FC2ブログ

    【季】梅雨の京を歩く

    カテゴリ【季】:京都の四季
    ~表情豊かな都の四季を題材にして、自由気ままに記します。写真が下手なのは御愛嬌、心意気を買って下さい。


    ミニブログコーナー:明日から新しい仕事を始めます。そのために先週京都へ行きました。とりあえずクビにならないように、必死で頑張ってきます。


    とりあえず季節感を損なわないうちに、今回の四季の写真を先にアップしました。

    上京区・水車_H29.06.26撮影
    上京区・水車 H29.06.26撮影

    上京区の老舗の油屋さんにある水車です。お許し頂き、塀の間から覗いてみました。水しぶきが涼しげです。

    護王神社・茅の輪_H29.06.26撮影
    護王神社・茅の輪 H29.06.26撮影

    日本の夏の風景の一つ、夏越祓(なごしのはらえ)で使われる茅の輪。護王神社は足腰がご利益なので、私もくぐってきました。

    太陽に虹_H29.06.26撮影
    太陽に虹 H29.06.26撮影

    梅雨の晴れ間、太陽に虹がかかっているのを見つけました。友人のSNSによると、東京でもこの光景が見られたそうです。

    黒谷・三重塔_H29.06.26撮影
    黒谷・三重塔 H29.06.26撮影

    三重塔の石段にかかる桜のトンネルは、緑のトンネルに変わっていました。この場所はどの季節も、私の一番好きな風景です。

    黒谷・瑞泉院_H29.06.26撮影
    黒谷・瑞泉院 H29.06.26撮影

    黒谷・金戒光明寺の塔頭、瑞泉院さんで、あじさいの枝を頂いてきました。前回失敗したので、今回再挑戦となります。

    鴨川のあじさい_H29.06.26撮影
    鴨川のあじさい H29.06.26撮影

    こちらも前から気になっていてお願いしたかったのですが、タイミングが悪く伺えませんでした。

    祇園祭ポスター_H29.06.26撮影
    祇園祭・ポスター H29.06.26撮影

    もう少しで一か月に渡って行われる祇園祭です。いつもながらテンションが上がってきます。

    芸舞妓撮影会ポスター_H29.06.26撮影
    芸舞妓撮影会・ポスター H29.06.26撮影

    先日、襟替えされた上七軒の勝奈さん、芸妓として参加されるんですね。地方になると伺ったのですが、兼任なのでしょうか。

    京都タワー・ビアガーデン_H29.06.26撮影
    京都タワー・ビアガーデン H29.06.26撮影

    相棒は京都タワー、下のビアガーデンで一人で乾杯!あきらかに浮いていました(笑)

    寺町通_H29.06.27撮影

    寺町通りも祇園祭仕様になっています。スピーカーですが、お囃子の音も聞こえてます。動画とれば良かった・・・

    高瀬川_H29.06.28撮影
    高瀬川 H29.06.28撮影

    高瀬川にかかる若葉も梅雨を迎えています。三条通りから。

    鴨川_H29.06.28撮影
    鴨川 H29.06.28撮影

    三条大橋から、四条方面を。遠いですが、床(ゆか)が見えているのがわかりますか。夏の京都の代表。

    旧閑院宮邸・床みどり_H29.06.28撮影
    旧閑院宮邸・床みどり H29.06.28撮影

    初めて伺いましたが、これほどまでに見事だとは思いませんでした。あまり知られていない穴場スポットでもあります。

    圓光寺・庭園_H29.06.28撮影
    圓光寺・庭園 H29.06.28撮影

    今回初めて伺った一乗寺の圓光寺。よくあるショットですが、緋毛氈と緑が美しい十牛之庭。

    圓光寺・地蔵_H29.06.28撮影
    圓光寺・地蔵 H29.06.28撮影

    緑のコケに囲まれた可愛らしいお地蔵さん。

    圓光寺・庭園_H29.06.28撮影
    圓光寺・庭園 H29.06.28撮影

    こちらは紅葉が美しいそうですが、青葉も十分に美しい。しかもこの時期は人が少なく静か・・・

    大船鉾_H29.06.28撮影
    大船鉾 H29.06.28撮影

    駅前ヨドバシカメラのビルのところの大船鉾は出払っていました。そろそろ祇園祭の支度なのでしょう。

    スポンサーサイト



    テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

    2017.07.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【季】京都の四季

    【季】下鴨神社・みたらし祭(まつり)

    カテゴリ【季】:京都の四季
    ~表情豊かな都の四季を題材にして、自由気ままに記します。写真が下手なのは御愛嬌、心意気を買って下さい。


    ミニブログコーナー:夏の記事を今頃上げております。先週から新しい仕事を始めたので、しばらく更新がまた滞るかもしれません。ブログを辞めたわけではありませんので、更新が滞っていても温かい目で見守ってください。
    下鴨神社・楼門_H28.07.24撮影
    楼門 H28.07.24撮影

    下鴨神社近くのグリル生研会館の取材の帰り、ちょうど下鴨神社の御手洗池にて、みたらし祭(足つけ神事)が行われているということで、神事を体験してきました。時間は14時前、楼門内には、すでにたくさんの人が集まっています。

    下鴨神社・楼門_H28.07.24撮影
    楼門 H28.07.24撮影

    開催時間がら5:30~となっていたので、夕方からかと思っていたのですが、朝の5時半からということに驚いてしまいました。早朝なら人が少なくて、さらに趣深いかもしれません。

    足つけ神事入り口_H28.07.24撮影
    足つけ神事入り口 H28.07.24撮影

    神事に参加する手順は入り口に大きく掲示されています。特別な知識などは必要ありません。一般に神事は見るだけのものですが、みたらし祭はどなたでも気軽に体験できる、参加型の神事です。

    靴脱ぎ場_H28.07.24撮影
    靴脱ぎ場 H28.07.24撮影

    入り口で初穂料300円を支払って、靴脱ぎ場で裸足になります。長椅子も用意されているので、足腰が悪い方でも大丈夫です。脱いだら、すのこの上を通って奥へ。

    注意書き_H28.07.24撮影
    注意書き H28.07.24撮影

    水はくるぶし位かなと思っていたら、そこそこ深いようです。注意書きがあります。

    蝋燭配布場_H28.07.24撮影
    蝋燭配布場 H28.07.24撮影

    ここで竹ひごに挿された蝋燭を一本ずつ受け取ります。この奥が池の入り口です。言うまでもありませんが、みたらし団子はこの池に発生する水泡をかたどったものと言われています。

    御手洗池入り口_H28.07.24撮影
    御手洗池入り口 H28.07.24撮影

    滑らないようにグリーンの敷物が敷かれているスロープの下、太鼓橋の辺りから水の中に入っていきます。

    御手洗池_H28.07.24撮影
    御手洗池 H28.07.24撮影

    やはり裾を膝くらいまでまくらないと、歩いた時の波でズボンが濡れてしまいます。先を進む男性、膝近くまで水につかっています。感覚的に思ったよりも深い。

    御手洗池_H28.07.24撮影
    御手洗池 H28.07.24撮影

    真夏ですが、水は本当に冷たい。しばらくすると慣れますが、最初は足がキーンとなる冷たさでした。私は、慣れるまでは冷たさで足が少し痛かった。かといって耐えられないほどというわけでもありません。

    御手洗池_H28.07.24撮影
    御手洗池 H28.07.24撮影

    こちらで、先ほど頂いた竹ひごの蝋燭に火をつけます。足の冷たさにはもう慣れて、心地よい冷たさに変っています。

    御手洗池_H28.07.24撮影
    御手洗池 H28.07.24撮影

    そしてこちらに火のついた蝋燭を立てていきます。蝋燭は短いので、すぐ消えてしまいますが、沢山の蝋燭が立てられていました。

    御手洗池_H28.07.24撮影
    御手洗池 H28.07.24撮影

    こちらの雁木(がんぎ)で池から上がります。これで、足つけ神事は終了です。上がったところでくつを履きます。

    御手洗池_H28.07.24撮影
    御手洗池 H28.07.24撮影

    上では御神水を頂くこともできます。他にもお守りやTシャツなどの授与品が販売されています。

    御手洗池_H28.07.24撮影
    御手洗池 H28.07.24撮影

    振り返って池を見ると、こんな感じです。多くの人が、ひと時の冷たい水の中の神事を満喫しています。

    井上社_H28.07.24撮影
    井上社 H28.07.24撮影

    最後は御手洗社に参拝します。池の上に建つ社なので井上社ともよばれています。

    出町柳の飛び石_H28.07.24撮影
    出町柳の飛び石 H28.07.24撮影

    折角、足がきれいになったのですが、サンダルだったので砂利で足が汚れてしまいました。鴨川・出町柳の飛び石に降りて、足を洗って帰りました。

    テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

    2016.10.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【季】京都の四季

    【季】都の梅~金戒光明寺・下鴨神社

    カテゴリ【季】:京都の四季
    ~表情豊かな都の四季を題材にして、自由気ままに記します。写真が下手なのは御愛嬌、心意気を買って下さい。


    ミニブログコーナー:ようやく梅の記事がこれでおわります。引き続き、季節はずれの記事に御付き合い頂き、ありがとうございます。東京の桜は今週末にも満開になるようですが、残念ながら今年は花見には行けそうにありません。ちなみに今、知り合いの塗装屋さんの親方のところで、毎日働いてます。
    金戒光明寺・方丈前の梅_H28.03.02撮影
    金戒光明寺・方丈前 H28.03.02撮影

    方丈前の2本の紅梅は両方とも、まだまだ多くは丸いつぼみの状態でした。

    金戒光明寺・黒谷墓地の梅_H28.03.02撮影
    金戒光明寺・蓮池 H28.03.02撮影

    黒谷墓地の下、蓮池のほとりに立つ2本の梅は満開~少し散り始めくらい。バックに三重塔を入れてみました。

    金戒光明寺・西雲院の梅_H28.03.02撮影
    金戒光明寺・西雲院 H28.03.02撮影

    黒谷墓地を上がった、塔頭の西雲院の梅は満開。知る人ぞ知る、初夏には多くの蓮が咲くお寺です。映っている甕は蓮用のもの。

    金戒光明寺・西雲院の梅_H28.03.02撮影
    金戒光明寺・西雲院 H28.03.02撮影

    下から見ると、天の川のように梅が咲き誇っていました。

    金戒光明寺・西雲院の梅_H28.03.02撮影
    金戒光明寺・西雲院 H28.03.02撮影

    最近知ったのですが、梅と桜の簡単な見分け方。梅は花が枝にぴったりつくように咲くそうです。

    金戒光明寺・西雲院の梅_H28.03.02撮影
    金戒光明寺・西雲院 H28.03.02撮影

    正直、西雲院の梅はノーマークでした。少し得した気分です。右側の屋根は本堂の屋根です。

    金戒光明寺・西雲院の梅_H28.03.02撮影
    金戒光明寺・西雲院 H28.03.02撮影

    後ろに本堂の屋根をあしらってみました。

    下鴨神社・楼門内の梅_H28.03.03撮影
    下鴨神社・楼門内の梅 H28.03.03撮影

    流し雛でごった返す下鴨神社の楼門内にも見事な紅梅。多くの人を集めていました。

    下鴨神社・楼門内の梅_H28.03.03撮影
    下鴨神社・楼門内の梅 H28.03.03撮影

    桜は狂ったように咲くイメージがありますが、こちらの梅も狂い咲きしています。

    下鴨神社・楼門内の梅_H28.03.03撮影
    下鴨神社・楼門内の梅 H28.03.03撮影

    後ろに見える朱は楼門です。

    テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

    2016.03.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【季】京都の四季

    【季】都の梅~北野天満宮

    カテゴリ【季】:京都の四季
    ~表情豊かな都の四季を題材にして、自由気ままに記します。写真が下手なのは御愛嬌、心意気を買って下さい。


    ミニブログコーナー:既に桜の時期になってしまいましたが、3月の頭に訪問した梅の写真をアップします。季節遅れと笑わずにご覧下さい。毎日ブログを更新できる時間の余裕が欲しいな。写真メインなので文字は少ないです。
    北野天満宮・梅苑_H28.03.01撮影
    北野天満宮・梅苑 H28.03.01撮影

    北野天満宮の梅苑はちょうど見ごろでした。閉苑ギリギリに入ったので、慌ただしかったですが、人は少なめ。遊歩道の梅のトンネルです。

    北野天満宮・御土居の辺り_H28.03.01撮影
    北野天満宮・御土居周辺 H28.03.01撮影

    梅苑から御土居に降りていく辺りを上から撮影。こちらも紅白が見事です。

    北野天満宮_H28.03.01撮影
    北野天満宮・御土居周辺 H28.03.01撮影

    御土居に降りて川沿いのしだれ梅。

    北野天満宮_H28.03.01撮影
    北野天満宮・本殿周辺 H28.03.01撮影

    本殿の周りの摂社・末社が並んでいる辺りです。

    北野天満宮_H28.03.01撮影
    北野天満宮・本殿周辺 H28.03.01撮影

    後ろの鳥居は絵馬掛所の千本鳥居です。

    北野天満宮_H28.03.01撮影
    北野天満宮・本殿周辺 H28.03.01撮影

    同じく絵馬掛所の前。一つの枝に紅白の花がついていました。

    北野天満宮_H28.03.01撮影
    北野天満宮・本殿周辺 H28.03.01撮影

    本殿脇の白梅です。

    北野天満宮_H28.03.01撮影
    北野天満宮・本殿周辺 H28.03.01撮影

    確か、三光門のあたりの石灯籠だったかと思います。空から降ってくるようなしだれ梅でした。

    北野天満宮_H28.03.01撮影
    北野天満宮・本殿周辺 H28.03.01撮影

    赤目の臥牛をバックにして勾配を撮影してみました。

    テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

    2016.03.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【季】京都の四季

    【季】春の行事~三月一日から三日の京都~その2

    カテゴリ【季】:京都の四季
    ~表情豊かな都の四季を題材にして、自由気ままに記します。写真が下手なのは御愛嬌、心意気を買って下さい。


    ミニブログコーナー:ルパン終わっちゃいましたね。いやーよかったです。毎週、泣きながら見ていました。次元メイン回の#4"我が手に拳銃を"とルパン一味の深い、深い絆が印象的な#17"皆殺しのマリオネット"が大のお気に入りです。
    下鴨神社・京の流しびな_H28.03.03撮影
    下鴨神社・京の流しびな H28.03.03撮影

    桃の節句の三月三日、流しびなが行われる下鴨神社にやってきました。桟俵(さんだわら)に乗せたひな人形を、子供の身代わりとして、境内の御手洗川(みたらしがわ)に流し、厄を払います。親が子供の健やかな成長を願う行事で、ひな祭りの原型となった風習です。

    下鴨神社・流しびな_H28.03.03撮影
    下鴨神社・流しびな H28.03.03撮影

    楼門の内に入ると桟俵が販売されていました。例年は無料配布だそうですが、今年は職人さんの不足で大(1,000円)、小(500円)の有料になっています。白梅模様の赤衣に女雛は金の袴、男雛は金の帯に烏帽子の、簡素でも可愛らしいひな人形です。本日、流しても、一年間、家に飾ってもどちらでもいいとのこと。

    下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
    下鴨神社・十二単の着付け H28.03.03撮影

    橋殿ではひな飾りの前で、十二単の着付けの実演中。多くの観光客でごった返していましたが、その頭越しにその様子を撮影してみました。着用者を御方(おかた)、着つける人、二名を衣紋者(えもんじゃ)といいます。

    下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
    下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
    下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
    下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
    下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
    下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
    下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
    下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
    下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
    下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
    下鴨神社・十二単の着付け H28.03.03撮影

    実演中はマイクで着付けについての説明があったのですが、すぐ横のジャグリングが大音量で音楽をかけていたため、よく聞き取ることが出来ませんでした。なぜ、こんなところで実演をさせていたのかがよくわかりません。せっかくの雰囲気も台無しでした。重さが気になったのでWEBで調べてみたところ、10枚で15~16キロはあるそうです。

    下鴨神社・流しびな_H28.03.03撮影
    下鴨神社・流しびな H28.03.03撮影

    着付けが終わると、衣冠束帯姿の男性と共に、本殿東側の御手洗川べりまで移動します。特に十二単は移動するのも大変そう。このお二人は公募で選ばれた、実際に結婚を控えたカップルなのだとか。

    下鴨神社・流しびな_H28.03.03撮影
    下鴨神社・流しびな H28.03.03撮影

    やはり人が多く、人垣の後ろからカメラを頭の上に上げて写真を大量に撮影して、まともに撮れたのが数枚でした。ここから石段を下りると川べりなのですが、流しびな自体を撮影するのは到底無理なようで、撮影と取材はここで断念しました。

    市比売神社_H26.06.07撮影
    市比賣神社 H26.06.07撮影

    帰りの新幹線の前に少しだけ時間があったので、河原町五条の市比賣(いちひめ)神社に立ち寄ってみました。小さい神社ですが女性の厄除け、市場守護の神社です。神社がマンションと共存しのが特徴的。また本殿が神社建築としては珍しく、北面していますが、これは皇室守護のため、御所の方を向いているそう。

    市比賣神社・ひいなまつり_H28.03.03撮影
    市比賣神社・ひいなまつり H28.03.03撮影

    市比賣神社では、三月三日には"ひいなまつり"が行われます。近隣の会場で、人間が雛人形に扮して雛段に並ぶ、"ひとびな勢揃"などが行われていますが、そちらまで行く時間が無いので、社務所に飾られているたくさんのひな人形を鑑賞しました。

    市比賣神社・ひいなまつり_H28.03.03撮影
    市比賣神社・ひいなまつり H28.03.03撮影

    上の写真を少しだけ拡大してみました。七段飾りのフルセットですが、五人囃子が十人囃子になっています。琴を弾く女官や嫁入り道具の家具の量も多い、豪華なセットです。

    市比賣神社・ひいなまつり_H28.03.03撮影

    市比賣神社・ひいなまつり_H28.03.03撮影

    市比賣神社・ひいなまつり_H28.03.03撮影

    市比賣神社・ひいなまつり H28.03.03撮影

    隣の部屋には複数のひな人形のセットが展示されています。奥の一組の前に、立雛が飾られていますが、まるで後ろに臣下を従えているように見えて、ちょっと面白いですね。

    テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

    2016.03.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【季】京都の四季

    «  | HOME |  »

    タイムライン

    リンク

    trip-partner197
    Trip-Partner
    ぷらたび


    京都市 ブログランキング

    にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
    にほんブログ村

    都の商売人様バナー
    都の商売人様運営サイト
    “空想の匣”

    プロフィール

    SOULKYOTO

    Author:SOULKYOTO
    東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
    自称・勝手に京都観光大使

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    カテゴリ

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR