【季】都の梅~金戒光明寺・下鴨神社

カテゴリ【季】:京都の四季
~表情豊かな都の四季を題材にして、自由気ままに記します。写真が下手なのは御愛嬌、心意気を買って下さい。


ミニブログコーナー:ようやく梅の記事がこれでおわります。引き続き、季節はずれの記事に御付き合い頂き、ありがとうございます。東京の桜は今週末にも満開になるようですが、残念ながら今年は花見には行けそうにありません。ちなみに今、知り合いの塗装屋さんの親方のところで、毎日働いてます。
金戒光明寺・方丈前の梅_H28.03.02撮影
金戒光明寺・方丈前 H28.03.02撮影

方丈前の2本の紅梅は両方とも、まだまだ多くは丸いつぼみの状態でした。

金戒光明寺・黒谷墓地の梅_H28.03.02撮影
金戒光明寺・蓮池 H28.03.02撮影

黒谷墓地の下、蓮池のほとりに立つ2本の梅は満開~少し散り始めくらい。バックに三重塔を入れてみました。

金戒光明寺・西雲院の梅_H28.03.02撮影
金戒光明寺・西雲院 H28.03.02撮影

黒谷墓地を上がった、塔頭の西雲院の梅は満開。知る人ぞ知る、初夏には多くの蓮が咲くお寺です。映っている甕は蓮用のもの。

金戒光明寺・西雲院の梅_H28.03.02撮影
金戒光明寺・西雲院 H28.03.02撮影

下から見ると、天の川のように梅が咲き誇っていました。

金戒光明寺・西雲院の梅_H28.03.02撮影
金戒光明寺・西雲院 H28.03.02撮影

最近知ったのですが、梅と桜の簡単な見分け方。梅は花が枝にぴったりつくように咲くそうです。

金戒光明寺・西雲院の梅_H28.03.02撮影
金戒光明寺・西雲院 H28.03.02撮影

正直、西雲院の梅はノーマークでした。少し得した気分です。右側の屋根は本堂の屋根です。

金戒光明寺・西雲院の梅_H28.03.02撮影
金戒光明寺・西雲院 H28.03.02撮影

後ろに本堂の屋根をあしらってみました。

下鴨神社・楼門内の梅_H28.03.03撮影
下鴨神社・楼門内の梅 H28.03.03撮影

流し雛でごった返す下鴨神社の楼門内にも見事な紅梅。多くの人を集めていました。

下鴨神社・楼門内の梅_H28.03.03撮影
下鴨神社・楼門内の梅 H28.03.03撮影

桜は狂ったように咲くイメージがありますが、こちらの梅も狂い咲きしています。

下鴨神社・楼門内の梅_H28.03.03撮影
下鴨神社・楼門内の梅 H28.03.03撮影

後ろに見える朱は楼門です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.03.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【季】京都の四季

【季】都の梅~北野天満宮

カテゴリ【季】:京都の四季
~表情豊かな都の四季を題材にして、自由気ままに記します。写真が下手なのは御愛嬌、心意気を買って下さい。


ミニブログコーナー:既に桜の時期になってしまいましたが、3月の頭に訪問した梅の写真をアップします。季節遅れと笑わずにご覧下さい。毎日ブログを更新できる時間の余裕が欲しいな。写真メインなので文字は少ないです。
北野天満宮・梅苑_H28.03.01撮影
北野天満宮・梅苑 H28.03.01撮影

北野天満宮の梅苑はちょうど見ごろでした。閉苑ギリギリに入ったので、慌ただしかったですが、人は少なめ。遊歩道の梅のトンネルです。

北野天満宮・御土居の辺り_H28.03.01撮影
北野天満宮・御土居周辺 H28.03.01撮影

梅苑から御土居に降りていく辺りを上から撮影。こちらも紅白が見事です。

北野天満宮_H28.03.01撮影
北野天満宮・御土居周辺 H28.03.01撮影

御土居に降りて川沿いのしだれ梅。

北野天満宮_H28.03.01撮影
北野天満宮・本殿周辺 H28.03.01撮影

本殿の周りの摂社・末社が並んでいる辺りです。

北野天満宮_H28.03.01撮影
北野天満宮・本殿周辺 H28.03.01撮影

後ろの鳥居は絵馬掛所の千本鳥居です。

北野天満宮_H28.03.01撮影
北野天満宮・本殿周辺 H28.03.01撮影

同じく絵馬掛所の前。一つの枝に紅白の花がついていました。

北野天満宮_H28.03.01撮影
北野天満宮・本殿周辺 H28.03.01撮影

本殿脇の白梅です。

北野天満宮_H28.03.01撮影
北野天満宮・本殿周辺 H28.03.01撮影

確か、三光門のあたりの石灯籠だったかと思います。空から降ってくるようなしだれ梅でした。

北野天満宮_H28.03.01撮影
北野天満宮・本殿周辺 H28.03.01撮影

赤目の臥牛をバックにして勾配を撮影してみました。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.03.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【季】京都の四季

【季】春の行事~三月一日から三日の京都~その2

カテゴリ【季】:京都の四季
~表情豊かな都の四季を題材にして、自由気ままに記します。写真が下手なのは御愛嬌、心意気を買って下さい。


ミニブログコーナー:ルパン終わっちゃいましたね。いやーよかったです。毎週、泣きながら見ていました。次元メイン回の#4"我が手に拳銃を"とルパン一味の深い、深い絆が印象的な#17"皆殺しのマリオネット"が大のお気に入りです。
下鴨神社・京の流しびな_H28.03.03撮影
下鴨神社・京の流しびな H28.03.03撮影

桃の節句の三月三日、流しびなが行われる下鴨神社にやってきました。桟俵(さんだわら)に乗せたひな人形を、子供の身代わりとして、境内の御手洗川(みたらしがわ)に流し、厄を払います。親が子供の健やかな成長を願う行事で、ひな祭りの原型となった風習です。

下鴨神社・流しびな_H28.03.03撮影
下鴨神社・流しびな H28.03.03撮影

楼門の内に入ると桟俵が販売されていました。例年は無料配布だそうですが、今年は職人さんの不足で大(1,000円)、小(500円)の有料になっています。白梅模様の赤衣に女雛は金の袴、男雛は金の帯に烏帽子の、簡素でも可愛らしいひな人形です。本日、流しても、一年間、家に飾ってもどちらでもいいとのこと。

下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
下鴨神社・十二単の着付け H28.03.03撮影

橋殿ではひな飾りの前で、十二単の着付けの実演中。多くの観光客でごった返していましたが、その頭越しにその様子を撮影してみました。着用者を御方(おかた)、着つける人、二名を衣紋者(えもんじゃ)といいます。

下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
下鴨神社・十二単の着付け_H28.03.03撮影
下鴨神社・十二単の着付け H28.03.03撮影

実演中はマイクで着付けについての説明があったのですが、すぐ横のジャグリングが大音量で音楽をかけていたため、よく聞き取ることが出来ませんでした。なぜ、こんなところで実演をさせていたのかがよくわかりません。せっかくの雰囲気も台無しでした。重さが気になったのでWEBで調べてみたところ、10枚で15~16キロはあるそうです。

下鴨神社・流しびな_H28.03.03撮影
下鴨神社・流しびな H28.03.03撮影

着付けが終わると、衣冠束帯姿の男性と共に、本殿東側の御手洗川べりまで移動します。特に十二単は移動するのも大変そう。このお二人は公募で選ばれた、実際に結婚を控えたカップルなのだとか。

下鴨神社・流しびな_H28.03.03撮影
下鴨神社・流しびな H28.03.03撮影

やはり人が多く、人垣の後ろからカメラを頭の上に上げて写真を大量に撮影して、まともに撮れたのが数枚でした。ここから石段を下りると川べりなのですが、流しびな自体を撮影するのは到底無理なようで、撮影と取材はここで断念しました。

市比売神社_H26.06.07撮影
市比賣神社 H26.06.07撮影

帰りの新幹線の前に少しだけ時間があったので、河原町五条の市比賣(いちひめ)神社に立ち寄ってみました。小さい神社ですが女性の厄除け、市場守護の神社です。神社がマンションと共存しのが特徴的。また本殿が神社建築としては珍しく、北面していますが、これは皇室守護のため、御所の方を向いているそう。

市比賣神社・ひいなまつり_H28.03.03撮影
市比賣神社・ひいなまつり H28.03.03撮影

市比賣神社では、三月三日には"ひいなまつり"が行われます。近隣の会場で、人間が雛人形に扮して雛段に並ぶ、"ひとびな勢揃"などが行われていますが、そちらまで行く時間が無いので、社務所に飾られているたくさんのひな人形を鑑賞しました。

市比賣神社・ひいなまつり_H28.03.03撮影
市比賣神社・ひいなまつり H28.03.03撮影

上の写真を少しだけ拡大してみました。七段飾りのフルセットですが、五人囃子が十人囃子になっています。琴を弾く女官や嫁入り道具の家具の量も多い、豪華なセットです。

市比賣神社・ひいなまつり_H28.03.03撮影

市比賣神社・ひいなまつり_H28.03.03撮影

市比賣神社・ひいなまつり_H28.03.03撮影

市比賣神社・ひいなまつり H28.03.03撮影

隣の部屋には複数のひな人形のセットが展示されています。奥の一組の前に、立雛が飾られていますが、まるで後ろに臣下を従えているように見えて、ちょっと面白いですね。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.03.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【季】京都の四季

【季】春の行事~三月一日から三日の京都~その1

カテゴリ【季】:京都の四季
~表情豊かな都の四季を題材にして、自由気ままに記します。写真が下手なのは御愛嬌、心意気を買って下さい。


ミニブログコーナー:今年はネットで確定申告をしようと思っていたら、あれってただネットで打ち込めばいいだけじゃないんですね。住基カードとかカードリーダーがいるみたい。もっと簡単にならないもんですかね。なので明日、確定申告の会場に行ってきます。並びそうだな~
宝鏡寺・春の人形展_H28.03.01撮影
宝鏡寺・春の人形展_H28.03.01撮影

まずは人形寺で知られる堀川寺之内の宝鏡寺に出かけてみました。降ったり止んだりだった雪が突然本降りに。春の淡雪にしては激しい雪で、傘が無いと厳しい感じです。拝観料600円を支払って入場します。

宝鏡寺・春の人形展_H28.03.01撮影
宝鏡寺・春の人形展_H28.03.01撮影

屋内では所蔵する京人形を中心に展示を行っていましたが、写真撮影がNGなので、こちらは写真撮影コーナーのおすべらかし、十二単の実物大人形です。和宮様にゆかりのある寺なので、和宮様をイメージしているのでしょうか?個人的には展示のボリュームから比べると、拝観料はちょっと割高な気が・・・。

真如堂・大涅槃図公開_H28.03.02撮影
真如堂・大涅槃図公開 H28.03.02撮影

旧暦2月15日の涅槃会にあわせて、3月は京都でも各所で涅槃図が公開されます。今回は縦6.2m、幅4.5mの大涅槃図を拝観すべく、真如堂(真正極楽寺)を訪ねました。この涅槃図は、1709(宝永6)年に厭求(ぐけん)や海北友賢らによって制作されたもの。ちなみに制作は三井家の女性の寄進によるものですが、なんと真如堂は三井家累代の墓がある三井家・三井グループゆかりの寺でした。

真如堂・大涅槃図_H28.03.02撮影
真如堂・大涅槃図 H28.03.02撮影

2011(平成23)年に2年をかけて平成の大修復を完了した、まさに極彩色の涅槃図は、本堂に展示されています。こちらも写真撮影はNGのため、別の場所にあった修復前のパネルの写真を撮影させて頂きました。釈迦入滅時、悲しむ弟子と幾多の動物たちの様子がリアルに描かれています。

真如堂・大涅槃図_H28.03.02撮影
真如堂・大涅槃図 H28.03.02撮影

右下には黒猫が描かれていますが、一般に涅槃図に猫が描かれることは少ないそうです。猫がネズミの天敵であることから、釈迦の薬を取りに行くネズミを邪魔させないため、ネズミが釈迦の使いであるためなど諸説あるようですが、真如堂の涅槃図には猫が描かれていることが大きな特徴です。京都では東福寺、泉涌寺の涅槃図にも猫が描かれています。

真如堂・大涅槃図_H28.03.02撮影
真如堂・大涅槃図 H28.03.02撮影

魚類、昆虫も含めた生物の数は127種類で、その数では日本一と言われているそうです。左側の水辺には、タコや魚、クジラ、貝類なども描かれています。よく見ると、ムカデ、カタツムリ、トカゲなども。あらゆる生物が平等であるということを表現しているのでしょうか。

真如堂・花供曽あられ_H28.03.02撮影
真如堂・花供曽あられ H28.03.02撮影

真如堂の涅槃図公開は3月を通じて行われます。真如堂の拝観料は、食べると無病息災で過ごせるという花供曽(はなくそ)あられ付で600円。妙な名前ではありますが、花供曽は仏への供物"花供御"(はなくご)が転じたものと考えられているのだとか。鏡餅のお下がりを小さく刻んで軽く焼き、黒砂糖を絡めたお菓子です。食べてみると、ややうす味のかりんとうという感じでした。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.03.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【季】京都の四季

【季】店先の雛祭り

カテゴリ【季】:京都の四季
~表情豊かな都の四季を題材にして、自由気ままに記します。写真が下手なのは御愛嬌、心意気を買って下さい。


ミニブログコーナー:今回は偶然ですが、ひな祭りの時期に京都を訪問することになりました。今年のひな祭りはもう終わってしまいましたが、あちらこちらで見かけたひな祭りに纏わる風景を、写真でご紹介しようと思います。

三条名店街のひな人形_H28.03.01撮影
三条名店街のひな祭り H28.03.01撮影

お店の名前をメモし忘れてしまいましたが、確か、京こまものの三条たなかさんの店頭のひな人形だったと思います。衣冠束帯と十二単の立ち姿のひな人形です。

三条名店街のひな祭り_H28.03.01撮影

三条名店街のひな祭り_H28.03.01撮影
三条名店街のひな祭り H28.03.01撮影

こちらは手ぬぐい、1615(元和元)年創業の手ぬぐい、風呂敷の老舗・永楽屋細辻伊兵衛の店頭に飾られたもの。手ぬぐいに描かれたひな人形です。頂いても、もったいなくて手ぬぐいとしては使えないですね。鑑賞用!

四条河原町のひな祭り_H28.03.01撮影
四条河原町のひな祭り H28.03.01撮影

店の名前は失念してしまいましたが、四条河原町近辺の和菓子屋さんだったと思います。紙製のひな人形は手作りでしょうか。

四条河原町のひな祭り_H28.03.02撮影
四条河原町のひな祭り H28.03.02撮影

四条河原町の呉服屋・ゑり善さんのショーウインドウ。和装小物でひな人形を表現する発想がステキです。京のひな人形は伝統的に左上位のはずですが、こちら逆ですね。

四条河原町のひな祭り_H28.03.02撮影
四条河原町のひな祭り H28.03.02撮影

こちらも四条河原町、創作京履物の伊と忠さん。

三条通りのひな祭り_H28.03.02撮影
三条通りのひな祭り H28.03.02撮影

三条通り、粟田神社近くのゲストハウス雅順さんのひな人形。こちらのオーナーさん、銀閣寺の近くで銭湯を経営されているそうです。

岡崎のひな祭り_H28.03.02撮影
岡崎のひな祭り H28.03.02撮影

平安神宮近くの漬物の老舗・大安さんのショーウインドウに飾られていたひな人形。御所人形でしょうか?こちらも左上位ではないですね。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.03.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【季】京都の四季

【鳥】京都の小便除け鳥居

カテゴリ【鳥】:京都の鳥居
~京都にある珍しい鳥居や特徴的な鳥居をピックアップします。


このページでは、京都で見つけた小便除け鳥居をその都度アップしていきます。なお今まで小便鳥居とよんでいましたが、不謹慎な気もするので小便除け鳥居に言い方を変えました。今までご紹介した小便除け鳥居は京都の小便鳥居を巡る~その1 京都の小便鳥居を巡る~その2 京都の小便鳥居を巡る~その3からご覧頂けます。

金閣寺裏辺りの小便鳥居_H28.03.01撮影
金閣寺裏辺りの小便鳥居 H28.03.01撮影

金閣寺の裏山を巻くように鏡石通りを進んで、衣笠開キ町(ひらきちょう)で見つけました。一般のお宅にあったものですが、学生服の絵がなぜあるのかわかりません。前に仕立てでもしていたのでしょうか?また右側には同じような正方形のデザインが数枚、同じような間隔で並んでいます。ちなみに写り込んでいる白いものは雪です。

石塀小路の小便鳥居_H28.03.01撮影
石塀小路の小便除け鳥居 H28.03.01撮影

左下に2基、鳥居が置かれています。石塀小路の八坂神社側の、家の下をくぐって入った所にあります。京都らしいロケーションに京都らしいものが置いてあるという面白い構図です。

法輪寺の小便除け鳥居_H28.05.04撮影
法輪寺の小便除け鳥居 H28.05.04撮影

嵐山・法輪寺の舞台入り口から入ってすぐにある小便除け鳥居。渡月小橋の南側、渡月亭向かって右に舞台入り口があります。嵯峨野・嵐山地域で確認できた小便除け鳥居はこれで2個目。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.03.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【鳥】京都の鳥居

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人(四条烏丸から河原町あたり)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR