【宿】コミカプ京都新京極店

カテゴリ:【宿】京都の宿~サウナ、ゲストハウスも含めた泊まる京都をご案内します。京都旅行のお役に立てば幸いです。


ミニブログコーナー:最近、大分太ってしまって1年前と比べて8キロくらい増えてしまいました。現在、月から金で会社員として働いているので、ジム行く時間がないんですよね。食べるものには気を付けているのですが、ついつい食べてしまうもので。低体温も基礎代謝が落ちる原因と聞いているので、そこから解決しようかと色々模索中です。
今回は漫画喫茶の中にあるカプセルというちょっと変わった宿に泊まってみました。予約は宿泊日の日中に楽天トラベルで予約。3連休の前日だったので、結構混んでいた覚えがあります。

コミカプ京都新京極店・ビル1Fエレベーター_H29.11.03撮影
コミカプ京都新京極店・ビル1Fエレベーター H29.11.03撮影

入り口は新京極通りに面していて、錦天満宮の並びで北へ3軒目の建物。写真の通り、雑居ビルのエレベータで4階へ上がっていきます。

コミカプ京都新京極店・店内_H29.11.03撮影

コミカプ京都新京極店・店内_H29.11.03撮影
コミカプ京都新京極店・店内 H29.11.03撮影

店内はこのような感じです。漫画喫茶も色々ありますが、かなり綺麗目なタイプで清潔感あります。

コミカプ京都新京極店・店内_H29.11.03撮影
コミカプ京都新京極店・店内 H29.11.03撮影

ここはカプセルではありませんが、寝転びながら読めるスペースも。深夜だったからかもしれませんが、店内はとても静かです。

コミカプ京都新京極店・カプセル_H29.11.03撮影
コミカプ京都新京極店・カプセル H29.11.03撮影

本棚の中にカプセルがあるのが、不思議な感じ。カプセルの中は普通なのですが、電源が4つもあるのは旅行者には嬉しいところです。ただ外についている鉄の階段が、中からだと少し降りづらかった。(外向きに降りると必ず落っこちます。ただし酔いもあったので、私が悪いのかもしれません。)

コミカプ京都新京極店・看板_H29.11.03撮影
コミカプ京都新京極店・看板 H29.11.03撮影

料金は1,780円で予約しましたが、大学生プランで誤って予約してしまったので、追加で2,200円徴収されました。アメニティ類は無し、シャワーを使う場合は有料です。トイレはウオシュレットついています。チェックアウトの時間が11時なのも嬉しい。帰りに靴箱の鍵が見当たらず大騒ぎしましたが、結局、手首に巻いていました。皆様もご注意を。
H29.11.3取材

スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2018.02.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【宿】京都の宿

【宿】井筒ホテル

カテゴリ:【宿】京都の宿~サウナ、ゲストハウスも含めた泊まる京都をご案内します。京都旅行のお役に立てば幸いです。


ミニブログコーナー:今週、風邪をひいてしまいましたが、インフルエンザでなかったです。ところで私は一度も、インフルになったことがないんです。予防注射もしたことないし、いつかは重いのにかかるんじゃないかと不安な毎日です。ちなみに今回の風邪で、今の自分の平熱は35度代ということもわかりました。前は36度代だったんですが・・・どうりで熱っぽいと思って体温計で測っても、熱出てなかったんだ!

井筒ホテル・外観_H29.06.27撮影
井筒ホテル・外観 H29.06.27撮影

こちらの井筒ホテルは、前日泊の旅館あずまやと同時に数日前に楽天トラベルで予約を取りました。" 騒音有 訳ありプラン 宿任せ"ということで一泊税込み素泊まり4,000円です。訳ありの理由をサイトからそのまま抜粋すると、

"フロントフロアのある1階のお部屋ですので、話し声、足音等の騒音が部屋内に届いてしまいます。部屋内の壁の向こう側に排水管が通っておりますので水の着水音が聞こえます。この2点以外は他のお部屋と設備に変わりはありませんがこのような欠点が御座いますので睡眠等に神経質な方にはお勧めできません。説明を充分にお読み頂きまして、ノークレームでお願い致します。ご了承頂けるお客様へのみ、格安料金でご宿泊頂けるプランです。"

ということでした。部屋はフロント近くで、しかもエレベーターの脇でしたが別にうるさくもなく、時折水の音が聞こえるくらい。朝方でもエレベーターの音は別に気になりません。廊下の 話し声等はどこに泊まってもこれくらい普通だ思うレベル。

平日の三条河原町という立地ではやや安め。何といっても四条河原町、木屋町近辺で飲む私にとっては素晴らしい立地のホテルでした。河原町通りに面しており、前がココイチ 隣に丸亀正麺、下が台湾式マッサージになっています。午前中にチェックインさせてくれて部屋まで入らせて頂けたのは助かりました。チェックアウト後も荷物を預かってくれて有難かったです。

門限後(0:00)は入り口のパスワードで開錠して入館します。2時から6時まではフロントにスタッフがいないそうなのですが、部屋の鍵は持って出て下さいと言われたので、不在の場合もあるのかもしれません。部屋の鍵はオートロックです。チェックアウトは10時(HPでは延長なしとなっていますが、チェックインで渡された紙には30分ごとに1,000円で12:00まで可能となっていました。

井筒ホテル・客室_H29.06.27撮影
客室 H29.06.27撮影

あてがわれた部屋はダブルの部屋でした。電気はスイッチで入れるタイプ(キーについてるバーを挿し込むタイムではない)です。Wi-Fiも問題なく使用でき、パスワードも紙でくれます。

その他チェックした点
・電話はフロントにのみつながるタイプ
・ユニットバスでウォシュレットあり
・アメニティはアカスリ、髭剃り、スキンケアセット男女用(ダブルの部屋なので)
・コンセントはデスクに2つ(1つ電気スタント用) ベッド脇にはそれぞれ1つ  トイレ脇に2つ(1つは加湿機用) 
 ユニットバスに電源二つあり
・エアコンは部屋で調整できる
・主な電気製品はテレビ、ドライヤー、ポット、冷蔵庫、加湿兼空気清浄機
・部屋には目覚まし時計あり(モーニングコールが無い?)
・フロントでセルフのコーヒーが無料
・朝食付きの場合は近くのタリーズかガストになる。
・近くのコンビニは河原町三条のサークルK(100以内・信号渡らず行けます。)

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2018.02.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【宿】京都の宿

【宿】旅館あづまや

カテゴリ:【宿】京都の宿~サウナ、ゲストハウスも含めた泊まる京都をご案内します。京都旅行のお役に立てば幸いです。


ミニブログコーナー:毎年忘れてしまうのですが、9月でこの"魂京都"は6年目を迎えました。徒然な私のブログをご覧頂いている皆様、本当にありがとうございます。こんなに続くとは思っていませんでした。今後も不定期ではありますが、ツイッターと合わせて、京都に行ってみたいと思えるような情報を発信していこうと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
今回はいつもの楽天トラベルでキャンセル枠を狙って当日予約するという方法をとらずに、数日前に同サイトできちんと予約を取ってみました。結果、とれたのがこちらの宿で、平日とはいえ税込み2,800円と破格の価格でした。安く旅するためには、やはり計画性が必要ですね。でも差額は結局、飲み代に回るんですが・・・

あづまや正面_H29.06.26撮影
あづまや正面 H29.06.26撮影

こちらの旅館は堀川通りを挟んで、西本願寺の正面にあります。表に創業80年と出ていますが、おそらくは西本願寺に参詣する信徒さん向けに作られた宿ではないかと思われます。朝のうちに荷物を預けてチェックインを済ませました。夕方戻ってきてフロントで浴衣のみ受け取ります。 (帯やタオルは部屋にあります。)  

あづまや外観_H29.06.26撮影
あづまや外観 H29.06.26撮影

今回は夜の京都タワーを取材しようとしたため、京都駅周辺を選んでみたのですが、駅周辺はあまり飲食店が遅くまでやっているイメージが無いので、そこは捨てました。(探せば見つかりますが、河原町辺りのようにはいきません。) 門限は無いのですが、0時から6時までは、部屋の鍵は自分で持って出て玄関の自動ドアを手で開けて入ります。チェックアウトは朝10時です。

あづまや客室_H29.06.26撮影
あづまや客室 H29.06.26撮影

宿泊したのは2Fのユニットバス付きの八畳間でした。窓を開けると、正面は西本願寺と興正寺で京都に来た感は抜群です。部屋のトイレにウォシュレットが無かったのは残念でしたが、この値段なら仕方ないです。無料のWi-Fiは紙でパスワードを貰えますが、何故か安定しておらず苦労しました。(私のスマホが悪い可能性もあります。)

部屋回りで気づいたのは以下の通り
・ドアの鍵はオートではありません。電気もスイッチでつけるタイプです。
・部屋に電話機はありません。
・エアコンは各室で操作できます。
・使えるコンセントはコンセントは2つありました。
・部屋に時計、目覚ましがありません。
・部屋にあったアメニティは歯ブラシセットのみ シャンプー類は備付けのものがあります。
・テレビ、冷蔵庫あり
・布団は出してあるものを自分でひきます。

その他
・一階に紅茶、コーヒー類の無料セルフサービスがあります。
・大浴場は1Fにあり、洗い場10箇所に6人でいっぱいくらいの浴槽1つです。
・近くのコンビニは南に下がって250mほど、七条堀川の交差点にサークルKがあります。

H29.06.26訪問

旅館あづまや:京都市下京区堀川通り七条上ル(西本願寺前) (地図)

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.09.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【宿】京都の宿

【宿】ホテルステーション京都 本館

カテゴリ:【宿】京都の宿
~サウナ、ゲストハウスも含めた泊まる京都をご案内します。京都旅行のお役に立てば幸いです。


ミニブログコーナー:いよいよ明日から、祇園祭!今晩から東京でテンションを上げております。個人的には、カウントダウンをしたいくらいの勢いで、今晩は近所の氷川神社へお詣りに行こうかな。祭神はスサノオノミコトなので八坂さんと一緒です。
ホテルステーション京都・外観_H28.09.24撮影
ホテルステーション京都・外観 H28.09.24撮影

いつもの通り、ドタキャン狙いで楽天トラベル当日予約でゲットしました。税込み6,500円、私的にはビジネスホテルとして、標準より少し安いくらいの感覚です。ただし、この日は土曜日だったので、もしかしたらこの値段はお得だったかもしれません。どこかで聞いたことのあるホテル名だなと思ったら、烏丸七条の交差点ところにあるホテルの本館でした。(すき家のあるビルの隣) アクセスが京都駅から徒歩4分というのはなかなか便利です。逆に、四条河原町に夜遊びに行くのは少し面倒です。京都駅周辺は店が閉まるの、早いこともありますが。

ホテルステーション京都・室内_H28.09.24撮影
ホテルステーション京都・室内 H28.09.24撮影

部屋はダブルベッドの部屋があてがわれたのでラッキーでした。この日は白人の大学生らしき団体の宿泊とかち合ってしまい、私が泊まった階の他の部屋は、全て外人だったので、外国のホテルに泊まったような感じでした。修学旅行向けに利用されるホテルというイメージです。WEBでも、修学旅行に対応している旨の記載がありました。ただし、それほど騒がしいということもなかったです。大浴場は30分以上入っていましたが、誰も入って来なかったので、のんびりできました。以下、気づいた点です。

・Wi-Fiはあります。(パスワードの入力が必要)
・ウォシュレットはありません。
・門限があるので注意!午前1時です。
・チェックアウトは午前10時
・最上階に大浴場あります。といっても展望は周りのマンションしか見えません。利用時間は17時半から24時まで。
・アメニティは一通りあります(WEBでの表記はバスタオル/フェイスタオル/浴衣/シャンプー/リンス/石鹸/歯ブラシ/コーム/カミソリ) ヒゲそりは頼むと持ってきてくれます。
・室内に貴重品ボックスはありませんが、フロントで預かってくれます。
・部屋の鍵はオートロックではありません。
・室内の電気はバーを挿すタイプではなく、普通の家と同じスイッチで点灯するタイプです。
・コンセントはテレビの下で三股のソケットになってました。
・エレベーターが一つなので、混雑時は階段を使った方が早いです。
ホテルステーション京都 本館
京都府京都市下京区東洞院七条上ル(アクセス)
075-365-9000

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.07.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【宿】京都の宿

【宿】センチュリオンキャビン&スパ京都

カテゴリ:【宿】京都の宿
~サウナ、ゲストハウスも含めた泊まる京都をご案内します。京都旅行のお役に立てば幸いです。


ミニブログコーナー:今晩から京都へ出かけることになりました。今回は高速バスです。そのため、通常なら前回の六角堂の続きを掲載するのですが、今回は違う記事に差し替えました。六角堂の追加取材もしてきますのでお楽しみに!
今回は8ヶ月前に泊まった施設の記事なので、現在は内容が変わっている可能性もあります。予めご了承下さい。

センチュリオンキャビン&スパ京都・外観_H28.09.22撮影
センチュリオンキャビン&スパ京都・外観 H28.09.22撮影

四条烏丸から徒歩3分、四条通りに面したカプセルホテルに泊まってみました。2016年4月にオープンした、比較的新しいホテルです。カプセルは久しぶりですが、例によって当日予約で1泊税込2,400円、カプセルにしては安い方かなと思います。ただし公式ページでは、スタンダード5,500円、女性専用は6,500円~と表示され、さらに時期や曜日によって変えているようなので、場合によってはカプセルにしては高い方かもしれません。ちなみに現地ではデイユースのみの利用もできて、1,980円と案内がありました。門限なしのチェックアウトは11時。カードキーは、ポスト回収なのでチェックアウトの手続きは不要です。隣はすき家なので朝食はすぐ食べれます。

センチュリオンキャビン&スパ京都・フロント_H28.09.22撮影
フロント H28.09.22撮影

入ってみると明らかに外国人向けに作られたようで、フロントには朱傘や鎧が飾ってあり、内部も何となくオリエンタル風。チェックイン時にフロントで、客室の入り口で使うカードキー(紛失すると3,000円)とバスタオル、ロッカーの暗証番号を受け取ります。カプセルの上段か下段の希望を聞いてくれました。タオル、寝巻きは客室フロアに用意されています。ロッカーは見た目50×80センチ位で、貴重品は預かってくれません。ロッカールームがすえたような匂いがするのは閉口しました。

センチュリオンキャビン&スパ京都・客室_H28.09.22撮影
客室フロア H28.09.22撮影

館内にはフリーのWi-Fiが飛んでいます。ラウンジ(サムライラウンジ)では250円でドリンク飲み放題。2Fにランドリーがあります。洗面所が鼻緒付きの下駄なのは、衛生的に抵抗ありました。地下に24時間の大浴場がありますが、シャワールームが6ブース、浴槽は、皆が足を伸ばすと6人が限度なので大浴場とは言えない感じ。サウナも2~3人が入れる程度のスペースでした。やはりこちらも外国人観光客を意識していて、壁には浮世絵が描かれていました。外人さんのためかはわかりませんが、浴槽の温度が熱すぎないのは助かりました。なお、風呂だけの利用もできて90分で1000円、休憩には使えそうです。

センチュリオンキャビン&スパ京都・カプセル_H28.09.22撮影
カプセル H28.09.22撮影

カプセル内部は木目調でいたって普通。外との遮断はカーテンでなく木の扉なので、そこは何となく安心感はあり。内部にコンセントは二つ。靴は棚に置くだけなので、高い靴だとカプセル内に持ち込みになるようです。アメニティに髭剃り、歯ブラシはついています。

時期や曜日にもよると思いますが、外国人のバックパッカーが多かったので、旅慣れていない方は落ち着かないかもしれません。また、建物自体も鰻の寝床のような土地に作った感じで、全体的にちょっと窮屈感があります。エレベーターも6人位で一杯になってしまったり、トイレの個室も少ないです。私的には安く泊まれればいいのですが、5,000円近く出して泊まるなら、ビジネスを選ぶかなという感じです。
センチュリオンキャビン&スパ京都
京都府京都市下京区四条通高倉西入 立売西町68-2
075-708-6657

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.06.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【宿】京都の宿

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR