった太秦は"日本のハリウッド"ともよばれていました。

大映通り商店街・道路のライン_H29.06.27撮影
道路のライン H29.06.27撮影

"大映通り"の名にふさわしく、道路のラインはフィルムの図柄になっています。大映撮影所は無くなってしまいましたが、今でも松竹や東映の撮影所が近くにあります。東映映画村は今でも子供たちにも人気ですね。

大映通り商店街・大魔神像_H29.06.27撮影
大魔神像 H29.06.27撮影

スーパーの前でにらみを利かせているのは、大映の代表作の一つでもある"大魔神"の像です。以前、この大魔神像もご紹介したことがあります。

大映通り商店街・美濃屋_H29.06.27撮影
美濃屋 H29.06.27撮影

そういえば、こちらの美濃屋さんを取り上げたこともありました。現在も撮影の合間に衣装のまま食事をする役者さんの姿が見られるそうです。前回看板だけ残っていた"ツタヤ"はもうありませんでした。(撮影所によく出前をしていたことから、必殺の劇中でよく"ツタヤ""美濃屋"の名前が使われていました。)

大映京都撮影所跡地の碑_H29.06.27撮影
大映京都撮影所跡地の碑 H29.06.27撮影

大映通りから、自転車屋の角を右に入って突き当たったマンションの前には、大映撮影所跡地の碑が設けられています。ちなみに今回は寄れませんでしたが、裏手の太秦中学校の校門脇には大映撮影所で撮影され、1951(昭和26)年にベネチア国際映画祭でグランプリを受賞した"羅生門"の記念碑があるそうです。

大映通り商店街・キネマキッチン外観_H29.06.27撮影
キネマキッチン外観 H29.06.27撮影

今回はこちらのうずキネマ館1Fのキネマ・キッチンにあるカツライスを頂いてきました。このお店は、先ほどの大魔神像がこちらに建てられた日(2013年3月14日)にオープンしました。正面は太秦温泉という銭湯になっています。

大映通り商店街・キネマキッチン外観_H28.09.25撮影

大映通り商店街・キネマキッチン店内_H29.06.27撮影

大映通り商店街・キネマキッチン店内_H29.06.27撮影

キネマキッチン_H29.09.25撮影

店内 H29.09.25撮影(1枚目のみH28.0925撮影)

キネマキッチンは"映画でつながるくつろぎスペース"がキャッチフレーズ。店内には大魔神・勝新・雷蔵を中心に大映関係の資料やグッズ、パネル,、レプリカなどが所狭しと置かれていて、ちょっとした懐古調のカフェのようなスタイルです。最後の写真に写っている方は、大魔神三部作をはじめ多くの名作映画で撮影を担当した森田富士郎さん。2014(平成26)年亡くられています。

大映通り商店街・キネマキッチン店内_H29.06.27撮影
キネマキッチン店内 H29.06.27撮影

もちろん今や太秦のスター、東映剣会・福本先生のサイン入りパネルも飾られています。"スター"なんていうと、謙虚な福本先生は嫌がるかもしれませんが。

キネマキッチン店内_H29.06.27撮影
店内 H29.09.25撮影

タイル張りのカウンターも昭和感があって、懐かしくおしゃれな感じです。店内は、カウンター5席にテーブルが7、8席くらい。 夕方5時からは居酒屋メニューだそうです。松竹撮影所の食事券が使えるそうなので、松竹のスタッフの方もたくさんいらっしゃるのでしょうか。支払は最初に注文と会計を済ませるスタイルです。

キネマキッチン・メニュー_H29.06.27撮影
キネマキッチン・メニュー H29.06.27撮影

今回はカツライスを注文してみました。かつて大映の二枚看板であった、勝新太郎さんと市川雷蔵さんが"カツライス"とよばれていたことにちなむキネマキッチンの名物メニューです。現在、お皿の上で共演しているお二人、映画では1959(昭和34)年に公開された"薄桜記"で共演しています。

キネマキッチン・メニュー_H29.06.27撮影
キネマキッチン・メニュー H29.06.27撮影

こんな凝ったメニューもありました。ちょっと高めですが、海苔で作った大魔神も迫力があります。こちらを頂くには予約が必要。

キネマキッチン・カツライス_H29.06.27撮影
カツライス H29.06.27撮影

テーブルに届いたカツライスは、オムライスにカレーソースのかかったカツが乗っているボリューミーなメニューです。カレーソースはあまり辛くない、どちらかというと塩気のある感じで、カレーの合間にケチャップがほんのり香ります。

キネマキッチン・カツライス_H29.06.27撮影
カツライス H29.06.27撮影

オムライスの卵はしっかりしつつふわふわ、ライスにはサイコロのハムが入っていて食べごたえは十分あります。カツの下には、刻んだサッパリキャベツ。これには大食いの私でも、すっかり満腹になりました。あまり油がきつくないので、胸焼けしないのも良かった。京都の県民食とよばれるピネライスに似ているイメージです。

勝、雷のポスター_H29.06.27撮影
勝、雷のポスター H29.06.27撮影

まさに上品な雷様に豪快な勝新という感じです。ちなみに勝新太郎さんは、カツの方ではなくオムライスが好物だったのだとか。

シネマキッチン・店内の写真_H29.06.27撮影
ポストカード H29.06.27撮影

勝新太郎さんのファンであることをお店のスタッフさんに伝えると、古いポストカードのファイルを見せてくれました。こちらは1958(昭和33)年公開、勝さん主演の幕末物で"血文字船" まだ座頭市ではない白塗り二枚目時代の作品です。(勝さんが背負ってる子供・浅野寿々子さん、右・小野道子さん、左・三田登喜子さん、下・浦路洋子さん)

シネマキッチン・ポストカード_H29.06.27撮影
ポストカード H29.06.27撮影

こちらは1960(昭和35)年公開・長谷川一夫さん主演の"大江山酒天童子"のもので、勝さんは渡辺鋼役、女優は腕を落とされる鬼の茨木役の左幸子さん。(表記は"綱"ではなく"鋼"のようです。)

シネマキッチン・ポストカード_H29.06.27撮影
ポストカード H29.06.27撮影

1959(昭和34)年公開、勝さん主演の股旅物"天竜の鴉(からす)" 天竜の勘太郎を演じる、と共演する女優はお峰役の青山京子さんです。以上、昔の女優さんの名前はネットで質問して教えて頂きました。

シネマキッチン・ポストカード_H29.06.27撮影
ポストカード H29.06.27撮影

勝さんの生涯に欠かせない女性、中村玉緒さんのものもありました。長谷川和夫さん主演、1958(昭和33)年公開の"伊賀の水"という荒木又右衛門が主役の映画です。勝さんは出ていませんが、玉緒さんの父君、必殺ファンには鹿蔵さんでおなじみの二代目中村鴈治郎さんが大久保彦左衛門を演じて親子共演をしています。


店内の写真 H29.06.27撮影

こちらは店内に飾られていた写真ですが、勝プロの最初の作品、1967(昭和42)年公開"座頭市牢破り"の記念写真です。

キネマキッチン・看板_H29.06.27撮影
看板 H29.06.27撮影

資料を眺めていたら、あっという間に時間が経ってしまいました。今度は居酒屋タイムにゆっくりと飲みに行きたいと思います。もしかしたら、撮影所のスタッフさんの熱いトークが聞けるかもしれません。何とも昔懐かしい大映映画の名残を味わえる貴重な場所でした。
キネマキッチン:
京都府京都市右京区太秦多藪町43うずキネマ館1F(地図)
075-871-6556

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.10.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【食】京都で食べる

【力】天の岩戸~日向大神宮

カテゴリ:【力】京都のパワースポット現代人にパワーを与えてくれる、力強い古都のパワースポット


ミニブログコーナー:そういえば今年は必殺仕事人2017放送するのでしょうか?ネットで検索したのですが情報が何も出てきません。松岡さん、金さんはやってたのに・・・東山さんが報道番組で忙しいからでしょうか?情報求む!
日向大神宮への石段_H29.04.25撮影
日向大神宮への石段 H29.04.25撮影

前回ご紹介した日向大神宮の伊勢神宮遥拝所の記事では、神社の中心である内宮・外宮へは向かわずに、山頂方面へ向かいましたが、今回は神社の中心に向かって進んでいきます。先ほどスルーした石段を登っていきました。

日向大神宮・外宮_H29.04.25撮影
外宮 H29.04.25撮影

鳥居をくぐると、まず目に入ってくるのは茅葺の外宮。祭神が天照大神・最古の神社建築様式の一つである神明造・内宮外宮があることなどから日向大神宮は京のお伊勢さんとよばれていますが、伊勢神宮との共通点が見られます。(注:6/27追加取材時は外宮は工事中になっていましたが参拝は可能でした。)

日向大神宮・外宮_H29.04.25撮影
外宮 H29.04.25撮影

外宮には、天孫降臨した天津彦火瓊々杵尊(ニニギノミコト)と天地開闢(かいびゃく)で出現した天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)を祀ります。ちなみに参拝は外宮→内宮の順で行うそうです。

日向大神宮・境内神社_H29.06.27撮影
境内神社 H29.06.27撮影(追加撮影)

他にも、日向大神宮の境内には、様々なご利益を持つ大小十社以上の境内神社が祀られています。大きなものは神田稲荷や福土神社のように囲いがあるものから、小さなものは自宅の神棚位のものまで規模は多種多様です。(左上→猿田彦神社(交通安全、安産) 左下→福土神社(縁結び) 右→朝日天満宮(学業))

日向大神宮・中心部_H29.04.25撮影
日向大神宮・中心部 H29.04.25撮影

日向大神宮の外宮・内宮は、山の中の小さな平地を上手く利用して社を建てたような印象があります。写真の手前が外宮で一番奥が内宮です。

日向大神宮・内宮前の鳥居_H29.04.25撮影
内宮 H29.04.25撮影

外宮から進んで、小さな池に架かる橋を渡り、石段で上がった小さな鳥居の向こうに内宮があります。

日向大神宮・内宮_H29.04.25撮影
内宮 H29.04.25撮影

拝殿の奥、境内の一番奥に鎮座するのが内宮です。天照大神と宗像三女神(アマテラスとスサノオの誓約のエピソードで生まれた三柱の女神)を祀っています。

日向大神宮・影向岩_H29.04.25撮影
影向岩(ようごういわ) H29.04.25撮影

内宮前の向かって左手にあるのが影向岩。神様が降りてこられるという岩だそうです。この岩も十分パワーがありそうですが、今回ご紹介するパワースポットは、この脇にある地面に岩肌が露出している山道を登って行った先になります。右側には、シダが生い茂る山の斜面が迫っています。

日向大神宮・山道の案内_H29.04.25撮影
山道の案内 H29.04.25撮影

この道は京都一周トレイルの一部で、時折トレッキングの方にも出会いますが、それ以外はとても静寂で、駅から10分程度とは思えない神さびた山中の佇まいです。しかしながらまだ春なのに、気づくと小さい虫が腕に止まっていたりして、油断していると虫に刺されてしまいます。


日向大神宮・天の岩戸_H29.04.25撮影
天の岩戸 H29.04.25撮影

ほんの少し1分弱程度登ると現れるのが、上部に瓦を乗せた屋根のある小山のような大きな岩です。こちらが今回ご紹介するパワースポット"天の岩戸"になります。

天の岩戸・案内_H29.04.25撮影
天の岩戸・案内 H29.04.25撮影

この岩の中を通る穴をくぐり抜けると、開運厄除けのご利益があると云われ、パワースポットとして近年特に注目されています。

天の岩戸・入口_H29.04.25撮影
天の岩戸・入口 H29.04.25撮影

こちらが登ってきた側から見える入り口です。岩戸は天然の大きい岩石を、人手でくりぬいたように思われます。

天の岩戸・入口_H29.04.25撮影
天の岩戸・入口 H29.04.25撮影

出入り口には木の支えが設けられています。写真では中は真っ暗ですが、実際にはライトが必要というほどでもありません。

日向大神宮・天の岩戸内部_H29.06.27撮影
天の岩戸内部 H29.06.27撮影(追加撮影)

洞窟の中は、大人だとと背を屈めないと行けないとところも一部ありますが、全長15メートル弱くらいです。

日向大神宮・天の岩戸内・戸隠神社_H29.06.27撮影
天の岩戸内・戸隠神社 H29.06.27撮影(追加撮影)

洞窟は途中で直角に曲がっており、角の所に小さな社があります。大きさは個人の家の少し大きな神棚ほど。こちらが天の岩戸伝説で、天照大神を天の岩戸から引きずり出した天手力男神(アメノタヂカラオ)を祀る戸隠神社です。

天の岩戸・洞窟内_H29.04.25撮影
天の岩戸・洞窟内 H29.04.25撮影

日向大神宮の境内には多くの社がありますが、自分の願い事にあう神社に、絵馬ではなく願い事を書いた素焼きのお皿を供えるという習慣があります。こちらに備えられている皿は、開運を願う皿です。

日向大神宮・福土神社に奉納されている皿_H29.06.27撮影
福土神社に奉納されている皿 H29.06.27撮影(追加撮影)

参考までにこちらに整然と並べられているのは、先ほどもご紹介した縁結びがご利益の福土神社のもの。 皿は小450円・大600円で社務所で販売されていて、そこでペンも借りることができます。

日向大神宮・天の岩戸内部_H29.06.27撮影
天の岩戸内部 H29.06.27撮影(追加撮影)

曲がるとすぐ出口です。短いトンネルですが、暗い穴の中から明るい外に出ると、パッと未来が開けるような気がして、確かに晴れやかな気持ちになりました。

天の岩戸・反対側の入口_H29.04.25撮影
天の岩戸・反対側の入口 H29.04.25撮影

日向大神宮の天の岩戸は、京都の古社でありながらも、まだ観光地にはなっておらず、静かにお参りを楽しめるパワースポットです。紅葉にはまだ早い、今のうちの参拝がおススメかもしれません。

H29.04.25取材/H29.6.27追加取材
日向大神宮:京都市山科区日ノ岡一切経谷町29(アクセス)

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.10.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【不】京都の不思議スポット

【鳥】ただそれのみで佇む鳥居

カテゴリ【鳥】:京都の鳥居
~京都にある珍しい鳥居や特徴的な鳥居をピックアップします。


ミニブログコーナー:twitterで少しお知らせしましたが、今日からスタートした武田鉄矢さんの水戸黄門に直江喜一さんが出ていました。本当に少しだけの出演でしたが、金八ファンには何とも感慨深いものがありました。劇中で死んじゃいましたが、幸作も出てたし。あと敵の忍がなんか見たことあるなと思ったら、渡鬼の荘ちゃんでした。
今回は、"京のお伊勢さん"とも云われる、日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)の鳥居をご紹介しようと思います。あまり目立たない場所にあるせいか、京都の方でも知らない方が多いそうですが、創建が第23代顕宗天皇の頃(西暦485~487?)と伝えられているので、京都の最古の神社の一つにとしても数えられています。最近、メディアでパワースポットや隠れ紅葉の名所として取り上げられるので、そのうち賑やかになってしまうかもしれません。

日向大神宮・三条通りの入り口_H29.04.25撮影
三条通りの入り口 H29.04.25撮影

まずは地下鉄東西線の蹴上駅からスタート。一番出口から出ると、すぐ目の前が三条通りです。三条通りを左へ登って行くように進むと、1分強くらいで写真の入口が現れます。この場所は、今は静かな場所ですが、かつては京の七口の一つである粟田口で、周囲は大変賑わっていたそうです。

日向大神宮・浄水場とインクライン_H29.04.25撮影
浄水場とインクライン H29.04.25撮影

石鳥居をくぐり、石畳の坂道を登って行きます。左右は一般の住宅街です。そして100m程で、大神宮橋という琵琶湖疎水を渡る石橋にたどり着きます。石橋の上から、右手に見える年代物の建築物は旧九条山浄水場の原水ポンプ室、左手に見えるのはにはインクラインの台車と木造船です。ポンプ室は明治45(1912)年、御所に防火用水を送るため作られましたが、大正天皇の視察があるため、わざわざ豪華に作られたそう。このような場所にはどうも不自然な感があります。

日向大神宮・安養寺との別れ道_H29.04.25撮影
安養寺との別れ道 H29.04.25撮影

橋を渡って、そのまま、ステップの広い石段を登っていきます。ちょうど春真っ盛りの時期なので、道端に咲く野草は美しい花をつけ、時折、鶯の声も響くのどかな風景です。石段を登りきり、安養寺門前の一番右の細い道を登って行くと、一般の住宅街に出ました。この先の道の左側は崖になっており、ここから山が始まるところのようです。写真の2本の石柱は、鳥居の柱でした。どうやら笠木と貫が壊れてしまったようです。

日向大神宮への石段_H29.04.25撮影
日向大神宮への石段 H29.04.25撮影

滑り止めの彫り込まれた最後のやや急な坂を上がると、少し息があがってしまいました。わずかに平らな場所まで上がりきると、左手に日向大神宮の本殿方面に上がって行く石段があります。ここまで文字で書くと、かなり歩いたように感じられますが、駅からわずか10分弱程度の道のりです。今回の目的である鳥居に向かうには、この石段を上がらずそのまま直進して山道を進んでいきます。山道を少し登ると、もう左側は谷状になっていて転げ落ちたら危険です。

頂上への道_H29.04.25撮影
頂上への道 H29.04.25撮影

石段は途中とても急になり、うねうねと登っていきます。先ほどよりも息が切れてきました。それが終わると岩肌や木の根の道です。案内を見ると、それもそのはず、この道は既に京都一周トレイルの一部のようです。

頂上への道_H29.04.25撮影
頂上への道 H29.04.25撮影

途中に鉄塔がある以外は、本当に深い山の中という風情で、とても駅から15分程度の所とは思えません。トレッキングをしている方にもちょこちょこと出会うので、人に会うと何かホッとします。

日向大神宮・山頂の鳥居_H29.04.25撮影
山頂の鳥居 H29.04.25撮影

山道を登り切ると、ようやく平らな場所に出ました。そこには5、6メートルほどの大きな石鳥居が、鳥居だけを祀るかのように囲われ、ただそれのみで建てられています。普通、鳥居の先にはお社があるはずなのですが、先には何もありません。というか鳥居の先は空中です。

日向大神宮・山頂の鳥居_H29.04.25撮影
山頂の鳥居 H29.04.25撮影

種明かしをすると、実はこの石鳥居、山頂から伊勢神宮を遥拝するための鳥居なのです。この鳥居は伊勢神宮の方角を向いており、鳥居に向かって手を合わせると、伊勢神宮を参拝したことになります。地図にも、ここは"伊勢神宮遥拝所"と記載されています。

日向大神宮・鳥居の石碑_H29.04.25撮影
鳥居の石碑 H29.04.25撮影

日向大神宮には伊勢神宮同様、内宮外宮があることもありますが、"京都のお伊勢さん"とよばれるのもこの遥拝所があることによるのでしょう。残念ながら、現在、伊勢神宮の方角は木が茂っていて先を見通すことができません。(おそらく隣の山肌が見えると思いますが。)

日向大神宮・切り株の賽銭_H29.04.25撮影
切り株の賽銭 H29.04.25撮影

この鳥居は、昭和5(1930)年6月建造の銘が入っていますので、およそ90年ほどもこの場所に佇んでいることになります。そして、鳥居の真下の切り株には、裸のまま置かれたお賽銭、そこには時代劇のワンシーンのように、昔ながらのとてものどかな風情が感じられました。手を合わせた先に、植えられているのは榊でしょうか。

日向大神宮・山頂の鳥居から京都市街_H29.04.25撮影
山頂の鳥居から京都市街 H29.04.25撮影

鳥居に背を向けると、反対側は木々の間から京都市街が見下ろせます。良く目立つ赤い鳥居は平安神宮の大鳥居です。真偽のほどは定かではありませんが、WEB上では平安神宮の大鳥居は、御所とこの遥拝所を結ぶラインに建てられたとの記載もあります。

御所と日向大神宮遥拝所を結ぶ地図

この地図がどこまで精密かわかりませんが、ラインを引いてみると、京都御所(御常御殿)と日向大神宮の伊勢神宮遥拝所を結ぶラインは、確かに平安神宮の大鳥居を通っています。おそらくこのラインを南東に伸ばすと伊勢神宮まで続くと思うのですが、何か神秘的な力のようなものを感じざるを得ません。

日向大神宮・社務所付近の鳥居_H29.04.25撮影
社務所付近の鳥居 H29.04.25撮影

山を下りて、日向大神宮の中心部に戻りました。するとこの場所の二つの鳥居には、他ではあまり見られない特徴があることに気付きました。こちらは参道を上ってきて内宮外宮のある平らな場所に上がる鳥居です。島木に丸い金の金具のようなものが取り付けられています。反対側にも同じように取り付けられていました。

日向大神宮・内宮前の鳥居_H29.04.25撮影
内宮前の鳥居 H29.04.25撮影

こちらは内宮前の鳥居ですが、外側のみ同じように、島木に丸い金の金具が取り付けられていました。不思議に思い社務所で伺うと、本来は釘隠しの目的があるようなのですが、実際のところ、これが何なのかは意味不明だそう。ただ、他とは変わった仕様があるというのは、神社としての格が高いとのことで、取り付けられた金具の偶数奇数にも何か意味があるそうです。

日向大神宮・内宮前の鳥居_H29.04.25撮影
内宮前の鳥居 H29.04.25撮影

貫に沢山の小石が乗っていました。下から石を投げて、貫に乗ると願いが叶うという言い伝えがありますが、神社的には鳥居が破損するのでして欲しくないそうです。

内宮前のシャガの花__H29.04.25撮影
内宮前のシャガの花 H29.04.25撮影

最後に境内に、今が盛りと群生しているシャガの花の話。社務所で頂いたタウン誌に、京都の写真家・水野克比古先生が撮影された内宮をバックにしたシャガの写真がありました。スマホなので恐縮なのですが、構図を真似をして撮影してみました。

内宮前のシャガの花__H29.04.25撮影
内宮前のシャガの花 H29.04.25撮影

学名のIris japonicaは"日本の虹"を意味しています。薄紫色で可憐な花が群生している立ち姿は実に清楚です。花の姿を借りた妖精が、古来からの神聖なこの杜を守り続けているような気がします。

H29.04.25取材
日向大神宮:京都市山科区日ノ岡一切経谷町29(アクセス)

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.10.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【鳥】京都の鳥居

【タ】ライトアップの瞬間&ビアガーデンから見る京都タワー

カテゴリ:【タ】京都タワー
~京都駅前で迎えてくれる京都タワーには様々な表情があります。


ミニブログコーナー:今日、テレビで見たんですが、京都の神輿の掛け声「ほいっと」は「祝人(ほいと)」というのが語源という説があるそうです。今までなんだろ、なんだろと不思議に思っていても時間が無くてよく調べてなかったんですが、一つ勉強になりました。
朝方の京都タワー_H29.06.26撮影
朝の京都タワー H29.06.26撮影

夜、京都タワーを眺めるのは好きなのですが、ライトアップされる瞬間を今まで見たことがなかったので、久々に夜の京都タワーにチャレンジしてみることにしました。この写真は朝一の烏丸口側からですが、下見ついでに京都タワーを額縁に入れて撮影してみました。

夕方の京都タワー_H29.06.26撮影
夕方の京都タワー H29.06.26撮影

夕方、駅前まで戻ってきましたが、天候は完全に曇りになりました。今回の撮影場所は人が少なく、長時間撮影しても邪魔が入らないことから、駅ビル4階の烏丸小路広場にしました。この日の日の入りは国立天文台のHPによると19時15分です。日没の時間に京都タワーがライトアップするそう。この写真を撮影したのは18時52分頃、近くのコンビニで腹ごしらえしてからスタンバイ。

ライトアップ直前の京都タワー_H29.06.26撮影
ライトアップ直前の京都タワー H29.06.26撮影

19時13分、日没の直前です。後ろの空が赤くなり、いい感じになってきました。ここから動画を撮り始めます。


ライトアップの瞬間を捉えた動画をご覧下さい。京都タワーは色々なキャンペーンと連動して様々な色にライトアップされますが、今回はノーマルバージョンです。1分12秒の所で点ライトアップします。

ライトアップ直後の京都タワー_H29.06.26撮影
ライトアップ直後の京都タワー H29.06.26撮影

青空をバックの京都タワーも美しいですが、夕闇に白く浮かび上がる京都タワーも幽玄で美しいものです。公式HPによると、京都タワーは灯台をイメージして設計されてたそうですが、こうやって見ると蝋燭をイメージしているという説もなるほどと思います。

夜の京都タワー_H29.06.26撮影
夜の京都タワー H29.06.26撮影

いつも御覧の方にはくどいと言われそうですが、いつもの私の好きな京都タワーの写真を撮りに行きました。左は烏丸小路広場の2階上のビルの石部分に映る逆さ京都タワー。右は烏丸小路広場の壁面に映るW京都タワーです。

京都タワーホテル・屋上ビアガーデン_H29.06.26撮影
京都タワーホテル・屋上ビアガーデン H29.06.26撮影

夕食は京都タワーホテルの屋上ビアガーデンへ。申し訳ないんですが、はっきり言って値段の割にツマミ(バイキング)は美味くないし、種類もそんなにないです。この内容で4,200円(税込)は高い!!終わりも早めで8時半で飲食の提供終了、9時閉店です。(普通はこんなものなのか?) 

屋上ビアガーデンから見た京都タワー_H29.06.26撮影
屋上ビアガーデンから見た京都タワー H29.06.26撮影

しかし真下から京都タワーのこの風景が見られるなら・・・

京都タワーに乾杯!_H29.06.26撮影
京都タワーと _H29.06.26撮影

4,200円は入場料と思いましょう。京都タワーと乾杯!!1時間弱で生ビール2杯にレモンサワー1杯で切り上げました。まだ飲み足りない。

京都駅前・アクアファンタジー_H29.06.26撮影
アクアファンタジー H29.06.26撮影

一番グランビアに近いあたりの席だったので、駅前のアクアファンタジーが見えましたが、上から見ると水に光が当たってないので、あまり色がつきません。水の量が少ない時たまにきれいに見えることがあります。これは下で見た方がいいですね。

屋上ビアガーデンから見た京都タワー_H29.06.26撮影
屋上ビアガーデンから見た京都タワー H29.06.26撮影

最後にもう一度、夜の京都タワーを仰ぎ見て、飲み足りない分を埋め合わせに、夜の京都の街を歩きに行きました。

H29.06.26取材

京都タワー:京都市下京区烏丸通七条下る 東塩小路町 721-1(アクセス)

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.09.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【タ】京都タワー

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR