【散】松原通り その3

カテゴリ:【散】京都の散歩道
~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。



松原通りに戻って、六道の辻を越えるとここから轆轤(ろくろ)町に入る。右手には明治23年創業の老舗の榊原神具店、その隣は有形文化財の元醤油問屋の京町屋でフランス料理を食べさせる貴匠桜。仏亜心料理をうたっているがフレンチのことらしい。

貴匠桜_H24.12.09撮影
貴匠桜
H24.12.09撮影

最初の交差点で右手に地元のスーパー“ハッピー六原”。そう言えば、六波羅は六原とも書くことを思い出した。観光地でもなんでもない、現代の普通の生活に根差した地元の風景も同居しているのが松原通りの魅力。

ハッピー六原_H24.11.10撮影
ハッピー六原
H24.11.10撮影

50メートル程進むと右手には、歴史的までとはいかないが、いかにも京都な構造の路地がある風景が見える。

松原通り後半04_H24.09.02撮影
路地の風景
H24.09.02撮影

そこからすぐに左手に六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ・ろくどうちんこうじ)の赤い門が見えてくる。こちらにも門前に六道の辻の碑がある。前は薬局、隣りはスーパーになっていて、いかにも生活と観光が共存した松原通りらしい。

六道珍皇寺01_H24.09.02撮影
六道珍皇寺門前
H24.09.02撮影

六道珍皇寺は、毎年八月七日から十日まで、先祖の霊を迎える“迎え鐘”をつく六道参りが行われることで知られており、“六道さん”の愛称で親しまれている。山号は大椿山、臨済宗建仁寺派に属し本尊は薬師如来である。

六道珍皇寺02_H24.09.02撮影
六道珍皇寺の迎え鐘
H24.09.02撮影

平安時代の官人、小野篁は日中は朝廷に使え、夜はここ六道珍皇寺の井戸から地獄へ行き、閻魔大王の補佐をしていたと云う伝説がある。この井戸は本堂右手の覗き穴から見ることが出来る。写真は覗き穴から写したもの。わかりづらいが一番奥にあるのがその井戸。また閻魔堂には閻魔大王、小野篁、弘法大師の像が並んでいる。こちらも覗き穴から見るスタイルになっている。

六道珍皇寺04_H24.09.02撮影
小野篁の井戸
H24.09.02撮影

珍皇寺を後にして進むと右手には、昔ながらの大衆食堂の雰囲気。この食堂、力餅食堂といい、ボランタリーチェーンという独自の暖簾分け制度で店舗展開を行ってきた食堂で、杵を交差させたロゴマークが特徴。

松原通り後半01_H24.09.02撮影
力餅食堂
H24.09.02撮影

力餅食堂から50m程で東大路通りと交差する清水道の交差点。清水、祇園を抜けて修学院駅前まで走る京都市の東大路通り、休日の夕方には清水五条から祇園の辺りまでは大渋滞になる。だから私は土日祝には東大路のバスは使わないことにしている。ここから先の松原通りは清水寺の門前まで、清水道とも呼ばれる。東大路通りを越える手前位から少しずつ坂の勾配が上がってくる。

清水道_H24.09.02撮影
清水道の交差点H24.09.02撮影

感覚的に言えば五条坂を反対側から登っていることになる。道の雰囲気も、登るにつれ、土産物屋や観光のポスターなど生活感のある道から次第に観光地に近づいていく。この路は、一方通行になっており、休日には清水から下りてくる車が数珠つなぎになる。

松原通り後半05_H24.09.02撮影

手前でも少し頭をのぞかせていたが、ここで途中の路地から八坂の塔が顔を覗かせる。突然、八坂の塔が見えるのは京都感が刺激される。ただ清水の辺りは観光地なのに電線の整備が進んでいないのが難。この路地をそのまま100m程入っていくと、八坂の塔の下にたどり着く。

松原通り後半06_H24.09.02撮影

旅館、東山荘の前を抜けると清水小学校が見える。こんな所で育ったらどんな子供が育つのだろうと思っていたら、この小学校は既に2011年の3月に統合され閉校してしまっているとのこと。京都でも少子高齢化を実感する。

清水小学校_H24.11.10撮影
清水小学校
H24.11.10撮影

白壁の蔵が見えてくる。画廊山清堂の建物。この辺りまで来ると全く生活感の無い観光地としての京都の道の風情になる。修学旅行生が大勢歩いていないのは有難い。右側は石垣になっているが、観光バスの駐車場。五条坂から登ってきた時に左側に見えるおなじみの駐車場だ。

松原通り後半07_H24.09.02撮影
画廊山清堂
H24.09.02撮影

右側の駐車場が終わる辺りで、松原通りは五条坂の雰囲気と同化してくる。松原通り自体は清水寺門前まで続くが、私の紹介する京の散歩道松原通りはここで終了。ここから先は、そのまま進んで清水に行ってもよし、七味屋の所で左へ折れて三年坂に入ってもよし。(終わり)

松原通り後半08_H24.09.02撮影
五条坂合流付近
H24.09.02撮影

←松原通りその2

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2012.09.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

【撮】長岡京・錦水亭

カテゴリ:【撮】京都の時代劇ロケ地
~京都の時代劇ロケ地をメジャーからマイナーまで

錦水亭01_H16.08.12撮影
(H16.08.12撮影)

長岡天満宮の八条ヶ池の錦水亭、緑の水面に浮かぶ赤い優美な姿は高級料亭や出会茶屋、船宿として古くから時代劇のロケに利用されてきた。1996年公開の映画『必殺!主水死す』の冒頭では、中村主水と東ちづる演じるおけいとの密会の場として外観が使用されている。また池側だけでなく、錦水亭の門や庭も屋敷や料亭の内部として使用されることもある。

実際にはこの建物は、たけのこ懐石が名物の錦水亭という料亭。リクエストすれば座敷での食事も可能。八条ヶ池が整備されて綺麗になり若干風情が失われてしまったが、時代劇の登場人物になったつもりで、池を眺めながら食事をするのもまた格別だ。11:30~14:30まではランチタイムもあるので、1人3,000円代で手軽な値段でたけのこ懐石を味わうことができる。ちなみに座敷は、時代劇では外観のみ使用して座敷内部はは別撮りなため、座敷に上がると若干狭く感じるかもしれない。

交通はは阪急京都線長岡天神駅から徒歩7分。11時半から営業なのでここで食事をとってから嵐山へ乗換1回で行くことができるのも魅力の一つ。

京都府長岡京市天神2-15-15(クリックで地図)
営業時間他錦水亭の情報

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2012.09.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【撮】京都の時代劇ロケ地

【段】東山・知恩院の石段

カテゴリ:【段】日本石段階段学会・京都支部
~学会京都支部の石段階段の研究成果を発表します。

知恩院石段01_H24.04.10撮影

三門前の石段とくぐった先に控える男坂の石段は、三門の巨大さとあいまって、見る者に相当な威圧感を与える石段だ。徳川幕府が京都防衛のために、知恩院と金戒光明寺を軍事拠点に転用できるように造ったという話は、この石段を見てもうなずける。知恩院は、平時には荘厳な宗教施設、戦時には城郭となる二つの顔を持つ。その顔を無言のまま入口で示す、徳川(とくせん)の造った舞台装置には、ただただ脱帽するばかりだ。

知恩院石段02_H24.04.10撮影

知恩院を訪れる者は山のような三門とその石段を畏怖と驚愕の眼差しで見上げ、

知恩院石段03_H24.04.10撮影

さらにその先のカミソリのように鋭い石段に圧倒されるのだ。

知恩院石段04_H24.04.10撮影

三門後ろに咲く桜も、石段の美しさにはかなわない。

写真はH24.4.10撮影

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2012.09.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【段】日本階段石段学会・京都支部

【宿】ホテルサンセットイン(川端三条)

“だんのうさん”で知られる川端三条の檀王法林寺のすぐ裏手にあるビジネスホテル。家族で経営されているような感じの落ち着いたホテルです。こちらも三条京阪から徒歩1~2分の便利な立地にあるので、夜の先斗町や木屋町に繰り出すにはベスト。

大きなホテルではないので繁忙期でも予約は取りやすいのが魅力。以前はよく予約を取らないで泊ってました。

特別綺麗というわけではないですが、ビジネスホテルとしては全然充分なレベル。料金もシングルなら6,000円代くらいなので標準レベルか。駐車場も有料で有(1晩1,500円)

難はネットの接続環境が無いことと門限があること。門限は26時とHPに表記があり。木屋町で遊び呆けて締め出されて朝まで外で寝たことがあります。

すぐ近くに9時-18時で1,000円のレンタサイクルもあるので、自転車で京都巡りもOKです。

http://kyoto-hotel-sunsetinn.com/

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2012.09.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【宿】京都の宿

【番】知られざる物語 京都1200年の旅「歴史を彩る京の和菓子」

カテゴリ【番】:京都の番組
~京都がテーマの番組の紹介、感想です。



BS朝日で放送されている京都の伝統文化、自然、寺社などを紹介しながら1200年の歴史をひもといて行く知的エンターテイメント番組。お茶の間にいながら京都に行った気分になれる貴重な番組。京都を思わせるようなゆったりかつ重厚なテーマ曲や升毅さんの柔らかなナレーションも魅力です。録画したDVDを見ながら眠ると幸せな気分で眠れます。そんな素敵な番組を紹介していきます。必ず再放送もあります。

9/25の放送は「歴史を彩る京の和菓子」
長きに渡り京都で愛されてきた和菓子と、独自の発展を遂げた京菓子。美しさとおいしさの謎、そして知られざる物語をお楽しみ下さい。(番組HPより)

一つの菓子でも、月によりその姿を変えた十二種類のデザインがあるということにも驚きでしたが、京菓子はあくまで『茶』の引き立て役という意識に、京の奥ゆかしさを感じました。

室町時代から明治2年まで、朝廷に365日欠かさず、代々の当主が朝廷に「お朝物」という餅を献上していた老舗菓子司“川端道喜”のエピソードは、まさに京都人は帝と共にあったことを思わせるものでした。今でも京都の故老は、天皇は仮に東京に行かれているだけで、用事が済めば直に御所に戻ってくるというのも納得できます。

川端道喜_H24.11.10撮影
川端道喜 H24.11.11撮影

私の大好きな京の散歩道、黒谷から吉田神社の中で、金戒光明寺、菓祖神社が登場するのもうれしい限りです。

ラストの恒例の猿之助さんの文字『心眼で食う』、京菓子を心と眼と舌で味わってほしい・・・次に京都に行ったら、老舗の和菓子屋さんに立ち寄ってみよう、そんな思いにさせてくれた1時間でした。京菓子は八橋しか知らないという方には是非ご覧頂きたい今回の番組です。

番組HPはこちら
再放送はBS朝日10/9 22:00~

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2012.09.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【番】京都の番組・映画

【食】京都の本店その2~天下一品 北白川総本店

カテゴリ【食】:京都で食べる
~私が京都で食べた店、食べたい店をご案内します。味音痴なのでグルメガイドはできません。



天下一品本店外観_H24.11.10撮影
天下一品本店外観

日本の4大ファストフードは天下一品、松屋、ココ壱、餃子の王将と常々考えているのだが、4チェーンのうちの2チェーンが京都に本店があるというのをご存じか?一つ目は前回紹介した餃子の王将、二つ目が今回の天下一品である。舌からも私を飼い馴らしていた京都がこわい。

天下一品本店入口_H24.11.10撮影
天下一品本店入口

天下一品本店は、天下一品のサイトでは本店と表記されているが、現地では総本店の看板が、また各店舗の備品などでは北白川総本店と表記されている。ロケーションは白川通り沿い、白川北大路の交差点から南へ100m程。すぐそばには餃子の王将北白川店もある。お隣は喫茶店。総本店とはいいつつ、マンションの1Fというところが、屋台からスタートした天下一品らしく好感が持てる。

天下一品北白川総本店_H24.11.10撮影
外観は屋台をイメージ(車輪がある)

ただ、マンションの1Fとはいいつつも、外観は屋台をイメージしているところが、木村社長が銀閣寺近くの屋台から始めたという心意気を大きくなっても忘れないという天下一スピリッツを感じる。店内も屋台のようなイメージで天井や椅子は赤がベースとなっている。席はカウンター、テーブル合わせて30席程度。2度行ったが、2回とも数人の待ち客がいた。

天下一品本店チャーハン定食_H24.11.10撮影
チャーハン定食に半熟玉子

天下一品は店舗により味に違いがあることで知られている。一番の売りのこってりスープは通常の店舗では工場配送して店舗でアレンジしているのだが、本店だけはこの場所で作られているそうだ。そのせいか、悪い意味で無くこってりでも透明感があるサラサラした感じ。また、天一の場合、麺のつなぎの関係で店によっては、麺に何となくアンモニアのような臭みがある場合があるのだが本店にはそれが無い。特別に本店のみのメニューというのは無いようだが、麺は細めか普通か、にんにくはいれるか、唐揚げは骨付きか無しかなど、一般店では無いサービスもある。またおしぼりの外袋には総本店のネーム入り。

天下一品本店看板_H24.11.10撮影
本店看板

天下一品が好きな方はぜひとも本店の雰囲気と味を味わいに来て頂きたい。あまり便利な場所にあるとは言えないが北白川まで足を運ぶ価値はきっとある。メニューに書かれた『天下に類無きもの、すなわちこれ天下一品なり』の言葉に嘘はない。おススメメニューはも、どこに行っても、こってりに半熟たまご。しょっぱいが豚キムチもよい。スープを飲むと器から見えてくる『明日もお待ちしています』の文字が愛しい。


場所:京都市左京区一乗寺築田町94メゾン白川1F(クリックで地図)
電話番号:075-722-0955
営業時間:AM11:00~AM3:00
定休日:毎週木曜日(10/4(木)営業)
写真はいずれもH24.11.10撮影

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2012.09.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【食】京都で食べる

【タ】金戒光明寺・御影堂から見た京都タワー

御影堂の縁側から見える京都タワー。手前に見える鳥居は平安神宮。直線距離で約4,400m。黒谷からでもよく見える京のランドマークにほっとするひと時。

金戒光明寺から見た京都タワー_H24.08.14撮影

H24.08.14撮影

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2012.09.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【タ】京都タワー

【散】松原通り その2

カテゴリ:【散】京都の散歩道
~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。



六道の辻_H24.11.10撮影
六道の辻
H24.11.10撮影

六道の辻の道標が建てられている交差点にあるのが西福寺。正式には桂光山敬信院といい、浄土宗の寺院である。この辺りから六道珍皇寺までが松原通りのメインステージになる。六道とは、天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道のことで、仏教では死後、迷いのある人間はこの世界のいずれかに輪廻転生するとされている。この辻は古くから葬送地、鳥辺野の入口の地とされた六波羅で、現世から冥界への入口とされた場所である。

松原通りから西福寺_H24.11.10撮影
松原通りから西福寺
H24.11.10撮影

小さな門を入ると、左手には鮮やかな千羽鶴が目立つ子育地蔵尊、右側には六文銭を組み合わせて作られたと思われる『六道の辻』の文字と、妙にリアルなタッチで描かれた壇林皇后と弘法大師の額が本堂入口にかけられている。

西福寺その2_H24.09.02撮影
西福寺
H24.09.02撮影

小さなスペースにインパクトのあるアイテムが複数あるため失礼ながら、秘宝館のような雰囲気を醸し出している。通常時は静かに門を開いているが、お盆の精霊迎えの時には、本堂に「六道十界図」や「壇林皇后九相図絵」が展示され、狭い境内が人でにぎわう。「壇林皇后九相図絵」は嵯峨天皇の后で非常に美しいと評判だった壇林皇后が世の無常を人々に示すために、自らの死骸を辻に捨てるよう遺言して亡くなり、実際にその骸が朽ち果てて行く様を九段階に渡って描いたというなかなかエグイ画である。

西福寺:
京都市東山区松原通大和大路東入二丁目轆轤町81(クリックで地図)
拝観時間:9:00~17:00
休業日:無休
拝観料無料

西福寺その3_H24.09.02撮影
西福寺
H24.09.02撮影

西福寺の正面には『幽霊子育飴』の赤い幟。六道の辻にはよく似合う。幽霊の飴伝説は有名な話なので記述するまでもないと思うが、ここは『みなとや』といい、この店で幽霊に飴を売ったとされている。

幽霊の子育て飴_H24.09.02撮影
みなとや
H24.09.02撮影

麦芽糖で造られた飴は琥珀色をしており、塊を槌で砕いたような形をしている。さっぱりとした甘さで思っていた通りの味、わかりやすくいうと祖母から貰う飴の味。価格は300円と500円のものがあり、手軽なお土産としては最適。八橋を慌てて京都駅で買うよりもよいかもしれない。

店頭の幽霊の子育て飴_H24.11.11撮影
幽霊の子育て飴
H24.11.11撮影

ところで育てられた子供はどうなったかというと、飴の添え書きによるとこの先の六道珍皇寺の僧になり、寛文6年(1666年)に68歳で亡くなったという。落語の場合はオチがダジャレで高台寺(子が大事)になっている。

幽霊の子育て飴_H24.11.10撮影
幽霊の子育て飴
H24.11.10撮影

松原通りをはさんで西福寺の向かいは、歴史を感じさせる古い店構えの菱六もやし。この場合の「もやし」とは塩麹 の麹をつくる種の部分(種麹)のことで、酒や焼酎、味噌、醤油を製造するのに欠かせない材料だ。

菱六もやし_H24.11.10撮影
菱六もやし
H24.11.10撮影

創業は350年ほど前だそうで、表の木製の看板も相当年季が入っている。日本全国でももやし屋と呼ばれる種麹屋は10軒ほどしかないとかで貴重な存在だ。店先では甘酒を試飲販売している。正直に申し上げると、私も、もやし屋という存在を知らず、最初、なぜ、もやし屋で甘酒を置いているのか、野菜のもやしだけで商売になるのか、不思議に思って調べてみた次第だ。

菱六もやしの看板Z_H24.11.10撮影
菱六もやしの看板
H24.11.10撮影

松原通りから、それるが六道の辻を右折すると50m程で六波羅蜜寺。重要文化財の『木造空也上人立像』が安置されている。空也上人の口から仏が出ている像は、大抵、歴史の教科書に掲載されているのでご存知の方も多いと思う。本尊の木造十一面観音立像は国宝となっており、それ以外にも日本美術史上、高名な作品が宝物庫で公開されている。(続く)

六波羅蜜寺:
京都市東山区五条通大和大路上ル東(クリックで地図)
拝観の詳細はこちら

六波羅密寺_H24.09.02撮影

写真はH24.9.2撮影

←松原通りその1 松原通りその3→

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2012.09.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

【撮】伏見・松本酒造

カテゴリ:【撮】京都の時代劇ロケ地
~京都の時代劇ロケ地をメジャーからマイナーまで

酒造の町として知られる伏見の老舗蔵元、松本酒造の酒蔵は『伏見の酒蔵』として時代劇ファンに知られている。春には東高瀬川の堤に菜の花が咲き乱れ、歴史を感じさせる重厚な酒蔵との組み合わせが絵になる風景である。
松本酒蔵_H17.05.01
H15.5.1撮影

最近では鬼平犯科帳スペシャルでのオープニングのスポンサーの表示の画面で、酒蔵の前を火盗の捕り方の影が走るシーンで用いられている。また、剣客商売スペシャル『女用心棒』(H18.6.16放送)では、小兵衛夫妻の乗る小舟が酒蔵の前を通るシーンで別の場所の大きな川と酒蔵が合成されている。
松本酒造_H16.05.04撮影
H24.5.4撮影

訪問の際は、京阪宇治線の中書島駅から市バスか京阪バスの三栖大黒町バス停で下車すれば松本酒造正門付近に止まる。また、京阪本線伏見桃山駅や近鉄京都線の桃山御陵前駅から大手筋(県道35号線)を歩いても10分から15分程度。京都駅から直行する場合は近鉄京都線の桃山御陵前駅が一番早い。
所在地:京都市伏見区横大路三栖大黒町7

ここは開いている時間を気にしなくてよいので、スケジュールを立てる場合は、他の訪問場所が空いていない朝一番で訪問するのがオススメだ。
松本酒造_H24.01.07撮影
H24.1.7撮影

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2012.09.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【撮】京都の時代劇ロケ地

【段】高雄・神護寺金堂前の石段

カテゴリ:【段】日本石段階段学会・京都支部
~学会京都支部の石段階段の研究成果を発表します。

神護寺金堂への石段_H18.05.23撮影
紅葉の名所、右京区高雄の神護寺にある金堂前の石段。京の石段の中ではかなり雄々しい石段だ。自然石に近い荒削りな石が、時とともに角が丸くなって、荒ぶる中にも円熟味があるという非常に趣のある石段に仕上がっている。金堂の建設は昭和9年とのことなので、この石段も80年ほどの年月の経過と思われる。また両脇の木々は夏には緑、秋には紅葉の茜色がたおやかに石段を引き立ててくれる。

神護寺金堂への石段の横から_H18.05.23撮影
面白いのはこの石段、積み上げの状態が横から見えるところ。通常、石段の脇は見えなくなっていることが多いので横から眺めて見るのも興味深い。

神護寺金堂への石段の横から_H18.05.23撮影
私の好きな石段越しからの大屋根の風景も、神護寺はまたワイルドで格別な風景だ。京都市外から離れているので気軽に見に行けないのが残念だ。

写真はH18.05.23撮影

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2012.09.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【段】日本階段石段学会・京都支部

【宿】サウナオーロラ(河原町三条)

宿では無いですが、京都市内で一番安く泊まるとしたらサウナオーロラが一番かと。場所も三条河原町から東に50m。木屋町で飲んで24時以降に入店すれば2500円で泊まれます。年中無休の24時間営業。

やったことはないですが、入店後の外出もOKらしく、HPには(食事・観光等で)外出されるときは 300円 
との記載があります。

小さいビジネスホテルだと門限があったりするのですが、サウナなので門限も無し。個室で眠れないことと、携帯の充電がしづらいこと、サウナなのでロッカーが広くないことさえ問題無いならお勧めです。駐車場は確かココが一番近いと思います。

なお、男性用しかないサウナなので女性は入店できません。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2012.09.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【宿】京都の宿

【食】京都の本店巡りその1~餃子の王将 四条大宮店

カテゴリ【食】:京都で食べる
~私が京都で食べた店、食べたい店をご案内します。味音痴なのでグルメガイドはできません。



京都では餃子の王将を利用することが多いのだが、一番よく利用するのは、こちらの餃子の王将・四条大宮店である。王将の場合、直営とフランチャイズで店の雰囲気や味が違うのだが、こちらは直営店。基本的に直営の方が私は好きだ。で、何がすごいかというとここは全国の餃子の王将の発祥地なのである。つまり1号店だ。1967年12月、この地から、燦然と輝く餃子の王将の歴史が始まったのだ。餃子の王将万歳、生まれてくれてありがとう餃子の王将。

店舗案内のHPにも『王将発祥の地であり、全国各地からも王将ファンの方々に足を運んで頂いております。』と書いてある。かといって、1号店のみのメニューは無いのだが、入口に『餃子の王将 発祥の地』と彫られた石版がとりつけてあるのが印象的。餃子の王将ファンはぜひ一緒に写真を撮って帰ってほしい。
王将発祥の地_H24.09.01撮影
(H24.9.1撮影)

私は焼飯に餃子のたれをかけて食べるのが大好きだが、絶対体に悪いと思うので、最近は控えるようにしている。もちろん餃子のオーダーは忘れない。

場所は、四条大宮に北西から斜めにぶつかる後院通りに入ってすぐ。京福線嵐山駅や東横イン四条大宮を利用される方には便利な立地。便利な場所にあるだけ、お昼時は多少待つことも有。

営業時間:月~土/11:00~翌朝8:00 日/11:00~翌朝5:00


関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2012.09.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【食】京都で食べる

【散】松原通り その1

カテゴリ:【散】京都の散歩道
~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。



清水寺へは東山五条から五条坂を上がるのが一般的なコースだと思うが、松原橋から松原通りで清水へ上がって行くのも、いつもとイメージが違ってなかなか楽しいものだ。松原通りは秀吉以前は五条通りだったが、五条大橋を現在の位置に掛け替えたことにより五条通りから松原通りへ名前が変わったという。今回は、旧五条通りである松原通りををご紹介する。

五条大橋義経弁慶像_H24.11.10撮影
五条大橋義経弁慶像
H24.11.10撮影

京都駅から松原橋まではどのように行っても良いのだが、京都駅から東本願寺の甍を眺めながら烏丸通りを上り、五条通りに入るコースをよく使う。高速バスで早朝についた場合、京都駅周辺は食事場所に困ることが多いのだが、このコースなら東本願寺の前のすき家が利用できる。ちなみに隣は餃子の王将だが早朝は営業していない。鴨川の手前で、義経弁慶の像を眺めつつ、川沿いを北上、五条大橋の1本北側の橋が松原橋である。今回は松原橋からのスタートとなるが、松原通りの西の始点は佐井西通の一筋西からとなる。

松原橋_H24.09.01撮影
松原橋
H24.09.01撮影

鴨川にかかる松原橋を渡り、川端通りを横切ると六波羅となる。かつては鴨川の東岸の五条から七条の辺りを六波羅と呼んでいた。京の葬送地である鳥辺野の入り口として古くから信仰の地として栄え、中世には清盛が平氏の京の拠点とした。清盛が平氏の情報収集のために放った六波羅の禿(かむろ)や鎌倉幕府の六波羅探題で、記憶に残っているという方も多いだろう。川端通りを越えると公園や食堂などがあり、観光地の道というよりも京都の街の生活感のある道だ。

松原通り入口_H24.09.01撮影
松原通り入口
H24.09.01撮影

松原通りに右手でT字で交わる宮川町通りを過ぎ、次の十字路は左が宮川通り。松原通りに鍵型で交差している宮川町通りの名になっている宮川町の一部は、京都歴史的景観保全修景地区の「祇園町南歴史的景観保全修景地区」の一つに指定されている。ここで左右を眺めると、石畳の道になっており、割烹やお茶屋の建物も見える。宮川町は、祇園甲部、祇園東、先斗町、上七軒と並ぶ京の五花街の一つである。

宮川町通り_H24.9.1撮影
宮川町通り
H24.9.1撮影

一番手前にあるお茶屋は吉菊さん。時代劇で言えば、小唄のお師匠さんが住んでいそうな小粋で小ざっぱりとした外観をしている。石畳の路にこのような造りのお茶屋が並び、この奥には、舞妓・芸妓さんの学校、東山女子技芸学校がある。ちなみにお茶屋とは芸妓を呼んでお客を接待する店を指す。風情のない話だが、法律的には風俗営業に該当するそうだ。

吉菊_H24.11.10撮影
吉菊
H24.11.10撮影

さらに進んで、次のT字は近江牛直売の看板を掲げる肉の大橋亭脇の路地。大橋亭は明治27年創業の三代和牛の一つ近江牛を商う老舗である。この大橋亭脇の路地は通りの名前こそついていないものの、細くていかにも京都らしい路地。この路地と宮川町通りで囲む一角は、地図で見るとほとんどがお茶屋である。

大橋亭_H24.11.10撮影
大橋亭
H24.11.10撮影

大橋亭の隣はお茶屋の大玉さん。その向かいには、いかにも高級そうな京料理 轟の上品な看板。HPにはお昼の懐石なら3,675円~と表記されていて、旅行の思い出代としてならあまり高い金額ではなさそうだ。

松原通り路地_H24.09.01撮影
大橋亭脇の路地
H24.09.01撮影

大玉さんの奥は、お茶屋の建物を改造して作ったゲストハウス田中屋。花街の中にあるゲストハウスというのが売りでお店の公式サイトは英語で書かれている外国人仕様になっている。部屋はツインルームで8,400円(1泊1名4,200円)でゲストハウスにしては高いが、部屋が相部屋でなく個室なので妥当なところか。部屋は全4室なので、予約をとるのは難しいかもしれない。

ゲストハウス田中屋_H24.11.10撮影
ゲストハウス田中屋
H24.11.10撮影

花街をあとに松原通りに戻って進んでいく。通り沿いはマンションや雑貨屋、金物屋、薬局など至って普通の商店街の面持ち。雑多な感じで昭和を思わせる。路傍にお地蔵さんを祀る小さな祠。寺社の町である京は、そこここに人々の素朴な信仰が溢れている。

松原通りの祠_H24.11.10撮影
松原通りの祠
H24.11.10撮影

大和大路通りの信号を過ぎると建松商店街の表示。建松の名前は、大和大路の別名、建仁寺町通りの“建”と松原通りの“松”からつけられているそうだ。またこの辺りの町名は弓矢町という。武具に関係のある場所だったのだろうか。

建松商店街_H24.09.01撮影
建松商店街
H24.09.01撮影

通りに面した民家のドアには祇園祭の長刀鉾のちまきが魔よけに飾ってある。先程の吉菊さんの前にも飾ってあったが、このような京都ならではの小さな発見も京の街歩きの楽しみの一つ。

松原通り長刀鉾ちまき_H24.09.02撮影
長刀鉾ちまき
H24.09.02撮影

さらに進むと、右側に何とも怪しげな不思議茶屋パラライカ。和の六波羅に対しロシア的な看板が妙にマッチしていて路地の向こうが異空間のようだ。なお、このトンネル部分の上は部屋になっているが、そこも怪しげな雰囲気の一端を担っている。魔に魅入られそうな路地の奥には、「不思議な世界へどうぞ おいしい料理とマジックと音楽」と手書きで書かれた紙が入口に張られたパラライカ。喫茶店かライブハウスか?路地の奥には地蔵を祭る祠がある。パラライカを覗いてみたくなる気持ちを抑えてを路地を後にして西福寺に到着。(続く)

不思議茶屋パラライカ_H24.11.10撮影
不思議茶屋バラライカ
写真はH24.11.10撮影

→松原通りその2

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2012.09.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

【撮】久御山町・流れ橋(上津屋橋)

カテゴリ:【撮】京都の時代劇ロケ地
~京都の時代劇ロケ地をメジャーからマイナーまで

一般的に云う京都とは離れるが、京都府の南、八幡市と久御山町の間を流れる木津川にかかる上津屋橋(こうづやばし)。この橋は時代劇ファンには『流れ橋』としてつとに有名である。流れ橋とは、川の増水時に橋桁を流すことで橋脚を残し、橋全体の流出を防ぐことを目的とした橋のことで、最近では2009年10月、2011年9月に台風で橋桁が流出している。また、河原という場所柄か、花火が原因と思われる火事騒ぎも2度ほど起こっている。日本最大の木橋と言われ、橋長356m、幅6m、支間5m、橋脚74基を誇る。(橋脚が一部コンクリート製)

スケールの大きさや周りに余計な物が映り込みづらいことから、過去から現在まであらゆる時代劇のロケに使用されているが、私の中で印象的なのは1981年5月8日の『新必殺仕事人』第1話『主水腹が出る』。中条きよし演じる三味線屋勇次の生い立ちの秘密を育ての親のおりくが流れ橋の橋脚の下で告白するという、今後の物語の流れを方向づける重要なシーンで使用された。勇次の実の父、藤兵衛をおりくが仕置きして、あとに残された勇次をおりくが引き取って育てたという衝撃的なストーリーを語るに、まさにふさわしい場所である。大覚寺と並び時代劇ロケ地巡りファンの聖地といっても過言ではない。八幡市側には故・藤田まこと氏 寄贈の“流れ橋の碑も存在する。

文字通り、渡るための橋として使用されることもあれば、橋脚の部分のみを使用することもある。また、渇水期は荒野のように使用して戦闘シーンも撮影でき、まさにオールマイティなロケ地。最近放送された例では、男女逆転大奥の『大奥~誕生』の第1話(2012年10月12日)で、疫病にかかった者の隔離場として橋下周辺が使用されていた。病人に施しをする有功の後ろに流れ橋が映る。その後、橋上に行列が停止し、行列の主、春日局が遠眼鏡で有功を眺めている。川が全く見られないため、真夏に撮影したものと思われる。

交通の便はあまりよくない。近鉄電京都線 久津川駅が最寄り駅で距離が約2.5km。駅から往復でタクシーを捕まえるか、車で行くのがお勧め。一度降りたら、タクシーが捕まる場所では無いので、タクシーで行く場合は必ず待ってもらった方がいい。またタクシーが入れる限界から橋までは近くには5分程歩く。寒い時期は注意が必要だ。粟生光明寺など京都駅の南側のロケ地も回るのであれば、レンタルバイクを借りて回るのも手だ。生活道路なので、流れ橋はバイクも渡ることが出来る。ただし、欄干が無いのでかなり怖い。なお八幡市側には、入浴、宿泊、食事などが出来るやわた流れ橋交流プラザ「四季彩館」という施設がある。

所在地:京都府久世郡久御山町、および、京都府八幡市上津屋里垣内(クリックで地図)

流れ橋01_H16.02.07撮影 流れ橋02_H16.02.07撮影
(H16.02.07撮影)

関連記事:
京都の四季【季】流れ橋流れる

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2012.09.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【撮】京都の時代劇ロケ地

【段】京都駅大階段

カテゴリ:【段】日本石段階段学会・京都支部
~学会京都支部の石段階段の研究成果を発表します。

京都駅大階段_H24.04.10撮影
京都駅大階段見上げ H24.04.10撮影

京都駅ビル室町小路広場にそびえるは、京都人が考えたとは思えない天まで届きそうな171段の大階段。一言、無茶だ。調べてみたら設計者は原広司さんという神奈川出身の人でとりあえず納得。高低差は35m、全長は70mの階段は壮観。脇にはエスカレーターもついているので、腰の悪い私でも安心しててっぺんまで行くことができる。2月には駆け上がり大会、五山送り火には、当選者限定で屋上で送り火の観賞会も行われる。時折、階段全体にキャラクターがペイントされたり、コンサートの開催も。デジカメ撮影や加工ではハレーション?を起こしてしまってブログ用の写真を作るに苦労した。京都駅から電車、新幹線でお帰りの際、時間があったら話のタネに覗いてみては?

京都駅大階段上から_H24.11.10撮影
京都駅大階段見下ろし H24.11.10撮影


2012年第15回大階段駆け上がり大会参加者募集

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2012.09.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【段】日本階段石段学会・京都支部

【宿】コトホテル京都(三条京阪)

古都ホテル京都_H24.09.02撮影

2回ほど泊まったことがあります。三条通り沿いで三条京阪にも近くて門限も無いので夜遊びには最適。H24.9.2は23時過ぎのチェックイン、1人の素泊まりで5,000円で泊めてくれました。(看板には7,000円の表記)予約すればもっと安いのかも。一般的なビジネスホテルですがお勧めできます。ドアのカギ(差し込む方)が昔風のカギなのが印象的。無線LAN環境、貸自転車あり。(H24.9.2撮影)
http://www.kotohotel-kyoto.jp/index.html

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2012.09.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【宿】京都の宿

【タ】京都駅前から見た京都タワー

中央口から見た京都タワー_H24.09.01撮影
中央口から見た京都タワー H24.09.01撮影

まずはポピュラーな京都タワー。京都駅を降りると出迎えてくれる京都タワーです。高速バスで早朝降りて見上げると、京都タワーが『お帰り』と言ってくれているようで涙出てきそうになります。てか毎回泣いてます。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2012.09.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【タ】京都タワー

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR