【宿】京都ホテルオークラ

カテゴリ:【宿】京都の宿
~サウナ、ゲストハウスも含めた泊まる京都をご案内します。京都旅行のお役に立てば幸いです。


ミニブログコーナー:twitterでは連投しましたが、土日は衝動的に祇園祭後祭の宵山・山鉾巡行に行ってきました。今月2回目の京都でしたが、まさにこれが京都だの光景。八坂神社の神輿の法被も特別に見せて頂いたり、山鉾町の方とお話しさせて頂いたり、ホントに充実した時間でした。次の記事から発表していきます。今回は前日書き残してしまった記事です。
ホテルオークラ京都・外観_H28.06.30撮影
ホテルオークラ京都・外観 H28.06.30撮影

ミュシュランガイドに毎年掲載されるような4つ星のホテルを、このブログで取り上げるのもおこがましい限りですが、せっかく泊まったので記事にしたいと思います。素晴らしいホテルであったのはもちろんです。いつものようなWi-fiがあるだの、ウオシュレットがないだの書いても仕方ないので(必要なものは当然全部ある!)、インパクトがあったことだけ2点。

ホテルオークラ客室から_H28.06.30撮影
ホテルオークラ客室から H28.06.30撮影

予約時はオプションの東山側の9F以上の部屋が予約できなかったのですが、空きが出たらしく、東山側の高層階にオプション料金なしで泊まることができました。(確か12Fでした。) 鴨川の向こうには東山が広がり、肉眼で認識できた範囲でも黒谷から清水あたりまで一望。空き時間に椅子に座ってぼんやりと外を眺めるのも、素晴らしいな癒しの時間でした。見えた風景を説明入りでもう少しご紹介。

ホテルオークラ京都・室内から黒谷方面_H28.06.30撮影
ホテルオークラ京都・客室から黒谷方面 H28.06.30撮影

ホテルオークラ京都・室内から南禅寺方面_H28.06.30撮影
ホテルオークラ京都・室内から南禅寺方面 H28.06.30撮影

ホテルオークラ京都・室内から知恩院方面_H28.06.30撮影
ホテルオークラ京都・室内から知恩院方面 H28.06.30撮影

ホテルオークラ京都・室内から霊山観音方面_H28.07.01撮影
ホテルオークラ京都・室内から霊山観音方面 H28.07.01撮影

ホテルオークラ京都・室内から清水寺方面_H28.06.30撮影
ホテルオークラ京都・室内から清水寺方面 H28.06.30撮影

ホテルオークラ京都・室内_H28.06.30撮影
ホテルオークラ京都・客室内 H28.06.30撮影

大変くだらないことですが、館内には自動販売機がありません。ジュースを買いに行こうと思って、スタッフさんに聞いたら「大変申し訳ございませんが館内には・・・」 かなり恥ずかしかったです。部屋の冷蔵庫かルームサービスを使って下さいってことなんでしょうけど、いつもビジネスホテルの私には驚きでした。目の前の河原町御池の地下街・ゼスト御池にファミリーマートがあります。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.07.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【宿】京都の宿

【滞】梅雨時の京都を案内する旅 7/2

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後/日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:明日は後祭の宵山ですよね~体がムズムズしてきちゃってしょうがないです。日曜日のBSフジの中継も楽しみにしています。東京では1時間しか見れないんですけどね。
7月2日(土)の滞在記録
錦小路_H28.07.02撮影
錦小路 H28.07.02撮影

宿で朝食を頂いて10時に出発。荷物は京都駅送りなので手ぶらで楽々。この日は宇治、伏見方面に足を延ばす予定だったのですが、この時点ですでに日差しが強く、外を歩き回るのはつらいということで、歩きながらコースを考えることに。屋根があるところを歩けるので、三条通りから寺町通りで錦小路へ。お土産を探しながら錦小路をほぼ一往復。クライアントはお土産にちりめんじゃこを購入されていました。

京都水族館・オオサンショウウオ_H28.07.02撮影
京都水族館・オオサンショウウオ H28.07.02撮影

錦小路を歩きながら考えた次の目的地は京都水族館。ここも屋根があるので何とか凌げそう。テンションの高い運転手さんのタクシーで向かいました。写真はちょっとグロテスクですが、オオサンショウウオ。一匹だけでなく下に折り重なっているんです。現在、食用に中国から輸入されたものが鴨川に入り込み、国産のものと交雑が進んで問題になっているそうです。

京都水族館・イルカショー_H28.07.02撮影
京都水族館・イルカショー H28.07.02撮影

ちょうどイルカショーが始まるということでプールの観客席に。最近は会場全員に笛渡して、盛り上げたりするんですね。ショーは四匹のイルカが出演するのですが、ベストメンバーではないらしく最後のほうがちょっとグダグダに・・・。ま、暑い中、頑張ってくれたので良しとしましょう。それにしても、イルカが跳ねてるところを撮るのって難しいです。

この後は京都駅まで移動して、ポルタの地下で昼食。昼食とは言いつつ、外を歩く体力が無いので、そのまま日本酒など飲みだして、二人で昼間の宴会に突入。16時過ぎの新幹線の時間ギリギリまで飲み続けていたのでした。以下、京都水族館の写真でお楽しみ下さい。

京都水族館・オットセイ?_H28.07.02撮影
京都水族館・オットセイ? H28.07.02撮影

京都水族館・アザラシ_H28.07.02撮影
京都水族館・アザラシ H28.07.02撮影

京都水族館・エイ_H28.07.02撮影
京都水族館・エイ H28.07.02撮影

京都水族館・ペンギン_H28.07.02撮影
京都水族館・ペンギン H28.07.02撮影

京都水族館・タコ_H28.07.02撮影
京都水族館・タコ H28.07.02撮影

京都水族館・クラゲ_H28.07.02撮影
京都水族館・クラゲ H28.07.02撮影

京都水族館・クラゲ_H28.07.02撮影
京都水族館・クラゲ H28.07.02撮影

京都水族館・ウツボ_H28.07.02撮影
京都水族館・ウツボ H28.07.02撮影

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.07.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

【滞】梅雨時の京都を案内する旅 7/1

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後/日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:祇園祭の前祭・山鉾巡行、BSフジのおかげで東京でも楽しませて頂きました。山鉾はもちろんですが、東京ではなごみんに会える機会が中々ないもので・・・KBS京都の海平和ちゃん、大好きです。今、スマホの待ち受け、浴衣のなごみんにしてます。
7月1日(金)の滞在記録
ホテルオークラ・桂小五郎像_H28.07.01撮影
ホテルオークラ・桂小五郎像 H28.07.01撮影

昨晩は酔ったまま12時過ぎには寝てしまったので、目覚めが早く、起きたのは5時半ころ。本日は7/1、今日から祇園祭の月がスタート、何となく身が引き締まる気持ちです。今回はご案内メインなので自由な時間があまりありません。そのため、早朝散歩でホテルの周りを一人ウロウロ。早い時間なので、Tシャツだと少し肌寒い感じですが、日中は暑くなりそうな気配が満々です。そういえば京都検定で勉強した、ホテルオークラの桂小五郎像があることを思い出して見に行きました。このオークラの敷地はかつて長州藩邸だった場所なのです。

トロッコ電車から保津川_H28.07.01撮影
トロッコ電車から保津川 H28.07.01撮影

ホテルで和食の朝食、チェックアウトを済ませて、タクシーでJR二条駅まで行き、嵯峨嵐山へ。荷物は当然、次の宿送り。本日のメインは、保津川下りなのでここからトロッコ電車です。トロッコ電車の時間まで余裕があるので、嵐山をブラブラ、嵐電の駅前でビールなど。トロッコ電車は、殆どのお客が中国人で、ここはどこの国かとちょっと怖くなりました。ただ不思議なことに、亀岡で下車すると大量の中国人観光客はどこかへ行ってしまいました。一体どこへ・・・?周りには何もないのに。トロッコ亀岡からバスで保津川下りの乗船口へ。予約していたので、大して待たずにスムースに乗船できました。

鹿と猿_H28.07.01撮影
鹿と猿 H28.07.01撮影

昨日までは、天候の関係で保津川下りが中止だったそうで、ラッキーでした。天気は晴れていますが、空気は涼しく快適。川といえば、水量が多めで流れが速いです。先頭なので、結構水しぶきが飛んできました。飛んでくる度に、渡されたビニールシートで水をよけます。川辺には亀やスッポンがたくさん甲羅干しをしていましたが、こんなに多いのは珍しいとのこと。途中、これも珍しいことに、山間に鹿と猿が顔を出してくれました。

落合の崖_H28.07.01撮影
落合の崖 H28.07.01撮影

川下りの最後の方、嵐山の手前で現れるのは、恒例、落合の崖。時代劇で、追い詰められた人が落ちていくあの崖です。現代劇でも使われることがあります。以前にこのブログでもご紹介致しました。水量があると、より迫力がありますが、崖で興奮しているのは私だけ・・・。このあと、食べ物を販売する船がやってくると、楽しい船旅ももう終わりです。通常2時間位かかるところを、水量が多いせいで1時間ちょいで下ってきました。

舟遊びするリカちゃん_H28.07.01撮影
舟遊びするリカちゃん_H28.07.01撮影

嵐山まで来ると日差しも強く、暑くなってきました。舟を下りて川沿いを歩いていると、何やら小さい不審な舟が、川辺をウロウロしています。よく見るとリカちゃん人形が舟遊びをしていました。写真を撮ろうとすると、それに合わせて動くので辺りを見回すと、おじさんがリモコンで操作をしていました。なかなか良く出来ています。

竹林の道_H28.07.01撮影
竹林の道 H28.07.01撮影

渡月橋近くのカフェ ド サランで遅い昼食。白が基調の店内はオシャレな感じで、観光地のレストランとは一線を画しているのがいい感じです。私はチーズ入りの京野菜カレーを頂きました。1,600円と少し高めですが、この雰囲気なら場所代で考えてもいいかなという感じです。味も美味しかった。食後は天龍寺脇から野宮神社、竹林の道と定番のコース。クライアントに人力車を勧めましたが、恥ずかしいからいいということで、テクテク歩きました。一回りして、嵐山公園を抜けてまた川沿いから、嵐電の嵐山駅。そこから電車で四条大宮まで。

新京極・祇園祭仕様_H28.07.01撮影
新京極・祇園祭仕様 H28.07.01撮影

クライアントが抹茶のお菓子をお土産に購入したいというので、タクシーで祇園の辻利へ。四条通りが混雑しているので、裏道に入り碁盤の目を、スイスイと縫いつつ進むドライバーが素敵です。お土産購入後、昨日から2回に渡り入れなかった、もみの気ハウスで足ツボ。ややお疲れのクライアントも元気になり、新京極、寺町でお土産屋を物色しながら、今晩の宿へ。和柄の店で見た"がしゃどくろ"の革ジャン、カッコ良かった。高くて手が出ませんが・・・

旅館・三賀_H38.07.01撮影
旅館・三賀 H28.07.01撮影

昨日はホテルだったので、趣向を変えて本日は富小路三条の旅館・三賀です。やはり門は祇園祭仕様になっていて、祇園祭の時期に京都にいることを実感させてくれます。この夜は外出せず、部屋で旅館の料理と日本酒、ワインを楽しませて頂きました。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.07.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

【滞】梅雨時の京都を案内する旅 6/30

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後/日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:来月、仕事の関係で引っ越しすることになりました。二十数年ぶりに小学校から大学卒業まで住んでいた、東京の多摩地区に戻ります。不安の方が大きいですが、その前に引っ越しでやることが大量にあるので、これから一月、荷造りの毎日です。
6月30日(木)の滞在記録
祗園白守_H28.06.30撮影
祗園白守 H28.06.30撮影

今回は知人の会社の、お得意様を京都へご案内するという、重大な使命を帯びた旅です。当日朝、起きたところ、昨年購入した祗園白守(ムクゲ)の真っ白な花が突然開花していて、何か運命的なモノを感じてしまいました。クライアントとは、品川駅で待ち合わせて8:30ののぞみに乗車。富士山の景色を楽しめるようにと、DE席を指定で取ったのですが、あいにくの曇り空で、車窓の景色は楽しむことが出来ませんでした。お昼が早いので弁当類も特に購入しなかったので、京都までおしゃべりしたり、疲れたらウトウトしたり・・・。クライアントといっても、共通の知り合いが多いので、彼女とは会話には事欠きません。

南禅寺・順正 お品書き_H28.06.30撮影
南禅寺・順正 お品書き H28.06.30撮影

京都駅には10:41到着。天気は曇っていますが、なんとなく蒸します。この日は一日、こんな感じでした。京都駅からそのままタクシーで南禅寺門前の順正へ。昼食は湯葉会席です。クライアントが湯葉が好きということなので、チョイスしてみました。私自身、いつもはこんな高級料理は食べないのですが、今回は特別。鍋からくしで取ってポン酢で食べる引き上げ湯葉、美味かった。お互い酒好きなので、日本酒をお供に1時間半ほど食事を楽しみました。ちなみに今回はご案内メインなので写真はアイフォンのみ、いつもならブログのネタに食事も写真を撮るのですが、そちらも控えています。

八坂神社・茅の輪_H28.06.30撮影
八坂神社・茅の輪 H28.06.30撮影

河原町御池のホテルオークラへで荷物を預けてから、四条大橋の東詰で下車。ここからは祇園散策です。白川南通りから巽橋を渡って四条通りへ。そのまま東へ進んで八坂神社。本日は6/30で夏越の大祓、八坂神社に芽の輪が出る日です。作法が難しいのですが、これはくぐらない手はないと、作法の書かれた案内板をスマホで撮影して、それを見ながら芽の輪くぐりをしてみました。

三年坂・洗顔地蔵_H28.06.30撮影
三年坂・洗顔地蔵 H28.06.30撮影

南門から八坂神社を出て、石塀小路から八坂の塔、三年坂といつもの東山王道コース。ところどころの店で土産物屋を覗きながら散策します。二年坂の手前辺りから望む八坂の塔の姿はクライアントにも、喜んで頂けました。写真は、よくテレビで取り上げられる蒟蒻シャボンの店にあった洗顔地蔵。右手を頬にあて、左手でシャボンを持つ姿が何とも可愛らしい。

地主神社・茅の輪_H28.06.30撮影
地主神社・茅の輪 H28.06.30撮影

三年坂からそのまま清水へ。人は平日なのでやや少なめ。少ないと言っても、休日よりというだけで、混んでいることには変わりありません。それでも外国人観光客の多さに、クライアントも驚いていました。混んでいるので、アトラクション的存在の随求堂、胎内巡りは諦めて、清水の舞台から地主神社へ。境内では夏越の大祓の神事が行われていて、さらに大混雑。修学旅行生の姿も大勢見かけましたが、皆さん中学生のようです。近年は高校生は海外に行ってしまうのかな?クライアントが少しお疲れの様子なので、境内の茶屋で少し休憩、食器を見たいというご希望があったので、茶碗坂の清水焼のお店を物色しながら五条坂の交差点まで降りて行きます。

ホテルオークラ客室から_H28.06.30撮影
ホテルオークラ客室から H28.06.30撮影

夕食の時間が早いので、本日の観光は早々に切り上げて、ホテルオークラへ戻りました。30分ほど、足ツボに寄ろうかとも思ったのですが、電話したら混んでいるそうで断念。チェックインすると、JTBで申し込み時には満室だった東山が見える高層階の部屋にキャンセルが出たのでしょうか、オプション料金なしで案内して貰えました。目視で確認できるところだけでも、清。水寺から金戒光明寺辺りまで一望できる、素晴らしい眺めの部屋でした。京都で高い宿に泊まるのは10年ぶり位なので戸惑いが若干ありましたが、休憩、買い物を済ませて夕食へ。

梅むら・納涼床_H28.06.30撮影
梅むら・納涼床 H28.06.30撮影

夕食はホテルのすぐそば、木屋町三条の梅むらの納涼床を予約しました。私自身、初納涼床で案内を忘れて、興奮気味でした。18時過ぎ、着いた頃はまだ陽がありましたが、日が暮れた後の鴨川の風景は、酒によく合います。二人で日本酒をガンガン飲んで、京都の夜を満喫しました。酔い覚ましにで木屋町四条まで歩いて、再度、もみの気ハウスの足ツボに行ってみましたが、また一杯で断念、その後は予定通り、先斗町のバー、ママトルティでちょっと飲んで、タクシーでホテルへ帰還しました。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.07.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR