【滞】紅葉にはまだ早い秋の京都 11/4

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:今年初の魂京都です。あけましておめでとうございます。今年は意外と早くオープンすることが出来ました。本年もどうぞよろしくお願い致します。私事ですが、元旦に桑田さんの出身地、茅ヶ崎にて婚姻届を提出してきました。今度は失敗しないようにきちんと頑張ります。
11月4日(土)の滞在記録

昨日の朝は深酒して起きられなかったので、この日はきちんと早起きしました。珍しく朝食付の宿を予約したので、朝食を頂いて8時半頃ホテルを出発。天気は曇りですが、涼しくてちょうどいい。

因幡薬師_H29.11.03撮影
因幡薬師 H29.11.03撮影

最初の目的地はホテル近くの因幡薬師(平等寺)。閻魔大王の石像があるというので、珍しく思い拝観に行きました。因幡薬師は街中にあるお寺としては、六角堂と似た印象ですが、こちらの方が下町な感じで、さらに親しみがある気がします。一瞬小雨が降ってきたので、京都駅まで行って自転車を借りるのはやめにしました。

天寧寺・本堂_H29.11.04撮影
天寧寺・本堂 H29.11.04撮影

四条駅から地下鉄で鞍馬口駅へ。駅を出たら空は晴れてきましたが、この日は結局晴れたり曇ったり。でも暑くも寒さもなかったのが助かりました。額縁門を見るために天寧寺へ。確かに門の向こうに比叡山がきれいに収まっています。併せて茶人大名・金森宗和の墓も見てきました。もしかしたら額縁門は独立して記事にするかもしれないので、今回は写真載せないでおきます。

天寧寺・台風で倒れた門_H29.11.04撮影
天寧寺・台風で倒れた門 H29.11.04撮影

観光寺院ではないので、人も少なく静かで境内をウロウロしているのが申し訳なくなります。墓地の入口の門が倒壊していたのには驚きましたが、おそらくは時代祭を中止にさせた台風21号のせいでないかと思います。

賀茂川(出雲橋より)_H29.11.04撮影
賀茂川(出雲路橋より) H29.11.04撮影

出町柳に向かって賀茂川を渡りました。出町柳よりも上流なので、鴨川ではなく"賀茂川"です。念のため。

レストラン・のらくろ_H29.11.04撮影
レストラン・のらくろ H29.11.04撮影

こちらのレストランのハンバーグが美味いとの噂を聞きつけてやってきましたが、当分の間休業との張り紙が・・・。残念です。

出町柳・ふたば_H29.11.04撮影
出町柳・ふたば H29.11.04撮影

仕方ないので、出町の桝形商店街で食事をしようと思いましたが、うどん屋さんはちょうど昼時なので観光客で行列。豆餅で有名は"ふたば"はもっと行列。

西陣・大江戸_H29.11.04撮影
西陣・大江戸 H29.11.04撮影

千本ゑんま堂へ向かうことにして、市バスに乗車。降車時にバスカード購入しましたが、この日バスに5回乗ったので、十分元はとれました。この日乗ったバスは四条河原町が絡まないコースなので、どれも混んでないのが嬉しかったです。結局、お昼は西陣大江戸で高級なとんかつを頂きました。

千本ゑんま堂_H29.11.04撮影
千本ゑんま堂 H29.11.04撮影

因幡薬師と閻魔つながりでやってきましたが、本殿の中の戸が閉まっていて、中の閻魔様の姿は見れませんでした。いつでも拝めると思っていたのですが・・・ゑんま堂も小さいお寺なので、今日の所は他に記事にできるところもなく、早々に退散。でもこの辺りの街の雰囲気は、おばあちゃん家があるような風情で私は好きです。

京都芸術センター_H29.11.04撮影
京都芸術センター H29.11.04撮影

市バスでもう一度、四条室町のホテルへ。何を忘れたかというと、ブログ用のホテルの外観の写真を撮るのを忘れていました。写真はホテルの前にあった京都芸術センターで元明倫小学校。木屋町の立誠小学校とともに、文化施設として活用されています。

龍谷ミュージアム・地獄絵ワンダーランド_H29.11.04撮影
龍谷ミュージアム・地獄絵ワンダーランド H29.11.04撮影

来てみたかった龍谷ミュージアムの地獄絵ワンダーランドへ。新幹線の時間があるので駆け足で回りましたが、印象としては現代の水木しげるさんの絵が一番濃かった気がしました。私が東京に住んでいる限り無理なのですが、このイベントはもう少し疲れてない時に、ゆっくり見たかったです。

京都タワーから清水寺_H29.11.04撮影
京都タワーから清水寺 H29.11.04撮影

最後に京都タワーの内部の取材をするために京都タワーへ上がりました。前回、前々回と清水寺の修復工事の写真を何枚かご紹介しましたが、京都タワーの展望室から見ても本堂に覆いがかかっているのがわかります。

新幹線から鴨川_H29.11.04撮影
新幹線から鴨川 H29.11.04撮影

三連休の中日でしたが、新幹線口は大混雑。帰りも立ちはつらいので、指定席購入しました。15分後の新幹線だったので、お土産も買えず(職場の人には京都へ行くことはいわなかったので、そのまま黙っていました。) 16時26分ののぞみで京都出発。疲れていたのですぐウトウト、あっという間の京都旅でした。

スポンサーサイト

2018.01.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

【滞】紅葉にはまだ早い秋の京都 11/3その2

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:いよいよ今年もあと10日を切りました。今回の更新がもしかしたら、今年最後かもしれません。本年もこのブログをお読みくださり、ありがとうございました。改めて御礼申し上げます。私自身は来年年明けに入籍(再婚)をする予定なので、年末は少し忙しい感じです。夫婦ともに桑田信者なので、埼玉在住にも関わらず、茅ヶ崎市役所へ婚姻届けを出しに行きます。
11月3日(金・祝)の滞在記録その2

清水寺・地主神社_H29.11.03撮影
地主神社 H29.11.03撮影

そのまま本堂裏手の地主神社へ。恋占いの石で女性の人気を集めるスポットですが、ここに"呪いの杉"なる物騒な代物があるそうなのです。ここでの詳細は後日改めて記事にします。

京都府広報監・まゆまろ_H29.11.03撮影
"京都府広報監・まゆまろ_H29.11.03撮影

もう一度、清水寺の正面に向かうと、京都府のゆるキャラ"まゆまろ"に出くわしました。清水寺の工事が見学できることをPRしにやってきたようです。女性に愛想を振りまいて、なかなかの人気者。カメラを向けるとポーズもとってくれますが、体型から見るとか結構しんどそう。あっ、中に人なんか入ってないんですよ(笑)

工事中の清水の舞台_H29.11.03撮影
工事中の清水の舞台 H29.11.03撮影

いつもは世界的に知られた京都の記号的な風景が、今はこのような感じになっています。ここから見ると、清水の舞台は、懸崖にせり出して建てられていることがよくわかります。このような造りを懸造(かけづくり)といいます。

清水寺・工事中の清水の舞台_H29.11.03撮影
清水寺・工事中の清水の舞台 H29.11.03撮影

帰りがけに真下からの舞台も押さえてみました。この舞台は釘を1本も使わず、木材の巧みな組み合わせで作られています。定期的に工事をすることは、匠の技を未来へ受け継ぐという目的もあるそうです。

清水参道・おかべ家の噴水_H29.11.03撮影
おかべ家の噴水 H29.11.03撮影

清水の参道から少し入ったところに、こんな噴水がありました。静かで今までの人ごみが嘘のようです。ここで少し休憩しました。三年坂の上から少し上がった"おかべ家"という湯豆腐の店の奥です。一般の方でも普通に入れます。

工事中の南座_H29.11.03撮影
工事中の南座 H29.11.03撮影

清水を下りて祇園四条駅へ向かいました。途中の南座も工事中。今年は年末吉例の顔見世興行はロームシアターで開催されます。三条、烏丸御池と地下鉄を乗り継いで丸太町駅で下車。実は堀川丸太町である店に向かおうとしたのですが、そこがまだ開店していませんでした。

蚕ノ社_H29.11.03撮影
蚕ノ社 H29.11.03撮影

そのため、撮り損ねた写真がある蚕ノ社へタクシーで向かいました。ここは何回取材したことか。もう日暮れが近いため、タクシーを利用したのですが、沈む太陽と追いかけっこしながらなんとかギリギリセーフ。最近は、全てスマホで撮影をしているので夜の撮影は難しいのです。

四条大宮・居酒屋庶民_H29.11.03撮影
四条大宮・居酒屋庶民 H29.11.03撮影

嵐電で四条大宮に戻ります。ちょうど日も暮れてたので、有名な四条大宮の有名な立ち飲み、"庶民"に入れればいいなと思ったのですが、当然のことながら満員で入れませんでした。四富のたすくのママ曰く、「昼の11時から行かないとダメ」だそうです。

東山に上がる月_H29.11.03撮影
東山に上がる月 H29.11.03撮影

四条通りを東山に向かって歩いていると、東山に月が上がっているのが見えました。まさしく祇園小唄の"月はおぼろに東山"です。スマホなので写真もピンボケで、ちゃんとおぼろになっています(笑)

チャーミングチャーハン_H29.11.03撮影
チャーミングチャーハン H29.11.03撮影

四条堀川からバスで堀川丸太町へ戻りました。先ほど開いていなかったのは、この"チャーミングチャーハン" 名前にひかれてやってきました。この店でちょっとウケ狙いなことをしてしまいました。(これは後日確実に記事にします。)

錦小路の若冲シャッター美術館_H29.11.03撮影
錦小路の若冲シャッター美術館 H29.11.03撮影

バスで四条高倉あたりまで戻ってきました。ここから閉店後の錦小路のシャッター美術館を取材です。全ての店ではありませんが、シャッターに伊藤若冲の作品が再現されています。錦市場が閉店していないと見られない美術館です。

錦小路の若冲シャッター美術館_H29.11.03撮影
錦小路の若冲シャッター美術館 H29.11.03撮影

高倉通り側から写真を撮り始めましたが、この日はごみの日だったらしく、多くの店が店頭にごみを出していました。勝手にどけることもできないので今日は断念・・・

錦小路・京極スタンド_H29.11.03撮影
京極スタンド H29.11.03撮影

昨晩は閉店していた京極スタンドへ。かなり混んでいました。チャーハンで腹いっぱいだったのですが、取材のため何とか流し込んでいたら、次第に復活してきました(笑) このあとは四富のたすくさんで軽くワイン。この日は珍しくこれだけで終了。

四条烏丸交差点から京都タワー_H29.11.03撮影
四条烏丸交差点から京都タワー H29.11.03撮影

宿は四条室町のヴィアイン京都四条室町。なんと先ほどの京極スタンドで飲んでいる時に、楽天トラベルでようやく予約が取れました。しかし一泊13,800円、昨晩、宿代を安くしたのが一挙に吹っ飛んでしまいました。

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.12.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

【滞】紅葉にはまだ早い秋の京都 11/3その1

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:明日で"直虎"終わります。私的には内容的に、何となくほわーっとした感じで印象も薄いのですが、唯一良かったのは、海老蔵さんの信長。私の中で信長は、藤岡弘さん(おんな太閤記)、渡哲也さん(秀吉)、舘ひろしさん(功名が辻)だったんですが、それを超えました。何考えてるかわからないところが、物凄く見てて怖い。まさに第六天魔王!恐ろしかったです。
11月3日(金・祝)の滞在記録その1

昨晩は深酒をしたせいで起きたのが10時過ぎ。チェックアウトの時間もろくに確認していませんでしたが、チェックアウトが11時で良かった。出がけに靴箱の鍵を無くしたとバタバタしたあげくに、手首に付けていたという大失態を演じてしまいました。

錦天満宮_H29.11.03撮影
錦天満宮 H29.11.03撮影

ホテルの並びの錦の天神さんで、おみくじを運んでくる獅子を取材。もうこの時間は、新京極は観光客で賑わっています。特に外国人の姿がやたら多い印象です。私はといえば、ここでもやや二日酔いのせいか、写真や動画を何回か撮り損ねるという情けない状態・・・

美よしのきつねうどん_H29.11.03撮影
美よしのきつねうどん H29.11.03撮影

錦の裏側から木屋町に戻って、美よしでキツネうどん。こちらのマスターとはママトルティで知り合い、サザンを通じてブラザーと呼び合う仲です。こちらは京都水盆とも呼ばれる、京の地下水を使った出汁がホントに美味しい。ついついレンゲで、つゆを飲みながら食べてしまう。私のブログで、このおいしさを紹介するのはおこがましいので、敢えて京都で食べるのカテゴリでも取り上げていません。

鴨川(四条大橋から)_H29.11.03撮影
鴨川(四条大橋から) H29.11.03撮影

今日の鴨川も異常なし。ここに存在してくれてありがとう。11月に入ったのでもう寒いかと思ったら、逆に天気が良くて暑いくらい。散策するのにTシャツにパーカー十分です。


祇園よし竹"素敵だにゃんショット H29.11.03撮影

ツイッターで相互フォローしている、八坂神社西楼門前にある豆乳と抹茶のお店"祇園よし竹"さんのツイートに載せてもらいました。二重アゴにならないように写ったらオネエみたいになってしまいました(笑)注文した冷たい抹茶も美味しかったです。八坂神社にお参りの際はぜひ!

清水寺参道_H29.11.03撮影
清水寺参道 H29.11.03撮影

八坂神社の周辺が左翼と右翼で騒がしい。東京にトランプ大統領が来ているせいでしょうか?八坂神社の中を抜け、相変わらずインスタ映えスポットの八坂庚申堂から三年坂。さすがに疲れて坂の上のベンチで思わず休憩してしまいました。三連休の初日なので、清水の参道は物凄い人です。

工事中の清水の舞台_H29.11.03撮影
工事中の清水の舞台 H29.11.03撮影

清水寺の舞台は、50年ぶりの屋根の葺き替え工事中のため、いつもとは違う見慣れない風景です。この工事は2020年3月まで続きます。(オリンピックに間に合わせるためでしょうか?)

清水寺・工事中の清水の舞台_H29.11.03撮影
工事中の清水の舞台 H29.11.03撮影

私自身建築には疎く、これを独立した記事にはしづらいので、ここで少しスペースを割いて紹介したいと思います。下の方を覗くと、まるでジャングルジムのように足場が組まれています。

清水寺・工事中の清水の舞台_H29.11.03撮影
工事中の清水の舞台 H29.11.03撮影

しかし逆に考えると、これは今しか見られない風景で、ある意味非常に貴重なのではないかと思います。私が生きているうちにこの工事が行われることはもうないでしょう。

清水寺・工事中の清水の舞台_H29.11.03撮影
工事中の清水の舞台 H29.11.03撮影

舞台は一部露天になっていて雰囲気を少し残しています。毎年恒例の"今年の漢字"はどこで発表するのでしょうか?(→12/12に奥の院で発表していました。)

清水寺・子安塔_H29.11.03撮影
子安塔 H29.11.03撮影

向こう側の子安の塔はいつもの通りの眺めです。塔の周りを見ると、紅葉には、まだ全然早いことがわかると思います。

清水寺・工事中の清水の舞台_H29.11.03撮影
工事中の清水の舞台_H29.11.03撮影

舞台の辺りから下を再度眺めてみました。高いところが苦手な人は気が遠くなりそうですが、江戸時代の記録(1694(元禄7)年~1864(元治元)年の間)では、ここから飛び降りた人が234人で死んだ人が34人だそうです。実際の高さは12m(資料によっては13m)、ビルの4階程度の高さなので、そこまで死亡率は高く内容です。私はできないですが・・・

清水寺・工事現場の見学_H29.11.03撮影
清水寺・工事現場の見学 H29.11.03撮影

本堂を抜けると裏側では工事の様子が見学できるようなコースが組まれていました。入り口で積極的に見学を呼び掛けています。

清水寺・工事現場_H29.11.03撮影
清水寺・工事現場 H29.11.03撮影

本堂の脇では20m程は、ありそうな木材でつっかえ棒がされていました。工事を続行しながら、普通に拝観も出来るようにするのは、さぞ苦労が多いのではないでしょうか。(続く)
H29.11.03取材

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.12.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

【滞】紅葉にはまだ早い秋の京都 11/2

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:土日でようやく引っ越しが完了。1年3か月で3回目の引っ越しですが、部屋は3LDKなので大分広くなってすごく快適です。もう当分は引っ越ししないつもり。別に何かから逃げているわけではないんですよ(笑)
11月2日(木)の滞在記録

17時半の定時に仕事場を出て、少しだけ池袋で買い物をしてから山手線に飛び乗りました。品川から19時発の"のぞみ409号"に乗車。連休の前日ということで、新幹線の自由席は通路まで人で一杯です。池袋にいたのなら東京駅まで行けば、自由席でも並べば座って行けたのにと後で後悔しました。

新幹線車内_H29.11.02撮影
新幹線車内 H29.11.02撮影

こんな混雑した新幹線に乗るのは久しぶりです。すぐにデッキに居場所を確保して、品川で購入した貝づくし弁当を食べました。ちょうど公衆電話のところがテーブル代り。唯一、良かったのはその下がゴミ箱になっていて、食べた片っ端からゴミを捨てられたこと。新横浜発車後、開かない側の扉に陣取り、京都までついぞ座ることはできませんでした。

四条烏丸交差点から京都タワー_H29.11.02撮影
四条烏丸交差点から京都タワー H29.11.02撮影

21時15分に京都着。夜に新幹線で京都に着くのもしばらくぶり。コスパ的には夜着は非常に無駄なのですが、夜の上洛は心が弾みます。最初に見る京都タワーがライトアップされてるというのも、何ともオツなものです。大階段のモミジのイルミネーション、間に合うかなと思ったら、もう終わっていました。残念。

京極スタンド_H29.11.02撮影
京極スタンド H29.11.02撮影

今日は疲れているし、眠いのでとりあえず、飲みをメインに動こうと地下鉄で四条へ向かいました。京都の三大名居酒屋と聞いていた新京極の京極スタンドは既に終わってました。眠いならさっさと寝ろという感じですが・・・

夜の錦天満宮_H29.11.02撮影
夜の錦天満宮 H29.11.02撮影

写真はすっかり人気のなくなった錦天満宮。門ももちろん閉ざされています。夜の街中の京都の写真はなかなか紹介することがないと思うので、今回はこんな感じをしばらくお付き合い下さい。

錦小路の若冲シャッター美術館_H29.11.02撮影
錦小路の若冲シャッター美術館 H29.11.02撮影

今晩は取材はしないと決めていたものの、下心がでて錦小路まで行き、若冲シャッター美術館を少し下見しました。このシャッターの凹凸の上に模写する技術はどんな感じなのだろうといつも思います。

三味線の路上ライブ_H29.11.02撮影

そのあと河原町の交差点で、三味線の路上ライブがイカしていました。人が聞いていようがいまいが関係ない感じがカッコイイです。(パフォーマーだから顔が出てても大丈夫ですよね。)入る店を決めかねて、木屋町を放浪すること30分。木屋町で店を決めないで飲もうとすると、何故かいつも長い時間放浪することになってしまいます。やはり私はまだ京都人にはなり切れていないのでしょう。

焼き鳥屋・PONTO5_H29.11.02撮影
焼き鳥屋・PONTO5 H29.11.02撮影

ようやく、木屋町通りに面した焼き鳥屋に入りました。今まで気づかなかった店ですが、3年前にオープンしたそう。気さくな若いマスターやお客さんと話ししつつ、酒が進みます。狭い店系は居心地悪いことが多いのですが、ここはそんなこともなく、また来ようと思える店でした。値段もそこそこ飲み食いして3,000円弱とリーズナブル。そのあとはいつもの15番路地ママトルティへ。(今回のママへのお土産は、1985年の桑田佳祐のオールナイトニッポン最終回の音源でした。)

コミカプ_H29.11.02撮影
コミカプ H29.11.02撮影

開始が遅かったので25時頃まで飲んでいました。今回は紅葉シーズンの三連休直前で宿がなかなか取れず、この日の昼間に楽天トラベルで取った、漫画喫茶の中にカプセルがあるという変わった所に宿泊。錦天満宮の並びです。
H29.12 タイトルを"紅葉を見ない秋の京都 11/2"から現在のものに変更


テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.11.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

【滞】梅雨の京都にて 6/28

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:必殺とは深い所縁のある平尾昌晃先生がお亡くなりになったとのこと、新後期の必殺も手がけられていたので、必殺ファンとしてとても悲しく寂しい気持ちでいっぱいです。平尾先生の音楽世界が無ければ今の必殺は存在しなかったといっても過言ではありません。謹んでご冥福をお祈りいたします。
6月28日(水)の滞在記録
鴨川_H29.06.28撮影
三条大橋から鴨川 H29.06.28撮影

若干二日酔いで、ホテルを10時にチェックアウト。まだ眠いです。天気はとうとう雨模様、 コンビニで傘を買って木屋町三条の松屋で朝食。朝定食の一番量が少ないものにして、何とか食べきりました。ちなみにこの日、帰りの新幹線は16時8分京都発のぷらっとこだまです。荷物は夕方までフロントで預かってもらったので、帰りはここまで戻ってこないといけません。

京都御苑・閑院宮邸跡_H29.06.28撮影
京都御苑・閑院宮邸跡 H29.06.28撮影

三条京阪まで歩き、地下鉄で丸太町へ。京都御苑の閑院宮邸跡の床みどりを見に行きました。床みどりを見るのは初めてだったので、晴れてないとダメなものかと思っていましたが、この天気でも全く美しくて床に腹ばいになり、夢中になって写真を撮っていました。観光客もほとんどいなかったので、そのあとも縁側に腰掛けてしばらくのんびり。小一時間はいたでしょうか。ようやく外へ出たら、いつの間にか雨が上がっていました。

一乗寺・オロナミンCの看板_H29.06.28撮影
一乗寺・オロナミンCの看板 H29.06.28撮影

丸太町駅から地下鉄で三条京阪に戻り、京阪で出町柳、叡電で一乗寺にやってきました。目的地は青紅葉の庭が美しいと聞いた圓光寺です。先ほどの旧閑院宮邸でインスパイアされてしまったようです。一乗寺で下りたら青空が顔を出し、日差しも強くなってきました。途中、思わず懐かしい看板を見つけて、思わず写真を一枚。

圓光寺・庭園_H29.06.28撮影
圓光寺・庭園 H29.06.28撮影

平日ということもあり、圓光寺は人も少なくとても静かでした。今回、初めて伺いましたが、遠くまで来て良かったと心から思いました。京都を案内する時の定番コースに入れたいです。こちらは秋の紅葉が有名だそうですが、私は絶対に今の季節がおススメです。こちらでも一時間くらい、静かな青紅葉の庭を眺めてぼーっとしていました。

圓光寺から京都市街_H29.06.28撮影
圓光寺から京都市街 H29.06.28撮影

見どころは幾つかありますが、徳川家康の墓(歯を収めてあるそうです)がある裏山から、京都市街も一望できます。嵐山の方まで見えました。圓光寺を出たら雨がポツポツ、すぐ上がりましたが、また曇り空に。今日は不安定な天気です。一乗寺でラーメンを食べる時間は無さそうなので、そのまま電車で三条河原町のホテルへ戻りました。

大船鉾_H29.06.28撮影
大船鉾 H29.06.28撮影

バスで京都駅まで戻り、七条烏丸の王将でようやく遅い昼食。たまにここの王将で思い切り餃子が食べたくなります。もう二日酔いはすっかり治りました。ヨドバシのビルにある大船鉾の展示場の主は留守、祇園祭の支度のためにどこかに行っているのでしょう。

新幹線から鴨川_H29.06.28撮影
新幹線から鴨川 H29.06.28撮影

外はもう晴れてきてすっかりかんかん照り。バケツにあじさいの枝をたくさん入れて、新幹線に乗車しました。若干、不審者です(笑)。いつものことではありますが、あともう一泊、京都に滞在していたかったと思いつつ、京都を後にしました。

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.07.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR