【石】六角堂の石仏たち その2

カテゴリ:【石】京都の石仏~雨の日も風の日も京の街を山を水辺を護り続ける"いしぼとけ"達


ミニブログコーナー:アイフォンをsoftbankからY!mobileに変えてみました。softbankにして2年経ったので、このままだと料金が高くなってしまうことが変えた理由です。iPhoneはseになったので若干小さいのですが、系列は一緒なのでsoftbankのWi-Fiスポットはそのまま使えますし、家のネット環境もsoftbankのままでいいので十分満足しています。
六角堂・十六羅漢_H29.04.25撮影
十六羅漢 H29.04.25撮影

境内の池には、石段状の岩に配置された十六羅漢と邪鬼の像が置かれています。遠いものを大きく作っているのは、意図的なのでしょうか。池に被さるように茂っているのは、毎年京都の街に春を告げてくれる早咲きの御幸(みゆき)桜の樹です。

十六羅漢_H29.04.25撮影
十六羅漢 H29.04.25撮影

子供のように無邪気な笑顔で微笑んでいる羅漢像に心がなごみます。いつも優しく穏やかにしていれば、必ず良いことがあるという"和顔愛語(わがんあいご)"という教えを、羅漢像のこの笑顔で表現しています。

六角堂・邪鬼_H29.04.25撮影
邪鬼 H29.04.25撮影

六角堂の邪鬼は既に改心していて、お釈迦様の教えを受け入れているのだとか。どれもなるほど穏やかな顔をしています。

六角堂・大香炉を支える邪鬼_H29.06.26撮影
大香炉を支える邪鬼 H29.06.26撮影(追加取材)

ちなみに本堂でも、三匹の邪鬼が三方から大香炉を重たそうに背中で支えています。改心して仏法を支えているという意味合いでしょう。

合掌地蔵_H29.04.25撮影
合掌地蔵 H29.04.25撮影

池には、十六羅漢に囲まれるように、合掌地蔵も置かれています。この合掌地蔵は願いが叶うように、参拝者と一緒に祈る姿をとっているのだそうです。

見ざる・聞かざる・言わざるの像_H29.04.25撮影
見ざる・聞かざる・言わざるの像 H29.04.25撮影

この池には、小さな流れを挟んで"見ざる言わざる聞かざる"の地蔵バージョンが置かれています。通常、三猿で表現されることが多いのですが、前回ご紹介した、高台寺の岡林院にも"見るぞ言うぞ聞くぞ"の三地蔵がありました。(意味は真逆ですが)

六角堂・地蔵山_H29.04.25撮影

六角堂・石仏群_H29.04.25撮影
地蔵山の石仏群 H29.04.25撮影

境内の西側には地蔵山とよばれる一角があり、お地蔵さんが南北にずらりと並べられています。摩耗して表情もわからなくなってしまった石仏や役目を終えた仏像にも、一つ一つに丁寧に帽子屋や前掛けがかけられており、この地で大切にされている様子が伺えます。

六角堂・地蔵と鳩_H29.06.26撮影
地蔵と鳩みくじ H29.06.26撮影

地蔵山の南側の一群は、小さな素焼きの鳩の置物に囲まれています。この鳩は六角堂の授与品である"鳩みくじ"が入っている容器です。

六角堂・わらべ地蔵_H29.04.25撮影
わらべ地蔵 H29.04.25撮影

地蔵山の写真の一番奥側にあるのが、わらべ地蔵の一群です。横になっているのは寝ているのでなく、行をしている姿です。

六角堂・わらべ地蔵_H29.04.25撮影
わらべ地蔵 H29.04.25撮影

わらべ地蔵は特に小さな子供を守るためにこのような姿をしています。子供を抱くお地蔵さんの像は珍しいのではないでしょうか。

六角堂・北向地蔵_H29.06.26撮影
北向地蔵尊 H29.06.26撮影(追加取材)

これらの地蔵山は東を向いていますが、わらべ地蔵の先には北向地蔵尊とよばれる六体の地蔵があります。北を向いているのは、御所を守るためです。かつて御所を守ることは、人々の生活を守ることにつながっていたそうです。

六角堂・石不動脇の地蔵_H29.06.26撮影
六角堂・石不動脇の地蔵_H29.06.26撮影
石不動脇の地蔵 H29.06.26撮影

石不動を祀るお堂の脇には、叢の陰に三体のお地蔵さんが隠れていました。柔らかい石仏が印象的な六角堂の中で、ここだけは異彩を放っており、二体はモアイ像のような異形で粗削りな表情をしています。

以上、今回は六角堂を巡ってみましたが、京の賑やかな街中で、ほっと一息、穏やかな気持ちになるのもよいのではないでしょうか。境内も適度に小さく、お詣りして一息つくのにぴったりの場所です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.08.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【石】京都の石仏

【行・帰】千葉中央バス CC201便(高速バス・上り)

カテゴリ:【行・帰】京都への足・からの足
~京都へ行く、京都から帰ってくる交通機関についてレポートします。出発地は東京または横浜です。データ重視。


千葉中央バス・CC201便_H29.06.25撮影
千葉中央バス・CC201便 H29.06.25撮影


運行会社名千葉中央バス(株)
便名CC201便
乗務員2名
バスタイプ 3列独立シート・トイレ付
経路第2東名利用
利用日時H29年6月26日(日)
出発時刻/到着時刻(実際の時刻)23:25/6:18
出発地/到着地 京成上野駅正面口付近(都営バス停留所「上野公園山下」) /京都駅八条口ホテル京阪京都前
休憩なし
費用大人6,500円(税込、楽天トラベル利用)


正直、この年齢では深夜バスはツライですが、早朝から強制的に時間を有効利用できるので、今回利用することにしました。久しぶりのバスでしたが、価格はそこまで値上がりしていませんでした。平日だと三列シートで4,000円台のものもあります。やはり、一時は値上がりしたものの値段競争が激しいのでしょうか?

京成上野駅前バス停_H29.06.25撮影
京成上野駅前バス停 H29.06.25撮影

こちらのバスはディズニーランド発の便で、以前このコースのバスは乗降時が非常にうるさかった覚えがありました。今回は関東の最終発地上野乗車だったので、その心配はなかったです。バス停は京成上野駅正面口の横で、上野公園に登って行く石段のある場所、ヨドバシカメラの道路挟んだ向かいです。都営のバス停と兼用なのでわかりやすい。周辺はソフトバンクのWi-Fiが飛んでいて助かりました。

23時15分頃バスがやってきて25分には出発。バス停に係員は居ずにドライバーが点呼を取るシステムなので、バスが到着するまで、少し不安でした。座席は中央列の後ろから2番目、私の前以外は満席。中央列だと外の様子がまったくわからないので、今どこなのかの確認はスマホのマップが頼りです。(首都高を谷町から六本木向かったので、東名経由とわかりました。)

発車後、トイレ休憩はしないとのアナウンスが聞こえてきました。遅い時間のせいか音が小さくてよくわかりませんでしたが、止まるサービスエリアの説明もないのでそうと確信しました。結果的に、トイレ休憩なしは初めてでしたが、休憩ごとに起こされることもなく、利用者にもメリットはあるかなと思います。座席は各々コンセントつきで足置き付き。使い捨てのスリッパと毛布がついています。Wi-Fiはなし。消灯は23時35分、アルコール禁止ではありませんでした。

車内の座席の配置ですが、中央列は左側に寄っており、右側の通路の方が歩きやすく、左側の通路はかなり歩きづらいと思います。左の列の席に座った場合、中央の列に横断できる切れ目がないため、中央列が満席だとトイレに行くのが大変かもしれません。(トイレはバスの右側にあり)

千葉中央バス・CC201便_H29.06.26撮影
千葉中央バス・CC201便 H29.06.26撮影

覚えている限りのタイムテーブルは下記の通り。
0時13分東名海老名SA着/24分発
2時39分第2東名遠州守町発
4時50分新名神甲南SA着/5時発
5時31分大津駅着/32分発
5時46分山科駅着/48分発
6時1分三条京阪着
6時18分京都駅八条口着

トイレはウォシュレットありません。トイレの前に冷水とお湯 緑茶のティーバッグが用意されています。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.07.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【行・帰】京都への足・からの足

【滞】梅雨の京都にて 6/28

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:必殺とは深い所縁のある平尾昌晃先生がお亡くなりになったとのこと、新後期の必殺も手がけられていたので、必殺ファンとしてとても悲しく寂しい気持ちでいっぱいです。平尾先生の音楽世界が無ければ今の必殺は存在しなかったといっても過言ではありません。謹んでご冥福をお祈りいたします。
6月28日(水)の滞在記録
鴨川_H29.06.28撮影
三条大橋から鴨川 H29.06.28撮影

若干二日酔いで、ホテルを10時にチェックアウト。まだ眠いです。天気はとうとう雨模様、 コンビニで傘を買って木屋町三条の松屋で朝食。朝定食の一番量が少ないものにして、何とか食べきりました。ちなみにこの日、帰りの新幹線は16時8分京都発のぷらっとこだまです。荷物は夕方までフロントで預かってもらったので、帰りはここまで戻ってこないといけません。

京都御苑・閑院宮邸跡_H29.06.28撮影
京都御苑・閑院宮邸跡 H29.06.28撮影

三条京阪まで歩き、地下鉄で丸太町へ。京都御苑の閑院宮邸跡の床みどりを見に行きました。床みどりを見るのは初めてだったので、晴れてないとダメなものかと思っていましたが、この天気でも全く美しくて床に腹ばいになり、夢中になって写真を撮っていました。観光客もほとんどいなかったので、そのあとも縁側に腰掛けてしばらくのんびり。小一時間はいたでしょうか。ようやく外へ出たら、いつの間にか雨が上がっていました。

一乗寺・オロナミンCの看板_H29.06.28撮影
一乗寺・オロナミンCの看板 H29.06.28撮影

丸太町駅から地下鉄で三条京阪に戻り、京阪で出町柳、叡電で一乗寺にやってきました。目的地は青紅葉の庭が美しいと聞いた圓光寺です。先ほどの旧閑院宮邸でインスパイアされてしまったようです。一乗寺で下りたら青空が顔を出し、日差しも強くなってきました。途中、思わず懐かしい看板を見つけて、思わず写真を一枚。

圓光寺・庭園_H29.06.28撮影
圓光寺・庭園 H29.06.28撮影

平日ということもあり、圓光寺は人も少なくとても静かでした。今回、初めて伺いましたが、遠くまで来て良かったと心から思いました。京都を案内する時の定番コースに入れたいです。こちらは秋の紅葉が有名だそうですが、私は絶対に今の季節がおススメです。こちらでも一時間くらい、静かな青紅葉の庭を眺めてぼーっとしていました。

圓光寺から京都市街_H29.06.28撮影
圓光寺から京都市街 H29.06.28撮影

見どころは幾つかありますが、徳川家康の墓(歯を収めてあるそうです)がある裏山から、京都市街も一望できます。嵐山の方まで見えました。圓光寺を出たら雨がポツポツ、すぐ上がりましたが、また曇り空に。今日は不安定な天気です。一乗寺でラーメンを食べる時間は無さそうなので、そのまま電車で三条河原町のホテルへ戻りました。

大船鉾_H29.06.28撮影
大船鉾 H29.06.28撮影

バスで京都駅まで戻り、七条烏丸の王将でようやく遅い昼食。たまにここの王将で思い切り餃子が食べたくなります。もう二日酔いはすっかり治りました。ヨドバシのビルにある大船鉾の展示場の主は留守、祇園祭の支度のためにどこかに行っているのでしょう。

新幹線から鴨川_H29.06.28撮影
新幹線から鴨川 H29.06.28撮影

外はもう晴れてきてすっかりかんかん照り。バケツにあじさいの枝をたくさん入れて、新幹線に乗車しました。若干、不審者です(笑)。いつものことではありますが、あともう一泊、京都に滞在していたかったと思いつつ、京都を後にしました。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.07.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

【滞】梅雨の京都にて 6/27

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:今晩、京都は宵々山。少しでも東京でその雰囲気を感じたくて、ツイッターをチェックしまくっています。先月行ったばかりではありますが、あー京都行きたい!そういえば去年は我慢できずに仕事終わりに新幹線飛び乗ってしまったことを思い出します。
6月27日(火)の滞在記録
東寺・生身供(しょうじんく)_H29.06.27撮影
東寺・大日堂 H29.06.27撮影

昨日は深酒をしなかったので、朝5時過ぎに目覚めました。早朝の東寺では、生身供(しょうじんく)という法要に一般人も参加できるというので、30分ほど歩いて東寺へ。空は曇っていますが、涼しくて快適です。6時の開門と共に人が集まってきて、最終的に30人ほどの人の人が大日堂に参列し、法要が始まりました。私はというと恥ずかしながら、長時間正座ができず、途中近くの方に椅子を奨めてもらうというていたらくでした。

ハトヤ瑞鳳閣のあじさい_H29.06.27撮影
ハトヤ瑞鳳閣のあじさい H29.06.27撮影

八条口側の吉野家で朝食後、宿に戻って二度寝。10時少し前にチェックアウトしました。空は一面雲が覆っているものの、日差しは強く暑い!西洞院通塩小路のハトヤ瑞鳳閣まで歩いて、アジサイの枝を頂きに行きました。今年はもう終わっていましたが、こちらのアジサイも毎年楽しみにしています。そのまま京都駅まで歩いて、明日の帰りのぷらっとこだまを予約。

井筒ホテル_H29.06.27撮影
井筒ホテル H29.06.27撮影

地下鉄利用で三条京阪まで行き、今晩の宿の河原町三条・井筒ホテルへ。アジサイは昨日からバケツに水を張って運んでいるので、そのまま持ち歩くのはツライです。親切なことにそのままチェックインして、まだ午前中にもかかわらず部屋にも入れて貰えました。非常にありがたかったです。

日向大神宮・外宮_H29.06.27撮影
日向大神宮・外宮 H29.06.27撮影

三条京阪まで戻り、市営地下鉄で蹴上へ。前回の追加取材のために日向八幡宮へ向かいました。外宮が工事中になっていますが、何度訪れても静かでよいところです。(蚊が多いのには難渋しましたが) 今回は取材のかたわら、天の岩戸にかわらけを奉納してきました。

大映京都撮影所跡の碑_H29.06.27撮影
大映京都撮影所跡の碑 H29.06.27撮影

市営地下鉄で太秦天神川、嵐電に乗り換えて帷子ノ辻駅へ。6月は勝新太郎さんが亡くなってちょうど20年なので、大映通りのキネマキッチンへカツライスを食べに来たのです。マンションの前、ぽつんと残る大映撮影所跡の石碑に年月を感じます。キネマキッチンで、勝さんを忍んでカツライスを食べに来たことを話すと、スタッフさんが貴重な資料を見せて頂いたりして、有意義で楽しい時間を過ごすことができました。

蚕ノ社・拝殿_H29.06.27撮影
蚕ノ社・拝殿 H29.06.27撮影

今回のやるやる詐欺解消その1は、帷子ノ辻から再び嵐電に乗って蚕の社。住宅街の中に現れるこんもりとした森の中にある神社は、何となく神秘的です。元糺の池の三本鳥居を取材しました。帰りにセブンイレブンでアイス休憩をするという私の中の恒例行事を済ませると、遠雷が聞こえてきましたが雨に降られることはありませんでした。

猿田彦神社_H29.06.27撮影
猿田彦神社 H29.06.27撮影

三条通りを歩いて、三条天神川の猿田彦神社へ。こちらも、今回のやるやる詐欺解消その2の目的地です。こちらは観光地というわけでもなく、本当に地元の氏神さまという感じの静かな神社なのですが、本殿の前に置かれている木彫りの猿は、なぜか物憂げな感じで私はとても好きです。

寺町通_H29.06.27撮影
寺町通 H29.06.27撮影

天神川から地下鉄で三条京阪、駅から徒歩で宿へ戻りました。部屋で汗を流して、一休みしたら大人の魂京都へ出発。寺町通りは祇園祭仕様になっていました。祇園祭はもう来週!昨年は後祭の宵山と巡行にきましたが、一年が経つのは早いものです。傘はいらない程度に軽く雨が降ってきましたが、すぐ止みました。

四条高倉の佐川急便_H29.06.27撮影
四条高倉の佐川急便 H29.06.27撮影

錦小路で閉店後の店舗の若冲シャッター美術館を楽しんだりしながら時間潰し。周辺を軽く散策していると、四条高倉辺りで佐川の営業所見つけました。今までこんな和風だったかな?初めて見た気がします。この日の晩は四富の隣のお店で軽く飲んでから、琥珀→たすく→木屋町のママトルティコースでした。昨日、行儀良く飲んでいたせいか、反動でちょっと飲み過ぎたよう。夜中に目覚めたら、ホテルの部屋の床の上で寝ていました(笑)

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.07.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

【滞】梅雨の京都にて 6/26

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:うーん、新しい仕事、残念ながらダメでした。世の中、ホントに難しい、でも、また京都に帰れるようにめげずに頑張って生きていきます。
6月26日(月)の滞在記録
京成上野駅前バス停_H29.06.25撮影
京成上野駅前バス停 H29.06.25撮影

久しぶりの高速バス利用です。正直、この年齢ではバスはきついのですが、早朝から強制的に時間を有効利用できるのはとても価値があります。今回は京成上野駅前のバス停から乗車です。あまりよく眠れませんでしたが、6時18分に京都駅八条口に無事到着。

今日の相棒_H29.06.25撮影
今日の相棒 H29.06.25撮影

烏丸口側のベローチェで朝食、雲は少し出ているものの天気が良かったので、八条口まで戻り駅前のecoトリップで自転車をレンタルしました。今回の旅の特徴は、出発前に宿を押さえたこと。一泊目は西本願寺前の旅館"あづまや"を2,800円で予約できました。まずはこちらへ荷物を預けます。

頂法寺
頂法寺"花戦さ"のパネル H29.06.25撮影

自転車乗っているうちに、気温も体温も上がって次第に暑くなってきました。最初の目的地は頂法寺、前回の追加取材です。前回の訪問で、その場でスマホに大まかにでも原稿を書いた方があとで楽だし、時間が経っても記事作成に漏れがないことをを今更ながら悟りました。毎回、たくさん回っても結局記事にはできず、やるやる詐欺になるので、これくらいのペースの方が自分でも納得のゆく記事が作れます。

山中油店_H29.06.25撮影
山中油店 H29.06.25撮影

中京区の下立売智恵光院にある山中油店の店頭に、水車があると聞いて伺いました。見るからに暑い中、涼しげです。すでに前回の記事で水車の写真は掲載済みですが、こちらのお店に実はもう1台水車があります。こちらはまた後日、ご紹介致します。こちらの店では、おみやげに柚子胡椒ドレッシングを購入しました。

京都府庁旧本館、_H29.06.25撮影
京都府庁旧本館 H29.06.25撮影

ちょっと早めの昼食をと思い京都府庁を訪れましたが、目当ての府庁の食堂は正午から。時間は10時半なので、護王神社で茅の輪くぐりをした後、蛤御門から京都御所を1周して、鬼門封じの猿が辻の取材をしました。

太陽に虹_H29.06.26撮影
太陽に虹 H29.06.26撮影

再び京都府庁に戻ると、太陽に虹がかかっているのに出くわしました。何故かラッキーな気分です。府庁で食事をした後、この後の準備のため、四条河原町の百均でバケツと園芸用の鋏を購入しました。河原町通りは自転車乗れないので、ちゃんと押して歩きましたよ。

金戒光明寺・山門から御影堂_H29.06.25撮影
金戒光明寺・山門から御影堂 H29.06.25撮影

金戒光明寺へ。塔頭の瑞泉院さんで前から好きだったアジサイの枝を御許可頂き、3枝採取させて頂きました。昨年、冬の枝からも発根すると聞いてこちらで頂いたのですが失敗したので(よく考えたらあたりまえか)、今回はリベンジです。ついでに黒谷墓地の下のベンチで少し休憩、御影堂前に行くと、御影堂前の休憩所が綺麗になって店になっていました。(前の方が好きかも)

鴨川のあじさい_H29.06.26撮影
鴨川のあじさい H29.06.26撮影

先斗町、四条大橋よりの鴨川沿いに咲くアジサイの大きな株、こちらも分けて頂けないかと訪れてみました。先斗町側は置屋さんとそこが経営するバーのようなのですが、まだどなたもいらっしゃらなくてお願いすることができませんでした。もしかしたら閉鎖されてる建物という感じもするのですが、1枚だけ、タオルのようなものが干してあるのでやってる気もしますが、結局、訪問できず。今年は諦めて、来年来れたらまた挑戦します。

安井金毘羅宮_H29.06.26撮影
安井金毘羅宮 H29.06.26撮影

安井金毘羅宮で追加取材。縁切り・縁結び岩にお札を貼り付けましたが、ギャラリーが多かったので、ちょっと一人では恥ずかしくて穴のくぐり抜けはしませんでした。「マジメに参拝したので、願いは叶えてくれるはず。」と取材メモに書いたのですが、結果的にその願いは叶えられませんでした。くぐり抜けをしなかったからか・・・夕方の空も完全に曇ってきました。

京都タワー_H29.06.26撮影
京都タワー H29.06.26撮影

自転車を返してから宿へ戻って汗を流し、京都タワーへ。点灯する瞬間の動画を撮りたくて、京都タワーが一番きれいに撮れる(と私が思う)駅ビルの東側・4F烏丸小路広場でスタンバイ。日没に合わせて点灯するそうですが、この日の日の入りは19時15分、京都タワーは時間通りに点灯してくれました。この時からツイッターにハッシュタグをつけるようにしたのですが、やり方が間違っていてツイッター仲間のJ-45さんにご指導頂き、非常に助かりました!いつもありがとうございます!

京都タワー・ビアガーデン_H29.06.26撮影
京都タワー・ビアガーデン H29.06.26撮影

今晩の大人の魂京都(注:夜の単なる一人飲み)は、京都タワーのビアガーデンで一人乾杯。ビアガーデンで一人黙々と飲む中年男性は、完全に浮きあがった異質の存在でした。この日はいつもの四条河原町には行かず、宿の近くの焼き鳥屋で二次会。今晩は明日があるのでおとなしめな大人の魂京都でした。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.07.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR