FC2ブログ

【ト】京の郵便あれこれ・・・その2

カテゴリ:【ト】京都のトピック
~京都の街で見かけた面白いもの、興味深いもの、変わったものetc...


ミニブログコーナー:この間からNHKで雲霧4が始まりました。"山崎"仁左衛門信者の私としては非常に複雑な気持ちです。3もそうですが4をやるなんて、山崎仁左衛門に対する冒とくだとは言いながらもついつい見てしまうんですよね。製作は松竹で配役も良いし、ストーリーが面白いからでしょうか、自分の中では、別のパラレルワールドの中の物語と折り合いをつけています。
花見小路の郵便ポスト_H30.6.15撮影
花見小路の郵便ポスト H30.6.15撮影

花見小路の雑踏の中に佇む郵便ポストです。"ステーキハウスよしだ"と"吉うた"というお茶屋の境目位に設置されていますが、まさに"佇む"という表現がぴったり。祇園の街並みに見事に溶け込んでいますが、もちろん現役で使われているポストです。

花見小路の郵便ポスト_H30.6.15撮影
花見小路の郵便ポスト H30.6.15撮影

花見小路なので、常時車と人が途切れることが無いのですが、一瞬を狙って撮影してみました。写真に写っていない部分には実は人がたくさんいます。

花見小路の郵便ポスト_H30.6.15撮影
花見小路の郵便ポスト H30.6.15撮影

これも京都駅前と同様に郵便差出箱1号(丸型)と思われるのですが、帽子にあたる部分にベレー帽のてっぺんについてるような"へた"のようなものがあります。

町頭町の郵便ポスト_H30.6.15撮影
町頭町の郵便ポスト H30.6.15撮影

こちらは"新町通姉小路通下る"の辺りで売り物件になっている町家の前、植木をカモフラージュにして立っている郵便ポストです。町名で言うと中京区町頭町、地域で言うと烏丸御池エリアの西南方面になります。以前ここの町家には"新町1888"というホテルオークラプロデュースのカフェがありました。

町頭町の郵便ポスト_H30.6.15撮影
町頭町の郵便ポスト H30.6.15撮影

こちらも郵便差出箱1号(丸型)で、この写真ではわかりづらいのですがヘタ付です。しかし随分と退色が進んでいてる感じがします。現役ポストの塗装の艶々感がありません。

町頭町の郵便ポスト・説明_H30.6.15撮影
町頭町の郵便ポスト・説明書 H30.6.15撮影

それもそのはず足元に置かれている説明書きによると、こちらのポストは保存用として街頭に展示されていると書かれていました。京都ではこの場所に最初にポストが設置されたのだとか。もう現役ではないのに街頭に立っているポストのOBです。

祇園郵便局_H30.6.15撮影
祇園郵便局 H30.6.15撮影

こちらは祇園郵便局。パステルブルーとえんじ色の配色、三角屋根もノスタルジックです。周辺に遠慮するようにこじんまりと立っているのが可愛らしい。ちなみにこの辺りは、祇園の歓楽街なので向かいはキャバクラです。

中京郵便局_H30.6.15撮影
中京郵便局 H30.6.15撮影

同じく局舎が特徴的なのは、三条通東洞院に建つ中京郵便局です。三条通は近代建築を数多く残していることで知られていますが、赤レンガでネオルネサンス様式の局舎は1902(明治35)年建造のもの。京都市の登録有形文化財になっています。

中京郵便局・風景印_H30.09.17撮影
中京郵便局・風景印 H30.09.17撮影

頂いた後の処理がヘタでぶれてしまいましたが、中京郵便局の風景印です。歴史的建造物である中京郵便局の局舎そのものが図案になっています。

中京郵便局の自動ドア_H30.06.15撮影
中京郵便局の自動ドア H30.06.15撮影

入り口の自動ドアは一般的な引き戸タイプではなく、開き戸タイプになっていました。私の想像ですが、建物の構造になるべく手を加えずに建物を活用しているのでしょう。

京都洛北高校前郵便局・風景印_H30.09.17撮影
京都洛北高校前郵便局・風景印 H30.09.17撮影

最後に風景印を二つ。こちらは下鴨本通北大路にある洛北高校前郵便局のものです。小さい郵便局ですが、風景印がしっかりあります。デザインは京都府の花である枝垂れ桜と五山の送り火"妙"。川は位置的に賀茂川を描いていると思われます。

京都三条大橋郵便局・風景印_H30.09.17撮影
京都三条大橋郵便局・風景印 H30.09.17撮影

こちらは三条大橋郵便局です。2016(平成28)年に意匠が変わったもので"鴨川にかかる三条大橋をモチーフに京都の風景を描く"
と説明がありました。浮世絵風ですが、必殺ファンなら後ろから火で炙りたくなります(笑)

以上今回は、京都の郵便に関するあれこれ、小ネタをお届けいたしました。
H30.6.14~6.16取材 H30.10UP

スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2018.09.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【ト】京都のトピック

【ト】京の郵便あれこれ・・・その1

カテゴリ:【ト】京都のトピック
~京都の街で見かけた面白いもの、興味深いもの、変わったものetc...


ミニブログコーナー:少し前になってしまいましたが、菅井きんさんがお亡くなりになりました。最近、テレビでお見かけすることが無いのでお元気なのかなと気になっていましたが・・・あの「婿殿!」をもう聞けなくなるのは必殺ファンとして非常に寂しいです。いつもは主水につらく当たるのに、たま~に見せる主水への優しさが大好きでした。心よりご冥福をお祈り致します。さよなら“母上”

京都駅在来線ホームの郵便ポスト_H30.06.14撮影
京都駅在来線ホームの郵便ポスト H30.06.14撮影

まずは京都駅から。こちらは駅のホームです。背景にあるのは電車ですが、少し不思議な風景だと思いませんか?こちらのポストは京都線大阪方面の4・5番ホームの東寄り、跨線橋と下へ降りていく階段の間にあります。蕎麦屋の脇です。

京都駅在来線ホームの郵便ポスト_H30.06.14撮影
京都駅在来線ホームの郵便ポスト H30.06.14撮影

反対側、湖西線の2・3番ホームから撮影してみました。駅のワンシーンにポストが当たり前のように存在しています。ネットの情報によると昔は他の駅にももっとあったらしいのですが、現在、駅のホームにポストがあるのは京都駅だけだそうです。旅の途中でも郵便を出せるとは、京都ならではのような気もします。

京都駅在来線ホームの郵便ポスト_H30.06.14撮影
京都駅在来線ホームの郵便ポスト H30.06.14撮影

湖西線の2・3番ホームにも同じようにポストがありました。4・5番線のポストと同じ位置にあり、南側を向いています。急いでいたこともあるのですが、ホームに電車がいないタイミングに撮影するのが意外と難しかったです。

京都中央郵便局_H30.6.14撮影
京都中央郵便局 H30.6.14撮影

京都駅前(中央口側)にある京都中央郵便局です。ちなみに現在の京都タワービルのある場所は、1961(昭和36)年まで京都中央郵便局の旧局舎があった場所です。

京都中央郵便局_H30.08.24撮影
京都中央郵便局の風景印 H30.08.24撮影

風景印の図案は京都駅前の郵便局だけあって、東寺五重塔と大文字山と後姿の舞妓というまさに"THE京都"のデザイン。1968(昭和43)年から50年間、変わらずこのデザインが使用されています。

京都中央郵便局前のポスト_H30.6.16撮影
京都中央郵便局前のポスト H30.6.16撮影

このポストは、平安遷都1200年記念事業の一環として2006(平成18)年に設置されました。色が景観に配慮した小豆色になっているところも注目です。郵便局の駅側の入り口の近くにあるので、駅から行けばすぐにわかります。

京都中央郵便局前のポスト H30.6.16撮影
京都中央郵便局前のポスト H30.6.16撮影

上に載っている可愛らしい壺装束(平安時代の女性の旅姿)の人形は、昔話の鉢かつぎ姫のように見えますが、"京のぞみ"という平安遷都1200年記念事業のマスコットキャラクターです。当時はあちこちで活躍していたようですが、今はその姿をこの場所だけに残しています。

京都中央郵便局角のポスト H30.6.16
京都中央郵便局角のポスト H30.6.16撮影

京のぞみのポストから隣のビルの角の所まで行くと、懐かしい旧型のポストが設置されています。1949(昭和24)年から設置が始まった鉄製のポストで、正式には"郵便差出箱1号(丸型)"というタイプ。よくポストの貯金箱に使われるモチーフではないでしょうか。古いタイプではありますが、もちろんこのポストは現役で活躍中です。

京都駅前広場のポスト_H30.6.16撮影
京都駅前ロータリーのポスト H30.6.16撮影

こちらは駅前ロータリーにあるポストです。アクアファンタジーの行われる場所の脇といえばわかりやすいでしょうか。塩小路通りを挟んで京都タワーと向かい合うように設置されています。

京都駅前広場のポスト・収集時刻_H30.6.16撮影
京都駅前広場のポスト・収集時刻 H30.6.16撮影

収集時刻を見てみるとどちらも全く同じ。違うのはポスト番号のみです。同じ場所に同じ仕事をするポストを二つ並べるのは、一体どういうことなんでしょうか。一定の時刻に投函する人が集中するから?ちょっとしたミステリーにも思えます。過去には左右の収集時間が違っていた時期もあったみたいです。

宇治駅前の茶壷ポスト_H30.6.15撮影
宇治駅南口 H30.6.15撮影

駅前のポストと言えばこちら。今回のテーマを企画したきっかけになったポストです。今回、このポストだけを取材するためだけに宇治まで足を運びました。このポストはJR宇治駅の南口(平等院方面)の階段を降りたところ、観光案内所の前にありますが、ずんぐりした形は一見ポストには見えませんよね。

宇治駅前の茶壷ポスト_H30.6.15撮影
宇治駅前の茶壷ポスト H30.6.15撮影

正面に回るとこれがなんだかわかります。このポストは宇治らしく、茶壷をかたどったものなのです。2001(平成13)年の宇治市政50周年を記念して、この場所に設置されたそうで、観光客も頻繁に立ち止まってポストと一緒に記念撮影をしています。

宇治駅前の茶壷ポスト_H30.6.15撮影
宇治駅前の茶壷ポスト H30.6.15撮影

このポストにはモデルがあるそうで、こちらではそちらの方も取材されています。後姿は駅のホームからも見ることができました。実際に投函してもお茶っ葉まみれにはならないのでご安心を。(続く)
H30.6.14~16取材 H30.9UP

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2018.09.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【ト】京都のトピック

【ト】上京区の水車

カテゴリ:【ト】京都のトピック
~京都の街で見かけた面白いもの、興味深いもの、変わったものetc...


ミニブログコーナー:今週末から"関ケ原"の公開ですが、かなり楽しみにしています。どこまで合戦シーンで時代劇的としてのリアルを表現できているのかが注目です。私の中では2000年の大河"葵 徳川三代"の合戦シーンが最高峰なんですが、それを越えてくれるかどうか。馬上で武将同士が刀で斬りあうなんてのは絶対止めて下さい。
下立売通智恵光院から下立売通_H29.06.26撮影
下立売通智恵光院から下立売通 H29.06.26撮影

以前に、京都新聞の記事で上京区の住宅街に水車があるという記事を拝見しました。ずっと気になっていたので、今回、計画外でいきなり伺ってみることにしました。スマホで検索してみると、場所は下立売智恵光院にある老舗の油屋ということなので、御所から下立売通を自転車で西へ。下立売智恵光院の交番に自転車を止めて100m弱さらに西へ。

下立売通_H29.06.26撮影
下立売通 H29.06.26撮影

通り沿いの古く立派な商家の門前の水路に、蒸し暑い中、水音をたてながら、ひたすらくるくると水車が回っているのが見えてきました。

山中油店_H29.06.26撮影
商家の門前 H29.06.26撮影

"あぶら"と書かれた額のある門の前には"平安宮一本御所跡"の石碑があります。この場所は平安時代、内裏の一角であり、諸説あるものの"本"に関する施設があった場所だそうです。



久しぶりに動画を撮影してみました。涼しげな雰囲気が伝わるとよいのですが・・・

山中油店の水車_H29.06.26撮影
山中油店の水車 H29.06.26撮影

動画が見られない方のために写真もアップしました。もちろん、知りながら訪ねてはきたのですが、京都の街中にこんな立派な水車があるとは改めて驚きました。

水車と錦鯉_H29.06.26撮影
水車と錦鯉 H29.06.26撮影

水路は商家の中から店の前の通り沿いに伸びていて、立派な錦鯉が泳いでいます。直径二メートルほどの水車は、ちょうどいい具合に苔むしていて年季と風情を感じさせますが、実はこれは三代目で、水車自体は五十年前からこの場所で稼働しているのだそうです。水流は近くの川から取り込んでいる感じでもないので、電力を使って循環させているのでしょうか。

上京区・水車_H29.06.26撮影
もう一台の水車 H29.06.26撮影

建物の中でも、もう一台水車が回ってるのが板塀の隙間から見えました。中の水車は、同じくらいか少し小さいくらいで、回転が早い。京都新聞の記事によると、これらの水車は、池の鯉に酸素を送るために設けられた水車だそうです。(この水車は店内からもガラス越しに見ることができます。)

山中油店 H29.06.26撮影
"山中油店 H29.06.26撮影

こちらのお店は山中油店といいます。江戸時代後期の文政年間創業なので、200年続く老舗の油屋です。建物の一部は、今風のショップになっており、普通に販売もしていたので、自分用のお土産に柚子胡椒ドレッシングを購入しました。老舗の油屋にも拘らず、意外にさっぱりした爽やかな味が印象的でした。

仁丹の番地表示_H29.06.26撮影
仁丹の番地表示 H29.06.26撮影

老舗だけあって仁丹の番地表示も残っています。こちらのお店では、この近くでカフェやゲストハウスも展開しているそう。

山中油店の水車_H29.06.26撮影
山中油店の水車 H29.06.26撮影

暑い夏はなおのこと、通りで聞こえる水車の水音に心癒されること請け合いです。
山中油店:京都府京都市上京区下立売通智恵光院西入下丸屋町508(地図

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.08.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【ト】京都のトピック

【ト】出町"ふたば"の豆餅

カテゴリ:【ト】京都のトピック
~京都の街で見かけた面白いもの、興味深いもの、変わったものetc...


本日のお昼頃、当ブログに通常考えられない位のアクセスがありました。すわ、炎上かと焦りましたが、何事もないようで安心しました。昨日は長めの記事でしたが、今日はさらっといきます。
出町柳ふたば 河原町通りを挟んで_H26.06.07撮影
出町柳ふたば(河原町通りを挟んで) H26.06.07撮影

河原町通り沿いの出町桝形商店街アーケードの和菓子やさんには、いつも人が群がっているのでずっと気になっていました。今回、出町までいく機会があったので立ち寄ってみました。

出町柳ふたば H26.06.07撮影
出町柳ふたば H26.06.07撮影

お店の名前は「ふたば」で、創業が明治32年というから老舗です。今回は、土曜日の昼過ぎでしたが、今日はまだそれ程混んでいません。基本、並ぶのが嫌いなので行列は避けるのですが、あまり待たなくても良さそうなので列の最後尾へ。ちなみに、ふたばは、河原町の高島屋や京都駅の伊勢丹にも出店していて、本店は四条大宮にあるのでそこだと並ばずに買えるそうです。でも出町のここで買った方が京都来てる感が、充足される気がしますね。

豆餅_H26.06.07撮影
名代 豆餅 H26.06.07撮影

こちらが名物の豆餅です。(器は下鴨神社の「さるや」さんのをお借りしてしまいました。) 1つ175円なので価格もお手頃です。餅の中には、上品な甘さの餡と柔らかな餅の中に、ゴツゴツした塩気のあるエンドウ豆が存在感を発揮しています。塩で餡の甘さがよく引き立っているのが、如実にわかるいい例です。結構おなかも膨れるので、2個で満腹になってしまいました。後に食事が控えているなら要注意です。賞味期限は当日なので、お土産には不向き。お店のHPは無いのですが、こちらのページによくわかる豆餅の解説が書かれています。
京都市上京区出町通り今出川上ル青竜町236(地図

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.06.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【ト】京都のトピック

【ト】明智光秀の塚と光秀饅頭

カテゴリ:【ト】京都のトピック
~京都の街で見かけた面白いもの、興味深いもの、変わったものetc...


白川沿いの道_H26.06.07撮影
白川沿いの道 H26.06.07撮影

初めてだと若干わかりづらい場所だと思うので丁寧にご説明します。三条京阪から三条通りを600mほど東へ。白川を越えたら川沿いを南へ下ります。1本目の橋を過ぎて最初の十字路を左へ。

餅寅_H26.06.07撮影
餅寅 H26.06.07撮影

この十字路には"餅寅"という和菓子屋があります。入るのは餅寅の向かって左側の細い路地です。角の石碑には「東梅宮 明智光秀墳」と刻まれています。ちなみに、川には少し先に一本橋がかかっているのが見えますが、この橋は有名な行者橋ではありません。

塚への路地_H26.06.07撮影
塚への路地 H26.06.07撮影

路地を入るとすぐに、明智光秀の塚が見えます。上の写真では左側の石塔が見える場所です。

光秀の塚_H26.06.07撮影
光秀の塚 H26.06.07撮影

周囲をアパートやマンションに囲まれた場所にある小さなお堂です。まるで人目を偲ぶかのように静かにひっそりと佇んでいます。天正10(1582)年、光秀は秀吉に天王山で敗れ、小栗栖で農民の竹槍にかかって自刃しましたが、その首を持った家臣が夜が明けたためにこの地に首を埋めたと案内板に書かれていました。きっと、その家臣も光秀の居城があった近江坂本に向かう途中だったのでしょう。

石碑_H26.06.07撮影
石碑 H26.06.07撮影

手前の石碑には、光秀の戒名「長存寺殿明窓玄智大禅定門」が刻まれています。戒名としての「大禅定門」は、誠に失礼ながら、戒名としては最下位のクラスだそうですが、主殺しを犯してしまったことを憚って、高位の戒名は難しかったのでしょう。この石碑は、明治期に光秀を当り役にしていた七代目市川団蔵が、明治36(1903)年に建立したものです。

五輪塔_H26.06.07撮影
五輪塔 H26.06.07撮影

五輪塔は弘化2(1845)年のもの。少し傾いているのが年代を感じさせます。

お堂_H25.12.10撮影
お堂 H25.12.10撮影

お堂の中には光秀の木造があるそうです。実は昨年、このお堂を撮影していたら突然カメラが壊れ、光秀の怨念のようなものを感じて鳥肌がたったことがあります。ちょうど昨年12月にこの写真を撮影した時です。今回(H26.6)で三回目の訪問ですが、今回でようやく記事に出来ました。

光秀饅頭_H26.06.07撮影
光秀饅頭の張り紙 H26.06.07撮影

角に会った餅寅は江戸時代からこの塚を管理しているそうです。大河ドラマに光秀をという署名も行っています。今年の「軍師官兵衛」では春風亭小朝師匠が、信長に使える光秀の憂鬱を好演しておられますが、確かに光秀が主役の大河、面白いかもしれません。本能寺の変を起こした原因をどう扱うかで、随分話が変わってくるのでしょう。

光秀饅頭_H26.06.07撮影
店頭の光秀饅頭 H26.06.07撮影

光秀饅頭は茶色の黒糖(粒餡)と緑の抹茶(京風白味噌餡)。1つ140円なので2個買ってみました。お店の方は気さくな方で店頭の写真撮影も快くOKして下さいました。

光秀饅頭 H26.06.07撮影
光秀饅頭 H26.06.07撮影

この写真、お皿を持っていかなかったのでコピー用紙の上で失礼します。撮影場所も日吉神社門前です。さて、饅頭には光秀の家紋である桔梗が焼き印されています。一口サイズの饅頭はおやつにちょうどいい大きさで、朝からの旅の疲れを餡がしっかり癒してくれました。小さくても黒糖は粒餡の粒をはっきり感じることができ、抹茶の方は、口の中でほのかに感じる抹茶の香りが上品さを醸し出していました。
明智光秀の塚:京都市東山区三条通白川橋下る東側(地図)

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.06.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【ト】京都のトピック

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR