【食】下鴨のぷりぷりエビフライ~グリル生研会館

カテゴリ【食】:京都で食べる
~私が京都で食べた店、食べたい店をご案内します。味音痴なのでグルメガイドはできません。まずかったり、印象悪かった所は掲載していませんので。


ミニブログコーナー:最近、ジムに通い始めました。仕事でちょっと筋力が必要になったものですから。弟がゴールドジム通ってるので、アドバイス受けながら頑張ってます。運動はほとんどしてなかったのですが、目標があると結構続くものですね。
グリル生研・ビル外観_H28.07.24撮影
グリル生研会館・ビル外観 H28.07.24撮影

少し前にテレビで紹介されていた、下鴨のグリル生研会館のエビフライがあまりにも上手そうだったので、食べに行きました。下鴨神社の西側を走る下鴨本通に店があります。グリル生研会館という少し変わった店名は、生産開発科学研究所ビルの1Fにお店があるためで、元々は生産開発科学研究所の食堂でした。1958(昭和33)年に、この場所にビルが出来てからずっとこの場所で営業しているそうです。

グリル生研・入口_H28.07.24撮影
グリル生研会館・入口 H28.07.24撮影

白を基調にした店内は、比較的ゆったりしたテーブル配置で2人掛けのテーブルを中心に大小12テーブル。なんとなく昭和の趣きを感じさせる"食堂"です。時間はすでに13時近くですが、入り口では待ち客が数組おり、20分ほど待ってでテーブルに案内されました。私がテーブルついても、待ち客は途切れず、人気ある店であることがわかります。

グリル生研・スペシャルランチ_H28.07.24撮影
グリル生研・スペシャルランチ H28.07.24撮影

グリル生研・セットスープ_H28.07.24撮影
グリル生研・セットスープ H28.07.24撮影

スペシャルランチは1,800円、ハンバーグ エビフライ2個 カニクリームコロッケ サラダ ライスです。せっかくなのでブラス400円でセットスープ付をつけました。もう少しお安くしたい場合は、ハンバーグとエビフライのセット(カニクリームコロッケなし)のランチもあって、そちらは1,400円です。

セットのスープはビーフ系の味がしますが、コーンスープかな?凄く"濃ゆい"という表現が当てはまる感じ。ハンバーグ、フライは小ぶりですが、何となく上品なビジュアルです。ハンバーグは手こね感があり、ソースがしっかりしみています。エビフライはぷりぷりで衣はサクッとしたタイプではなく、しっとりしとしている衣です。フリッターみたいだと思いました。エビフライのソースは普通のタルタルではなく、今までに 食べたことないような味のものでした。もちろんおいしかったです。クリームコロッケは中身も濃く、ビーフ系の風味でした。付け合わせのポテトサラダはマヨネーズベースです。

今回はテレビで取り上げられたお店をご紹介しました。若干、待ちの時間がかかるのと値段が高めなのがネックですが、下鴨で老舗の一味違う洋食を味わってみるのも、京都旅行の良い思い出になると思います。値段文の価値はあるおススメできるお店ですよ。
グリル生研会館:
京都府京都市左京区下鴨森本町15 生産開発科学研究所ビル1F(地図)
075-721-2933

スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.11.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【食】京都で食べる

【食】マンガに囲まれて食べる定食~げんざえもん

カテゴリ【食】:京都で食べる
~私が京都で食べた店、食べたい店をご案内します。味音痴なのでグルメガイドはできません。まずかったり、印象悪かった所は掲載していませんので。


ミニブログコーナー:今、ちょっと引っ越しを考えていて、不動産サイトいろいろ見てるんですが考えてみると、社会人になってこれが10回目の引っ越しです。いくつになっても引っ越しの計画でワクワクしますね。今回は広い部屋に越したいと思って、一人で3DKに住もうと考えています。
げんざえもん・外観_H28.05.03撮影
げんざえもん・外観 H28.05.03撮影

以前、何かのテレビで見た"まんが定食"という言葉に興味があって、茶山へやってきました。叡電の茶山と一乗寺の中間の茶山寄り、北大路通りと叡電の踏切のすぐそばにあります。こちらのお店、ここだけかと思ったら、近くにももう一店舗あるようですね。そのお店はツイッターのアカウントでマメに発信しているようなので、そちらが本店かも。到着すると、店舗や看板には早速"まんが定食"の文字が書かれています。

げんざえもん・漫画の壁_H28.05.03撮影
漫画の壁 H28.05.03撮影

入ってみると、壁が一面、上から下まで漫画で埋められて、漫画の壁になっています。ここにはなんと3,500冊の漫画があるそう。普通の食堂に置かれている漫画本のレベルを超えてますね。すでに夕方に近かったので、先客は少なく二人でしたが、彼らは食べながらひたすら漫画を呼んでいます。店内は静まり返っていて、従業員の仕込みの音と邦楽ポップスの有線のみが聞こえている状態。線路沿いなので時たま踏切と電車の音も。

げんざえもん・ハンバーグカツ定食_H28.05.03撮影
ハンバーグカツ定食 H28.05.03撮影

注文は税込800円のハンバーグカツ定食を注文してみました。まんが定食というのはないようで、定食を総称して、まんが定食と呼んでいるみたいです。ハンバーグカツは、揚げたハンバーグにハンバーグソースをかけたもので食べてみると、ソースもしっかりしていて、美味しかったです。おそらく学生メインの店なんでしょう。いわゆる町の定食屋さんという感じで、味噌汁は家庭の味。付け合わせの野菜にはもやしが入ってました。わざわざ京都まで来て、定食屋で漫画を読む必要もないのですが、大学に漫画学部があったり、漫画の図書館がある京都ならではのお店ではないかと思います。話のネタには面白いお店ではないでしょうか。私といえば、読みたかった"進撃の巨人"を2冊読んで、食後にコーヒーを注文して帰りました。ちょっとのんびり休憩できた感じです。
げんざえもん:
京都市左京区 一乗寺河原田町46-7(MAP)
075-712-7731

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.06.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【食】京都で食べる

【食】京都の定番・にしんそば~松葉

カテゴリ【食】:京都で食べる
~私が京都で食べた店、食べたい店をご案内します。味音痴なのでグルメガイドはできません。まずかったり、印象悪かった所は掲載していませんので。


ミニブログコーナー:いよいよ関東地方も梅雨に入りました。雨は嫌なんですが、紫陽花が雨に映える季節です。紫陽花を育て始めて今年で三年目、だんだんとコツもわかってきて、今年はたくさん花を咲かせることが出来ました。智積院、金戒光明寺瑞泉院から頂いた枝も、もう少しで咲きそうです。
松葉・外観_H28.05.02撮影
松葉・外観 H28.05.02撮影

今回は京都の名物でもある、にしんそば、その総本家ということで、四条大橋のすぐそば、松葉を訪ねてみました。お店は現在、耐震工事のため改装中の南座の隣にあります。ちなみに、場所はここだけかと思っていたら、こちらは本店ということで、この近辺にもう一店、他には京都駅の新幹線コンコース内にもお店があるそうです。入店すると、食事の席は地下にあるということなので、階段で降りて行きます。

松葉・にしんそば_H28.05.02撮影
にしんそば H28.05.02撮影

早速、にしんそばを注文すると、5分と待たずに出てきました。想像になってしまいますが、南座の隣だけあって、芝居の合間に食べたりする役者さんやお客様がいたりする関係で早いのでしょうかね。

松葉・にしんそば_H28.05.02撮影
にしんそば H28.05.02撮影

身欠きにしんを上に出してみると、意外と大きいことに驚きました。にしんは甘辛い感じかと思ったら、そうでもなく薄味。これが京都風なのでしょうか。見た目、硬い感じかと思ったら、意外と柔らかく煮てありました。つゆも出汁の味がわかる感じで、上品な味なんじゃないかなと思います。いつもながらあまり上手にコメントできませんが、初めて食べた、にしんそば、美味かったです。

松葉・外観_H28.05.02撮影
松葉・外観 H28.05.02撮影

のれんにも"にしんそば"、"総本家"の文字が入っていて、元祖のプライドを感じます。お店自体はちょっと大きな蕎麦屋さんという感じですが、南座の隣という場所柄ちょっと高め。にしんそばで1,300円(税抜き)でした。観光地にある蕎麦屋さんって、食べたらすぐ出ないとというせわしない感じがする店が多い気がするのですが、今回は夕方行ったので、空いていてちょっとゆっくりできました。奥には座敷もあるのでお子さんづれでも大丈夫そうですよ。
松葉本店:
京都市東山区四条大橋東入ル川端町192(MAP)
075-561-1451

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.06.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【食】京都で食べる

【飲】3杯飲んだら次の店~河原町・木屋町・先斗町飲みある記

カテゴリ【飲】:京都で呑む~さあ、今日はどこで呑もうか。木屋町、祇園、河原町。吉田類さんばりに京の酒場を探訪する、大人の魂京都です。


ミニブログコーナー:今回は飲み歩いたお店を列挙するという荒業に出てみました。大丈夫だとは思いますが、もしも支障がございましたらお知らせ下さい。すぐに対応します。
GWは、知らない店で3杯飲んだら、原則次の店をその店のマスターかママに紹介して頂くという企画で、河原町・先斗町・木屋町を飲み歩いてきました。軒数、二日で十軒。今回はそのお店全店を御紹介致します。あと+おいしいうどん屋さんも。

夜の先斗町_H28.05.02撮影

5/2(月)
たすく(ワインバー):中京区富小路通四条上ル西大文字町615 四富会館1F
最近、私の京都の飲み歩きは大抵、ここからスタートします。祐佳さんチョイスの国産ワインと、おいしいパンと洋食のつきだし(量があるので食事せず行きました。)が頂けるワインバー。この日はホントはお休みだったのに、知らずに入店してしまってすみません。こちらは複数回行っているので紹介は受けず次の店へ。

座り呑み きゃばあ(バー):中京区西木屋町通三条下ル南車屋町287 木屋町会館1F
たすくの次に行こうと思った店がお休みだったので、前回、満員で入れなかったお店。実はまり絵ママ、MXの"5時に夢中"の"おママ対抗歌合戦"に出演していたの知ってたんですが、ふらっと入ったふりで入店しました。テレビではぶっ飛んだキャラでしたが、素顔はとっても可愛らしいお嬢さん。最後は"TVに出てたの知ってて来たよ"と水戸黄門チックに今回の趣旨を発表。そしたら、次のお店までわざわざ連れて行ってくれました。

la cara(ラ・カラ ビオワインとごはん):中京区下樵木町199-2 13番路地北側 2F
木屋町と先斗町をつなぐ13番路地にあるお店。そうそう、こういう京都人がよく来る所に来たかった。ワインを頂きながらチョコレートをつまみに飲んでいました。みどりママ、童顔でとってもチャーミングな方です。ママ人気でお店はずっと超混みでした。次のお店は、よく聞く名前のミルクホールを紹介して頂きましたが、残念ながらお休み。私は疲れていたせいか、この時点でベロベロで折角、書いて頂いた地図がきちんと読めず、三条と四条の間を二往復位してしまいました。

琥珀(鹿児島焼酎バー):中京区富小路通四条上ル西大文字町615 四富会館1F
ミルクホールがお休みだったので、四富会館に戻り、これまた知っているお店に入れてもらいました。でもごめんなさい。かなり酔っていて、せっかく話題を振って頂いても、お店の会話に混じることができませんでした。でも、お腹が空いていたので、特製サンドイッチは頂きました。こちらは喫茶店メニューが超美味い。

5/3(祝・火)
もも屋(地鶏専門店):中京区木屋町通四条上ル鍋屋町209 SAKIZO木屋町215ビル1F
まずはこちらで腹拵えと行きました。梅の焼き鳥は美味しかったのですが、店員さんのお話だと、こちらのお店、系列でキャバクラもやっているそう。こちらは男一人なので、お店の人の立場に立って考えると多分、案内したいんだろうなと。久々にキャバクラでもいいんですが、今回の趣旨とちょっと異なるので、営業妨害にならないようにちょっと飲んで自主的に退散しました。

ママトルティ(バー):中京区木屋町通四条上ル15番路地東入南側立誠ビル 2F
前回、たすくさんで紹介されて1回行ったことのある15番路地のまさに隠れ家的バー。こちらホントに落ち着くので木屋町でベースにしたいと勝手に思っています。2か月ぶりなのに顔を覚えていてくれて感激でした。京美ママとSNSも交換させて頂きました。近所で老舗の飲食店を経営されている方とはSNS交換して、次のお店の地図まで書いて頂きました。

英楽(お茶漬けバァー):中京区紙屋町錦会館1F
文字通り、お茶漬けで酒が飲めるバー(バァー表記は名刺のまま)です。梅茶漬けが空腹に嬉しい。でも嬉しかったのは、マスターが東映で役者さんをやってらしたこと。ちょっとここでは書けない時代劇の話を色々聞いてしまいました。福本先生はやっぱり、あのまんまとっても謙虚な方なんだそうです。こちらのマスターも次のお店までわざわざ連れて行ってくれました。

京楽(お粥さんバー):中京区西木屋町四条上ル レイホウ会館1F通路内
英楽の元スタッフの友希ママ経営のバー。店内で早速知らない人と話していて企画の内容を説明したら"カメラどこですか?"と言われてしまいましたが、テレビの企画じゃありません(笑)。完全に個人の遊びです。こちらのママさん、ゲストハウスも経営されているそうで、お客さんでもゲストハウス開店したばかりという方がいらっしゃいました。この辺りから、私も若干酔い始めてきて、お粥頂くの忘れちゃいました。次回頂きに行きます。次のお店はペーパームーンとBar人妻をご紹介頂きました。さぁどちらへ。

Bar人妻(バー):中京区木屋町通四条上ル15番路地東入南側立誠ビル2F
ここは普通、人妻をチョイスでしょう!(江俣典男風に)という訳ではなく、2軒目のママトルティさんの上だったから。前から店名からしてまず入らないなと思っていたので(だって、怪しいじゃん!)、ここはせっかくのご紹介なので入って見ました。でも中は普通のバーで、カウンターの中も可愛い女の子がやってました。何で人妻と付けたのかは、オーナーがつけたのでよくわからないそうです。次のお店はカウンターで隣になった20代のお姉さんが地図を書いてくれたのですが、帰るついでに連れて行ってくれるということで、後をくっついていきました。

プラン・ドゥ・ラペ(ケーキ):中京区南車屋町282 森田ビル1F
着いたのはなんとケーキ屋さん。ここで飲めるのかと思ったら、ケーキ屋の店内にカウンターがあって普通のバーになってます。びっくり。よく覚えてないのですが、連れて行ってくれたお姉さん、何かを作っている方で翌日、展示会がある?(すみません。酔っていてよく覚えていません。)と言っていたのですが、多分、私が無理くり誘ったのでしょう。おつきあい頂きました。ケーキ2個くらい食べたかな?眠くなったとか言って、勝手に帰っちゃってすみません。(支払いはちゃんとしました。) 

5/4(祝・水)
麺房 美よし(うどん):中京区西木屋町蛸薬師上ル角南車屋町288-2
飲みではないのですが、どうしても紹介したいお店。創業昭和元年の老舗です。帰りに寄りました。昨日、こちらの店主さんとお知り合いになったので寄らせて頂いたのですが、出汁がホントにおいしいんです。東京で食べるラーメンとかの京風って実際は京都には無いんですが、こちらの京風はまさに上品な味です。地下水を使った芳醇出汁だそうなんですが、絶対おススメできます。

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.05.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【飲】京都で呑む

【食】木屋町通りの格安焼肉食べ放題~298(にくや)京都店

カテゴリ【食】:京都で食べる
~私が京都で食べた店、食べたい店をご案内します。味音痴なのでグルメガイドはできません。まずかったり、印象悪かった所は掲載していませんので。


ミニブログコーナー:GWは3.4.5が休みになりました。2日に仕事が終わったら、そのまま新幹線で京都行っちゃおうと思っています。初日は夜、飲むためだけに京都に行くというかなり贅沢なスケジュール(笑) でもそのあとが連休なので、地元の人が行く店はやってないかもしれないんで。
298京都店_H28.03.02撮影
看板 H28.03.02撮影

京都歩きは非常に体力を消耗するので、夜はガッツリ焼肉を食べたくなる時があります。まあ、焼肉屋自体は河原町エリアにたくさんあるのですが、今回は超格安の食べ放題を見つけたので、ご紹介したいと思います。四条通りから木屋町通り入ってすぐ、二階が牛角のビルの7階の298(にくや)京都店です。わざわざ牛角にぶつけているということは、結構自信があるということでしょうか?看板にある通り、最安の食べ放題メニューは8品食べ放題で税込1,080円です。これは安い!焼肉だけでなく、しゃぶしゃぶの食べ放題も。調べてみると京都、大阪、神戸に6店展開している298グループが運営しているそうです。

298京都店入口_H28.03.02撮影
入口 H28.03.02撮影

8品食べ放題だと物足りなさそうなので、食べ放題20品税込1,480円のコースを選んでみました。制限時間は90分です。飲み放題もあって、アルコール1,080円、ソフトドリンク330円。私はこの後を考えてソフトドリンクの方に。値段が安めのせいかサワー類は、ドリンクバーで自分で紙パックからついで作るタイプで驚きました。席は女の子の団体の隣だったので、通常、一人焼肉が平気な私もちょっと肩身が狭かった。(笑われたとか何か言われたというわけではないけれど)

298京都店・焼肉_H28.03.02撮影
焼肉 H28.03.02撮影

食べ放題の20品には、ポテトサラダ、春巻き、唐揚げとかおかず的なものやご飯、味噌汁を含んでいて、バイキング形式。それ以外に頼める肉は牛バラ、牛赤身、豚肉、鳥モモ、ホルモン、ソーセージ、男前カルビ、タンドリーチキン等、あまり種類があるわけではありません。あとは店員さんが少ないので、混んでいると注文するのに待たないといけないことと、テーブルにある、焼き肉のたれは、一種類で甘辛、ちょっと濃過ぎな感じなのが難点でした。結果的に格安食べ放題だけあって、肉はそれなりでしたが、節約志向ならまあいいんじゃないかなという感じです。こういう風に書くと良くなかったのかなと思われがちですが、そんなことはないですよ。逆に食べ放題で色々書くのは難しいし、最初に書いてあるように二度と行かないと思った店は最初から紹介しないので。価格重視でみんなでワイワイやりたいタイプの旅行にはおススメしたいと思います。ちなみにほとんどのクレジットカードは使えます。
298京都店
京都府京都市下京区西木屋町通四条上ル真町97イマージアム7F(地図/公式サイト)
050-5816-6628
営業/年中無休16:00-23:00 (料理、ドリンクともラストオーダー22:00)


テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.04.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【食】京都で食べる

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人(四条烏丸から河原町あたり)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR