【歩・過】東海道五十三次踏破・藤枝~その1

カテゴリ:【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)
~2010年からスタートして現在中断中の、東海道を日本橋から京都まで歩く企画の過去分です。ここでは日本橋~金谷までを取り上げます。文章もその当時に書いたものです。


2011年1月9日 藤枝駅付近からスタートの記録

8:30自宅を出発。本当は6時頃出たかったのだが、前の晩の飲酒が祟り朝寝坊。新幹線で新横浜から静岡。静岡から藤枝まで東海道線。本日は駅からスタート地点の国道1号の青木交差点まで500m程の距離がある。

11:32 青木交差点スタート。天気は良いが風が強い。(今日は途中で結構、大きな鳥が飛行中に風にあおられてフラフラしていたほど。)できれば、遅くなってもいいから今日は掛川まで行きたいと思っている。

旅人への案内板_H23.11.09撮影
旅人への案内板 H23.11.09撮影

11:42 さわやか住宅という会社の看板に和む。脇にはベンチも置いてある。おそらく東海道を歩く旅行者にアピールしても利益にならないと思うと余計に思う。社長さんが東海道に愛着があるのだろうか。

このあと、数本だけの松並木。本日は所々に短い松並木と稲刈り後のままになっている田が現れて旅情を誘う。

六地蔵尊_H23.11.09撮影
六地蔵尊 H23.11.09撮影

11:47 六地蔵尊。地蔵堂と六地蔵が刻まれた新しめの碑がある。地元の町内会が建てた説明文によるとこの六地蔵は鏡ヶ池の中から現れたといい、名付けて鏡池堂地蔵尊とのこと。地蔵堂は昭和33年改築のもの。かつては駿河国二十四番札所、第九番の霊地だったそうだ。

古東海道址の碑_H23.11.09撮影
古東海道址の碑 H23.11.09撮影

11:50 古東海道址、すぐ先はに東海道追分の道標。旧東海道と言っても時代により東海道は色々ルートを変えており、古代、中世、近世と別れている。私が今まで歩いてきたのはおおむね、近世の東海道。

田中藩領ぼう示石蹟_H23.11.09撮影
田中藩領ぼう示石蹟 H23.11.09撮影

12:00 田中藩領ぼう示石蹟。江戸期、この近辺は田中藩という数万石の小藩が治めていた。wikiによると田中藩は治める大名家が点々と代わり、吉宗の時代まで、しょっちゅう大名が代わっていた。(幕末まで12家)ただ、この藩の歴代藩主はほとんどが幕閣入りしていたり、水戸の弘道館とともに武道の二関と呼ばれた日知館があった、小さくても個性的な藩。

杉玉_H23.11.09撮影
杉玉 H23.11.09撮影

12:07 酒屋の軒先にぶら下がる、蜂の巣のような青々と見事な杉玉。青々とした杉玉は新酒ができたことを知らせる目印。茶色くなるまで1年ぶら下げておく。この店は青島酒造といい、ここで作る喜久酔という酒は“美味しんぼ”でも紹介されているほどうまい酒。私は酒好きではあるが、もっぱら焼酎派なので、あまり触手は動かないが、そこまで旨いと言われるとちょっと興味がある。ただ、残念ながら、歩いている時は呑まないというルールがあるので本日はお休み。

上青島の一里塚跡の碑_H23.11.09撮影
上青島の一里塚跡の碑 H23.11.09撮影

12:14 一里山バス停の松並木の脇に上青島の一里塚跡。比較的真新しい石碑の側面に“南約十米道路東円型にて約百二十平米”と記載されている。


弥次喜多の看板_H23.11.09撮影
弥次喜多の看板 H23.11.09撮影

12:20 一里山交差点で国道1号に合流。そば屋の弥次喜多の看板が微妙。ここから国道1号を歩く。

スポンサーサイト

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

2016.02.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)

【歩・過】東海道五十三次踏破・静岡~その6

カテゴリ:【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)
~2010年からスタートして現在中断中の、東海道を日本橋から京都まで歩く企画の過去分です。ここでは日本橋~金谷までを取り上げます。文章もその当時に書いたものです。


11/16(土)静岡駅前付近から歩いた記録の続き 須賀神社のクスの木通過から

16:22 セブンイレブンでトイレ休憩。

16:28 国道1号を横断して裏道へ。住宅街が工事中で、どこへ行っても行き止まり。住宅地の中をウロウロ、イライラしながらようやく元のルートへ戻る。

成田山藤枝別院_H22.11.16撮影
成田山藤枝別院 H22.11.16撮影

16:36 成田山藤枝別院。千葉の成田山新勝寺の別院で、この場合は直末寺院というらしい。地図では新護寺となっているがガイドブックでは左車山休息寺ともある。左車とは親王将軍の宗尊親王が東下りする際、車の左輪が破損してここで休息したためとも言う。本家同様、火祭りも行われている。この通りはずっと商店街になっており、幾つかの商店街がつながって長い商店街を形成している。そろそろうす暗くなってきた。

16:54 県道32号と交差する千歳交差点通過。車はもうライトをつけて走っている。あと1kmちょっと歩けば本日終了だ。

東海道五十三次藤枝宿_H22.11.16撮影
東海道五十三次藤枝宿 H22.11.16撮影

16:59 上伝馬問屋場跡。交番脇には広重五十三次の絵が描かれている。

勝草橋_H22.11.16撮影
勝草橋 H22.11.16撮影

17:04 瀬戸川にかかる勝草橋を渡る。並行してかかる橋は虹色にライトアップされている。

志太一里塚跡_H22.11.16撮影
志太一里塚跡 H22.11.16撮影

川を渡ると志太一里塚跡。江戸から50番目の一里塚。日本橋から200km以上は歩いていることになる。

17:23 国道1号と交わる青木交差点で本日は終了。駅まではここから10分程歩く。

何とか帰りは、静岡駅ビルで弁当を買って、高速バスで帰ることが出来た。渋滞もあって帰宅は11時過ぎになってしまったが、バスだと中でゆっくりできるし、安いので、このような時は新幹線で帰るよりもいいかもしれない。

静岡駅付近から藤枝駅付近
時間:7時間3分(61時間44分)
歩行距離:23.7km(201.79km)

飲食代:4,916円
交通費:9,020円(新幹線は往き新横浜~静岡 帰りは静岡~霞が関まで高速バス)
合計:13,936円(累計:102,309円)
*飲食代は2人分、交通費は1人分

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

2015.10.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)

【歩・過】東海道五十三次踏破・静岡~その5

カテゴリ:【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)
~2010年からスタートして現在中断中の、東海道を日本橋から京都まで歩く企画の過去分です。ここでは日本橋~金谷までを取り上げます。文章もその当時に書いたものです。


11/16(土) 岡部宿柏屋出発から

小野小町姿見の橋_H22.11.16撮影
小野小町姿見の橋 H22.11.16撮影

15:11 リスタート。3分程県道208号を歩いた後、並行する裏道へ入る。すると何の変哲もない橋とも言えないような小さな橋がある。この橋は小野小町姿見の橋と言い、晩年、東下りをする小町がこの橋の上で、水面に映る自らの姿を見て、容色の衰えを嘆いたという。

佐護神社の石段_H22.11.16撮影
佐護神社の石段 H22.11.16撮影

高札場などがあるのでこの通りが、岡部宿のメインストリートだったのではないかと思われる。長い石段を昇った上にあるのは佐護神社。石段フェチにはちょっと気になるが、疲労の為昇らず。

県道81号_H22.11.16撮影
県道81号 H22.11.16撮影

15:23 岡部支所前交差点。宿場防衛のための桝型になっている。ここから県道81号に入る。そこそこ幹線道路になっていて、途中にはカモメ静岡工場、通りには松の木が植えられていて、ちょっとした街道気分を醸し出している。疲労はピークに達しており、途中のバス停を見るたびにここからバスに乗りたい衝動に駆られるが、今ここで中止すると次回ここまで戻ってこなければならないので何とかして我慢する。

巌村領の表示_H22.11.16撮影
巌村領の表示 H22.11.16撮影

15:35 内谷新田交差点。高速の下をくぐる。直進すると国道1号だが1号には入らず、1号と並行する県道81号へ入る。県道と言っても普通の住宅街の道。路傍にはこれより巌村領との表示がある。岩村藩は美濃の大名だったかが、この辺りの横内村は岩村藩の飛び地だったと書かれている。

米屋の案内板_H22.11.16撮影
米屋の案内板 H22.11.16撮影

途中、かつての店を示す木板があちらこちらに立てられている。

15:47 仮宿交差点を通過。国道1号に入る。疲れでお互いに不機嫌で、とうとう大将(妻→現在離婚しています。:H27.10.19追記)と喧嘩になる。5分後、1号をそれて県道208号へ入る。島田まで13kmの表記。時間的にも本日は島田は無理と諦める。疲労もあるが、18時までには終了させて、静岡駅に戻らないとバスで帰れない。すぐに自動販売機を見つけて10分程休憩。

鬼島一里塚跡_H22.11.16撮影
鬼島一里塚跡 H22.11.16撮影

16:07 アパート脇に小さな鬼島一里塚跡。

鬼島の建場_H22.11.16撮影
鬼島の建場 H22.11.16撮影

16:15 鬼島の建場。何の跡なのかよくわからないが、膝栗毛では鬼島で弥次喜多が昼間から一杯やっていたようだ。

須賀神社のクス_H22.11.16撮影
須賀神社のクス H22.11.16撮影

16:18 須賀神社のクス。樹齢500年はとても見事だ。根の周りは15.2mもあると書かれている。

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

2015.10.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)

【歩・過】東海道五十三次踏破・静岡~その4

カテゴリ:【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)
~2010年からスタートして現在中断中の、東海道を日本橋から京都まで歩く企画の過去分です。ここでは日本橋~金谷までを取り上げます。文章もその当時に書いたものです。


11/16(土) 宇津ノ谷峠下り途中から

髭題目碑_H22.11.16撮影
髭題目碑 H22.11.16撮影

斜面に建つ髭題目碑。日蓮宗の信者により天保年間に旅の安全や豊作、平和を願って再興された。髭と言うのは正面に刻まれている南無妙法蓮華経の文字が髭のように跳ねた書体で刻まれているから。

下りの峠道_H22.11.16撮影
下りの峠道 H22.11.16撮影

峠を下っていく。下の方からは国道を走る車の音がかすかに聞こえる。山の中でも社会の営みを感じると安心する。

蘿径(らけい)記念碑跡_H22.11.16撮影
蘿径(らけい)記念碑跡 H22.11.16撮影

14:27 蘿径記念碑跡。蘿は蔦の意味で、蔦の細道の消滅を恐れた、文政年間の駿府代官羽倉外記が蘿径記念碑をここに建てた。現在の記念碑は坂下地蔵堂の裏にある。

坂下地蔵堂_H22.11.16撮影
坂下地蔵堂 H22.11.16撮影

14:31 坂下地蔵堂の所で峠が終わる。坂下地蔵は鼻取地蔵、稲刈地蔵とも言われている。地蔵が子供の姿で牛の鼻を取り農作業を手伝ったという伝説が残っている。階段を昇るにはちょっと疲れているので、そのまま進む。

金鳥の古い看板_H22.11.16撮影
金鳥の古い看板 H22.11.16撮影

14:34 国道1号に合流。10分程歩いて廻沢交差点から、1号に並行する裏道へ入る。この裏道は先程歩いていた県道208号線。山を縫って続いていたようだ。川沿いには年期の入った金鳥の看板。川沿いのせいか小さな虫が多く、手で払いながら進む。

岡部宿の看板_H22.11.16撮影
岡部宿の看板 H22.11.16撮影

15:02 地元商工会によって作られた岡部宿の看板。ここから先が岡部宿。岡部宿は江戸から21番目の宿場町。東海道中膝栗毛では、弥次喜多もここに宿をとっている。宇津ノ谷峠と大井川という東海道の難所に囲まれた宿場で、彼らも峠で滑り、大井川で川留めにあって難儀している。

柏屋_H22.11.16撮影
柏屋 H22.11.16撮影

15:08 岡部宿の大宿籠柏屋。かしばやと読み、国の登録有形文化財に登録されている。現在内部は資料館になっており、人形や資料が展示されている。現在の建物は天保7年に再建されたもの。横に広いので道路を渡らないと正面から写真を撮れないのだが、その元気が無く、横着して脇から撮影。

柏屋の人形の展示_H22.11.16撮影
柏屋の人形の展示 H22.11.16撮影

人形の展示は箱根宿以来。

公園の水車_H22.11.16撮影
公園の水車 H22.11.16撮影

隣の岡部宿公園で休憩。本日2台目の水車。

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

2015.10.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)

【歩・過】東海道五十三次踏破・静岡~その3

カテゴリ:【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)
~2010年からスタートして現在中断中の、東海道を日本橋から京都まで歩く企画の過去分です。ここでは日本橋~金谷までを取り上げます。文章もその当時に書いたものです。


11/16(土) 宇津ノ谷峠入口から峠の頂上までの記事ですが、誤って文章を消してしまいました。そのため写真だけ掲載しています。(H27.10.12追記)

道の駅・宇津ノ谷峠_H22.11.16撮影
道の駅・宇津ノ谷峠 H22.11.16撮影

茶畑_H22.11.16撮影
茶畑 H22.11.16撮影

峠への入り口_H22.11.16撮影
峠への入り口 H22.11.16撮影

街道の家並み_H22.11.16撮影
街道の家並み H22.11.16撮影

旧屋号_H22.11.16撮影
旧屋号 H22.11.16撮影

羽織屋_H22.11.16撮影
羽織屋 H22.11.16撮影

松屋_H22.11.16撮影
松屋 H22.11.16撮影

旧街道の案内板_H22.11.16撮影
旧街道の案内板 H22.11.16撮影

峠の登り口_H22.11.16撮影
峠の登り口 H22.11.16撮影

峠の地蔵_H22.11.16撮影
峠の地蔵 H22.11.16撮影

竹林_H22.11.16撮影
竹林 H22.11.16撮影

宇津ノ谷の集落_H22.11.16撮影
宇津ノ谷の集落 H22.11.16撮影

旧道の坂_H22.11.16撮影
"旧道の坂 H22.11.16撮影

峠の地蔵堂跡の石垣_H22.11.16撮影
峠の地蔵堂跡の石垣 H22.11.16撮影

峠の頂上_H22.11.16撮影
峠の頂上 H22.11.16撮影

旧道の下り_H22.11.16撮影
旧道の下り H22.11.16撮影

再び旧道へ_H22.11.16撮影
再び旧道へ H22.11.16撮影

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

2015.10.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR