【番】知られざる物語 京都1200年の旅「古都に息づく空海伝説」

カテゴリ【番】:京都の番組
~京都がテーマの番組の紹介、感想です。



BS朝日で放送されている京都の伝統文化、自然、寺社などを紹介しながら1200年の歴史をひもといて行く知的エンターテイメント番組。お茶の間にいながら京都に行った気分になれる貴重な番組。京都を思わせるようなゆったりかつ重厚なテーマ曲や升毅さんの柔らかなナレーションも魅力です。録画したDVDを見ながら眠ると幸せな気分で眠れます。そんな素敵な番組を紹介していきます。必ず再放送もあります。


平安時代、遣唐使として中国に渡り、密教を学んだ「弘法太師 空海(こうぼうだいし くうかい)」。その後、真言宗を開き、たくさんの人々を導きました。さらに、雨を降らせ、病を治すなど、人間の力を超えた不思議な伝説も残ります。今回は、京都に残る空海ゆかりの地で、そんな神秘的な物語を訪ねます。(番組HPより)


東寺五重塔・外から_H25.03.17撮影
東寺五重塔・外から_H25.03.17撮影

この番組の初回放送「東寺に隠された 空海の法力伝説」でも取り上げられた空海をテーマに番組が進行していきます。まずは、空海と言えば、言わずもがなの東寺から、文化部長の三浦文良さんの案内で東寺を紹介。国宝の金堂、この場所のうす暗いさと匂いというか空気、私は大好きです。東寺に行くと必ず入ってしまいます。次は同じく国宝の五重塔、日本で一番高い木造建築55mというのは京都検定で勉強済みです。先日、特別公開で内部を拝観しましたが、心柱を大日如来になぞらえて仏像を配置、塔自体が立体曼陀羅と言う世界観には奥が深さを感じます。重要文化財の講堂、内部は所狭しと仏像が並んだ羯磨曼荼羅という立体曼陀羅が表現されていて壮観で神々しいな光景です。もしかしたら空海はフィギュア好き?だったのかもしれないなと不謹慎なことを考えてしまいました。三浦さんの、仏像を美術品や文化財として見るのではなく、自分の心の中の姿として見ればという言葉には、思わず先ほどの考えを反省してしまいました。国宝御影堂は空海の住まいに建てられたお堂で14世紀のもの、中に安置されている同じく国宝の弘法大師坐像はするどい眼差しで見るものを見つめます。

不動堂明王院は東寺の鬼門に当たる方角に空海が霊石を見つけて、その石で仏像を作り井戸の中に像を納めた寺。木枠で封印された井戸の中に秘仏の不動明王が安置されています。現在の建物は、応仁の乱後に井戸を中心に造り直されたもの。

神護寺は遣唐使から帰国後14年間、空海がかつて修行をしていた、空海の足跡が数多く残る場所です。金堂前の私の好きなあの石段も出てきました。空海の庇護者であった嵯峨御所(大覚寺)に居る嵯峨天皇にすぐ面会できるよう、この場所を選んだそうです。灌頂歴名という文書は空海の直筆、松也さんのおっしゃる通り、間違いは塗りつぶしてあったりするところがリアルで親近感が湧きます。この文書には初めは仲が良かった最澄の名が先頭に登場します。

高山寺は、元々は神護寺の別院で空海が日本で初めて作った漢字辞典が残っています。印刷の無い時代に1万数千字もの文字を取り上げた、こういう所に空海の超人性を感じます。

神光院は42歳の空海が90日の修行を行った場所 空海自身が本尊で目の病にご利益があるそうです。民衆の漢方薬で治療をした空海は医者でもあったということでしょう。

泉涌寺の塔頭でもある今熊野観音寺は子守りをしている珍しい大師の像があります。弘法大師像は色々なところで拝見しますが、日本で最も像が多いのは空海ではないでしょうか。この寺は東寺を任されてから数年後に開いた寺で空海が錫杖で突いた所から水が涌き出たという五智水が今なおあります。讃岐の満濃池を初め、各地に水に関する伝説が残る空海は、唐で水の技術を学んで持ち帰っていたのではという説には確かに頷けます。同じく泉涌寺の塔頭の来迎院、ここにも、空海の独鈷水の伝説が残っています。

仏教者、学者、書道家、土木技術者、医者であり、教育者でもあった空海は、西洋のダヴィンチのような人物だったのでしょう。

ラストの猿之助さんの文字は「密」。この文字は様々なものが詰め込まれてきらきらと輝いているさまを現わしているそうです。それはまさに空海のためのような文字。その空海が広めたのが密教というのは不思議な一致に思えます。かつては宗教者は科学者で最先端の知識を持っていた、まさに空海はそれに最適な才能を持った人物だったのでしょう。

番組HPはこちら
再放送はBS朝日 6/11 22:00~

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.05.31 | | Comments(2) | Trackback(0) | 【番】京都の番組・映画

【記】大人になってわかる、いつか来た場所~慈照寺銀閣

【記】THE京都
~京都の記号になっている建物、風景、その他諸々をピックアップします。



慈照寺銀閣_H25.03.17撮影
慈照寺銀閣 H25.03.17撮影

多分、銀閣が出来てから、この場所で最も多く繰り返されたであろう言葉は、若者の「何だ、銀じゃねえじゃん」という(意味の)言葉かもしれない。そして、その言葉を口にした日から、サザエさんがいつの間にか自分より年下になり、酒が本当においしいと思えるようになり、平凡でつまらないと思っていた両親の凄さを気づくようになる頃、再びこの寺を訪れて「銀閣が銀でなくて良かった」と心から思えるようになるのだろう。最近、1994年の「そうだ 京都、行こう」の銀閣のポスターのキャッチを見て、永年の想いが確かになった。


関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.05.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【記】THE 京都

【外・食】京都錦わらい駒沢公園通り店

カテゴリ【食】:京都以外で京都を食べる
~東京、神奈川を中心に京都を食べられるお店を紹介します。味音痴なのでグルメガイドはできません。



わらい_H25.06.01撮影
京都錦わらい駒沢公園通り店外観 H25.06.01撮影

元々はレッドロブスターだった店舗跡に数年前にできた、京風お好み焼き・鉄板焼きのお店。錦の本店を中心に京阪神に店舗展開していて、京阪神以外で店舗があるのはこのお店だけ。

京天焼_H25.05.26撮影
京天焼 H25.05.26撮影(シズル感の無い写真で申し訳ない!!)

店内はファミレス風にボックス状のテーブルが別れていて、各テーブルに鉄板がある。家族団欒にはもってこいの様で、土曜日の夜は家族連れで混雑していて入店まで10分程度待った。厨房である程度、形になったお好み焼きをテーブルで焼き上げて食べるスタイルで、メニューは、九条ネギを始めとした京野菜や、京天焼など京都を前面に押し出したメニュー展開。ソースにもこだわりがあって、甘口、辛口、激辛の3種類が用意されている。お好み焼きに一家言も二家言もある関西の方には、色々とご意見もあるだろうが、私のような東京人には充分うまいレベル。焼きそばも麺がモチモチで甘いソースで食べたら最高だった。連れて行った仲間も満足の様子。

京都サイダー_H25.05.25撮影
京都サイダー H25.05.25撮影

京都推しなので、当然、京都の地酒も用意されているが、今回、紹介したいのは、この京都サイダー。サイダーと言っても日本酒で、炭酸と日本酒がうまい具合にブレンドされている。氷多めのグラスに注ぐと、本当にサイダーのようにクイクイ飲めてしまう。この甘めのリキュールは、日本酒が苦手な人でも、日本酒を意識せずにおいしく頂けるはず。むしろ飲み過ぎてしまうかも。京都伏見の白菊水という名水と純米吟醸酒をブレンドしているこの酒は、伏見の株式会社山本本家YKという会社が製造している。山本本家のHPで購入できるので興味のある方は飲んでみてほしい。1本389円で250ml(ちなみにお店では650円)

甘とう美人_H25.5.25撮影
甘とう美人_H25.5.25撮影

こちらは、つまみで食べた甘とう美人。とうがらしの一種で所々激辛。大きなししとうだと思っていると、辛いの苦手な方はえらい目に合う。でも、わかって食べていれば酒のつまみには最適。〆のスイーツは抹茶パフェと行きたかったが、最近、糖尿病が怖いので断念。

錦わらいのHP

関連記事

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

2013.05.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【外・食】京都以外で京都を食べる

【撮・東】静岡県御殿場市・二岡神社

カテゴリ:【撮・東】東日本の時代劇ロケ地
~東日本の時代劇ロケ地をメジャーからマイナーまで



御殿場二岡神社境内_H25.03.09撮影
御殿場二岡神社境内 H25.03.09撮影

静岡県御殿場市にある二岡神社(にのおかじんじゃ)は、古くは黒澤明の「七人の侍」や北野武の「座頭市」のロケに使用された。最近ではJIN-仁-(完結編)の最終話(2011.6.26)で、本殿に南方仁が野戦病院を設営し、上野戦争に巻き込まれて、腕に被弾した橘咲が担ぎ込まれるシーンで使用されている。また外観を使用するだけでなく、実際に本殿の中も野戦病院として撮影しているのも興味深い。

御殿場二岡神社本殿_H25.03.09撮影
二岡神社本殿 H25.03.09撮影

こちらの神社、創建年代は日本武尊の東征までさかのぼると言われていて相当に古い神社のようだ。本殿の建物は外見こそ古びてはいるが、前述のJINの撮影シーンからも内側はそこそこ綺麗だったので、私の勝手な想像だが、少なくとも昭和初期位には建てられたもののように思われる。

御殿場二岡神社杉木立_H25.03.09撮影
二岡神社杉木立 H25.03.09撮影

車で、一般道である箱根裏街道から舗装されていない道に入り、鳥居の前で車を降りる。鳥居をくぐると杉木立の間の石段がある参道を進んでいくのだが、シンと静まりかえっており、その静寂が神社の由緒を感じられる。ロケ地として使用されるのには、そういった理由もあるのだろう。境内の石灯籠は室町時代に寄進されたもので、御殿場市の指定文化財に指定されている。一方、地元では心霊スポットとしても有名だとか。

アクセス
車:東名御殿場インターから2kmほど
電車:JR御殿場駅から富士急バス東山循環(二の岡先回り)で6分、二の岡バス停下車し徒歩10分程度
静岡県御殿場市東田中1943(地図)
この記事はJIN-仁- ロケ地ガイドを参考にさせて頂きました。ありがとうございました。


関連記事

テーマ:時代劇 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2013.05.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【撮・東】東日本の時代劇ロケ地

【足】嵐山のレンタサイクル~阪急レンタサイクル(阪急嵐山駅前)

カテゴリ【足】:京都の足
~京都を旅するための便利でお得な交通手段を紹介します。


嵐山駅前阪急レンタサイクル_H25.03.16撮影
嵐山駅前阪急レンタサイクル H25.03.16撮影

嵐山にはJR、京福、阪急と3つの駅がありますが、具合のよいことにどの駅にもレンタサイクルがついています。阪急嵐山駅前の阪急レンタサイクルもその一つです。私の場合、阪急で嵐山入りをすることはほとんどないので、京福のレンタサイクルが借りれなかった時の補完的な感じで、ここのレンタサイクルを使っています。(京福は自転車の台数が少ないので、借りれないこともあります)

料金は1日借りても800円なのでお手頃です。JR嵯峨嵐山のトロッコおじさんのレンタサイクルが9-17時1000円なので、若干、こちらの方がお得。夕方、返した後はそのまま電車で河原町まで行けてしまうのも便利なところ。なお、レンタルには免許証などの身分証明が必要なのでお忘れなく。

阪急レンタサイクルのHP


関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.05.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【足】京都の足

【時】ザ・必殺中二病

カテゴリ【時】:時代劇の話
~時代劇の感想、雑感、ニュースを書いて行きます。



必殺出演を夢見ていた・・・昭和62年夏
必殺出演を夢見ていた・・・昭和62年夏

ネットの情報によると、最近は、中二病だけでなく高二病、大二病、社二病もあるとか。私も数十年前、高校生から大学生の間はずっと中二病にかかっていました。もしかしたら今でもかかってるかもしれませんが。

その頃はバンドに熱中していたので、自分は絶対プロになれるという確信を持っていました。パートはベース、もちろん、腕前は絶頂時で耳コピが出来る程度だったのでプロになれるわけなどありません。その時に周囲に吹聴していたのは、「もしプロになってテレビに出れるようになったら、あちこちの番組で必殺が好きだということを吹聴して、それがきっかけで必殺に出られるようになる」ということ。それなら最初から役者も目指せばいいと思うのですが、中二病にはそんなこと関係ありません。自分は何でもできると信じているからです。

必殺ファンなら誰でも一度はやったこと有ると思いますが、もし自分が必殺に出た時の設定なんていうのも詳細に考えていました。

・出演は主水シリーズ、名前は「渡り人形屋の八」

・父はオランダ商館員、母は長崎丸山の遊女。父は帰国し、母は病死、幼少時、路頭に迷っている所を、亜蘭陀坂の元締、渡海屋十兵衛に育てられ、仕事人として成長する。腕は九州で向かうところ敵なし。

・増長し江戸の仕事を一手に仕切ろうと、江戸に上り主水グループを配下にしようとするが、あっさり撃退され、井の中の蛙であることを知る。その後、常に主水に悪態をつきながらもグループに加入する。

・性格はチャラいが、女子供には優しい。

・ハーフなので金髪の長髪、髷は結わないという外見を利用し、西洋風の操り人形を使う大道芸人が表の仕事。キルティングのようなぼろの長いどてらを羽織っている。

・仕事の得物は黒い操り人形の糸。2本の糸をクロスさせて投げ、的の両手に巻きつけて手首を操り、自分の手で首を絞めさせて釣り上げる。的は「死にたくない、死にたくない」と言いながら絶命する。手首を操って踊りを踊らせたりする演出は絶対に拒否する。

・映画、スペシャルの白兵戦時には、一度に大勢の敵と戦えないという勇次系の仕事人の弱点をカバーするために、複数の糸を投げることが可能。的の首に直接、糸を巻きつけて釣り上げもできる。見せ場では一度に6人位釣り上げる力がある。

・普段は金髪だが、仕事の時は黒髪の総髪スタイル。衣装は激闘編Ⅴの京本先生風。(逆プリキュア)

・美しくなければ仕事ではないというポリシーを持っている。そのため通常放送の仕事のシーンでは毎回、加代に桜吹雪や金箔をまいてもらう。(次第にエスカレート)

・数シリーズと映画数本に出演して殉職。最終回は、奉行所から仕事人ではと疑われた主水を救うために、瀕死になった自分の首を主水に打たせる(それが原因で八丁堀が裏切った展開になり、主水は窮地に)

・殉職時は、工藤栄一監督演出の、あの雨。BGMはその時だけアニマルズの「朝日のあたる家」社会人になってこの曲を初めて聞いて、あのシーンはこの曲だ!と決めました。

・私の首を落とした後、主水は自分の腕前を隠すために、生首を前にわざと腰を抜かして便失禁、皆に嘲られる。便まみれになってガタガタ震えているが目だけは仕事人の目をしている。その目がアップになってCM。そのあとのCMは「シャディーは一冊の百貨店♪」で。

ああ恥ずかしい。こんなとこで発表することになるとは(笑)
そう言えば、自分のライブの前に、誰もいない自宅を真っ暗にして蝋燭を付け、出陣のテーマをかけながらベースの弦を換えたり、イギリス国旗のデザインの巾着の紐に大きな鈴をつけて通学したりもしていました。でも、数少ない必殺仲間の大沢君は、ガリ勉風の風体にもかかわらず、折りたたみ傘に刃物を仕込んでいたので、それよりは安全かと思います。(銃刀法違反)必殺ファンの昔は誰しもこうであったと信じたい。


関連記事

テーマ:時代劇 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2013.05.22 | | Comments(2) | Trackback(0) | 【時】時代劇の話

【撮】時代劇ファンの聖地~嵯峨御所大覚寺その2~大門

カテゴリ:【撮】京都の時代劇ロケ地
~京都の時代劇ロケ地をメジャーからマイナーまで


相手が大きすぎて避けていましたが、時代劇ファンの聖地、時代劇ロケのメッカである嵯峨野・大覚寺を紹介します。


大覚寺表門_H19.06.11撮影
大覚寺表門 H19.06.11撮影

前回、紹介した明智門の隣にあるのが表門。勅使門を除けば、文字通り大覚寺の正門ということになる。大覚寺のHPでは表門と称されるが、資料によっては大門と表記されることも。この木造切妻造の本瓦葺四脚門は、江戸初期に建てられたもので、時代劇では大名の江戸屋敷や奉行所の門によく擬される。正面を流れる有栖川に身を隠しながら出入りの様子を伺ったり、物売りに化けて門前の砂利道をうろつくシーンは、時代劇の探索シーンの定番とも言える。門前に川というロケ地はあまりないので、有栖川の石柵が映り込む風景は印象に残る。

大覚寺表門と有栖川_H19.06.11撮影
大覚寺表門と有栖川

山崎努版の雲霧仁左衛門の最終話第15話(1999年3月)では、藤堂藩の上屋敷も門として使用された。20年前、公金横領の汚名を着せられて放逐された兄の復讐のため、藤堂藩主の猟官費用1万両を強奪し、兄を陥れた家老が詰め腹を切った後にこの門前に1万両をそのまま置き捨てる。表門に、藩主名で賂いの配布先を指示した手紙も張り出される小気味よい場面。


大覚寺表門前_H19.06.11撮影
大覚寺表門前 H19.06.11撮影

御家人斬九郎第5シリーズ最終話第10話(2002年2月26日)でも、斬九郎の最後の敵、下河原藩邸の門として使用された。殺された兄のことを調べようと藩邸に斬九郎が乗り込んでいく。入っていくシーンは判りづらいが、門を出てくるシーンでは、そのまま左に出て有栖川の石橋を渡る。前述の二つの使用例は、偶然だが、最終話、死んだ兄の汚名を雪ぐ、敵の大名屋敷の門と見事にかぶっている。制作はどちらも松竹京都映画であり、両話とも私にとっての名作である。


大覚寺(HP)
所在地:京都府京都市右京区嵯峨大沢町4


関連記事

テーマ:時代劇 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2013.05.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【撮】京都の時代劇ロケ地

【段・東】池尻大橋・大橋氷川神社の石段(東京都目黒区)

カテゴリ:【段・東】日本石段階段学会・東日本支部
~京都だけが石段じゃない。東日本支部の石段階段の研究成果を発表します。



上目黒氷川神社の石段見上げ_H25.04.14撮影
上目黒氷川神社の石段見上げ H25.04.14撮影

首都高の大橋ジャンクションが出来たことによって、目覚ましく発展している池尻大橋。ジャンクションと国道246を挟んで対峙する位置にあるのが大橋氷川神社である。創建は天正年間なので戦国時代の頃。この石段は1816(文化13)年に造られたが、大山街道(現国道246号)の拡張に伴い、1905(明治38)に今のような急勾配に造りかえられたそうだ。

上目黒氷川神社の石段見下ろし
上目黒氷川神社の石段見下ろし H25.04.14撮影

やや急な石段の段数は52段。上から見下ろすとかなり急な角度に見える。階段の下、写真の中央に見えているのは幹線道路の国道246の路面。さらに視線を上げて、石段の上から真正面を見ると目隠し状に首都高速が走っている。その向こうは流行の高層マンション。周囲を現代の建造物に囲まれても、存在感を失わないこの石段を見ていると、何か新しいものには容易に妥協しない、この土地の意思があるような気がしてならない。この石段には何か神々しささえ感じる、凛として参拝者を迎える力強い石段だ。

裏の石段_H25.04.14撮影
裏の石段 H25.04.14撮影

正面の石段の他にも裏側に「く」の字状で登る石段がある。こちらの方が勾配は緩そうだが数えてみるとこちらも同じく52段ある。

石段の交差点_H25.04.14撮影
石段の交差点 H25.04.14撮影

裏の階段の面白いところは、石段の交差点があるところだ。鳥居の手前に、見ようによっては4つの石段がクロスしている場所がある。右からクロスしてきている細い階段は住宅を造るために後から造られたもののようだ。

大橋氷川神社のHP

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.05.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【段・東】日本階段石段学会・東日本支部

【ト】大映通りの大魔神

カテゴリ:【ト】京都のトピック
~京都の街で見かけた面白いもの、興味深いもの、変わったものetc...



大映通り商店街の美濃屋さんで食事をする時に見つけた、ちょうど2日前の3/14に除幕された大魔神像。かつての映画全盛期に太秦にあった大映撮影所で、昭和41年に撮影された『大魔神』を商店街がシンボルとして復刻したそうだ。場所はスーパーにっさんクオレ太秦店の前で展示しており、高さは告知のポスターによると全長5mとのことだが、映っている人と比較すると、台座を含めて5mということなのかもしれない。触れてみると素材は以外に軽い。特殊なプラスチックらしきもので造形されているようだ。中はおそらく空洞だろう。

大映通り商店街の大魔神_H25.03.16撮影
大映通り商店街の大魔神 H25.03.16撮影

大魔神アップ_H25.03.16撮影
大魔神アップ H25.03.16

大魔神は、普段は普通の埴輪だが、怒りが頂点に達すると、最終的に両腕を顔の前で回す変身ポーズで巨大化、悪鬼の表情に変貌して暴れまわる。商店街を仁王立ちで見守る大魔神像は、いかにも映画の街らしい試みで面白い。

大魔神のポスター_H25.03.16撮影
大魔神のポスター H25.03.16撮影

大魔神像の除幕式の様子は、都の商売人様のブログ「平安探偵」の記事が詳しいので是非ご参照下さい。

台座の文_H25.03.16撮影
台座の文 H25.03.16撮影

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.05.19 | | Comments(6) | Trackback(0) | 【ト】京都のトピック

【段】東山・二年坂

カテゴリ:【段】日本石段階段学会・京都支部
~京都支部の石段階段の研究成果を発表します。


二年坂見上げ_H24.04.10撮影
二年坂見上げ H24.04.10撮影

三年坂を下って150m程進み、湯豆腐奥丹の前で右側に二年坂が現れる。二年坂の石段は、三年坂とともに産寧坂伝統的建造物群保存地区として京都を代表する石段になっている。二年坂をそのまま下っていくとと高台寺にたどり着く。二年坂と称するのは、三年坂の手前の坂という説や大同2年(807)に出来たからと諸説あるようだ。三年坂を産寧坂というように、二寧坂ともいう。いつも観光客でにぎわっているが、この写真は早朝撮影したもの。石段の下右側に看板の見えている、かさぎ屋は竹久夢二が通った甘味処で、石段の手前には竹久夢二が1917年(大正6)に数カ月暮らした寓居跡がある。

二年坂見下ろし_H24.04.10撮影
二年坂見下ろし H24.04.10撮影

二年坂の石段は三年坂に比べると傾斜もゆるやかで距離も短い。そのため一段一段の段差が少なくステップも幅広くとられているので、非常に穏やで柔らかい印象がある。下に見える三つの和傘は、我楽苦多という喫茶店のもので、二年坂を印象付ける重要なアイテムになっている(と思う)。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.05.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【段】日本階段石段学会・京都支部

【散】御室八十八か所 伊予(菩提の道場)その5 六十五番三角寺から

カテゴリ:【散】京都の散歩道
~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。



石仏を祀るお堂_H25.03.16撮影
石仏を祀る建物 H25.03.16撮影

最中橋の石碑から軽い下り、途中には電信柱が立っている。その先をまた軽く登ると、一つ屋根の下に観音菩薩や不動明王など、沢山の石仏を祀っている建物が現れる。石仏は20体ほどはあるだろうか。比較的まだ新しい石仏で卒塔婆状の囲いには、同じ姓の名前が複数記入されており、天井からは観世音菩薩と書かれた灯籠が二つ下がっている。

弘法大師を祀るお堂_H25.03.16撮影
弘法大師を祀るお堂 H25.03.16撮影

隣には地蔵菩薩を祀る建物がある。地蔵菩薩が六体ほど並び、正面には神社のような綱が下がる。中の2体の灯籠には弘法大師と書かれている。

弘法大師像_H25.03.16撮影
弘法大師像 H25.03.16撮影

お堂の隣に造られた小さな洞穴の前には目を開いて説法しているかのような、凛々しい小さな弘法大師像がある。

六十五番三角寺_H25.03.16撮影
六十五番三角寺入口 H25.03.16撮影

六十五番三角寺(さんかくじ)に到着。入口の石柱には赤字で瀧不動と彫られているが、本場の四国八十八か所の三角寺は瀧不動と呼ばれてはいない。

三角寺お堂と鳥居_H25.03.16撮影
三角寺お堂と鳥居 H25.03.16撮影

この寺は御室の中で今までに現れなかったタイプの寺だ。敷地を持ち、内部に鳥居や祠、石仏などが祀られている。誰も住んでいないようだが家屋も併設されている。

三角寺の池_H25.03.16撮影
三角寺の池 H25.03.16撮影

鳥居の奥には石造りの泉があり、ここから湧き出た水が前神寺の前の池に流れ込んでいるようだ。

竹林の道_H25.03.16撮影
竹林の道 H25.03.16撮影

三角寺を出て竹林の脇を進む。途中、落ちたら危険な場所は緑の鉄柵が設けられているが、現代風でこの風景にあまりなじんでいない。六十六番雲辺寺に到着して土佐の国は終了となる。

一つ前の一つ前の御室八十八か所の記事
【散】御室八十八か所 伊予(菩提の道場)その4 五十六番泰山寺から



関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.05.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

【散】御室八十八か所 伊予(菩提の道場)その4 五十六番泰山寺から

カテゴリ:【散】京都の散歩道
~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。



五十六番泰山寺_H25.03.16撮影
五十六番泰山寺 H25.03.16撮影

南光坊からやや長めに歩くと五十六番泰山寺。ここからまた下って五十七番栄福寺はコンクリート製、さらにつづら折りを下っていく。

五十八番仙遊寺_H25.03.16撮影
五十八番仙遊寺 H25.03.16撮影

下り切るとちょっとした平地に建てられた五十八番仙遊寺。瓦が破損しているようで屋根にはシートがかけられている。すぐ先には軽く登って五十九番国分寺。先を下っていくと古いものの、この辺りではきれいめな石段が現れる。

六十番横峰寺_H25.03.16撮影
六十番横峰寺 H25.03.16撮影

六十番横峰寺は入口に石柱が2本あしらわれている。この先赤土の道を少し歩いて土混じりの石段、つづら折りを下る。この辺りは道の状態がちょこちょこ変わる。さらに石段、岩場を下って六十一番香園寺。古いアスファルトの道を下り、つづら折りの途中に六十二番宝寿寺、六十三番吉祥寺。

前神寺前の池_H25.03.16撮影
前神寺前の池 H25.03.16撮影

下り切ると裏から見る形で六十四番前神寺が現れる。目の前はすぐ池になっていて写真を正面から撮るスペースもない。池まで下りてみると、小川が池に流れ込んでいる。小川には丸木で作ったにわか作りの橋もかかっている。小川の水は冷たくてきれいなだ。

最中橋の石碑_H25.03.16撮影
最中橋の石碑 H25.03.16撮影

前神寺の脇には「最中橋」と大きく書かれた石碑が立っている。最中橋の意味は不明だが、年号が天保7年(1836)とあるから180年近く前のものだ。

一つ前の御室八十八か所の記事
【散】御室八十八か所 伊予(菩提の道場)その3 五十一番石手寺から
一つ後の御室八十八か所の記事
【散】御室八十八か所 伊予(菩提の道場)その5 六十五番三角寺から

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.05.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

【時】追悼・夏八木勲さん

カテゴリ【時】:時代劇の話
~時代劇の感想、雑感、ニュースを書いて行きます。


GWに「復活の日」を見ていたら夏八木さんが出演されていて、その時のクレジットが「夏木勲」だったので、おや?と思ったばかりでした、日曜日の渋谷の街の電光掲示板のニュースで夏八木さんの死を知ったのですが、夏八木さんと言うと、まず思い出されるのが、鬼平の井関録之助、次が戦国自衛隊の長尾影虎でしょうか。斬九郎にも第2シリーズの「賞金桜」で出演していました。

私の勝手なイメージとしては、全体的にひげ面、日に焼けた白い歯が印象的で精悍な顔立ちな浪人のイメージがあります。最近で言えば「富豪刑事」の神戸喜久右衛門のコミカルな役も印象深いです。そのせいか、近年は金持ちや政財界の重鎮役も多く演じられた気がします。

今回、追悼のために、夏八木さんの初必殺出演作「必殺仕置人」の「狙う女を暗が裂く」を拝聴しました。この回は主水と半次が不在の回で、主に鉄、錠、おきんと夏八木さんの演じる寅吉、真屋順子さん演じる芸者の蝶丸でストーリが展開していきます。夏八木さんはと言うと、金持ちの宴の座興に人生をおもちゃにされた堅物の板前役でした。堅物の板前が女に狂うかというゲームで人生を狂わされ、殺人鬼と化して金持ち達と芸者に復讐しようとするものの、当の金持ちはそのゲームをしたことすら覚えていないという複雑なストーリーです。おきんを人質に立てこもるも、仕置人に心を開き、最後は自らの懸賞金が仕置料になるという、悪人は仕置きされてもやりきれない結末でした。まだ若い頃の夏八木さんの一本気な演技が印象的な作品です。

昨年すい臓ガンが発覚してからも、治療を受けながら精力的に活動されていたとのこと、生涯現役を貫いた夏八木さんのご冥福をお祈り致します。

関連記事

テーマ:時代劇 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2013.05.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【時】時代劇の話

【食】京のとんこつラーメン~博多一幸舎京都拉麺小路店

カテゴリ【食】:京都で食べる
~私が京都で食べた店、食べたい店をご案内します。味音痴なのでグルメガイドはできません。まずかったり、印象悪かった所は掲載していませんので。



博多一幸舎・味玉チャーシューメン_H25.03.17撮影
博多一幸舎・味玉チャーシューメン H25.03.17撮影

新幹線を待つ間に、京都駅ビル10Fの京都拉麺小路に行ってきました。大階段を上って外側から入ります。8軒ある店の中で入ったのは、博多一幸舎さん。店名通りとんこつ博多ラーメンです。京都拉麺小路の
HPによると、
二つの大釜で大量の豚骨を煮込み続け、骨とスープを頻繁に入替ながら味と濃度を調整し追い足していくスープは、豚骨本来の「旨み」「甘み」を引き出した濃厚且つクリーミーな仕上がり。麺はスープとの相性を一番に重視したオリジナル特注細麺。福岡地醤油3種類と魚系6種の出汁をブレンドしたタレが深いコクと風味を引き出す。
そうです。

注文したのは味玉チャーシューメン950円。券売機で食券を買うシステムです。5分もしないうちにラーメンが出てきました。写真の通り、花びら状に4枚の大きなチャーシューが配置され、中心には味玉です。玉子の中身は半熟ではありません。

紹介文ではスープは"濃厚且つクリーミー"とありますが、とんこつのわりにはさっぱりしていて、とんこつ独特の臭みはあまりありません。臭くないので若い女性には喜ばれるんじゃないでしょうか。麺は細麺なので存在感がちょっと薄い感じ、個人的にはもっと太い麺の方がいいような気がしないでもありません。トッピングの高菜からしは入れた方がおいしいと思います。天一と王将以外で初めて京都で食べたラーメンでした。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.05.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【食】京都で食べる

【食・朝】ビジターでも利用可能!ホテル・グランヴィア京都・カフェレストラン ル・タン

カテゴリ【食・朝】:京都駅前の6時代オープンの朝食
~京都駅前は朝6時代開店のお店が少ないので、高速バスで7時前に到着した場合に役立つお店のレポートです。味音痴なのでグルメガイドはできません。



ルタン外観_H25.03.17撮影
ルタン外観 H25.03.17撮影

憧れのグランヴィア京都ですが、泊まらなくても朝食バイキングが食べられるということで早速利用してきました。2FのLe Temps(ルタン)はロビーの脇にあります。位置的には、京都駅中央口側から外に出て右手に進み、グランビアに上がるエスカレーターから見えるレストランです。時間は朝9時過ぎだったので、10組位の列ができており入場まで少し待ちました。料金は1人税込2,520円、ちょっと高いですが、ビジターだしグランヴィアだし、仕方なし。

朝食バイキング_H25.03.17撮影
朝食バイキング H25.03.17撮影

いつもそうですが、大の男が一人で食べ物の写真を撮るのはなかなか恥ずかしいので、スマホでこっそり撮影。咎められたら、医者に毎日食べた物を報告しなきゃいけないのでという言い訳は用意されています。バイキング自体は、とりたてて書くこともないようなごく普通のホテルバイキングです。京都らしさといえば、京都のつけものが並んでいることでしょうか。食べれるだけ食べたら、夕方まで食事しなくても大丈夫でした。昼食食べなくて済んだのなら、元はしっかりとれたかも。ちなみにバイキングって、スタッフの人件費も少なくて済むし、メニューも出す側で選べるので、ホテル側にも良いシステムだそうです。とりあえずグランヴィアを利用した自慢ということで・・・年内には宿泊しようと思います。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.05.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【食・朝】京都駅前の6時代オープンの朝食

【食】御幸町通りの「京のおへそ」は"おでん"がおススメ

カテゴリ【食】:京都で食べる
~私が京都で食べた店、食べたい店をご案内します。味音痴なのでグルメガイドはできません。



京のおへそ_H25.03.16撮影
京のおへそ外観 H25.03.17撮影

御幸町通りの錦市場近くにある和食居酒屋さん「京のおへそ」この場所が京のおへそなのかわわかりませんが、おへそをかたどったような緑のオブジェが目印です。疲れた体にお酒とさっぱりした和食が欲しくなってたどり着きました。土曜日の22時頃で、結構混雑していました。一人なのでカウンターに座ります。店内はサラリーマンやOLさんが多い印象でほぼ満席。隣のOLさん二人は、新人批評に花を咲かす社二病的な二人連れでちょっと面白かった。メニューを見て、食べ物を注文しますが、頼むもの頼むもの全て売切れ。「じゃあ、何が食べれるんですか?」ちょっとイラっとして尋ねたらおでんならあるとのことでおでんを注文しました。

おでんの案内_H25.03.16撮影
おでんの案内 H25.03.17撮影

食べてみたら、おでんのおいしいこと。看板に偽りなし。確かにこれは自慢のおでんです。HPで見てみると、鶏ガラスープ(白湯スープ)のおでんらしいです。思わずおかわりをしてしまいました。味を言葉で表現できないのが歯がゆいですが、簡単に言えば味がよく沁みているおでんです。お酒もサワーを数杯飲みましたが、目の前でレモンやグレープフルーツを絞ってくれます。無くなり次第、売り切れというのは、それだけ新鮮な素材を使っているということでしょう。もっと早い時間に来れば、もっといろいろなもの食べられてよかったと後悔したお店でした。

京のおへそフェイスブックページ

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.05.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【食】京都で食べる

【食】時代劇の台所・大映通り商店街美濃屋&つたや

カテゴリ【食】:京都で食べる
~私が京都で食べた店、食べたい店をご案内します。味音痴なのでグルメガイドはできません。まずかったり、印象悪かった所は掲載していませんので。


京都は映画の街とも言われますが、その中でも、太秦広隆寺駅と帷子の辻駅を結ぶ大映通り商店街は、現在も近くに東映京都撮影所、松竹京都映画撮影所のある映画の街の中の映画の街です。その名の通り、かつては大映の撮影所やその他の撮影所もこの近くにありました。別名、太秦キネマストリート。

美濃屋外観_H25.03.16撮影
美濃屋外観 H25.03.16撮影

その商店街の中でも時代劇役者さんたちの胃袋を満たしてくれたのが、美濃屋&つた屋です。1995年に出版された、山田誠二先生の「必殺シリーズ完全百科」の中でも、この2軒のお店が紹介されています。劇中の高級料亭の名前もここからとっていることがよくあったとか。残念ながら、つたやさんは2012年2月末で閉店されてしまいましたので、今回は美濃屋さんで昼食をとりました。

美濃屋に貼られた必殺のポスター_H25.03.16撮影
美濃屋に貼られた必殺のポスター H25.03.16撮影

運の良いことにお昼前に入ったので、お店はすいていました。小上がりには、必殺仕事人2013の大きなポスターが張ってあります。お店は4人テーブルが2台、2人テーブルが2台に座敷が4人テーブル2台、親しみやすい街のそば&定食屋といった雰囲気です。がっつり食べたかったので、790円のもりもりランチを注文しました。

美濃屋もりもりランチ_H25.03.16撮影
美濃屋もりもりランチ H25.03.16撮影

14時までの数量限定で、あじフライ、ひれかつ、イカフライ、チキンカツ、コロッケの盛り合わせに、ごはん、みそ汁、おしんこ、冷奴付で790円は非常にリーズナブル。揚げものだけでなく、赤だしもおいしかったのでもう一杯おかわりして890円、満腹!!。藤田まことさんも、主水の衣装のまま、ここの定食を食べに来てたんだと思うと感無量です。途中、女の子が「松竹撮影所で聞いたんですが・・・云々」とお店に訪ねてきていました。(お店の人は迷惑そうでした。きっとこのパターン昔から多いのでしょう。)

つた屋跡_H25.03.16撮影
つた屋跡 H25.03.16撮影

つた屋さんは建物がまだ残っていました。大映通り商店街のHPでは、長野でお店をされているそう。閉店してもHPに名前を残しているとは、オーナーさんの人柄でしょうか。時代劇好きには是非一度、訪ねてほしいお店です。

関連記事

テーマ:時代劇 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2013.05.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【食】京都で食べる

【番】知られざる物語 京都1200年の旅「国宝の山・醍醐寺を歩く」

カテゴリ【番】:京都の番組
~京都がテーマの番組の紹介、感想です。



醍醐寺五重塔
醍醐寺五重塔 写真提供:京都デザイン

今回は貴重な国宝や重要文化財を多数所蔵する醍醐寺をテーマに進行していきます。恥ずかしながら、私は今まで醍醐寺には行ったことがありませんでした。記憶にあるのは、秀吉の醍醐の花見程度。最近、京都検定の受験を思い立ってから、貴重な醍醐寺の凄さを認識した次第です。

まず前半は、下醍醐とよばれる醍醐寺の建物の多くがある麓の地域を仁王門、五重塔、金堂、三宝院と丁寧に解説してくれました。晩年の秀吉が、高名な醍醐の花見を企画するために、金堂他、多くの建物を移築し、桜を植樹し
、造園を指揮する、彼のしたり顔が目に浮かぶようです。また完成を見ずに亡くなったことはさぞや無念だったことでしょう。醍醐寺から名を取った醍醐天皇とともに、時の権力者の深い想いが込められた寺です。

後半は上醍醐とよばれる醍醐寺の起源を持つ山上を紹介していきます。下醍醐から徒歩で1時間。かなりの広い敷地を持つ寺です。京都の寺は、どちらかというと鹿苑寺や慈照寺のように箱庭のような寺が多いという印象があるのですが、醍醐寺は奈良のようにスケールの大きな寺です。清滝宮拝殿から開山堂、醍醐の名の元になった醍醐水の湧き出る場所を巡ります。醍醐味という言葉もこの醍醐水から来ているとか。

薬師堂には、現在、コンピュータを用いて成功に復元された薬師如来像が祀られています。現在は貴重な仏像は全て下醍醐の霊宝館に移されているのですが、これには大きな理由があります。昭和9年に山火事があった時、薬師堂の薬師如来の首だけ抜いて避難させるという苦渋の選択も考えたとのこと。これは国宝の建物に国宝の仏像があったら火災の場合、両方を失ってしまうということに対する配慮だそうですが、国宝を持ち続けて行くご苦労には心から頭の下がる思いです。

明治の廃仏毀釈の際も、多くの寺から貴重な仏像が海外へ流出していく中、醍醐寺は3000の末寺を手放して資金を集め貴重な仏像の流出を防いだそうです。文化財を守り抜いていくという覚悟は醍醐寺の伝統なのでしょう。今もこれからも多数の貴重な文化財を持つ寺の矜持を見た思いです。美術的な魅力とともに深い信仰の場である醍醐寺
に思いをはせた1時間でした。

番組HPはこちら
再放送は未定

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.05.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【番】京都の番組・映画

【タ】京都タワーとJR

カテゴリ:【タ】京都タワー
~京都駅前で迎えてくれる京都タワーには様々な表情があります。



京都タワーと東海道線_H24.12.18撮影
京都タワーと東海道線_H24.12.18撮影

智積院の南にあるJRの跨道橋から撮影した写真。JR線と京都タワーを同時に収めたくて、冬の寒い中30分ほどカメラを構えていた1枚。撮り鉄と呼ばれる鉄道マニアの気持がよくわかりました。電車が来る度にワクワクします。

京都タワーと新幹線_H24.12.18撮影
京都タワーと新幹線 H24.12.18撮影

15分置き位で、登り下りの新幹線も姿を見せます。登りは京都駅が見えるので来るのがわかりますが、下りは後ろがトンネルなので、あっという間に行ってしまいます。もう少し青空なら、京都タワーの白い躯体と新幹線がもっと映えたことでしょう。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.05.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【タ】京都タワー

【番】極上の京都~京都人の案内する門物の京都~#5

カテゴリ【番】:京都の番組
~京都がテーマの番組の紹介、感想です。



京都を活動拠点とする各ジャンルのマエストロたちが週替わりで登場し、その人の視点で「私にとっての京都」を紹介する新番組。トム・クルーズ主演"ラストサムライ"の武士役で一躍世界的に有名になった福本清三が初めて本格的なナレーターを務めているのも話題。(番組HPより)


平野屋_H24.12.23撮影
平野屋 H24.12.23撮影

風景や庭園、建築など美しい京都を撮る写真家として国内、海外ともに有名な水野克比古さんとその作品を通じて極上の京都を案内してくれます。京都撮影のキャリアは40年以上、水野さんにとっての京都とは、何年経っても撮りつくせない、一生かけても撮りつくせない街。

水野克比古フォトスペース町屋写真館(京都市上京区大宮通元誓願寺下ル)
自前のギャラリー持てば、いつもそこに居られるとの発想から西陣に水野さんが作ったギャラリー。明治初期の京町屋を修復し2010年にオープンしたもの。町屋の中に常時50点程度展示している。

法然院(京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30番地)
水野さんがお寺をテーマにした写真を撮り始めたきっかけとなった寺。水野さんは法然院の自然の豊かさが京都の魅力の典型的な場所と感じている。水野さんが25.6年前に一番最初に手掛けた寺社の写真集が法然院。その写真集が、写真家が個別の寺社をテーマに写真を撮ることのきかっけになったことも人生の喜びとなっている。法然院の写真集は今までに3冊上梓しているとか。

平野屋(京都市右京区嵯峨鳥居本仙翁町16)
愛宕神社の一の鳥居の茶屋として知られた400年の歴史を持つ平野屋。水野さんは嵯峨野の紅葉や鳥、茅葺の平野屋の建物を時折、訪れては撮り続けている。平野屋名物の菓子「しんこ」も紹介。米粉をこねた三色の団子。つづら折りの参道をイメージして真ん中をひねっているのが特徴。

・広沢池(京都市右京区の嵯峨広沢町)
広沢池の夜明けは水野さんのとっておきの撮影スポット。同じ風景でも時間や天候によって全く違う世界になるのが魅力で毎日来ても飽きないそう。


今までに水野さんの名前は意識したことはありませんでしたが、きっと今まで何度も水野さんの作品を目にしてきたと思います。私も京都の写真を撮り続けていますが、一体どうやったらこんな美しく撮れるのか、ずっとため息が出るばかりでした。私自身、広沢池が好きで、広沢池の写真は何度も撮っているので、水野さんの凄さがはよくわかります。今までに人の写真を参考に撮影をしたことはないのですが、今度は水野さんの写真集を購入して、模写するように真似て撮ってみたいと思います。早速、楽天で水野さんの写真の撮り方の本を買ってしまいました。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.05.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【番】京都の番組・映画

【検】エクセルがあれば使える!!京都検定学習虎の穴ツール

【検】:チャレンジ!!京都検定
~試験直前に読んだら受かったりなんかして。



GW中、特に出かける予定が無かったので、夕方からエクセルのVBA(マクロ)を組んで、京都検定学習用ツールを作ってみました。問題と解答を自分で登録して使えるので、単語帳感覚で使えますが、単語帳より便利な所は

1.毎回、問題の順番が変わりますので、問題の順番で正解を覚えてしまうことがありません。
2.間違えると最初から1問目からやり直しになりますので、ゲーム感覚で繰り返し学習できます。(やり直しになる場合も問題の順番が変わります。)
3.問題の順番が変わる時に、間違えた問題が優先して出てきます。
4.10回以上、正解した問題は、問題保管庫に移されますが、任意で元に戻すことが可能です。
5.正解が複数ある場合は、(エクセルの総列数-3)の数値だけ登録できます。
6.正解はテキストボックスに入力します。選択肢ではないので確実に覚えられます。

検討中な所は、
1.登録された正解と全く同じでなければなりません。正解に「西国支配」と登録したら「西国の支配」では不正解になります。
2.複数正解がある場合は、正解に登録されている順番と同じに解答しなければなりません。正解と正解の間は全角の空白が入ります。Q天台宗三門跡寺院は?→A.「三千院 青蓮院 妙法院」という具合です。

エクセルファイルのアップが出来る場所が無いので、作り方をご説明すると
1.エクセルファイルにシートを3枚造って下さい。「メイン」「Q&A」「問題保管」の3枚です。
2.「Q&A」「問題保管」のシートの1行目にタイトルを入れます。A列から「正答回数」「誤答回数」「問題」「答1」「答2」「答3」で答の列は必要数作って頂いて結構です。
3.「Q&A」のシートに問題と正解を登録します。例えば、
  第3代京都府知事|北垣国道
  城南宮は○○が○○を造営する際に鎮守として祀られた|白河天皇|鳥羽殿
  上賀茂神社の神事(1月から)|競馬会神事|葵祭|烏相撲

4.標準モジュールに下記のコードを登録して下さい。

Sub メイン()
Application.ScreenUpdating = False
Application.DisplayAlerts = False

Worksheets("Q&A").Select
やり直し

Rowpos = 2
問題数 = 0

Do
If Cells(Rowpos, 3) <> "" Then
問題数 = 問題数 + 1
End If
Rowpos = Rowpos + 1

Loop While Rowpos <> Cells(Rows.Count, 3).End(xlUp).Row + 1

Rowpos = 2

Do

If Cells(Rowpos, 3) <> "" Then

回答 = ""
正解 = ""
正解数 = Cells(Rowpos, Columns.Count).End(xlToLeft).Column - 3

回答 = InputBox(Cells(Rowpos, 3), 問題数 & "問中" & Rowpos - 1 & "問目")

If 回答 = "" Then
Worksheets("メイン").Select
Exit Sub
End If

Colpos = 4
For i = 1 To 正解数
Select Case 正解数
Case 1
正解 = Cells(Rowpos, Colpos)
Case Else
正解 = 正解 & " " & Cells(Rowpos, Colpos)
Colpos = Colpos + 1
End Select

Next

If 回答 = LTrim(正解) Then
If Cells(Rowpos, 2) <> "" Then
If Cells(Rowpos, 2) > 0 Then
Cells(Rowpos, 2) = Cells(Rowpos, 2) - 1
If Cells(Rowpos, 1) <= 0 Then
Cells(Rowpos, 2) = ""
End If
Else
Cells(Rowpos, 2) = ""
End If
End If
Cells(Rowpos, 1) = Cells(Rowpos, 1) + 1
If Cells(Rowpos, 1) > 9 Then
If Cells(Rowpos, 2) = "" Then
問題保管へ移動 Rowpos
End If

End If
Rowpos = Rowpos + 1
Else
Cells(Rowpos, 2) = Cells(Rowpos, 2) + 1
MsgBox ("正解は" & LTrim(正解) & "/" & vbLf & 問題数 & "問中" & Rowpos - 2 & "問まで到着。やり直し。")
やり直し
Rowpos = 2
End If

Else
Exit Do
End If

Loop While Rowpos <> 問題数 + 2

If Rowpos = 問題数 + 2 Then
MsgBox ("全問正解!!" & vbLf & "全" & 問題数 & "問")
Worksheets("メイン").Select
End If

End Sub

Sub やり直し()

Columns("a").Select
Selection.Insert

Rowpos = 2

Do
If Cells(Rowpos, 4) <> "" Then
Cells(Rowpos, 1) = Int(10 * Rnd)
Rowpos = Rowpos + 1
Else
Rows(Rowpos).Delete
End If

Loop While Rowpos <> Cells(Rows.Count, 4).End(xlUp).Row + 1

Rows("2:2").Select
Range(Selection, Selection.End(xlDown)).Select

ActiveWorkbook.Worksheets("Q&A").Sort.SortFields.Clear
ActiveWorkbook.Worksheets("Q&A").Sort.SortFields.Add Key:=Range("C2"), _
SortOn:=xlSortOnValues, Order:=xlAscending, DataOption:=xlSortNormal
ActiveWorkbook.Worksheets("Q&A").Sort.SortFields.Add Key:=Range("A2"), _
SortOn:=xlSortOnValues, Order:=xlAscending, DataOption:=xlSortNormal
With ActiveWorkbook.Worksheets("Q&A").Sort
.SetRange Range("A2:M35")
.Header = xlGuess
.MatchCase = False
.Orientation = xlTopToBottom
.SortMethod = xlPinYin
.Apply
End With
Columns("a").Select
Selection.Delete
Range("a1").Select

End Sub

Sub 問題保管へ移動(Rowpos)

Rows(Rowpos).Cut
Worksheets("問題保管").Select
Rows(Cells(Rows.Count, 3).End(xlUp).Row + 1).Select
ActiveSheet.Paste
Range("a1").Select
Worksheets("Q&A").Select

End Sub

注意
1.VBAは独学で趣味で学んだものなので、一般的な規則通りで無いかもしれません。
2.動作確認はエクセル2007で行っています。
3.何か障害が起きても責任は持てません。
4.バグを見つけ次第、常時修正しています。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.05.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【検】チャレンジ!!京都検定

【歩・過】東海道五十三次踏破・鶴見~その1

カテゴリ:【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)
~2010年からスタートして現在中断中の、東海道を日本橋から京都まで歩く企画の過去分です。ここでは日本橋~金谷までを取り上げます。途中の文章もその当時に書いたものです。



2010年2月20日(土)第3回の記録:鶴見~東神奈川

12:18 鶴見駅前付近の交差点よりスタート。すぐに京急鶴見駅にあたるが駅前で道が分断されていてちょっと迷ってしまった。鶴見銀座を抜けて生麦方面へ。石原裕次郎で有名な総持寺はJRを挟んだ反対側になる。

12:28 下野谷間地入口交差点。ここで国道15号を横切ると生麦に入る。JRの高架下をくぐると商店街になるが、魚屋が非常に多い。しかも普通の魚屋ではなく、どちらかというと卸売もかねているような魚屋ばかり。これはかつて、この辺りが漁村だった頃の名残だそうだ。

生麦の商店街_H22.02.20撮影
生麦の商店街 H22.02.20撮影

12:41 ちょうど体が温まってきた頃、生麦事件発生現場と書かれた案内板を発見。普通の住宅の塀に取り付けてある。現在は完全に普通の住宅地のため、往時を偲ぶ物は何も無い。ここで幕末史上有名な事件が起こったとはおよそ想像し難い。近所には生麦事件参考館というのもあるらしい。

生麦事件跡地の案内板_H22.02.20撮影
生麦事件跡地の案内板 H22.02.20撮影

ご存知の通り、生麦事件は島津久光の行列に外国人が馬を乗り入れて、薩摩藩士に殺傷された事件だが、ここで島津久光という人物について考えてみたい。彼が日本史上特異なのは、薩摩藩主の父というだけで、官位を持たずに勅使東下の随行というデモンストレーションを公務として行ったことだ。明治になるまで官位というのは公式な場所では必要不可欠なものであった。官位が無いと言うことは一般人と同じで、天皇からの距離を公式に示す位階という定規を持っていないのだから、天皇を頂点とするヒエラルキーに参加できないのだ。幕府が圧倒的な力を握っていた江戸初期、春日局でさえ、無位無官であるため、三条西家と養子縁組をして公卿の娘となり参内を果たしたほどだ。そういえば、江戸中期の享保の頃には天皇に象を見せるため象にも広南従四位白象という官位を与えたという記録も残っている。そのような時代に無位無官のまま、勅使警護の名目で軍勢を率いて東下りをする。薩摩のというか久光の自信の程が伺える。久光はよほど自己顕示欲の強い男だったのだろうか。ちなみに彼は、維新後、西郷と大久保にだまされたということをよく言っていたが、廃藩置県が決まったときは、余程不満だったせいか、錦江湾で一晩中打ち上げ花火をあげていたらしい。

12:52 生麦事件現場から、キリンビールの工場を抜けて国道15号と再度ぶつかる。日本橋から25kmの表示があるが、これは当然現在の国道で図った数値で旧東海道のそれではない。交差点には生麦事件の碑がある。説明ではこの場所で斬られたイギリス商人リチャードソンが絶命した書いてある。ここからしばらくは国道15号を歩いていく。

生麦事件の石碑_H22.02.20撮影
生麦事件の石碑 H22.02.20撮影

13:03 子安ランプの辺りでそろそろ足の付け根が痛くなってくる。ただ、晴れていて天気がよいせいかいつもより痛くなるのが遅い。現在4929歩。

13:06 子安の東横イン前通過。東横インファンなので東横インをみると安心する。ここの東横インはずいぶん変わった形をしている。道路に面している部分が狭く奥に長い。風が吹くと倒れそうな形状をしている。おそらく土地の形でこうなったのだろう。ちなみに東横インは、ほとんどが地主から土地を借り上げてそこにローンでホテルを建てさせ、そこを東横イン自体が地主から賃貸するという方式で全国津々浦々にホテルを作っている。確か、まだ1軒も閉めたことがないはずだ。

歩きながら真っ赤なボディの京急線が走っていくのが見える。品川からずっと京急線に沿ってあるいているので京急線が友達にように思えてきた。その京急線とももうじきお別れになる。

13:26 確か東神奈川の辺りで潮の香りがしてきた。このウォーキングを始めてから最初の潮の香りだ。生臭くて決してよい匂いとはいえないが、潮の香りは旅行気分を盛り上げるのに欠かせない。海はいつでも旅のテンションをあげてくれる。ただ、地図で確認したら、ここから見えるのは運河で海ではないようだ。海がみえるのは平塚辺りからか。まだまだ先は長い。

潮の香り_H22.02.20撮影
潮の香り H22.02.20撮影

13:36 宿場そばという看板を見つける。川崎を過ぎてから東海道っぽい表示がなかったので思わず写真を1枚。空腹ではなかったので残念ながら店には入らず。

宿場そばの看板_H22.02.20撮影
宿場そばの看板 H22.02.20撮影

13:38 滝の橋交差点 ここに神奈川宿の本陣があった。史跡っぽいものは何も残っていない。滝の川という小さな川が流れているのみ。ちなみにこれで品川、川崎、神奈川と3つの宿場を制覇した。当初、うちの大将から、どうせすぐ飽きるだろうと言うこともあって、“さんつぎ、さんつぎ”と馬鹿にされていたが、少なくとも三次は本当に制覇した。

滝の川_H22.02.20撮影
滝の川 H22.02.20撮影

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.05.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)

【散】御室八十八か所 伊予(菩提の道場)その3 五十一番石手寺から

カテゴリ:【散】京都の散歩道
~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。



五十一番石手寺_H25.03.16撮影
五十一番石手寺 H25.03.16撮影

珍しく真っすぐなアスファルトの坂道を下ると突き当たりが五十一番石手寺(いしてじ)。前には小さな祠。この先はまた九十九折りを下って行く。建物を背中から見る形で五十二番太山寺(たいさんじ)。太山寺の前は全くスペースが無い。坂道の途中に無理に建物を建てた感じだ。この下は何かの工事をしている。きつめの石段を降りると別れ道。順路の通り進むと岩山を登るような登り坂が現れる。

円明寺へ上がる岩場_H25.03.16撮影
円明寺へ上がる岩場 H25.03.16撮影

ここは御室八十八か所の中でも最大の難所と思われる。途中は右側に手すり代わりの鎖が張られ、直前は傾斜が45度程もあるように感じる。お年寄りでは登れない。先程の道はショートカットのためのものだろう。

五十三番円明寺_H25.03.16撮影
五十三番円明寺 H25.03.16撮影

登りきると五十三番円明寺。建物で突き当たりかと思うと、順路は寺の右側の隙間を指している。

円明寺の先へ進む隙間_H25.03.16撮影
円明寺の先へ進む隙間 H25.03.16撮影

建物と岩のわずかな隙間を体を細めて通る。隙間を抜けるとアスファルトと石段の道になる。春休みだからだろう、野球少年たちがこの辺りでランニングをしている。予想通り先程のショートカットの道と合流する。

五十四番延命寺_H25.03.16撮影
五十四番延命寺 H25.03.16撮影

登りきると五十四番延命寺、アスファルトの平坦な道を進んで五十五番南光坊。四国八十八か所では金剛院光明寺とも号する。ここからまた下りの九十九折りになる。

一つ前の御室八十八か所の記事
【散】御室八十八か所 伊予(菩提の道場)その2 四十六番浄瑠璃寺から
一つ後ろの御室八十八か所の記事
【散】御室八十八か所 伊予(菩提の道場)その4 五十六番泰山寺から


関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.05.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

【検】京都の難読地名

【検】:チャレンジ!!京都検定
~試験直前に読んだら受かったりなんかして。



御幸町通り_H25.03.17撮影
御幸町通り H25.03.17撮影

この間、ゲストハウスのjalan-doさんに泊ったんですが、jalan-doさんは御幸町通にありました。ずっと「みゆきちょうとおり」と読んでいましたが、正解は「ごこまちとおり」。宿泊時に軽く迷ったので、電話で聞こうかと思ったんですが聞かなくてよかった。ネットだと「ごこうまちとおり」と書いている所もあるのですが、京都検定の正解は「ごこまちとおり」です。

御幸町の御は「ご」と読みますが、京都検定での御の使い方を並べると
・御陵(みささぎ)→京阪と地下鉄東西線の駅がありますね。
・御寺(みてら)→皇室の菩提寺であることから泉涌寺の別名
・賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)→下賀茂神社の正式名称
・御室(おむろ)→仁和寺があるところ。オムロンはここが創業地

試験には関係あるかわかりませんが、検索していたら京都御駕篭郵便局が出てきました。こちらは「きょうとおかごゆうびんきょく」。京都御所は「ごしょ」と読み京都御苑は「ぎょ」ですね。

不明門通り_H24.11.10撮影
不明門通り H24.11.10撮影

駅前の旅館街があるのは不明門通で「あけずどおり」と読みます。駅前の烏丸通りの1本東側で、途中東本願寺の前で1回烏丸通りに飲み込まれます。こちらも「あけずのもんどおり」とも読むようですが、京都検定での正解は「あけずどおり」です。この道は別名「京の旅館通り」とも呼ばれています。由来は北の突き当りの因幡薬師堂(平等寺)の正面の門が、あかずの門だったから。

釜座通りは「かまんざとおり」。訛った感じになります。天使突抜通は「てんしつきぬけどおり」でそのまま素直に読めばよろしい。ただし現在は東中筋通と呼ばれていて天使突抜は町名で残っています。

そのまま素直に読めば良い難読地名は他にもあって
・閻魔前町(えんままえちょう)
・柏清盛町(かしわきよもりちょう)
・丁字風呂町(ちょうじぶろまち)
・掘出シ町(ほりだしちょう)
・悪王子町(あくおうじまち)
・墨染町(すみぞめちょう)
・髭茶屋町(ひげちゃやちょう)
・骨屋町(ほねやちょう)
・正面町(しょうめんちょう)
・匂天神町(においてんじんちょう)
などがあります。

一方、知らないと絶対読めないのは
・鶏冠井(かいで)
・直違橋(すじちがいばし)
・椥辻(なぎつじ)
・納所(のうそ)
などなど。

一番凄いのは、一口(いもあらい)。これは「一口で食べちゃう芋洗坂係長」で覚えました。踊れるデブが売りの芋洗坂係長っていう芸人さん、いますよね。


おすすめサイト
京都検定特訓マシーン
京都ラブという個人で作られているサイトの1コーナーです。選択式で無いので選択肢を覚えてしまって回答してしまうことがありません。twitterの京都検定BOTも作ってらっしゃる方のようです。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.05.01 | | Comments(2) | Trackback(0) | 【検】チャレンジ!!京都検定

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人(四条烏丸から河原町あたり)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR