FC2ブログ

    【滞】2年目に行く新婚旅行で祇園祭真っ最中の京都 7/14その1

    カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
    ~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


    ミニブログコーナー:今年春先に,自宅の鉢植えの梅が20数個も実が!ネットで調べると瓶に角砂糖と一緒に入れて数か月放置すると、シロップが出来るということで試してみて、ようやく昨日瓶を開けてみると、とても濃厚な梅の匂いの梅シロップが出来ています。煮沸して梅サワーにして飲んでみたらとても美味かったです。来年もまたたくさん実が付くといいなぁ。
    7月14日(日)の滞在記録その1

    京都駅の祇園祭_R01.07.14撮影
    京都駅の祇園祭 R01.07.14撮影

    遅ればせながら、2年目の新婚旅行(お互い再婚)です。前日は大阪なんばのモントレグラスミア大阪泊のため、地下鉄でなんばから西梅田乗換え、JR大阪からの京都線で10時前に京都入りしました。祇園祭真っ只中の京都、駅の中央改札の正面は各山鉾の提灯がお出迎えです。

    京都駅八条口・デリバリーサービス_R01.07.14撮影
    京都駅八条口・デリバリーサービス R01.07.14撮影

    スーツケースを転がして歩くのも面倒なので、まずは一旦、改札を出て京都駅八条口最西端の荷物のデリバリーサービスへ。1,000円で夕方までに宿へ荷物を運んでくれるサービスが駅にあるのはとても助かります。待つこともなく、すぐ受け付けて貰えたのもラッキーでした。

    梅小路京都西駅_R01.07.14撮影
    梅小路京都西駅 R01.07.14撮影

    いつものことですが、満員に近い嵯峨野線に乗車。3月に開業した新駅・梅小路京都西駅と初対面。京都駅から一駅目ですが、意外に降りる人が多かったのに驚きました。京都水族館や梅小路公園があるからでしょう。

    トロッコ嵯峨駅_R01.07.14撮影
    トロッコ嵯峨駅 R01.07.14撮影

    30分ほど早めについてしまいましたが、駅前の食事をできそうなところも11時半開店なので、駅周辺で適当に時間を潰しました。嵯峨嵐山駅周辺で、この時間、食事は取れない予想は出来ていたので、食事はしていてよかった。相変わらず、朝からかなりの人出です。

    トロッコ列車_R01.07.14撮影
    トロッコ列車 R01.07.14撮影

    予約していたトロッコ列車へ乗車しました。11時2分発、嵯峨野5号、当然のことながら満員です。これが全員、保津川下りに行くのなら、乗れないかもと少し不安になります。(保津川下りは10名以上でないと予約できないのです。)

    トロッコ列車から保津川_R01.07.14撮影
    トロッコ列車から保津川 R01.07.14撮影

    トロッコ嵐山駅、星のや京都を過ぎ、青紅葉の風景を楽しみながら列車は進んでいきます。景色の良いところで列車を止めてくれるサービスも健在です。天気は曇っていますがやや蒸し暑いので、車窓から入ってくる空気がとても心地よい。

    トロッコ保津峡駅_R01.07.14撮影
    トロッコ保津峡駅_R01.07.14撮影

    トロッコ保津峡駅は付近に人家もないため、ハイキング客が利用するだけの駅ですが、2時間ドラマの舞台でもよく使われるそう。駅に停車すると、奇妙な人物が列車に乗り込んできました。青の作務衣のようなものを着た、明らかに不審な人物です。

    鬼と記念写真_R01.07.14撮影
    鬼と記念写真 R01.07.14撮影

    乗り込んできたのはなんと鬼!でした。座席を回りながら、私たちとスリーショットの写真を自撮りで撮ってくれるサービスぶり。車内は結構盛り上がっていました。

    車内写真サービス

    また女性スタッフが車内でスタッフが記念写真を撮ってくれて、降りるまでの短時間、多分10~15分位で焼いて台紙に付けてくれるサービスも(1000円)。台紙は電車が立体的に見える特殊な加工です。乗車時間は計23分、トロッコ亀岡で下車し、バスで保津川下りの待合所へ。途中、ⒿR亀岡駅前に建設中の京都スタジアムが見えました。大きい!

    保津川下り待合所_R01.07.14撮影
    保津川下り待合所 R01.07.14撮影

    トロッコ嵯峨駅で「保津川下りの午前中の受付は終了しております。」というアナウンスがあったため心配していたのですが、乗船の申し込みは思ったほど混んでおらず、30分ほど待つだけで乗ることが出来ました。料金は大人一人4,100円(税込)です。

    保津川下り乗船所_R01.07.14撮影
    保津川下り乗船所 R01.07.14撮影

    二人連れだったので、最前列の席を案内してもらえました。最前列は4席なのですが、右側2席は操船に使用するため、左側2席のみが座席となっています。私は外側に座りました。二人とも足元にあるビニールシートを、波除にするように指示されます。この日は水嵩が結構多いとのことです

    保津川下りの船首_R01.07.14撮影
    保津川下りの船首 R01.07.14撮影

    朝から京都は曇り空、ポツポツと雨が軽く降ってくる中、船がスタートします。船は4人の船頭が操船し、船首を3人、船尾を1人が担当、まずは田園風景の中、ゆったりと川を下っていきました。船頭さんの軽妙なトークや、定番(と思われる)船頭ギャグも川下りを楽しくしてくれます。

    保津川下りから見るトロッコ電車_R01.07.14撮影
    保津川下りから見るトロッコ電車 R01.07.14撮影

    亀岡へ向かうトロッコ電車と遭遇すると、乗客はお互いに手を振りあいます。トロッコ電車の線路はまっすぐですが、川はくねっている為、この後、船は何回も、トロッコ電車と行き交います。

    倒木に覆われた山_R01.07.14撮影
    倒木に覆われた山 R01.07.14撮影

    トロッコ電車からも見えましたが、昨年9月の台風21号の爪痕が各所に残っています。渓谷の山肌が倒木に覆われている場所では、自然の力の凄さを垣間見た気がします。

    ラフティングのボート_R01.07.14撮影
    ラフティングのボート R01.07.14撮影

    何回かラフティングのボートとも出会いました。これも保津川下りの会社が運営しているそうです。私達よりもさらに水に近くて気持ちよさそうです。

    山陰本線の鉄橋_R01.07.14撮影"
    山陰本線の鉄橋 R01.07.14撮影

    山陰本線の鉄橋を下から眺めます。この辺りから、雨が少しづつ激しくなってきました。船の底も飛び込んできた波でびしょびしょな状態です。サンダルで乗ってよかった。

    トロッコ保津峡駅_R01.07.14撮影
    トロッコ保津峡駅 R01.07.14撮影

    トロッコ電車で鬼が乗り込んできた、トロッコ保津峡駅を通過。残りはあと1/3程でしょうか。この後、船頭さんが器用に舟に骨組みを建て、屋根をつけてくれました。

    落合の崖_R01.07.14撮影
    落合の崖 R01.07.14撮影

    時代劇や2時間ドラマのロケ地でよく使われる落合の崖です。7年前のこのブログの初期の頃、紹介しています。今回の船頭さんの一人は、保津川下りの中で最高齢のベテランだそうなのですが、8月に放送される「科捜研の女」に出演されたそう。



    最後の急流の動画を1分ほど撮影してみました。最後の船頭さんの動きも見物。過去に4回は乗っていると思いますが、水量が多く、一番スリリングだった気がします。

    売店船_R01.07.14撮影
    売店船 R01.07.14撮影

    嵐山の手前で売店船がドッキングしてきます。売店船はエンジンがついているので、船頭さんはここでようやく休息できます。そろそろ、空腹になってきた私たちも舟越しにみたらし団子を購入しました。

    船上で記念写真_R01.07.14撮影
    船上で記念写真 R01.07.14撮影

    船頭さんにお願いしてスマホで記念写真を撮って頂きました。川の流れが速かったせいか1時間ちょっとの船旅でしたが、十分満足できました。(続く)
    H31.07UP

    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

    2019.07.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

    【巡】2年目に行く新婚旅行京都プラン

    カテゴリ【巡】:京都の旅行計画プレゼン
    ~おススメの京都の旅行コースをプロデュース、またの名を京極観光社。


    ミニブログコーナー:この時期になって風邪をひいてしまいました。昨日の午後、本日と仕事を休んで必死に回復に努めています。何とか週末までに直さないといけません。いつまでも梅雨が明けない不順な天候にやられたようです。早く蟷螂山に会いたい!
    魂京都のヘビーユーザーの方はご存知かと思いますが、私、2018年1月1日に再婚しております。先日、妻より「新婚旅行まだだよね」という要望を受け、7月に大阪・京都旅行を企画しました。2泊3日の国内旅行で新婚旅行にはちょっと物足りないかもしれませんが、お互い仕事があるもので・・・

    ちなみに大阪京都にしたのは、魂京都を主宰する私の力業も若干あるのですが、妻からは、一緒にいる時はツイッター、ブログの更新はしないことを守るなら京都に行ってもいいと言われております。(これは結婚前に二人で京都を旅行した際に、私がSNSの更新に夢中になっていたためです。) また妻はあまり体が丈夫ではないので、今回は余裕を持ったプランを立ててみました。ご紹介するのは1日目は大阪梅田に宿泊するため、2日目からのプランになります。

    大阪駅→(9:15発/JR京都線新快速・9:44着/京都駅乗換・JR嵯峨野線/9:58発)→10:09着/嵯峨嵐山駅→徒歩→トロッコ嵯峨駅→(11:02発/嵯峨野観光鉄道/11:25着)→トロッコ亀岡駅

    トロッコ電車で青紅葉を楽しみつつ、市内よりは涼しい保津川下りに向かいます。トロッコ電車のみ予約です。難点なのは、2人では保津川下りの予約が取れないので、時間が読めないこと。電話で問い合わせたところ、1時間から1時間半は待つのではないかということでしたが、待合所はエアコンがついているので、ここは待ってみることにしました。

    嵐山に14時半頃到着し、遅い昼食は嵐山近辺で済ませます。湯豆腐が食べたいというリクエストなので、船着場から渡月橋までの間の和食の店を楽しもうと思います。

    嵐山駅(阪急嵐山線・桂乗換・阪急京都本線)→烏丸駅

    今回は東武トップツアーズのJRセットプランで、宿は三井ガーデンホテル京都新町別邸を予約しました。早めに宿に入り、休憩。この日は祇園祭前祭の宵々々山なので、夜は山鉾を見て回りつつ、食事します。ホテルから一筋東の蟷螂山(今年、2年連続の山一番)、四条通りに出て月鉾、函谷鉾、長刀鉾の壮観な眺めを楽しみ、四条烏丸から三条大橋まではタクシー。三条側から歩いて先斗町で食事という感じでしょうか。帰りが近くなるように先斗町を南へ下るプランです。

    二日目はややゆっくり9時半頃出発する予定です。(私は一人で早朝散歩をしようと思ってます。) 妻が朝食がラーメンでも構わないと言うので、"ますたに"の北白川本店へ。休日の昼食は近所のスーパーで売っている、ますたにの生ラーメンをよく食べているので、本物を本店で食べてみようというわけです。朝ならそれほど並んでいないと思います。ホテルからタクシーで向かうつもりです。

    タクシーで三十三間堂へ。約千体の仏像が並ぶ光景は、妻をきっと驚かせることができると思います。私が京都プランを作る時に絶対に入れるスポットです。

    七条駅→(京阪本線)→中書島駅

    月桂冠大蔵記念館を見学、目的はお酒の試飲です。二人とも酒飲みなのでここを楽しみにしています。ラーメンの後の日本酒というのが少し心配です。

    中書島駅→(京阪本線・東福寺乗換・JR奈良線)→京都駅

    本当は伏見稲荷を見せたいのですが、今回は余裕のあるプランを作るということで我慢しています。京都駅に戻ったら、駅付近で適宜お土産を購入して、14時半頃の新幹線で帰ります。

    関連記事

    テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

    2019.07.11 | | Comments(1) | Trackback(0) | 【巡】京都の旅行計画プレゼン

    «  | HOME |  »

    YouTube

    タイムライン

    リンク

    trip-partner197
    Trip-Partner
    ぷらたび


    京都市 ブログランキング

    にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
    にほんブログ村

    都の商売人様バナー
    都の商売人様運営サイト
    “空想の匣”

    プロフィール

    SOULKYOTO

    Author:SOULKYOTO
    東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
    自称・勝手に京都観光大使

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    カテゴリ

    カレンダー

    06 | 2019/07 | 08
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR