【動】八坂庚申堂の申(さる)

カテゴリ:【動】京都の動物~京都の街の動かない動物たち、つまりオブジェとしての動物を取り上げます。


ミニブログコーナー:5/19から東京のスカイツリーでアニメの鬼平展があるので、早速行ってこようと思います。実は私、遠くから見たことは何度もありますが、スカイツリー自体初体験です。でも京都の人が京都タワー上ったことがないってのと同じかも。記事にできるようなら鬼平展、このブログで取り上げようと思います。
八坂通_H29.04.25撮影
八坂通 H29.04.25撮影

東大路通から八坂の塔へ向かう八坂通の坂道を"夢見坂"といいます。テレビの京都番組でよく見る風景。以前、私はこの通りで、夕映えに赤く染まる八坂の塔という、まさに奇跡のような一枚を撮影したことがあります。←自慢💦

くくり猿_H29.04.25撮影
くくり猿 H29.04.25撮影

この辺りで、どこの軒先にも吊るされているのが"くくり猿"というアイテムです。今回はくくり猿を中心に、京都の申をご紹介させて頂こうと思います。先日宣言しましたが、この企画、何回もブログにするといっては、時間が無くてできなかった"やるやる詐欺"の一つになっていたので、今回こそ。

くくり猿_H29.04.25撮影
くくり猿 H29.04.25撮影

赤一色だけではなく、このようにカラフルなものもあります。軒先にくくり猿が吊るされている風景は、まさに京都・東山を切り取る代表的なワンシーンです。5匹1組なのは、五猿=ご縁にかけていると何かで聞きました。

八坂庚申堂門前_H29.04.25撮影
八坂庚申堂門前 H29.04.25撮影

くくり猿の本家本元がこちらの八坂庚申堂。正式には大黒山金剛寺という、小さな天台宗の寺院です。八坂の塔のすぐそば、八坂通に面した朱色の門の所と言えば、何となくお分かりになるかもしれません。この日、門前の八重桜は今が盛りということもあり、この辺りは写真を撮る人でたいそう混みあっています。八坂通は清水への参道でもあるので、無人の状態で撮りたいなら、この時期は特に、早朝に来ないと無理です。

八坂庚申堂門前_H29.04.25撮影
八坂庚申堂門前 H29.04.25撮影

頑張って、ひと気が無い一瞬を狙ってみました。ちなみに八坂庚申堂は、日本三大庚申の一つとされています。庚申というのは、庚(かのえ)申(さる)の日に人間の中にいる三尺の虫が、寝ている間にその人のした悪事を天帝に告げ口しにいくため、徹夜をしてその虫を体の外に出さないという民間伝承です。とはいうものの、夜明かしで酒宴をしていたりと、娯楽の少ない昔の人には楽しい晩でもあったようです。

びんずるさんのお堂_H29.04.25撮影
びんずるさんのお堂 H29.04.25撮影

境内は狭いのですが、中央には、色とりどりのくくり猿が大量に取り付けられたお堂があります。先日テレビでインスタ映えする場所ということで取り上げられており、自撮りをする着物姿の女性の姿が絶えません。このカラフルさも、女性の心を惹きつけるのでしょう。知らない男性のグループに撮影を頼んでいる人もいます。ここで出会いがあったりもするのかも。

びんずるさんのお堂_H28.05.02撮影
びんずるさんのお堂 H28.05.02撮影(昨年撮影したもの)

このお堂に祀られているのは、十六羅漢の第一、賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)。各地の寺院で"おびんづるさま"、"びんずるさん"の名で親しまれています。撫でると病気が治るといわれる撫で仏です。場所によっては、皆が撫でるので、像がツルツルになっているところもあります。

びんずるさんのお堂_H29.04.25撮影
びんずるさんのお堂 H29.04.25撮影

この通り、お堂の裏側まで、くくり猿がびっしり取り付けられています。裏側からだと、屋根が無ければ一体何の建物かわからないほど。

くくり猿_H29.04.25撮影
くくり猿 H29.04.25撮影

奉納用のくくり猿は、境内の社務所で1つ五百円で販売されています。くくり猿の形は、猿が四肢を縛られた(くくられた)姿です。人間の欲望を猿に例えて、これを制御しなければならないことを意味しています。

くくり猿_H29.04.25撮影
くくり猿 H29.04.25撮影

欲を我慢する代わりに、願い事が一つ叶うのだそう。そのため、皆さん、くくり猿の瀬に願い事を書いているのです。中にはなかなかエッジの効いた願い事をしている人も・・・ある程度ましって(笑)→みうらじゅんさんのムカエマ的に

本堂のくくり猿_H29.04.25撮影
本堂のくくり猿 H29.04.25撮影

本堂正面にも、数えきれないほどのくくり猿が、こぼれるほどに取り付けられています。本堂には八坂庚申堂の本尊、青面金剛が祀られています。青面金剛の使いが猿なので、猿がくくられているというわけです。くくり猿の中には、八坂庚申堂の本尊、青面金剛の御札が入っているのだとか。

本堂のくくり猿_H29.04.25撮影
本堂のくくり猿 H29.04.25撮影

本堂の正面には、だいぶ年季が入ったくくり猿が集められています。庚申堂の周辺で見かけた赤い五連のくくり猿もありますね。正面には"見ざる聞かざる言わざる"の三猿の古い木像も。他にも猿はいないか探してみました。

提灯_H29.04.25撮影
提灯 H29.04.25撮影

くくり猿を知っていないとわかりませんが、本堂の奉納提灯の図柄がくくり猿になっています。

香炉の三猿_H29.04.25撮影

香炉の三猿_H29.04.25撮影

香炉の三猿_H29.04.25撮影
香炉の三猿 H29.04.25撮影

本堂の前の香炉を三猿が背負っていました。正面が"言わざる"です。小さな背中で健気に香炉を支えている姿は、何となく微笑ましいものがあります。

石灯篭の三猿_H29.04.25撮影

石灯篭の三猿_H29.04.25撮影

石灯篭の三猿_H29.04.25撮影
石灯篭の三猿 H29.04.25撮影

だいぶ摩耗していますが、びんずるさんのお堂の後ろの石灯籠にも、三方に三猿が彫られています。

屋根の三猿_H29.04.25撮影
屋根の三猿 H29.04.25撮影

まだありました。見上げてみると、屋根の上の鬼瓦の部分に三猿がいます。危うく見逃すところでした。私が見つけることのできた庚申堂の猿は以上でした。

スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.05.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【動】京都の動物

【動】下鴨神社の申

カテゴリ:【動】京都の動物~京都の街の動かない動物たち、つまりオブジェとしての動物を取り上げます。


ミニブログコーナー:もう亡くなられてしまいましたが、必殺というか京都映画の大部屋俳優さんではおなじみのおじいちゃん、山内八郎さん、この間、必殺仕事人73話"断絶技激走! 一直線刺し"で名前がクレジットされていることを発見しました。名前が載っているのみたの初めてでちょっと嬉しかったです。75話"訴え技火だるま身替り消し"の21:50辺りでは、僧侶役でカツラをかぶっていない姿を見ることができます。
下鴨神社・申屋(さるや)_H28.03.03撮影
申屋(さるや) H28.03.03撮影

京都の動物、今回も"さる"のお話。そういえば今年は申年でしたね。下鴨神社に申がいるというので、桃の節句の流し雛の帰りに寄ってみました。申がいるのは南口鳥居の近く、申屋という茶屋です。

下鴨神社・申屋(さるや)の暖簾_H28.03.03撮影
申屋の暖簾 H28.03.03撮影

申屋は下鴨で人気を誇る、あずき処宝泉堂が運営するお茶屋です。2011(平成23)年の5月にオープンしました。店の入り口の暖簾には早速、染め抜かれた申の姿が。

下鴨神社・申屋(さるや)の暖簾_H28.03.03撮影

申屋の暖簾_H28.03.03撮影

烏帽子をかぶり、御幣を持った申です。そういえば新日吉神社の狛猿も、烏帽子をかぶったり御幣を持ったりしていました。

下鴨神社・申屋(さるや)の申餅_H28.03.03撮影
申餅 H28.03.03撮影

今回の目的は、こちらの和菓子。数年前に140年振りに復活したという申餅です。小豆のゆで汁でついた粒餡の餅。明治初年までは葵祭の期間中の申の日に神前に供えられていました。薄いピンク色は"はねず色"といって、明け方の一瞬、空が薄茜色に染まった時の色で、命の生まれる瞬間を表しているそうです。

下鴨神社・申屋(さるや)の申餅_H28.03.03撮影
申餅 H28.03.03撮影

申餅を食べることで、体を清め、元気を頂き無病息災に過ごせるのだとか。神職が祭礼の期間中、禊のために飲むというまめ豆茶という黒豆茶付のセットで500円です。味は特段、特徴があるわけではないのですが、ちいさい餅が二つなので、ちょっと一休み程度には適当な分量です。

下鴨神社・申屋(さるや)の店員_H28.03.03撮影
申屋(さるや)の法被_H28.03.03撮影

店員さんの茶色の法被にも、申の姿が染め抜かれていました。

下鴨神社・言社_H26.06.07撮影
下鴨神社・言社 H26.06.07撮影

ちなみに下鴨神社の中門内には十二支を祀る、言社(ことしゃ)という七つのお社があります。こちらは申と辰を祀る三言社(南社)です。申年の方は御参拝されてみてはいかがでしょうか。
さるや宝泉:
京都府京都市左京区下鴨泉川町59下鴨神社境内
075-781-0010

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.05.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【動】京都の動物

【動】柳小路のお狸様

カテゴリ:【動】京都の動物~京都の街の動かない動物たち、つまりオブジェとしての動物を取り上げます。


ミニブログコーナー:大学の先輩がやっているライブバーのイベントで、「いい女研究会」というのがあるんですが、今度、ちょっとしたきっかけでそれに参加することになりました。お題のジャンルの女性にランキングを付けながら、ただ酒を呑むというだけの会なんですが、今回のお題は女子アナ。魂は京都人の私は当然のことながら、KBS京都のなごみん(海平和ちゃん)を推すことに決めています。
柳小路_H28.03.01撮影
柳小路 H28.03.01撮影

今回ご紹介するお狸様は、錦天神の裏にある柳小路通りにおわします。市内の中心部ではありますが観光名所ではないので、柳小路通りの名前は聞きなれない方も多いことでしょう。柳小路通りは、当ブログで先日ご紹介した天然温泉のあるスーパーホテルの真正面から南へ下る全長60m、幅2mほどの短い路地です。スーパーホテルのある北側の入り口には、通りを挟む形で喜の屋と味乃屋という2軒のお好み焼き屋があります。

八兵衛明神_H28.03.01撮影
八兵衛明神 H28.03.01撮影

入口は昭和の香りがしますが2軒ほど抜けると、町屋風になり今っぽいのおしゃれな感じの建物になります。50mほど進むと、左側に小さな八兵衛明神の社が現れます。

狸の置物_H28.03.01撮影
狸の置物 H28.03.01撮影

鳥居の向こうに置かれているのは、信楽焼の大小八つの狸の置物です。それぞれが、商売上達・招恋・幸福満々・成績良好・心身健康・金運最高・勝運良調・家内安全のご神徳を持っているそうです。たいていの願いは叶えてくれそう。八というのは八兵衛と信楽焼の狸の八相縁起に掛けられています。

八兵衛明神_H28.03.01撮影
八兵衛明神 H28.03.01撮影

この周辺は、かつて歓喜光寺という寺の境内で、六兵衛、七兵衛、八兵衛という狸が住んでいたと伝わっています。明治初年の京都市街の開発に伴い歓喜光寺は山科に移転してしまいましたが、その中の八兵衛狸を祀ったのがこの八兵衛明神です。

はちべー_H28.03.01撮影
はちべー H28.03.01撮影

八兵衛の名はお隣の肉割烹の店の名前にも使われています。「御二九と八さい はちべー」という店名は"おにくとやさい はちべー"と読みます。現在はこちらのお店が、八兵衛明神を管理されているそうです。

八兵衛長屋_H28.03.01撮影
八兵衛長屋 H28.03.01撮影

八兵衛明神の前の建物は、八兵衛長屋の名がついています。今っぽい感じのそば屋、アクセサリーや和紙の店など5軒の店があります。

柳小路_H28.03.01撮影
柳小路 H28.03.01撮影

八兵衛明神から北(スーパーホテルの方)を向いてみました。八兵衛明神の隣にはかつて大きな柳があり、それが柳小路の名のもとになったそうです。

柳小路_H28.03.01撮影
柳小路 H28.03.01撮影

八兵衛明神から南を見た風景です。この先を道なりに進むと、四条通りのみずほ銀行の脇、四条河原町の交差点のすぐそばに出ます。

スーパーホテル外観_H28.03.01撮影
スーパーホテル H28.03.01撮影

六兵衛明神は、映画館のあった京極東宝ビルの事務所に祀られていましたが、同ビル取り壊しで一旦、錦天満宮に預けられ、現在は同じ場所に建てられたビル内のスーパーホテルの事務所に祀られています。宿泊した際に尋ねてみましたが、セキュリティの関係で見学はできないとのことでした。

MATSUONTOKO_H28.03.01撮影
MATSUONTOKO H28.03.01撮影

七兵衛明神は、スーパーホテルの隣の新京極公園に祀られていましたが、空襲を避けるため、すぐそばにある丸二食堂が引き取りました。丸二食堂のあった場所には現在、カフェがあり、こちらの大家さんがご自宅で祀っているそうです。(大家さんが丸二食堂の方かは不明)
八兵衛明神:京都市中京区中之町(地図(隣のはちべーのHP))


テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.04.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【動】京都の動物

【動】見ざる聞かざる言わざるに+1"ざる"

カテゴリ:【動】京都の動物~京都の街の動かない動物たち、つまりオブジェとしての動物を取り上げます。


ミニブログコーナー:GWの休みが、突然1~5日までになりました。先斗町で飲みたいので、2日に京都に行くのは変わりませんが、また変わるかもしれないのが怖いなあ。何とか無事に仕事が週末まで進行しますように。
今回の記事は目的物が撮影禁止だったので、記事としては色々とバランスが悪いと思うのですが、是非紹介したいなと思ったので取り上げてみました。

尊勝院・粟田神社の鳥居_H28.03.02撮影
尊勝院・粟田神社の鳥居 H28.03.02撮影

今回訪問したのは、尊勝院というお寺です。地図上では粟田神社の南側になるのですが、行き方が若干わかりづらいので、写真でご説明しようと思います。まずは粟田神社の鳥居に向かって右へ進みます。

尊勝院・粟田山荘への道_H28.03.02撮影
粟田山荘への道 H28.03.02撮影

最初の左へ折れる道へ入っていきます。正面には、ホテルオークラの別邸、粟田山荘が見えます。

尊勝院・粟田山荘の脇_H28.03.02撮影
粟田山荘の脇 H28.03.02撮影

粟田山荘に突き当ったら左に折れ、あとはこのまま道なりに、粟田山荘の脇を登っていく形で進んでいきます。

尊勝院・参道から見える風景_H28.03.02撮影
参道から見える風景 H28.03.02撮影

坂は軽くきつめな感じです。ある程度上がると、眼下に見えるのは平安神宮の大鳥居です。東山を登っているのが実感できます。

尊勝院・参道から見える本堂_H28.03.02撮影
参道から見える本堂 H28.03.02撮影

普通に歩けば、粟田神社の鳥居の前から2,3分で、石段の上に尊勝院の本堂が見えてきます。

尊勝院・本堂_H28.03.02撮影
本堂 H28.03.02撮影

尊勝院は、京都市街を一望できる将軍塚を飛び地境内に持つ天台宗、青蓮院の塔頭寺院です。天台宗中興の祖、元三大師(良源)を本尊としています。建物は本堂のみですが、この本堂は豊臣秀吉による文禄の頃のものだとか。今回、"京都の動物"の"猿"でピックアップしていますが、八坂庚申堂、山之内庚申堂とともに京都三庚申の一つです。常時、人がいらっしゃらないようなので、内部見学時は予約された方が無難と思います。(予約は青蓮院へ電話しました。)

尊勝院・貼り紙_H28.03.02撮影
貼り紙 H28.03.02撮影

三猿で知られているのは"見ざる、聞かざる、言わざる"ですが、こちらではさらに加えて"思わざる"の四猿の像が祀られているのです。これは元三大師が詠んだ「見ず聞かず言わざる三つのさるよりも 思わざるこそまさるなりけれ」を像にしたもの。事務所にお声を掛けると、待っていて頂いた尼さんが本堂の一番奥、向かって左側に安置されている四猿を見せて下さいました。なんとこの猿は最澄の作とも云われているそうです。堂内は暗いので懐中電灯で照らしながら説明して頂きました。

尊勝院・新聞記事_H28.03.02撮影
新聞記事 H28.03.02撮影

写真を撮ることができないので、わざわざ事務所から持ってきてくれた、今年の産経新聞の記事の写真を利用させて頂こうと思います。

尊勝院・新聞記事_H28.03.02撮影
新聞記事 H28.03.02撮影

本堂の庚申像の厨子の前にオス4体、メス4体、合わせて8体の猿の像が祀られおり、着せられているチャンチャンコもオスメスで色や模様が異なり、(カラー画像) 乳首や股間もオスメスで違います。高さは25センチほど。ちなみに庚申信仰とは、庚申の日に人間の体の中にいる"三尸(さんし)の虫"が人の寝ている間に、その人間の罪を天帝に告げに行くので、その日は眠らずに皆が集まって過ごすことで、猿は三尸の虫を食べる庚申(青面金剛)の使いとされています。

尊勝院・新聞記事_H28.03.02撮影
オス猿(向かって右側) H28.03.02撮影
尊勝院・新聞記事_H28.03.02撮影
メス猿(向かって左側) H28.03.02撮影

面白いことにオスとメスではポーズが違います。
見ざる・・・オスは両手で目隠し、メスは片手
聞かざる・・・オスはぴったり耳をふさぎ、メスは少し離している(ふさいでいるふり?)
言わざる・・・オスは両手で口をふさぎ、メスは片手
思わざる・・・オスは片手を膝に、メスは両手で腹を押さえる

案内して頂いた尼さんによると、女性の場合は子育てなどのために、ある程度情報が必要なため、完全にシャットアウトをしていない、両手で腹を押さえているのも、腹に納めるという意味があるのではないかということでした。ある意味では、女性の強さやしたたかさを表現しているのではないでしょうか?

四猿の像は今年の干支にちなんで、年内いっぱい公開されているそうです。
尊勝院:
京都市東山区粟田口 三条坊町70(地図
075-561-2345(青蓮院)
要予約・拝観料300円


テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.04.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【動】京都の動物

【動】仁王門を固める2頭の狛犬

カテゴリ:【動】京都の動物~京都の街の動かない動物たち、つまりオブジェとしての動物を取り上げます。


ミニブログコーナー:初めてテレビ東京の"釣りバカ日誌"見たけど面白いなあ。でも金八好きの私にとっては、今回の第1話で、金八第7シリーズの狩野伸太郎と金八が共演したことで胸がいっぱいです。それにしても濱田岳クン、今度は必殺に仕事人役で出て欲しい。得物はシンプルに長ドスとかどうでしょうか。仕事屋稼業の政吉みたいな感じ。きっといい芝居すると思うけど。
五条坂_H27.09.09撮影
○○○の参道 H27.09.09撮影

今回は、京都に行ったことがあるほとんどの方が見たことがあるはずのものがテーマです。それがあるのはこの石畳を登った先になりますが、このブログを見ている方なら、きっとどこだかおわかりでしょう。

清水寺・仁王門_H27.09.09撮影
清水寺・仁王門 H27.09.09撮影

ハイ、清水寺で正解です。参道を登りきったところにある、仁王門の石段の下に控えている狛犬が今回の話の主役です。この狛犬は明治時代に寄進されたものだそうですが、何か普通の狛犬と違うことに気づきませんか?

仁王門前の狛犬_H27.09.09撮影
仁王門前の狛犬 H27.09.09撮影

こちらが向かって左側の狛犬。裏側の台座には、音羽婦人会との銘が刻まれています。口を大きく開いた阿形(あぎょう)の狛犬です。

仁王門前の狛犬_H27.09.09撮影
仁王門前の狛犬 H27.09.09撮影

こちらが反対側、向かって右側の狛犬。裏の台座には"清水普門会"の銘が刻まれています。口を大きく開いた阿形(あぎょう)の狛犬です。あれ・・・?

仁王門前の狛犬_H27.09.09撮影
仁王門前の狛犬 H27.09.09撮影

そうです。普通の狛犬は片方が口を開け、片方が口を閉じているという阿吽(あうん)の形をとるものなのですが、清水寺の狛犬は両方が阿形をとっているのです。阿々(ああ)の狛犬といったところでしょうか。これは全国的にも非常に珍しいもので、清水寺の七不思議の一つになっています。

仁王門前の狛犬_H27.09.09撮影
仁王門前の狛犬_H27.09.09撮影

公式HPによると、東大寺の南大門裏にある狛犬(こちらも阿々)をモデルにしたためこのようになったそうです。また後付けのような気がしますが、お釈迦様の教えを大声で伝えるために両方とも口を開けているという説も。ちなみにwikipediaによると狛犬は通常、無角の獅子と有角の狛犬とが一対だそうなので、正確に言えば、清水寺は犬ではなく獅子ということになりますね。京都観光では定番の清水寺ですが、次回行かれた際は注目してみて下さい。
清水寺:京都府京都市東山区清水一丁目294(アクセス/公式HP)
編集記録:H27.11追記

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2015.10.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【動】京都の動物

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR