【季】広沢池の鯉揚げ

カテゴリ【季】:京都の四季
~表情豊かな都の四季を題材にして、自由気ままに記します。



広沢池の鯉揚げ_H24.12.08撮影
広沢池の鯉揚げ
H24.12.08撮影

時代劇のロケや夏の灯籠流しで知られる広沢池だが、実利的には農業用水や鯉の養殖池として使用されている。毎年12月になると池の水を抜いて、養殖している鯉を販売する鯉揚げが行われる。この鯉揚げは京都の冬の風物詩になっており、全国ネットの和み系ニュースでも放送されることがある。

広沢池観音島_H24.12.23撮影
広沢池観音島
H24.12.23撮影

鯉揚げ後は3月位まで、広沢池は水がほとんどない状態となり、西側の観音島も池底までの姿を現す。鯉揚げの案内は事前に南側の道路に案内板が出されるようだ。

鯉揚げ作業の様子_H24.12.05撮影
鯉揚げ作業の様子
H16.12.05撮影

鯉揚げの作業をするのは南側のボート乗り場の辺りで、この周辺のみ、わずかに水を残して鯉やもろこなどを集め、買いに来た人に販売をする。写真は平成16年に実際に私が鯉を購入して、作業の様子を撮影させてもらったもの。捕まえた鯉は木材で頭を叩いてしめていた。

関連記事:
【季】広沢池の鯉揚げ
【石】観音島から見守る広沢池の千手観音
【撮】嵯峨野・広沢池観音島

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.01.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【季】京都の四季

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR