【癒】インスタ映えと初夏の癒し~圓光寺

カテゴリ【癒】:京都で癒す~一般的・個人的かかわらずマイ京都癒しのスポットをご案内


ミニブログコーナー:ルパン3世第5シリーズ始まってます。第5話エピソード1まで見ましたが、今回はかなり現代に寄せてきてスピード感にあふれている感じです。ルパンと不二子の関係が微妙に変わってきている?のも見どころ。エンディングで、テーマとともに不二子の酒場でルパン・次元・五ェ門が幸せそうに飲んでいるのを、見ると泣きそうになります。
今回の題材も1年近く前の取材なのですが、一周回ってちょうど青紅葉を楽しめる今の時期にご紹介するのがピッタリかと思い、取り上げてみました。若干、記憶で書くことになりますがお許し下さい。それでも、私の京都の癒しの場所が一つ増えた場所なので、おススメできるスポットです。

圓光寺・正門_H29.6.28撮影
圓光寺・正門 H29.6.28撮影

叡山電鉄・一条寺下車で向かったのは臨済宗南禅寺派の圓光寺です。一乗寺駅から東へ、白川通りを越えて東山の山並みに向かって進んでいきます。周辺には詩仙堂や曼殊院など、圓光寺も含めて紅葉の名所が連なりますが、私は秋よりも人出の少ない今頃の時期をおススメします。

圓光寺・奔龍庭_H29.6.28撮影

圓光寺・奔龍庭_H29.6.28撮影
圓光寺・奔龍庭(ほんりゅうてい) H29.6.28撮影

正門を抜けて石段を上がっていくと、この庭が現れます。龍が天空を駆ける様を表現したこの庭は、美術に疎いこの私でも心に何か感じるものが。枯山水ですが、現代アートのようでもあります。切り立つ石柱は稲妻を表現しているのだとか。

圓光寺・昼寝する小坊主_H29.6.28撮影
圓光寺・昼寝する小坊主 H29.6.28撮影

元々は"インスタ映え"しそうなこの写真を撮影しに来ました。スヤスヤと眠っていますが、禅問答の題材になりそうな石像です。蟠龍窟(ばんりょうくつ)と名付けられた坐禅堂の入り口付近にありました。木魚を枕に坐禅堂に向かって寝ている姿は、何か挑戦的にも見えます。小僧を見つめるネズミにも注目。

圓光寺・わらべ地蔵_H29.6.28撮影
圓光寺・わらべ地蔵 H29.6.28撮影

本堂の前に広がる池泉回遊式庭園"十牛の庭"の中にも、興味深い石仏がポツンと置かれています。緑の中のグレーは良く目立ちます。

圓光寺・わらべ地蔵_H29.6.28撮影
圓光寺・わらべ地蔵 H29.6.28撮影

苔の絨毯の中であどけなく微笑むわらべ地蔵は、まさに純真な子供そのもの。何とも温かい気持ちになります。

圓光寺・本堂から十牛の庭_H29.6.28撮影
圓光寺・本堂から十牛の庭 H29.6.28撮影

本堂の縁側に腰を下ろして、しばらく座っていました。静かで人も少なく、とても落ち着きます。時間が許せばいつまでもこの縁側に座っていたい気持ちです。


初めてこちらを拝観しましたが、 本当に訪れてよかったと思います。秋より初夏がおススメなのは、この静けさと青紅葉を同時に楽しめるからです。車の音に邪魔されることもなく、水音や鳥の鳴き声、たまにカエル?の鳴き声・・・自然の音を満喫しました。たまに聞こえる太鼓の音が、この場所が寺院であることを思い出させてくれます。


本堂の前にある水琴窟から聞こえる音が、さらに癒しをプラスしてくれます。カメラのシャッター音をさせるのも、この風景に対して申し訳ないくらいです。ちなみに、この縁が広く杯型の手水鉢は圓光寺型と呼ばれています。

圓光寺・村山たか女の墓_H29.6.28撮影
圓光寺・村山たか女の墓 H29.6.28撮影

裏手の墓地には、舟橋聖一(せいいち)の小説「花の生涯」の主人公で井伊直弼の愛人、幕末に波乱の生涯を送った"村山たか女"の墓があります。

圓光寺・徳川家康の墓_H29.6.28撮影

圓光寺・徳川家康の墓_H29.6.28撮影
圓光寺・徳川家康の墓 H29.6.28撮影

さらに寺の裏山を上っていくと、徳川家康の墓がありました。家康の墓があるのは、この寺が慶長6(1601)年に徳川家康の命により、学校として伏見に創建されたことによります。この墓には家康の歯が納められているのだとか。この時は建造中でしたが、現在はその横に小さな東照宮が再興されています。

圓光寺・裏山からの風景_H29.6.28撮影
圓光寺・裏山からの風景 H29.6.28撮影

圓光寺が位置する一乗寺の辺りは京都盆地と東山連峰の境目になっており、この裏山からは京都市街の風景が一望できます。家康もこの壮観な風景には、きっと満足していることでしょう。私も初夏のお気に入りの場所が、京都に一つ増えました。
圓光寺:京都市左京区一乗寺小谷町十三番地(HP/アクセス)
H29.6取材・H30.5アップ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2018.05.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【癒】京都で癒す

【飲】新京極のレトロな居酒屋~京極スタンド

カテゴリ【飲】:京都で呑む~さあ、今日はどこで呑もうか。木屋町、祇園、河原町。吉田類さんばりに京の酒場を探訪する、大人の魂京都です。


ミニブログコーナー:実用記事が3本続きましたが、ネタの在庫の都合上、ご勘弁下さい。結婚したり仕事の関係で頻繁に京都に行けなくなったので、ネタの遣り繰りが難しいのです。次回は圓光寺か京都タワーのどちらかになる予定です。
京極スタンド・外観_H29.11.03撮影
京極スタンド・外観 H29.11.03撮影

今回は、とあるHPで京都の三大名居酒屋の一つとして紹介されていた京極スタンドへ。名居酒屋と言っても隠れ家的というわけではなく思い切り、新京極通り、繁華街の真ん中というロケーションにあります。正直、今まであまり意識していなかったので気づいていませんでした。有名店である証拠に入り口には、サインがたくさん飾ってあります。三田村邦彦さんや酒場放浪記で知られた吉田類のサインも。

スタンドといっても立ち飲みではありません。座席は丸テーブル四つに片側10席で合計20席くらいの大理石の長テーブルです。 外観からも想像がつきますが、装飾品やポスターで全体的に昭和テイストの店内は、なんとなく昔のビヤホールを彷彿とさせます。レトロな雰囲気を楽しんで下さい。

入店したのは、3連休の初日の20時過ぎ、店内は若めのお客さんで混雑していました。相席で案内されましたが、最初カップルの丸テーブルに相席になってしまい、とても気まずかった・・・ 店のタイプとしては、仲間で行ってワイワイやる感じの店ですね。一人で行って相席が苦手な人は厳しいかと思います。一人で行くなら1軒目で、長テーブルに座り、サッと腹ごしらえで飲んで次の店に行くようです。(私ならということです。) ちなみに店内は禁煙ではないので、煙草苦手な人は隣で吸われてしまうと辛いかもしれません。

食べ物のレベルは街の(チェーン店でない)居酒屋で出てくるような感じで、人により印象は変わると思います。私としては中の下くらいでしょうか。あくまで一般的なレベルです。値段は店のタイプからイメージしていたよりもやや高いかなと思いました。

昼は12時から営業していますが、夜は飲み屋としては早めの閉店です。20:45ラストオーダーで21:15閉店のため、夜に行くときはご注意下さい。定休日は火曜日です。
京極スタンド:京都府京都市中京区新京極通四条上ル中之町546(MAP)
H29.11.3取材

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2018.04.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【飲】京都で呑む

【食】京都なのに大江戸?・・・西陣大江戸(とんかつ)

カテゴリ【食】:京都で食べる
~私が京都で食べた店、食べたい店をご案内します。味音痴なのでグルメガイドはできません。まずかったり、印象悪かった所は掲載していませんので。


ミニブログコーナー:職場の人に数時間京都に滞在する場合、何かいい過ごし方はないですかと質問されたので、私は、彼が行ったことがないのを確認した上で三十三間堂をおススメしておきました。タクシーで駅から10分もかからないですし、堂内で千手観音が千体並んでいるのは壮観な光景です。そこから五条坂から清水寺に入らず産寧坂から八坂の塔、寧々の道経由で八坂神社まで散策すれば、そこそこ京都滞在を楽しめるのではないでしょうか。
西陣大江戸・外観_H29.11.04撮影
西陣大江戸・外観 H29.11.04撮影

タイトルにもしたように、なぜ京都にあるのに"大江戸"なのかはよくわかりませんが、今回のテーマは"とんかつ"です。地域で言えば西陣、通りで言えば笹屋町千本東入ルになります。千本通りから笹屋町通りへ入るとすぐに、一風変わったコンクリート打ちっぱなしの現代風な門構えが現れます。あまりとんかつ屋っぽくはない外観です。見ようによってはアート系の店にも見えます。

西陣大江戸・外観_H29.11.04撮影
西陣大江戸・外観 H29.11.04撮影

大きな暖簾をくぐると、無機質なコンクリートの池とその上に店の入り口まで伸びる1本の橋。池の中では鯉がたくさん泳いでいて、ずいぶんと高級感を醸し出しています。こんなカジュアルな格好でいいのかと、店に入る前に気おくれ・・・

西陣大江戸・メニュー_H29.11.04撮影
西陣大江戸・メニュー H29.11.04撮影

していましたが、入ってみると雰囲気的には親戚が集まった時に行くような、少し高めな和食の店という印象でした。それほどかしこまった感はありません。店内は、4人がけのテーブル4台、8人ほどの小上がり、 カウンター5席。ちょうど12時半過ぎだったので、ランチをとるお客さんでほぼ満席でした。中には観光客らしき姿も見えます。私はというと、腹も減っていたことを言い訳にして、高めのデラックスA定食(2,370円)を注文してみました。

西陣大江戸・デラックスA定食_H29.11.04撮影
西陣大江戸・デラックスA定食 H29.11.04撮影

まずは、とんかつ180gから頂きました。手前の脂身の部分はふわっと口で溶ける感じ、奥に行くに従って肉がしっかんりしてきて、食べ応えあります。専門店で食べる高級なとんかつという印象です。エビフライはプリプリで、かかっているタルタルソースも洋食屋さんもののような感じで、手間暇かけて作ってそう。ごはんは、一緒に提供されるおひつから自分でよそうスタイル。小さい茶碗2杯分くらいだけど、揚げ物と一緒だからこれで十分。お腹いっぱいになります。山盛りのキャベツのドレッシングはうめ、ゆずしょうゆ、ゴマの三種のノンオイルから選べます。

西陣大江戸・営業時間_H29.11.04撮影
西陣大江戸・営業時間 H29.11.04撮影

御覧の通り、昼と夜の営業時間が決まっていて、常時開いているわけではないのでご注意下さい。定休日は月・木です。旅の途中のちょっと豪華なランチ、西陣近くに立ち寄った時におススメします。
西陣大江戸:京都市上京区笹屋町千本東入/075-441-2022(MAP)
取材:H29.11.04

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2018.04.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【食】京都で食べる

【宿】ヴィアイン京都四条室町

カテゴリ:【宿】京都の宿~サウナ、ゲストハウスも含めた泊まる京都をご案内します。京都旅行のお役に立てば幸いです。


ミニブログコーナー:東京は桜もそろそろ散り始めの頃で、土日が最後ですかね。私は京都では金戒光明寺の黒谷墓地の石段の桜が一番好きですが、塩小路橋辺りの狂ったように咲く、鴨川添いの桜も大好きです。去年は桜見ていないので今年は見たかったな。
ヴィアイン京都四条室町・外観_H29.11.04撮影
ヴィアイン京都四条室町・外観 H29.11.04撮影

3連休の中日の夜に京都市内で楽天トラベルから予約を試みましたが、さすがに安い宿は無く、1泊13,800円という私としては高い宿に泣く泣く宿泊しました。高いといっても、種類としてはビジネスです。場所は、室町通錦小路ですが地域で言えば四条烏丸になります。いつものように河原町で飲んで、酔い覚ましに歩いて帰りました。50mほど離れた並びににローソンがあるのは助かります。

ヴィアイン京都四条室町・外観_H29.11.04撮影
ヴィアイン京都四条室町・外観 H29.11.04撮影

このホテルはJR西日本のグループ会社、ジェイアール西日本デイリーサービスネットが運営するチェーンで、新しいのかと思っていたら開業は2007年4月で、10年以上はこの場所にあるホテルでした。外観はちょっと町家風の造りです。

ヴィアイン京都四条室町・外観_H29.11.04撮影
ヴィアイン京都四条室町・外観 H29.11.04撮影

前は元明倫小学校の京都芸術センターで、隣は明倫幼稚園です。建物は横から見ると随分と建物が奥に長い。8階建てで各階に30室以上部屋があります。内部構造が複雑ではありませんが、何かあったら怖いので避難経路は確認しておきました。(あくまで万一ということで。)

ヴィアイン京都四条室町・室内_H29.11.03撮影
ヴィアイン京都四条室町・室内 H29.11.03撮影

部屋はシングルAで喫煙できるタイプ、140cm幅ゆったりベッドということでした。至って普通のビジネスホテルです。軽朝食無料サービス(6:30~9:30)が嬉しかったのですが、和洋バイキング形式の朝食、品数はそれほど多くない。ざっとおかずは10品目くらいでしょうか。この値段ならもう少しバリエーションが欲しいと思いました。また、たまたまだと思いますが、室内のテレビが壊れていたのがマイナスポイント。画面が暗くなったりしてよく見れませんでした。

・室内は個別空調
・主な電化製品は加湿器付空気清浄機、冷蔵庫、24インチ液晶テレビ
・カギはカードキー、ドアのとこにカードをタッチするタイプ
・室内の電気はカードキーを指すタイプ。(カードを抜いてもすぐに照明が消えません)
・無料Wi-Fi 有ります。(パスワードはチェックインの時、フロントでくれます。)
・コンセントはデスクに3箇所 ベットに2箇所
・ユニットバス、ウオシュレット有り
・アメニティは歯ブラシ、ひげそり、ブラシ。シャンプー、リンス、ボデーは備えつけあり。
・チェックアウトは10時(会員はレイトチェックアウト12時) 機械式でルームカードを入れるタイプ。
・門限は無し。0:00~6:00はエントランスの自動ドアは、カードキーで解除します。
H29.11.03宿泊
ヴィアイン京都四条室町:京都市中京区室町通錦小路上ル山伏山町551-2(公式HP/MAP)

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2018.03.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【宿】京都の宿

【動】猿田彦神社の木彫り猿

カテゴリ:【動】京都の動物~京都の街の動かない動物たち、つまりオブジェとしての動物を取り上げます。


ミニブログコーナー:数年前から始まった花粉症がさらに悪化してきたのですが、花粉が少ないはずの雨の日でも症状がかわらない、というかさらにひどくなってくる。まだ検査結果は出ていないのですが、どうも寒暖差アレルギーらしいのです。その場合、アレルゲンがそもそもないので、体質改善するしかないみたいです。
三条通りから猿田彦神社_H29.06.27撮影
三条通りから猿田彦神社 H29.06.27撮影

嵐電天神川の駅から三条通りを東南に200m弱歩くと、天神川三条の交差点に行き当ります。さらに三条通りを50メートルほど進むと、赤い玉垣が見えてきました。

三条通りから猿田彦神社_H29.06.27撮影
三条通りから猿田彦神社 H29.06.27撮影

こちらが今回の目的地、猿田彦神社です。看板には"道ひらき 除災招福交通安全の神 庚申 猿田彦神社"と書かれています。"サルタヒコ"は天孫降臨により地上に下った瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の道案内をした国津神の名前です。

猿田彦神社・鳥居_H29.06.27撮影
猿田彦神社・鳥居 H29.06.27撮影

正面の石鳥居の前に来ました。境内はそれほど広くありません。境内の一角は、十数台は置ける駐車場になっています。観光の匂いは全くせず、よくある町の鎮守様という風景なのですが、神社の由緒は古く、最澄が座禅をする洞窟を探していると猿田彦が現れ、この地を示したというエピソードが残っています。(現在の神社の場所は、それよりも少し移動しているそうです。)

猿田彦神社の石碑_H29.06.27撮影
猿田彦神社の石碑 H29.06.27撮影

猿田彦神社の銘の上に彫られているのは、抽象化した三猿の神紋ではないかと思われます。"サルタヒコ"は赤鼻の天狗のような容貌でそもそも猿とは関係なかったのですが、いつの頃からか"サル"が"申(さる)"に通じたことから、庚申信仰と結びつきました。

八坂庚申堂門前_H29.04.25撮影
八坂庚申堂門前 H29.04.25撮影

庚申信仰については当ブログの八坂庚申堂の記事をご参照下さい。こちらの猿田彦神社と以前に紹介した八坂庚申堂、粟田口の尊勝院は京都三庚申に数えられています。猿田彦神社は山ノ内という地域にあることから山之内庚申とも。


猿田彦神社・舞殿_H29.06.27撮影
猿田彦神社・舞殿 H29.06.27撮影

初庚申とありますが、初庚申は大体2月なので、立て札がそのままになっているのでしょう。ちなみに2017(平成29)年の初庚申は2月2日でした。初庚申で行われる護摩焚き神事は、多くの参拝者で賑わうそうです。

猿田彦神社・舞殿の白猿_H29.06.27撮影
舞殿の白猿 H29.06.27撮影

舞殿には御幣を持った白い木彫りの猿の写真が飾られていました。この木像、普段は非公開ですが、行事の際には、本物の木像が拝めるそうです。台風で倒れた御神木から作られたのだとか。

猿田彦神社・本殿_H29.06.27撮影
本殿 H29.06.27撮影

舞殿の奥に本殿があります。正面が猿田彦神社、向かって右に稲荷神社と秋葉大明神、左には大国主神社とその脇に石仏群があります。

猿田彦神社・猿の木像_H29.06.27撮影
猿の木像 H29.06.27撮影

今回ご紹介したいのは本殿の中、本殿に上る階段に置かれている猿の木像です。当然、本殿へ上がる扉は閉じられている為、格子の間から撮影しなければいけないので、スマホでの撮影が難しい・・・

猿田彦神社・猿の木像_H28.03.01撮影
猿の木像 H28.03.01撮影

こちらは以前に一眼レフで撮った写真です。御幣を持って遠くを見つめる猿は、そこはかとなく憂いを帯びていて、まるで誰かを待っているよう。本殿前の由緒書にもこの猿についての記載はないので、比較的新しいものと思われますが、この猿が私は大好きです。

猿田彦神社・三猿の石像_H29.06.27撮影
三猿の石像 H29.06.27撮影

本殿の囲みの中には、狛犬の前に三猿の石像が置かれています。

猿田彦神社・三猿の石碑_H29.06.27撮影
三猿の石碑_H29.06.27撮影

反対側の狛犬の前にも、三猿の石碑が二つ。大きい方の石碑の真ん中の"見ざる"の膝には、小猿が載っているように見えます。また右側の木箱、中が暗くて撮れないのですが、この中にも三猿の像が収められています。

猿田彦神社・庚申榎_H29.06.27撮影
庚申榎 H29.06.27撮影

本殿の前には、社殿の傘になっているかのような大きな榎があります。高さ20m、幹回り3mという非常に立派なものです。私の生まれ育った町にも、庚申の石碑の脇に大きな榎があったのを思い出しました。

猿田彦神社・庚申榎_H29.06.27撮影
庚申榎 H29.06.27撮影

榎と庚申の関係はよくわかりませんが、榎は葉がよく茂り日陰を作るため一里塚等によく植えられます。どちらも人が集まるところという共通点があるのでしょうか?(これはあくまで私の推測です・・・)

猿田彦神社・絵馬_H29.06.27撮影
猿田彦神社・絵馬 H29.06.27撮影

絵馬も三猿が題材になっていました。"言わざる"と"聞かざる"は居るのですが、真ん中の御幣を持った猿が"見ざる"になっていないのは何か意味があるのでしょうか?目ははっきり開いています。

猿田彦神社・猿の面_H29.06.27撮影
猿田彦神社・猿の面 H29.06.27撮影

こちらの授与品かどうかはわかりませんが、小さな猿の面も奉納されていました。

猿田彦神社・くくり猿_H29.06.27撮影
くくり猿_H29.06.27撮影

こちらは神社の婦人会の方々の手作りによるくくり猿です。招福・開運・除難のご利益があるのだとか。

授与品_H29.06.27撮影
授与品 H29.06.27撮影

授与品の中でも人気があるのは、盗難除けの左縄で、玄関や金庫、勝手口に吊るしておくそうです。こちらには社務所が無いようで、ここから東北東に600mの山王神社へお越しくださいとの説明書きがありました。ちなみに西院の春日神社のHPにこちらの猿田彦神社のページがあるので、大本は西院春日神社が管理しているようです。

H28.03.01,H29.06.27取材
猿田彦神社:京都市右京区山ノ内荒木町3(HP)

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2018.03.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【動】京都の動物

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR