【飲】新京極のレトロな居酒屋~京極スタンド

カテゴリ【飲】:京都で呑む~さあ、今日はどこで呑もうか。木屋町、祇園、河原町。吉田類さんばりに京の酒場を探訪する、大人の魂京都です。


ミニブログコーナー:実用記事が3本続きましたが、ネタの在庫の都合上、ご勘弁下さい。結婚したり仕事の関係で頻繁に京都に行けなくなったので、ネタの遣り繰りが難しいのです。次回は圓光寺か京都タワーのどちらかになる予定です。
京極スタンド・外観_H29.11.03撮影
京極スタンド・外観 H29.11.03撮影

今回は、とあるHPで京都の三大名居酒屋の一つとして紹介されていた京極スタンドへ。名居酒屋と言っても隠れ家的というわけではなく思い切り、新京極通り、繁華街の真ん中というロケーションにあります。正直、今まであまり意識していなかったので気づいていませんでした。有名店である証拠に入り口には、サインがたくさん飾ってあります。三田村邦彦さんや酒場放浪記で知られた吉田類のサインも。

スタンドといっても立ち飲みではありません。座席は丸テーブル四つに片側10席で合計20席くらいの大理石の長テーブルです。 外観からも想像がつきますが、装飾品やポスターで全体的に昭和テイストの店内は、なんとなく昔のビヤホールを彷彿とさせます。レトロな雰囲気を楽しんで下さい。

入店したのは、3連休の初日の20時過ぎ、店内は若めのお客さんで混雑していました。相席で案内されましたが、最初カップルの丸テーブルに相席になってしまい、とても気まずかった・・・ 店のタイプとしては、仲間で行ってワイワイやる感じの店ですね。一人で行って相席が苦手な人は厳しいかと思います。一人で行くなら1軒目で、長テーブルに座り、サッと腹ごしらえで飲んで次の店に行くようです。(私ならということです。) ちなみに店内は禁煙ではないので、煙草苦手な人は隣で吸われてしまうと辛いかもしれません。

食べ物のレベルは街の(チェーン店でない)居酒屋で出てくるような感じで、人により印象は変わると思います。私としては中の下くらいでしょうか。あくまで一般的なレベルです。値段は店のタイプからイメージしていたよりもやや高いかなと思いました。

昼は12時から営業していますが、夜は飲み屋としては早めの閉店です。20:45ラストオーダーで21:15閉店のため、夜に行くときはご注意下さい。定休日は火曜日です。
京極スタンド:京都府京都市中京区新京極通四条上ル中之町546(MAP)
H29.11.3取材

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2018.04.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【飲】京都で呑む

【食】京都なのに大江戸?・・・西陣大江戸(とんかつ)

カテゴリ【食】:京都で食べる
~私が京都で食べた店、食べたい店をご案内します。味音痴なのでグルメガイドはできません。まずかったり、印象悪かった所は掲載していませんので。


ミニブログコーナー:職場の人に数時間京都に滞在する場合、何かいい過ごし方はないですかと質問されたので、私は、彼が行ったことがないのを確認した上で三十三間堂をおススメしておきました。タクシーで駅から10分もかからないですし、堂内で千手観音が千体並んでいるのは壮観な光景です。そこから五条坂から清水寺に入らず産寧坂から八坂の塔、寧々の道経由で八坂神社まで散策すれば、そこそこ京都滞在を楽しめるのではないでしょうか。
西陣大江戸・外観_H29.11.04撮影
西陣大江戸・外観 H29.11.04撮影

タイトルにもしたように、なぜ京都にあるのに"大江戸"なのかはよくわかりませんが、今回のテーマは"とんかつ"です。地域で言えば西陣、通りで言えば笹屋町千本東入ルになります。千本通りから笹屋町通りへ入るとすぐに、一風変わったコンクリート打ちっぱなしの現代風な門構えが現れます。あまりとんかつ屋っぽくはない外観です。見ようによってはアート系の店にも見えます。

西陣大江戸・外観_H29.11.04撮影
西陣大江戸・外観 H29.11.04撮影

大きな暖簾をくぐると、無機質なコンクリートの池とその上に店の入り口まで伸びる1本の橋。池の中では鯉がたくさん泳いでいて、ずいぶんと高級感を醸し出しています。こんなカジュアルな格好でいいのかと、店に入る前に気おくれ・・・

西陣大江戸・メニュー_H29.11.04撮影
西陣大江戸・メニュー H29.11.04撮影

していましたが、入ってみると雰囲気的には親戚が集まった時に行くような、少し高めな和食の店という印象でした。それほどかしこまった感はありません。店内は、4人がけのテーブル4台、8人ほどの小上がり、 カウンター5席。ちょうど12時半過ぎだったので、ランチをとるお客さんでほぼ満席でした。中には観光客らしき姿も見えます。私はというと、腹も減っていたことを言い訳にして、高めのデラックスA定食(2,370円)を注文してみました。

西陣大江戸・デラックスA定食_H29.11.04撮影
西陣大江戸・デラックスA定食 H29.11.04撮影

まずは、とんかつ180gから頂きました。手前の脂身の部分はふわっと口で溶ける感じ、奥に行くに従って肉がしっかんりしてきて、食べ応えあります。専門店で食べる高級なとんかつという印象です。エビフライはプリプリで、かかっているタルタルソースも洋食屋さんもののような感じで、手間暇かけて作ってそう。ごはんは、一緒に提供されるおひつから自分でよそうスタイル。小さい茶碗2杯分くらいだけど、揚げ物と一緒だからこれで十分。お腹いっぱいになります。山盛りのキャベツのドレッシングはうめ、ゆずしょうゆ、ゴマの三種のノンオイルから選べます。

西陣大江戸・営業時間_H29.11.04撮影
西陣大江戸・営業時間 H29.11.04撮影

御覧の通り、昼と夜の営業時間が決まっていて、常時開いているわけではないのでご注意下さい。定休日は月・木です。旅の途中のちょっと豪華なランチ、西陣近くに立ち寄った時におススメします。
西陣大江戸:京都市上京区笹屋町千本東入/075-441-2022(MAP)
取材:H29.11.04

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2018.04.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【食】京都で食べる

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR