FC2ブログ

    【巡】2年目に行く新婚旅行京都プラン

    カテゴリ【巡】:京都の旅行計画プレゼン
    ~おススメの京都の旅行コースをプロデュース、またの名を京極観光社。


    ミニブログコーナー:この時期になって風邪をひいてしまいました。昨日の午後、本日と仕事を休んで必死に回復に努めています。何とか週末までに直さないといけません。いつまでも梅雨が明けない不順な天候にやられたようです。早く蟷螂山に会いたい!
    魂京都のヘビーユーザーの方はご存知かと思いますが、私、2018年1月1日に再婚しております。先日、妻より「新婚旅行まだだよね」という要望を受け、7月に大阪・京都旅行を企画しました。2泊3日の国内旅行で新婚旅行にはちょっと物足りないかもしれませんが、お互い仕事があるもので・・・

    ちなみに大阪京都にしたのは、魂京都を主宰する私の力業も若干あるのですが、妻からは、一緒にいる時はツイッター、ブログの更新はしないことを守るなら京都に行ってもいいと言われております。(これは結婚前に二人で京都を旅行した際に、私がSNSの更新に夢中になっていたためです。) また妻はあまり体が丈夫ではないので、今回は余裕を持ったプランを立ててみました。ご紹介するのは1日目は大阪梅田に宿泊するため、2日目からのプランになります。

    大阪駅→(9:15発/JR京都線新快速・9:44着/京都駅乗換・JR嵯峨野線/9:58発)→10:09着/嵯峨嵐山駅→徒歩→トロッコ嵯峨駅→(11:02発/嵯峨野観光鉄道/11:25着)→トロッコ亀岡駅

    トロッコ電車で青紅葉を楽しみつつ、市内よりは涼しい保津川下りに向かいます。トロッコ電車のみ予約です。難点なのは、2人では保津川下りの予約が取れないので、時間が読めないこと。電話で問い合わせたところ、1時間から1時間半は待つのではないかということでしたが、待合所はエアコンがついているので、ここは待ってみることにしました。

    嵐山に14時半頃到着し、遅い昼食は嵐山近辺で済ませます。湯豆腐が食べたいというリクエストなので、船着場から渡月橋までの間の和食の店を楽しもうと思います。

    嵐山駅(阪急嵐山線・桂乗換・阪急京都本線)→烏丸駅

    今回は東武トップツアーズのJRセットプランで、宿は三井ガーデンホテル京都新町別邸を予約しました。早めに宿に入り、休憩。この日は祇園祭前祭の宵々々山なので、夜は山鉾を見て回りつつ、食事します。ホテルから一筋東の蟷螂山(今年、2年連続の山一番)、四条通りに出て月鉾、函谷鉾、長刀鉾の壮観な眺めを楽しみ、四条烏丸から三条大橋まではタクシー。三条側から歩いて先斗町で食事という感じでしょうか。帰りが近くなるように先斗町を南へ下るプランです。

    二日目はややゆっくり9時半頃出発する予定です。(私は一人で早朝散歩をしようと思ってます。) 妻が朝食がラーメンでも構わないと言うので、"ますたに"の北白川本店へ。休日の昼食は近所のスーパーで売っている、ますたにの生ラーメンをよく食べているので、本物を本店で食べてみようというわけです。朝ならそれほど並んでいないと思います。ホテルからタクシーで向かうつもりです。

    タクシーで三十三間堂へ。約千体の仏像が並ぶ光景は、妻をきっと驚かせることができると思います。私が京都プランを作る時に絶対に入れるスポットです。

    七条駅→(京阪本線)→中書島駅

    月桂冠大蔵記念館を見学、目的はお酒の試飲です。二人とも酒飲みなのでここを楽しみにしています。ラーメンの後の日本酒というのが少し心配です。

    中書島駅→(京阪本線・東福寺乗換・JR奈良線)→京都駅

    本当は伏見稲荷を見せたいのですが、今回は余裕のあるプランを作るということで我慢しています。京都駅に戻ったら、駅付近で適宜お土産を購入して、14時半頃の新幹線で帰ります。

    スポンサーサイト



    テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

    2019.07.11 | | Comments(1) | Trackback(0) | 【巡】京都の旅行計画プレゼン

    【巡】私上最強の京都プラン

    カテゴリ【巡】:京都の旅行計画プレゼン
    ~おススメの京都の旅行コースをプロデュース、またの名を京極観光社。


    ミニブログコーナー:時間が無いと言っておきながら、二日連続のアップ失礼致します。木曜日の朝、出発なものでプランの発表は本日しないと間に合わないもので、眠い目をこすって書きました。簡単な物ですがお許しを。
    6月30日(木)~7月2日(土)に知り合いの会社のお得意様の京都観光をエスコートして欲しいということで、ご案内させて頂くことになりました。今回のクライアントは40代の女性です。京都は中学校の修学旅行以来初めてということなので、初日に京都祗園から清水の記号的な風景、二日目に京都の自然と嵐山、三日目に伏見、宇治と京都感をサラッと感じることのできるスケジュールに仕上げてみました。お酒が好きな方なので夜は河原町、木屋町、先斗町もご案内。予算にも余裕があるので、史上最強のプランニングで臨んでいます。

    6/30(木)
    10:41 新幹線で京都駅到着。タクシーで移動。
    11:30 南禅寺順正にて湯葉会席で昼食。食事後、タクシーで移動。
    12:45 ホテルに立ち寄り、荷物を預けた後、四条大橋東詰付近で下車。

    祗園白川の巽橋、辰巳神社~八坂神社~石塀小路~三年坂~清水寺を観光。
    (クライアントの希望があれば清水寺からタクシーで三十三間堂へ)

    16:00 河原町御池・京都ホテルオークラチェックイン。休憩、入浴。
    18:00 先斗町梅むらにて納涼床で夕食。
    19:30 先斗町通りを徒歩で移動して四条木屋町のもみの気ハウスでマッサージ。
    20:00 先斗町、木屋町で飲食。

    7/1(金)
    9:45 チェックアウト。タクシーでJR二条駅へ。
    10:43 嵯峨野線乗車。
    10:52 嵯峨嵐山駅下車。トロッコ嵯峨駅へ。
    11:07 トロッコ電車乗車。
    11:30 トロッコ亀岡駅下車。
    11:35 京阪京都交通バス乗車。
    11:47 保津川乗船場前到着。
    12:00 保津川下り乗船
    14:00 嵐山着。

    嵐山で状況を見て食事。人力車で渡月橋近辺、竹林の道、野宮神社散策。
    その後、クライアントの希望により、嵐電もしくはタクシーで移動。

    17:00 富小路三条・三賀チェックイン。

    旅館にて夕食。クライアントの希望があれば、河原町、木屋町、先斗町で飲食。

    7/2(土)
    10:00 チェックアウト。タクシーで三条京阪駅へ。クライアントが疲れていないようであれば下記のスケジュール。
    疲れているようであれば適宜、錦小路で買い物などスケジュール変更。

    京阪にて伏見稲荷駅下車。伏見稲荷大社参拝。
    稲荷駅でJR奈良線乗車。宇治駅下車。
    平等院参拝。昼食。おみやげ購入。
    京阪宇治駅で京阪宇治線乗車。
    クライアントの希望があれば、中書島駅で下車。月桂冠大倉記念館で利き酒。京阪本線で京都駅へ。

    16:05 京都駅より新幹線乗車。

    スケジュールは私にお任せいただいておりますが、暑さとクライアントの疲れにフレキシブルに対応できる日程で作成してみました。

    テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

    2016.06.28 | | Comments(2) | Trackback(0) | 【巡】京都の旅行計画プレゼン

    【巡】一生に一度のFirst KYOTO "京都の記号を楽しむ" その3

    カテゴリ【巡】:京都の旅行計画プレゼン
    ~おススメの京都の旅行コースをプロデュース、またの名を京極観光社。


    ミニブログコーナー:塗装の仕事していると、腹が減るので、ここ半年くらい食事の量が大分増えていたのですが(それでも体重は変わらないんですよ)、ちょっと健康上やばいかなと思い、食事の量を減らすことにしました。食べる前にカップの春雨スープと味噌汁を飲むようにしたら、お昼は弁当1個で済むようになりました。しかも夕方までお腹すきません。春雨スープ意外と効果あります。おススメです。
    2日目です。グランヴィアで朝食を済ませたら、京都駅から嵯峨野線で亀岡まで向かって下さい。その前に大きな荷物があるようなら、ホテルのフロントから京都駅の荷物置き場に預けられるサービスを利用した方がいいと思います。このあと、川下りの船に乗るのでスーツケースなど大きな荷物があると舟に乗せることが出来ません。ホテルにチェックイン時に確認してみて下さい。亀岡駅で下車したら、保津川下りの乗船場へ向かいます。ここから川を下って、嵐山までの船旅です。所要時間はおおよそ90分程度、急流あり、深淵ありの保津川の船旅は、緑の季節と相まって印象深いものになると思いますよ。土日祝日は不定期の運航(時刻表通りでなく、舟が満員になると出航するような感じ)になりますが、桜の季節が終わった所なので、乗れないことは無いと思います。一応、朝、嵯峨野線に乗る前に0771-22-5846で確認してみて下さい。ちなみに舟が嵐山につく前になると、食べ物の販売をする船が近寄ってきます。

    本来なら、嵯峨野線で嵯峨嵐山駅まで行き、トロッコ列車でトロッコ亀岡まで、そこから馬車でということにしたいのですが、夕方帰るということで、早く行くことを優先しました。

    舟が嵐山につく頃、ちょうどお昼頃になると思います。案内があるかと思いますが、船着き場からまっすぐ進むと渡月橋です。食事は渡月橋までの川沿いの旅館やホテルのレストランでもいいですし、渡月橋の交差点を左がに曲がると、嵐山のメインストリートになるので、そのあたりお店でコロッケなどを買って食べ歩いてもいいと思います。

    食事を終えたら、良縁、子宝、学問の野宮神社でお参り。そこから竹林の道を通って大河内山荘へ。山がまるごと庭園になっているようなイメージですが、ここは色々な人に紹介して、大抵、皆さんが良かったと言ってくれるスポットです。(余談ですが、近くには御髪神社という髪の毛の神社があります。)

    この時点で14時位でしょうか?夕方、帰る時間がわからないのですが、18時位の新幹線と仮定するともう少し遊べますね。先ほどの嵐山のメインストリートにある嵐電の嵐山駅に行き、そこから太秦広隆寺駅下車で太秦映画村に行きましょうか。こちらは大人でも十分楽しめると思います。時代劇の扮装なんかもできますので、家族で変身して写真を撮るのもいいかもしれません。もしかしたら、5万回斬られた男、福本清三先生に遭えるかも。

    大分、歩いているので、京都駅まではタクシーで戻ってもいいかもしれませんが、三千円以上はかかると思うので、JRの太秦駅(徒歩5分ほど)まで歩いて、そこから嵯峨野線で京都駅まで戻ってもいいと思います。

    言い忘れていましたが、おみやげは帰りまで買う必要ないです。行きの京都駅到着時に見ると思いますが、新幹線改札入った所で、色々な物置いてますので、そこで買えば大丈夫です。ちなみに京都タワーのお土産売り場は現在、工事中のため無くなっています。あと八条口で預けた荷物の受け取りも忘れずに。

    以上が、私の提案するコースになります。このコース通りに回らなくてもいいので、あくまで参考ということで考えて頂ければ幸いです。それでは、太郎ちゃん、心に残る楽しい家族旅行を!

    テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

    2016.04.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【巡】京都の旅行計画プレゼン

    【巡】一生に一度のFirst KYOTO "京都の記号を楽しむ" その2

    カテゴリ【巡】:京都の旅行計画プレゼン
    ~おススメの京都の旅行コースをプロデュース、またの名を京極観光社。


    ミニブログコーナー:"あさが来た"に続いて"とと姉ちゃん"3話にしてすでに号泣。子役にがっちり心つかまれてしまいました。何となく想像ついたけど、父との約束ってそういうことだったのね・・・つらい、つらすぎます。
    *昨日の記事ですが、八坂神社のところ、若干記述を増やしてあります。御参照下さい。

    続きです。一澤帆布で買い物を終える頃、大体2時半から3時位かなと予想しています。ここから、銀閣へとも思うのですが、夜もあるので一旦、タクシーでホテルへ戻ることにしてみました。グランヴィアで休憩する、もしまだ体力に余裕があるようなら、目の前の京都タワーに登って京都市内を一望もいいかと思います。私のおススメは京都駅ビルです。大階段、スカイウォーク、ラーメン小路なども面白いかと思います。(以前、京都駅ビル探検隊という記事でご紹介しています。)

    日中でも風情のある先斗町_H26.12.06撮影
    日中の先斗町 H26.12.06撮影

    さて夕食ですが、朝同様、駅前からタクシーに乗りましょう。行き先は「先斗町(ぽんとちょう)の歌舞練場まで」と言ってください。2,000円前後で着くと思います。歌舞練場の前が先斗町通です。先斗町通は南北500mほどの細い路地に、和洋中、韓国料理、ありとあらゆるお店が軒を連ねていますので、何を食べたくなっても大丈夫です。通りの佇まいも実に京都らしい風情なので、店を探して歩いているだけでも十分楽しめると思います。また1本西側の路地は木屋町通で、高瀬川をはさんで飲食店がたくさん並んでいますが、若干、大人向き、東京で言えば歌舞伎町的な感じです。先斗町通と木屋町通は約20本の更に狭い路地でつながっているので、そちらに入り込んでみるのも面白いかもしれません。またすぐそばの四条河原町の交差点は、京都市内で一番の繁華街です。

    ご夫婦でお酒好きとのことなのですが、お嬢さんがいらっしゃるとのことなので酒場は今回は特にピックアップしていません。必要なら別途お知らせします。ちなみに飲んだ後、私がよく行くのは、木屋町四条のもみの気ハウスというマッサージです。結構歩いて疲れていると思うので、いいかもしれません。

    京都駅周辺は夜が早いです。グランヴィアに戻ると、旅行者が目につくような場所の周辺の飲食店は閉まっていることが多いです。ホテルのバーもラストオーダーが24時とのことなので、飲食は先斗町周辺で済ませる感じがいいと思います。

    翌朝の食事はおそらくホテルのバイキングになるでしょうか?朝食が済んだら、JRの嵯峨野線で亀岡まで向かって下さい。京都市内を通り過ぎてしまいますが、安心して下さい。意外な方法で戻ってきます。(明日へ続く)

    テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

    2016.04.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【巡】京都の旅行計画プレゼン

    【巡】一生に一度のFirst KYOTO "京都の記号を楽しむ" その1

    カテゴリ【巡】:京都の旅行計画プレゼン
    ~おススメの京都の旅行コースをプロデュース、またの名を京極観光社。


    ミニブログコーナー:最近、行っている地元のバーで、焼酎のボトルをキープしているんですが、銘柄は京都の"はんなり"という米焼酎。レモンを入れて炭酸で割ります。コメならではのスッキリした味わいが何とも言えません。今、塗装職人をしていて、親方と車で移動するので、飲んだ翌日匂いがしないというのもあるんですよ。ちなみに運転は親方がしてますので。
    何と嬉しいことに、古い友人から、家族で京都に旅行に行くので、おススメの場所を紹介してほしいという依頼がありました。条件は次の通り、
    ・4/16、4/17の一泊旅行
    ・家族では初の京都旅行
    ・家族構成は夫婦と小学校5年生のお嬢さん
    ・4/16(土)朝9時京都着、4/17(日)夕方京都発の新幹線
    ・宿はグランヴィア京都
    ・夫婦は共に酒好き
    ・お嬢さんは活動的遊び好き
    ・奥様、お嬢様ともに比較的めんどくさがり、タクシーをよく使う
    ・奥様は一澤帆布に行きたがっている

    お嬢様は一生に一度しかない初めての京都旅行。そんな旅行のコースをアドバイスできるなんて、本当に光栄です。大人になってまた京都を訪れた時に「あっ、ここパパとママと来た!」って言えるようになるために、渾身の力でコースを作ってみました。"京都の記号を楽しむこと"がテーマです。ここまで書いてちょっと泣けてきました。友達にこのままこのブログで案内するので、今回は文章でそのまま掲載します。

    朝9時新幹線で京都到着。まずは駅直結のグランヴィアに荷物を預けてしまいましょう。9時到着ということは、7時には新幹線に乗っていると思うので、食事は新幹線の中で済ませておいてください。一部、歩くところがあるので、ガッツリ食べて大丈夫ですよ。

    そのまま京都駅の中央口(京都タワーのある側)のタクシー乗り場からタクシーで三十三間堂へ。ワンメーターで行けます。約千体の観音像が堂内に並ぶ光景は、きっとお嬢様の印象に残るはず。京都初めての人には、私が最初に持ってくる鉄板スポットです。度肝を抜く感じ。

    三十三間堂からタクシーに乗って「清水寺に行きたい。混んでいるようなら、坂の途中でおります。」と言ってください。おそらくワンメーターでつくはず。どこで降りたとしてもドライバーは、ここを上がれば清水寺という風に言うと思います。清水寺の門前の賑わいと清水の舞台はニュース映像などで紹介されるたびに、家族旅行の思い出が蘇るでしょう。恋占いの石で有名な縁結び・恋愛成就の地主神社も境内にあります。女の子には興味津々のはず。ただ、地主神社は土日なので非常に混んでいると思います。

    清水寺を出たら、まさに京都らしい散歩道を味わって頂きたいと思います。清水寺を出て、100m少しで右手に三年坂がありますので、ここの階段を降りましょう。ちょうど昼時になる少し前位と思います。途中にある明保野亭が昼食のおススメ。旅行ならこれくらい出していいかなという比較的リーズナブルな値段で、京料理のコースが楽しめると思います。

    明保野亭を出たら、そのまま階段を下りて道なりに進んでください。途中右手に石段が見えてきますが、こちらは二年坂。上から楽しむだけにして、この坂は降りないでください。この石段のところにある奥丹清水は湯豆腐のお店です。湯豆腐食べたいなら、昼食はこちらでどうぞ。門前で豆腐まんじゅう食べてもよいです。

    奥丹清水の前を通ると八坂の塔(法観寺)が見えてきます。パンフなどにもよく使われる風景を楽しめると思います。

    八坂の塔から石塀小路を抜けて八坂神社へ。石塀小路を十分に楽しむためには、この間の道順は、曲がり角一つまで完全指定です。(もし通るなら道順は、別途ご案内します。)

    八坂神社でお参り。ちなみに八坂神社内には美御前社という美貌の神を祀る神社があり、肌が美しくなる美容水という神水が湧き出ています。お参りがすんだら、西楼門から出て頂くと、祗園の交差点です。門の前からまっすぐ伸びているのが四条通り。この後は四条通りでなく、門の前を走っている東大路通りを右手に進んでください。400m程歩くと、通りの左側に一澤信三郎帆布のお店があります。疲れているようなら、先に四条通り沿いのお店で休憩をとるのもいいかもしれません。

    奥様、お嬢様は大分お疲れだと思います。ここからの移動はタクシーメインです。そろそろ、依頼者は私の京都愛が怖くなってきていると思います。「ここまで頼んでないのに・・・。おススメの場所聞いただけなのに・・・」 そんなことは私の知ったことではありません笑 私の京都愛は誰にも止められない。かまわず続けます。(明日へ続く)

    テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

    2016.04.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【巡】京都の旅行計画プレゼン

    «  | HOME |  »

    タイムライン

    リンク

    trip-partner197
    Trip-Partner
    ぷらたび


    京都市 ブログランキング

    にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
    にほんブログ村

    都の商売人様バナー
    都の商売人様運営サイト
    “空想の匣”

    プロフィール

    SOULKYOTO

    Author:SOULKYOTO
    東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
    自称・勝手に京都観光大使

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    カテゴリ

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR