【タ】ライトアップの瞬間&ビアガーデンから見る京都タワー

カテゴリ:【タ】京都タワー
~京都駅前で迎えてくれる京都タワーには様々な表情があります。


ミニブログコーナー:今日、テレビで見たんですが、京都の神輿の掛け声「ほいっと」は「祝人(ほいと)」というのが語源という説があるそうです。今までなんだろ、なんだろと不思議に思っていても時間が無くてよく調べてなかったんですが、一つ勉強になりました。
朝方の京都タワー_H29.06.26撮影
朝の京都タワー H29.06.26撮影

夜、京都タワーを眺めるのは好きなのですが、ライトアップされる瞬間を今まで見たことがなかったので、久々に夜の京都タワーにチャレンジしてみることにしました。この写真は朝一の烏丸口側からですが、下見ついでに京都タワーを額縁に入れて撮影してみました。

夕方の京都タワー_H29.06.26撮影
夕方の京都タワー H29.06.26撮影

夕方、駅前まで戻ってきましたが、天候は完全に曇りになりました。今回の撮影場所は人が少なく、長時間撮影しても邪魔が入らないことから、駅ビル4階の烏丸小路広場にしました。この日の日の入りは国立天文台のHPによると19時15分です。日没の時間に京都タワーがライトアップするそう。この写真を撮影したのは18時52分頃、近くのコンビニで腹ごしらえしてからスタンバイ。

ライトアップ直前の京都タワー_H29.06.26撮影
ライトアップ直前の京都タワー H29.06.26撮影

19時13分、日没の直前です。後ろの空が赤くなり、いい感じになってきました。ここから動画を撮り始めます。


ライトアップの瞬間を捉えた動画をご覧下さい。京都タワーは色々なキャンペーンと連動して様々な色にライトアップされますが、今回はノーマルバージョンです。1分12秒の所で点ライトアップします。

ライトアップ直後の京都タワー_H29.06.26撮影
ライトアップ直後の京都タワー H29.06.26撮影

青空をバックの京都タワーも美しいですが、夕闇に白く浮かび上がる京都タワーも幽玄で美しいものです。公式HPによると、京都タワーは灯台をイメージして設計されてたそうですが、こうやって見ると蝋燭をイメージしているという説もなるほどと思います。

夜の京都タワー_H29.06.26撮影
夜の京都タワー H29.06.26撮影

いつも御覧の方にはくどいと言われそうですが、いつもの私の好きな京都タワーの写真を撮りに行きました。左は烏丸小路広場の2階上のビルの石部分に映る逆さ京都タワー。右は烏丸小路広場の壁面に映るW京都タワーです。

京都タワーホテル・屋上ビアガーデン_H29.06.26撮影
京都タワーホテル・屋上ビアガーデン H29.06.26撮影

夕食は京都タワーホテルの屋上ビアガーデンへ。申し訳ないんですが、はっきり言って値段の割にツマミ(バイキング)は美味くないし、種類もそんなにないです。この内容で4,200円(税込)は高い!!終わりも早めで8時半で飲食の提供終了、9時閉店です。(普通はこんなものなのか?) 

屋上ビアガーデンから見た京都タワー_H29.06.26撮影
屋上ビアガーデンから見た京都タワー H29.06.26撮影

しかし真下から京都タワーのこの風景が見られるなら・・・

京都タワーに乾杯!_H29.06.26撮影
京都タワーと _H29.06.26撮影

4,200円は入場料と思いましょう。京都タワーと乾杯!!1時間弱で生ビール2杯にレモンサワー1杯で切り上げました。まだ飲み足りない。

京都駅前・アクアファンタジー_H29.06.26撮影
アクアファンタジー H29.06.26撮影

一番グランビアに近いあたりの席だったので、駅前のアクアファンタジーが見えましたが、上から見ると水に光が当たってないので、あまり色がつきません。水の量が少ない時たまにきれいに見えることがあります。これは下で見た方がいいですね。

屋上ビアガーデンから見た京都タワー_H29.06.26撮影
屋上ビアガーデンから見た京都タワー H29.06.26撮影

最後にもう一度、夜の京都タワーを仰ぎ見て、飲み足りない分を埋め合わせに、夜の京都の街を歩きに行きました。

H29.06.26取材

京都タワー:京都市下京区烏丸通七条下る 東塩小路町 721-1(アクセス)

スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.09.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【タ】京都タワー

【タ】霞む京都タワー

京都タワー_H28.09.25撮影
京都タワー H28.09.25撮影

久しぶりにスマホから投稿してみました。駅ビル屋上の透明パネルに映る京都タワーです。友人曰く『天使の梯子』だそうです。幻想的・・・

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.09.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【タ】京都タワー

【タ】渉成園から見える京都タワー

カテゴリ:【タ】京都タワー
~京都駅前で迎えてくれる京都タワーには様々な表情があります。


ミニブログコーナー:前回お話しした通り、退職の日が今月20日なので、引き継ぎと次の仕事を探しで、バタバタしています。更新の頻度がさらにおちるかもしれませんが、ブログは続けますので、長い目で見てやって下さい。ツイッターの方は、気になる京都情報を見つけた時は、ちょこちょこツイートしています。
東本願寺の飛地境内地である渉成園は、別名を枳殻邸(きこくてい)と云います。烏丸通りを挟んで、東本願寺の西側に位置する3.4ヘクタールの池泉回遊式庭園です。1653(承応2)年)、詩仙堂の造営で知られる石川丈山の手で作庭されました。

渉成園印月池_H26.12.06撮影
印月池(いんげつち) H26.12.06撮影

池泉回遊式庭園である渉成園の中心的存在である印月池は渉成園十三景の一つ。畔に立つのは、同じく十三景の漱枕居(そうちんきょ)という建物です。

渉成園傍花閣_H26.12.06撮影
傍花閣(ぼうかかく) H26.12.06撮影

少し珍しい形をしたこの建物は、傍花閣でこちらも十三景の一つ。門の形をしていますが、階上には四畳半の部屋があり、春にはその名の通り、傍らの桜並木を楽しむことができます。

渉成園侵雪橋_H26.12.06撮影
侵雪橋(しんせつきょう) H26.12.06撮影

傍花閣の北側には、印月池の北西岸と池中の小島を結ぶ橋があります。侵雪橋という木造の反橋ですが、この橋の真ん中から見える京都タワーが今回のメインです。

侵雪橋から見た京都タワー H26.12.06撮影
侵雪橋から見た京都タワー H26.12.06撮影

渉成園の中の屋外で、一般人が入れる一番高い場所になるのが、侵雪橋の中央になると思いますが、この場所から見た風景がこの写真です。渉成園は閑静な庭園ですが、この風景を見るとこの場所が、巨大な駅ビルである京都駅のすぐそばであることを思い出させます。

侵雪橋から見た京都タワー H26.12.06撮影
侵雪橋から見た京都タワー H26.12.06撮影

ここから京都タワーまでの直線距離は約550メートル。青空がバックで無いのが、非常に残念です。

印月池に映る京都タワー H26.12.06撮影
印月池に映る京都タワー H26.12.06撮影

このブログでは何かに映る京都タワーもよく取り上げましたが、この印月池にも、京都タワーが映っています。風で水面がやや波立っているので、ぼんやりしていますが、次回は天気の良い日にもう一度訪れてみたいと思います。
印月池に映る京都タワー_H27.11.25撮影
印月池に映る京都タワー H27.11.25撮影

あまり映りは良くないですが、再訪問した際にスマホで撮影してみました。


テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2015.04.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【タ】京都タワー

【タ】映る京都タワー~まとめと新発見・京都駅ビル以外バージョン

カテゴリ:【タ】京都タワー
~京都駅前で迎えてくれる京都タワーには様々な表情があります。



今までに京都タワーを数多く掲載してきましたが、何かに「映る京都タワー」には結構魅かれました。「映る京都タワー」は美しい・・・

逆さ京都タワー_H25.06.15撮影
逆さ京都タワー H25.06.15撮影

例えば、この京都タワーは京都駅ビルの烏丸小路広場の1階上の階の手すりがある部分の大理石に映る京都タワーです。今まで紹介してきた中ではおそらく最強でしょう。

京都タワーツインズ_H25.06.15撮影
京都タワーツインズ H25.06.15撮影

これは私が京都タワーツインズと名付けた風景。同じく烏丸小路広場の屋外部分に京都タワーが映って2本あるように見えます。

駅壁面に映る京都タワー_H25.06.15撮影
京都駅入り口壁面に映る京都タワー H25.06.15撮影

京都駅ビルの鏡面部分に映っている京都タワーを撮影されている方はよくいますが、映るのはあそこだけでなく、夜になると中央口の入り口脇の大理石にも美しく映るんです。

水面に映る逆さ京都タワー H25.03.17撮影
水面に映る逆さ京都タワー H25.03.17撮影

映るのは京都駅だけでなく、東本願寺の堀にも映っていました。水面が揺れて撮るのに苦労したのを覚えています。ここのところ、京都駅や東本願寺の堀以外にも何かに映る京都タワーってないのかとずっと探していました。例えば、どこかのカーブミラーに映る京都タワーとか・・・でもなかなか良い所が見つかりませんでしたが、今回ようやく見つけることが出来ました。

鳥居ビルに映る京都タワー_H26.02.09撮影
鳥居ビルに映る京都タワー H26.02.09撮影

こちらは京都タワーの間に烏丸通りを挟んだ鳥居ビルです。1階がパチンコ屋のビル、壁面が鏡の様になっているビルは京都駅ビルの専売特許では無かったんです。朝一、京都駅前から東本願寺方面に歩いている時に気がつきました。普通に歩いているだけでは全体が映らないのですが、鳥居ビルから京都タワー方面へ横断歩道を渡ると数本目の白線で京都タワーが全部映ります。

鳥居ビルに映る京都タワー・夜_H26.02.09撮影
鳥居ビルに映る京都タワー・夜 H26.02.09撮影

夜はこんな感じです。昼も夜も横断歩道の信号が青の時に烏丸通りの車道に出て撮影しています。夜は先端部分が映る部屋に電気がついているようで、全体が綺麗に映っていませんが、また次回チャレンジしようと思います。

SKビルに映る京都タワー_H26.02.09撮影
SKビルに映る京都タワー H26.02.09撮影

烏丸通りを北へ行くとさらに見つけました。鳥居ビルから北にビル一つ挟んだSKビル。1階が酔心という居酒屋になっています。

SKビルに映る京都タワー・夜_H26.02.09撮影
SKビルに映る京都タワー・夜 H26.02.09撮影

こちらが夜、車道に出て撮らないと上手く映らないので、夜は下まで綺麗に映せませんでした。こちらも次回の宿題です。

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.02.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【タ】京都タワー

【タ】智積院から見た京都タワー

カテゴリ:【タ】京都タワー
~京都駅前で迎えてくれる京都タワーには様々な表情があります。


いつもお世話になっている時代劇ロケ地紹介のカリスマサイト「時代劇の風景」様で紹介されていた、智積院の金堂裏手の墓地からの京都タワーがずっと撮影したかったのですが、現在は木が植わっており、葉が落ちないと上手く撮影できないので、冬になるのを待っていました。

智積院から見た京都タワー_H25.12.10撮影
智積院から見た京都タワー H25.12.10撮影

金堂の左側向こうに白くぼんやりみえるのが京都タワーなのですが、わかりづらいのでもう少し寄ってみます。

智積院から見た京都タワー_H25.12.10撮影
智積院から見た京都タワー H25.12.10撮影

金堂の大屋根とタワーが一緒に映る風景が京都らしさを誘います。智積院では他にも京都タワーが見える場所がありますが、この場所からが一番好きです。

智積院から見た京都タワー_H25.08.16撮影
智積院から見た京都タワー H25.08.16撮影

ちなみに夏に撮るとこんな感じです。早朝散歩で6時過ぎに撮影しました。奥の木にピントが合ってしまいます。赤い花はサルスベリのようです。

智積院裏手の墓地へ_H25.12.10撮影
智積院裏手の墓地へ H25.12.10撮影

この場所への行き方は、金堂裏に出てこの階段を上ります。このまま抜けると、京都女子大の方へ出る道です。

智積院裏手の墓地 H25.12.10撮影
智積院裏手の墓地 H25.12.10撮影

この墓地の裏の石垣の上で撮影しました。こちらの墓地は、学侶墓地で智積院で修行中に無くなった僧侶が葬られているそうです。

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.01.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【タ】京都タワー

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR