【滞】嵐山からの京都駅ビル探検隊 3/5

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:急なんですがまた明日、京都へ行くことになりました。今回も短期滞在で明後日の午前中には京都を発ちます。
3月5日(日)の滞在記録

からすま京都ホテル_H29.03.05撮影
からすま京都ホテル H29.03.05撮影

昨晩は遅くまで"大人の魂京都"をしていたのでチェックアウトはギリギリの10時。帰りの新幹線が15時なので、今日もあまり時間がありません。からすま京都ホテルに宿泊するのは今回で2回目ですが、外から見ると巨大な横断歩道のよう。近場で軽く朝食を済ませて、阪急の烏丸駅へ。

嵐山公園_H29.03.05撮影
嵐山公園 H29.03.05撮影

到着したのは嵐山です。昨日同様、短い滞在でも手っ取り早く京都を味わえる場所としてチョイスしました。何はともあれ、まずは渡月橋です。

ゆいはんのサイン_H29.03.05撮影
ゆいはんのサイン H29.03.05撮影

渡月橋を渡って、嵐山の目抜き通りを散策します。唐辛子屋に、ゆいはんと川栄さんのサインが飾ってありました。アクセスアップの下心もあり、ついついツイッターに投稿してしまいました。ちなみに"世界一辛い""狂辛というだけあって、"舞妓はんひぃ~ひぃ~"は超辛!!確か一味だったと思いますが、もし試食したのが七味だったら、一味はどんなに辛いんだろう。いずれにせよ私には無理。

例の踏切_H29.03.05撮影
例の踏切 H29.03.05撮影

ここは例の踏切です。通る人は皆同じ事を言っており、人力車の車夫も案内のネタにしていました。ある意味、観光スポットになっています。いい加減、もう許してあげましょうよ。

竹林の道_H29.03.05撮影
竹林の道 H29.03.05撮影

竹林の道は午前中ということもあり、若干空いています。竹林の道を抜けて、大河内山荘に寄ろうかとも思いましたが、姫は庭園にはあまり興味がなさそうなので、嵐山公園を上の方に登っていきます。

保津峡_H29.03.05撮影
保津峡 H29.03.05撮影

以前、ブラタモリで紹介していた保津峡一望スポットです。今回も一時間に一本のトロッコ列車が通るところには、出くわしませんでした。ああ、星のやに泊まってみたい。でも泊まったら木屋町には飲みに行けないだろうな(笑)

リカちゃん舟_H29.03.05撮影
リカちゃん舟 H29.03.05撮影

これも前に出くわしたリカちゃん舟。岸にいるおじさんがリモコンで操作しているのですが、舟は2種類あることが判明しました。舟に興味を持った人が川に近づくと、舟を岸に寄せてくれますよ。ちなみに竿も動いて、お客のリカちゃんも手を振ります。舟の動力は後ろのスクリューです。

鳥居本三姉妹_H29.03.05撮影
鳥居本三姉妹 H29.03.05撮影

鳥居本三姉妹?京都市交通局に続く新しい萌えキャラ発見か。調べてみると、近畿自動販売機サービスという会社が2016年に発表したキャラだそうです。FBページもありますが、萌えキャラにしては、なんとなく老け顔だな。

自動販売機_H29.03.05撮影
嵐山の自動販売機 H29.03.05撮影

それよりもこの自動販売機、広告規制でエンジ色になってます。以前、当ブログでも"京都の看板"で、京都ならでは看板を取り上げていたので今でも気が付くとチェックしてしまいます。このあと、JR嵯峨嵐山駅から京都駅まで電車で戻りました。

駅ビルの結婚式_H29.03.05撮影
駅ビルの結婚式 H29.03.05撮影

少し早めに京都駅に帰ってきたので、駅ビル探検で楽しく時間つぶし。以前、駅ビル探検隊をしたのが役に立ちました。東側から登っていくと、7Fの東広場で結婚式に出くわしました。どなたかわかりませんが、お幸せに!

スカイウオークから_H29.03.05撮影
スカイウォークから H29.03.05撮影

スカイウォークまで上がって京都駅ビルを東から西へ。京都の街も一望できて、今回歩いた場所も大まかに復習。手軽に無料で展望できて、しかもすいているが嬉しいスポットです。

あらうま堂のラーメン_H29.03.05撮影
あらうま堂のラーメン H29.03.05撮影

お昼は拉麺小路のあらうま堂にて、たまゆラーメン。拉麺小路、この時間はどこも行列が出来ています。テーブルにあるフリーのキムチがうますぎて、ラーメンの味が頭に入ってきませんでした。(ラーメンの味は普通に美味しかったと思います)

京都駅ビル上から_H29.03.05撮影
京都駅ビル上から H29.03.05撮影

大階段の上から京都駅を見下ろします。こんな大きな階段は他の駅にはないので、大体の人が喜んでくれます。新幹線の時間待ちには、東側からスカイウォーク経由の大階段コースで京都駅ビル探検がぜひぜひおススメです。

新幹線乗り場のおみやげ店_H29.03.05撮影
新幹線乗り場のおみやげ店 H29.03.05撮影

先ほど、京都タワーの一階が工事中でお土産買えなかったので、新幹線改札内で購入しました。職場とか家へのお土産は、たいていここかタワーで間に合っちゃうんですよね。私は自分用の漬物を買って、今回は京都を後にしました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.04.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

【滞】神戸~そして午後から京都 3/4

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:ここのところ、タッチタイピングを学んでいます。今までもブラインドではないのに、かなり早いとは言われていたのですが、ちょっと勧められて始めてみました。最初は無理だと思ったのですが、やってくうちにできるようになってきて楽しくなってきてます。まだ実用にはなっていないんですが、初夏のころには実用化していると思います。
3月4日(土)の滞在記録

今回は所用があって、神戸に立ち寄ってからの一泊滞在となりました。前に少し書きましたが、実は最近、婚約をしましてその相手を連れてのミニ京都旅行です。短時間で、京都らしさを味わえるコースを歩いてみました。

五条坂_H28.03.04撮影
五条坂 H28.03.04撮影

京都に到着したのは15時半過ぎ、しかも一泊しかできないので、とり急ぎ京都らしいところを見せてあげようと、京都駅から五条坂のバス乗り場の所までタクシーで向かいました。この場所は、土曜日ということもあり、いつもながらの混雑ぶりですが、そこがまた観光地である京都をよく表していると思います。ここが激混みだと、いつもの京都という気がして、私はなんかホッとします。

蒟蒻しゃぼんの店_H29.03.04撮影
蒟蒻しゃぼんの店 H29.03.04撮影

清水の舞台が工事中と聞いているので清水寺には上がらず、そのまま三年坂からの二年坂を経由して、八坂神社のコースを選択しました。馬鹿の一つ覚えのような私の王道京都案内コースです。天気も良く、それほど寒くもありません。京都散策には最適な日和。阪口青龍苑のよーじ屋、蒟蒻しゃぼんと女子には興味深いお店をピックアップしつつ歩きます。

石塀小路_H29.03.04撮影
石塀小路 H29.03.04撮影

石塀小路に入ると、先ほどまでの人ごみが嘘のよう。夕方ということもあり、ほとんど人がいません。五条坂とは逆に、この場所は静かな方がありがたい。

中村楼脇の人力車_H29.03.04撮影
中村楼脇の人力車 H29.03.04撮影

いつも激しく呼び込みをしている人力車も、なぜか暇そうでした。中村楼の脇にポツンと置かれた人力車が寂しそう。二人なので、前からやりたかったブログ用に人力車に乗って(さすがに一人で人力車に乗る勇気はないので)の動画撮影も考えたのですが、時間がないこともあり諦めました。

美御前社_H29.03.04撮影
美御前社 H29.03.04撮影

八坂神社の境内にある美御前社へ。ここは美人の誉れ高い宗像三女神が祀られており、社殿の前に湧く美容水は肌が美しくなると、テレビでも度々取り上げられるところです。早速、お連れした姫も美容水を顔へつけています。

祇園白川の梅_H29.03.04撮影
祇園白川の梅 H29.03.04撮影

西楼門から東大路通りを渡って巽橋へ。巽橋の周辺で人が映りこまない写真を撮ろうと、皆がお見合いをしているのもいつも通りの風景です。白川沿いを川端通りに向かって歩いていると、ちょうど白川沿いの梅が見頃でした。

四条大橋から鴨川_H29.03.04撮影
四条大橋から鴨川 H29.03.04撮影

四条大橋を渡って河原町方面へ。前にも書いたような気がしますが、"鴨川のカップルは等間隔に座る"という京都あるあるが当てはまっていません。考えてみたら、いつも等間隔じゃないような・・・

nikiniki_H29.03.04撮影
nikiniki H29.03.04撮影

オリジナルの生八ツ橋が作れる四条木屋町のnikinikiさんへ。テレビでよく見かける店です。姫が挑戦しようとしましたが、希望の材料が在庫切れで断念しました。夕方だからかもしれません。早い時間に行った方が良いのかも。

マルイ前のパフォーマー_H29.03.04撮影
マルイ前のパフォーマー H29.03.04撮影

前にも見かけたマルイ前のパフォーマー。人だかりが出来ていて、かなりの上級者だと思います。ギャラリーの相手も結構やってくれて楽しいです。

四条通_H29.03.04撮影
四条通 H29.03.04撮影

今日の宿は四条烏丸のからすま京都ホテル。時間がないので、荷物を置いたら早速、大人の魂京都へ(初めていらした方へ~"大人の魂京都"飲みに行くということです) 夜の四条通りを東へ。

錦小路のシャッター_H29.03.04撮影
錦小路のシャッター H29.03.04撮影

途中から錦小路へ。ほとんどのお店が閉まっているか店仕舞中。店が開いてる時はわからないですね。シャッターに若冲の絵がある店はいくつかあったので、シャッターの芸術を楽しみながら歩きました。

錦天満宮の鳥居_H29.03.04撮影
錦天満宮の鳥居 H29.03.04撮影

錦小路の突き当りは天神様。壁を突き抜けた鳥居を眺めながら四条木屋町へ。前に行った長次郎へ行こうと思ったら、すでに店の前には行列が・・・諦めましたが、口の中は寿司の口になっているので、三条のがんこ寿司でもと木屋町通りを北へ向かいます。

池田屋の大階段_H29.03.04撮影
池田屋の大階段 H29.03.04撮影

結局、三条通りの池田屋に入りました。あの池田屋事件のあった場所は、居酒屋の"はなの舞"がテーマパーク的な居酒屋をやっているのです。大階段も再現されています。店員さんも新選組の羽織を法被にしているのですが、天下の新選組も150年後にこうなっているとは、全く想像がつかなかったでしょう。

池田屋の大階段_H29.03.04撮影
池田屋の大階段 H29.03.04撮影

混みあっていたので、15分ほど待って大階段の上へご案内。大階段の上はこんなことになっています。斬られた人形は上から吊るされているのですが、なかなかダイナミック。

池田屋の大階段盛_H29.03.04撮影
池田屋の大階段盛 H29.03.04撮影

テレビで紹介されていた名物の大階段盛りを注文してみました。2種類あるうちの小さい方で値段は1800円位だったと思います。店内は面白かったのですが、飲み物がなかなか出てこない店で、1時間ぐらいで退散しました。そのあとは、四富のたすくと木屋町のママトルティでいつもの大人の魂京都。さらにはもみの木ハウスでマッサージに行きましたが、料金体系がバカ高くなっていてびっくり!気軽に行ける店でなくなってしまいました。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.04.15 | | Comments(2) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

【時】雲霧仁左衛門3

カテゴリ【時】:時代劇の話
~時代劇の感想、雑感、ニュースを書いて行きます。


ミニブログコーナー:今度の土曜日から火曜日まで、約半年ぶりに京都滞在が決定しました。神戸に用事があるので土曜日は主に神戸ですが、夜からは京都中心に滞在します。
先週、NHKの雲霧仁左衛門3が終了しました。(以前に書いた雲霧2の感想はこちら) 引っ越しで焼いたブルーレイは荷造りしてしまったので、記憶だけで書いています。

雲霧はやっぱり山崎仁左衛門に限るという話は、さておきまして、今回は初めて池波原案ということで、オリジナルストーリーを作ったあたり、とても勇気のある決断だと思いました。NHKいい仕事した!正直、当初はあれだけ綺麗に終わらせているものに、敢えて続編を作る必要があるのか、雲霧の最高峰(と私が思っている)山崎仁左衛門がしなかった領域に、踏み込んでしまっていいのか、はっきり言って蛇足としか考えられなかったのですが、見ていくうちに自分の内なる"この先を実は見たかった・・・"という気持ちが抑えきれなくなっていました。売られた喧嘩は買うというところからの再集結、若干小粒ではあるものの、異常なまでに使える特殊能力(声色を使える)を持った新小頭の三坪の伝次郎、因果小僧を踏襲した大工小僧七松と新メンバーも魅力的なものがありました。おかね・富の市のエピソードも生かされていて、以前からのファンは楽しく視聴することが出来ました。またもや雲霧を捕らえられない式部の立場はどうなるのかと心配もしましたが、不倶戴天の敵でありながら実は雲霧の一番の良き理解者であるという、ルパンで言う銭形のとっつぁん的な描き方でストーリー的に式部を救済できたことも良かった。

気になったのは、所々ストーリーに雑な所がありました。すぐに覚えているところで言えば、おかね・富の市の救出シーンとか、あんなに簡単に逃げられるのは、ちょっとできすぎな気がしました。柄本さん登場時から何か怪しいと思っていましたが、暁星右衛門の息子が藤堂藩医だというのも、もう一つ捻りが欲しいところです。もしそうならお頭の情報網にとっくに入ってるんじゃないかなあと思ってしまいました。七松の幼馴染が密偵というのも因果小僧の時に見たような気が・・・・それに磯部主膳があんな簡単に受け取り証文なんて書くかな。突っ込みどころが多かったかもしれません。

結局、なんだかんだと文句つけていますが、楽しい2月間を過ごすことができました。今クールはアニメの鬼平と雲霧とダブルの池波作品が時代劇ファンを楽しませてくれたと思います。ちなみに4は見たくないです。もうこれで終わりにしてほしい。夢のステージは1回で十分。これ以上やるのはホントの蛇足だと思います。どうしてもやるのなら、安部式部でスピンオフとか(笑) 

大雑把な感想になってしまいましたが、これで終わりにします。ありがとうNHK!そして石原さんもカメラマンとして参加されているのを拝見しましたが、松竹京都映画のスタッフの皆様も大変お疲れさまでした。

関連記事

テーマ:時代劇 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2017.02.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【時】時代劇の話

【滞】嵐電を乗り継いで巡る 9/25

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:仕事の関係でまたまた引っ越すことになりました。隣の市なんでたいして離れてないんですが、前回の引っ越しから半年。こんなに慌ただしいのは初めてかも。DVDが多いので、準備が大変なんです。そういえば私、初めて埼玉県民になります。
9月25日(日)の滞在記録

始めにお詫びしておきます。今回、記事にするのが半年近くたってしまったので、記憶があまり定かでありません・・・誠に申し訳ないです。大雑把な記事になりますが、残された写真から、どこを歩いたか推測しながら書いています。

映る京都タワー_H28.09.25撮影
映る京都タワー H28.09.25撮影

午前中は京都駅周辺で、何かに映る京都タワーを堪能しました。何回やっても飽きませんね。写真は京都駅ビル屋上の透明なアクリル?に映る京都タワーです。幻想的なその姿をツイッターにアップしたら"天使のはしご"みたいと評した人がいました。

京都市交通局ポスター_H28.09.25撮影
京都市交通局ポスター H28.09.25撮影

スマホを見たら地下鉄・市バス応援キャラクターのそろい踏みポスターを撮ってました。地下鉄から天神川経由で嵐電の帷子ノ辻に向かったみたいです。

キネマ・キッチンのカツライス_H28.09.25撮影
キネマ・キッチンのカツライス H28.09.25撮影

昼食のお目当ては大映通り商店街のキネマ・キッチン。勝新さんと市川雷蔵さんにちなんだカツライスなるものを食べに行きました。オムライスにカレーソースのかかったカツがのってます。

蚕ノ社・三柱鳥居_H28.09.25撮影
蚕ノ社・三柱鳥居 H28.09.25撮影

嵐電で蚕ノ社へ。京都の三珍鳥居で唯一記事にできていない三柱鳥居を撮影。枯れた池に立つ三柱鳥居は、いつみてもおどろおどろしいイメージがあります。

猿田彦神社・猿の木造_H28.09.25撮影
猿田彦神社・猿の木造 H28.09.25撮影

一駅ですが嵐電に乗りました。嵐電天神川で降りて猿田彦神社へ。猿の木造の写真を撮りに行きました。建物の中にあるのでたくさん撮って、ちゃんと撮れたのはこの一枚だけ。ほとんどカンでピンと合わせてました。

大将軍神社_H28.09.25撮影
大将軍神社 H28.09.25撮影

大将軍八神社の写真がありました。嵐電で北野白梅町まで行ってそこから歩いたようです。大将軍の群像を前から見たかったのですが、見た記憶はありません。このあと千本中立売のマックで休憩しています

一条通りの妖怪 H28.09.25撮影
一条通りの妖怪 H28.09.25撮影

一条妖怪ストリートも一度、記事にしたいと思っているのですが、この写真1枚しか撮っていないということは、時間が無くて断念したようです。

多巳龍神_H28.09.25撮影
多巳龍神 H28.09.25撮影

最終的に行きたかったのは、一条通大宮西入鏡石町の路地の奥にある多已龍神。観光地でもなんでもなく、普通に街角にある路地のお社ですが、新日本風土記で取り上げられていて、一度見てみたいと思っていました。この辺り、池を埋め立てたそうですが、沢山いた蛇の祟りを鎮めるために、この龍神が祀られたと記憶しています。

新幹線の切符_H28.09.25撮影
新幹線の切符 H28.09.25撮影

一番最後にこの写真が残ってました。結構、遅くまで京都に居たみたいです。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.02.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

魂京都"超番外"サザン聖地ツアー~茅ヶ崎編

いつも"魂京都"をご覧の皆様へ
前回に続き、このブログのテーマである京都に全く関係ありませんが、私が子供の頃から愛してやまないサザンオールスターズ聖地巡りの記事をアップさせて頂きます。今回がラストです。通常の記事のアップも遅れがちなところ、誠に申し訳ありませんが、しばしお付き合い頂ければ幸いです。


サザン関連の検索で"魂京都"を訪れた皆様へ
当ブログにご訪問頂きありがとうございます。こちらは"東京生まれ、東京育ち、でも魂は京都人"な私が、京都や時代劇を語るブログになっております。あわせて、私は30年以上のサザンファンでもありますので、今回は先日行ったサザン聖地ツアーの模様を掲載させて頂きました。



平塚から東海道線で茅ヶ崎へ。茅ヶ崎駅で下車すると、最初に耳にするのは"希望の轍"が使用された発車メロディ。上りの5番ホームはイントロ~シャウトまで、下りの6番ホームは、やや短く"巡る巡る忘ら"の部分。茅ヶ崎駅では2014年10月からこのメロディが使用されています。1万を超える茅ヶ崎市民市民の署名で実現したそうです。

茅ヶ崎駅(南口)_H29.01.08撮影
茅ヶ崎駅(南口) H29.01.08撮影

写真とは反対側ですが、北口には茅ヶ崎にまつわる有名人の手形のモニュメントがあります。12代目市川團十郎さん、野口聡一さん(宇宙飛行士) 加山雄三さん 土井 隆雄さん(宇宙飛行士) の4人。以前、加山さんの手形がまだ無い頃に、桑田さんにもオファーが来たのですが、加山さんのものがまだ無いのに置くわけにいかないと、断ったそう。桑田さんらしいエピソードです。

サザン通り_H29.01.08撮影
サザン通り H29.01.08撮影

早速、南口の西側にやってきました。ここからサザンビーチまで約1.3キロの通りと途中それに交差する道が、"サザン通り"と名付けられています。駅近くの辺りは十字型をした商店街です。(地図)

サザン通りの案内板_H29.01.08撮影
サザン通りの案内板 H29.01.08撮影

命名は意外と古く、1999年にサザン通り商店街と改名したのが始まりだそうです。ここには小中学校時代を茅ヶ崎で過ごした桑田さんにまつわるお店が数多くあります。

サザン通りの案内板_H29.01.08撮影
サザン通りの案内板 H29.01.08撮影

あいにく、空は曇り空で今にも降り出しそうな気配です。天候を気にしながら、本日の聖地巡りをスタート!

サザン通りの曲名表示_H29.01.08撮影
サザン通りの曲名表示 H29.01.08撮影

サザン通り商店街には、2013年の“灼熱のマンピー!! G☆スポット解禁!!”のセットリストが写真のように表示されています。うっかりすると見落としてしまうような所にもあるので、宝探し気分で歩くのも楽しいです。

サザン通りの曲名表示_H29.01.08撮影
サザン通りの曲名表示 H29.01.08撮影

ちなみに1曲目は"海""YAYA(あの時代を忘れない)"となっています。WOWOWやDVDでは1曲目は"YAYA"になってますが、"海"が1曲目の会場もありました。私が遠征した神戸も"海"でした。

茅ヶ崎小学校_H29.01.08撮影
茅ヶ崎小学校 H29.01.08撮影

サザン通りを150メートルほど進むと、右手に見えるのが茅ヶ崎小学校。桑田さんが通っていた小学校です。前述の"ロックの子"によると、桑田さんがお姉さんの影響でビートルズを好きになるのは、この小学校に通っていた5~6年の頃だそう。

茅ヶ崎小学校_H29.01.08撮影
茅ヶ崎小学校 H29.01.08撮影

ファンには有名な話ですが、桑田さんのソロアルバム"ROCK AND ROLL HERO"のラスト"ありがとう"の冒頭の歌詞"松の花咲く 砂の道"は、茅ヶ崎小学校の校歌を引用したものです。ちなみに加山雄三さんもこちらの出身です。

エトワール洋菓子店_H28.01.08撮影
エトワール洋菓子店 H28.01.08撮影

茅ヶ崎小学校の真ん前にあるのが、サザン関連の商品を沢山揃えている人気店・エトワール洋菓子店です。

エトワール洋菓子店_H28.01.08撮影
エトワール洋菓子店・桑田さんのサイン H28.01.08撮影

店内には2002年の桑田さんのサインが飾られています。隣は茅ヶ崎を中心に活動する?DJの方だとのこと。

エトワール洋菓子店_H28.01.08撮影
エトワール洋菓子店・桑田さんの手紙 H28.01.08撮影

桑田さんの直筆の手紙も飾られています。右は震災から間もない頃のもので、その上の木の写真は、2011年の宮城ライブの記念植樹の写真です。左は2009年末に下田から投函されたもののよう。この間の年越しで、上から降ってきた青いテープもあります。私も先日、行った方から分けて頂きました。

エトワール洋菓子店_H28.01.08撮影
エトワール洋菓子店・勝手にシンドバック H28.01.08撮影

昨年のサザン38周年のアニバーサリーで作られたのは"勝手にシンドバック"。洋菓子の詰め合わせです。4色ありますが、中身は同じなようです。一つ1,000円。同行者はお土産にこちらを購入しました。

エトワール洋菓子店_H28.01.08撮影
エトワール洋菓子店・サザンサブレ H28.01.08撮影

バニラ、ソルト、シナモンの味で8枚入りの"サザン・サブレ"は1箱1,000円。サザン通り、サザンビーチ、サザンCの3つのサザンから3種類の味にしているそうです。包装のイラストはサザンビーチのCのモニュメント。

エトワール洋菓子店_H28.01.08撮影
エトワール洋菓子店・サザンサブレ H28.01.08撮影

ちなみに、私はサザンサブレを購入しました。烏帽子岩の形をしています。サザンビーチから見える烏帽子岩の形の通り、先端が右寄りになっているのですが、ごくまれに江の島から見た左寄りになっているサブレも入ってるそうです。

エトワール洋菓子店_H28.01.08撮影
エトワール洋菓子店 H28.01.08撮影

他にも"サザン通り"というマドレーヌや"大人のサザン"というラム酒の入ったラムレーズン、"大人の葡萄セット"なんて詰め合わせもありました。サザンの35周年を記念した、サザン通りのオリジナルTシャツも売っています。

エトワール洋菓子店_H28.01.08撮影
エトワール洋菓子店・ありがとね!ノート H28.01.08撮影

こちらにもサザンへの思いを書き込めるノートが置かれています。オーナーさんとも少し話をしたのですが、桑田さんがよく行かれるという某所にある蕎麦屋の話を伺い、もう1枚しか残っていないサザンファンのための茅ヶ崎案内のペーパーも頂きました。

時宝堂_H28.01.08撮影
時宝堂 H28.01.08撮影

エトワールの並びにあるのは時宝堂。桑田さんが結婚指輪を購入した店です。店主のお兄さんが、桑田さんに英語を教えていたこともあるそうです。

時宝堂_H28.01.08撮影
時宝堂_H28.01.08撮影

9号と15号の結婚指輪のレプリカをモチーフにしたネックレスを販売しています。誰もいらっしゃらなかったので店の外から見るだけにしましたが、15,000円の値札がついていました。指輪は当時の"ベストテン"でも紹介されましたが、サイズが大きすぎて指から抜けてしまい、笑いをとったそう。指は後から作り直したのだとか。

サザン神社_H28.01.08撮影
サザン神社 H28.01.08撮影

商店街のラーメン屋で食事を済ませて、向かったのはサザン神社です。商店街の空き店舗が開放されて、神社になっています。十字の横棒にあたる通りです。

サザン神社_H28.01.08撮影
サザン神社・本殿 H28.01.08撮影

ちなみに本殿はどこかの神社の本殿の写真を加工したもの。2008年に商店街の方が、ノリで作ってしまった神社だそうです。

サザン神社_H28.01.08撮影
サザン神社・神輿 H28.01.08撮影

この神輿はよく見ると紙製です。細かいところまで、とてもよく作ってあります。担がれることもあるのでしょうか?

サザン神社_H28.01.08撮影
サザン神社・天井の写真 H28.01.08撮影

天井には、卒業アルバムのものと思われる古い写真が貼られています。小学校の運動会のようですが、誰が桑田さんかはわかりませんでした。

サザン神社_H28.01.08撮影
サザン神社・天井の写真 H28.01.08撮影

ようやくこのブログとの共通点が出てきました。京都の二条城の二の丸御殿の前で撮影された、修学旅行の記念写真。私も中学の修学旅行の時、ここで撮りました。前から2列目の一番左のネクタイの男性の隣が、桑田さんだと思われます。鎌倉学園高校は男子校なので、茅ヶ崎第一中時代のものでしょう。

サザン神社_H28.01.08撮影
サザン神社・天井の写真 H28.01.08撮影

これも周りの景色から茅ヶ崎第一中学の航空写真だと思われます。今回は行き損ねたので、ここで茅ヶ崎一中をピックアップしました。

サザン神社_H28.01.08撮影
サザン神社・寄せ書き H28.01.08撮影

壁には参拝者?が書き込めるスペースも用意されています。名前がわかってしまうので載せませんが、もちろん私達も書き込んでまいりました。神社にいる間に雨が強くなってきたので、商店街のコンビニで傘を購入。

小林茶園_H29.01.08撮影
小林茶園 H29.01.08撮影

サザン神社の斜向かいにあるのは、小林茶園。オーナーは桑田さんの中学時代の野球部の先輩で、サザン神社の発案者でもあります。商店街の重鎮ともいわれているそうです。

小林茶園_H29.01.08撮影
小林茶園・茶山 H29.01.08撮影

茶山(さざん)という名のお茶の詰め合わせや、サザン関連のオリジナルグッズも販売しています。忙しそうだったので遠慮しましたが、店内には、桑田さんの子供の頃の写真があるらしい。店先には、原さんの直筆の手紙を見せてもらえるかもとも書いてありました。

サザンビーチ交差点_H29.01.08撮影
サザンビーチ交差点 H29.01.08撮影

商店街がクロスするところまで戻って、南へ進みます。途中、通りは住宅街になり、さらに進むと国道134号との交差点が、"サザンビーチ"の交差点です。途中、雨が結構降ってきました。

サザンビーチから烏帽子岩_H29.01.08撮影
サザンビーチから烏帽子岩 H29.01.08撮影

サザンビーチから見た烏帽子岩。湘南の大本山ともいうべき風景です。本尊の烏帽子岩はサザンサブレの通り、先端が右向きになっています。

サザンCのモニュメント_H29.01.08撮影
サザンCのモニュメント H29.01.08撮影

海岸に佇むのは、かの有名な"サザンC"のモニュメント。平成14年に設置されました。円の中心に烏帽子岩を写すことも可能です。言うまでもありませんが、このモニュメントは53枚目のシングル"I AM YOUR SINGER"のジャケットにもなっています。

サザンCのモニュメント_H29.01.08撮影
サザンCのモニュメント H29.01.08撮影

Cのモニュメントの右側に立ってCの切れ目をつなぐと円になることから、縁結びスポットとしても知られています。雨の上に、冬は海岸に人気(ひとけ)がないので、たまたま通りかかった市民ランナーに撮影してもらいました。

茅ヶ崎公園野球場_H29.01.08撮影
茅ヶ崎公園野球場 H29.01.08撮影

サザンビーチ交差点から600mほど海岸沿いを東に進むと、2000年に伝説のライブが行われた茅ヶ崎公園野球場。50,000人を越える署名が集まった桑田さんの茅ヶ崎凱旋ライブです。13年後の2013年にもここで再びライブが行われました。残念ながら、雨がひどくなってきたので、野球場に近づくのは断念しました。

清月_H29.01.08撮影
清月 H29.01.08撮影

野球場の先、駅南口入口の交差点を北上すると、最後の目的地が清月。腹を空かせた桑田さんが、中学生時代にありあわせのものでドッグを作ってもらっていたパン屋です。ツケを貯めて出禁になったという噂も・・・。店に入ると、中に立っているのは、ネットで見かけたその当時のおばちゃん!

清月_H29.01.08撮影
清月 H29.01.08撮影

話を聞きたかったのですが、たまたまタイミングを逃してしまい、写真の許可だけもらいました。サザン佳祐ドッグも、残念ながら売り切れでした。店内には、おばちゃんと桑田さんの記念写真が飾ってあります。

清月_H29.01.08撮影
清月 H29.01.08撮影

写真の上には去年の年越しライブのテープが。おばちゃんも年越しライブ行ったのでしょうか。
今回はここでサザンツアーは終了です。まだ行けなかったところもあるので、機会があったらまたこのブログでご紹介致します。長々とご覧頂きありがとうございました。次回からは魂京都、通常営業致します。

関連記事

テーマ:神奈川 - ジャンル:地域情報

2017.02.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人(四条烏丸から河原町あたり)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR