【食】京都の本店その2~天下一品 北白川総本店

カテゴリ【食】:京都で食べる
~私が京都で食べた店、食べたい店をご案内します。味音痴なのでグルメガイドはできません。



天下一品本店外観_H24.11.10撮影
天下一品本店外観

日本の4大ファストフードは天下一品、松屋、ココ壱、餃子の王将と常々考えているのだが、4チェーンのうちの2チェーンが京都に本店があるというのをご存じか?一つ目は前回紹介した餃子の王将、二つ目が今回の天下一品である。舌からも私を飼い馴らしていた京都がこわい。

天下一品本店入口_H24.11.10撮影
天下一品本店入口

天下一品本店は、天下一品のサイトでは本店と表記されているが、現地では総本店の看板が、また各店舗の備品などでは北白川総本店と表記されている。ロケーションは白川通り沿い、白川北大路の交差点から南へ100m程。すぐそばには餃子の王将北白川店もある。お隣は喫茶店。総本店とはいいつつ、マンションの1Fというところが、屋台からスタートした天下一品らしく好感が持てる。

天下一品北白川総本店_H24.11.10撮影
外観は屋台をイメージ(車輪がある)

ただ、マンションの1Fとはいいつつも、外観は屋台をイメージしているところが、木村社長が銀閣寺近くの屋台から始めたという心意気を大きくなっても忘れないという天下一スピリッツを感じる。店内も屋台のようなイメージで天井や椅子は赤がベースとなっている。席はカウンター、テーブル合わせて30席程度。2度行ったが、2回とも数人の待ち客がいた。

天下一品本店チャーハン定食_H24.11.10撮影
チャーハン定食に半熟玉子

天下一品は店舗により味に違いがあることで知られている。一番の売りのこってりスープは通常の店舗では工場配送して店舗でアレンジしているのだが、本店だけはこの場所で作られているそうだ。そのせいか、悪い意味で無くこってりでも透明感があるサラサラした感じ。また、天一の場合、麺のつなぎの関係で店によっては、麺に何となくアンモニアのような臭みがある場合があるのだが本店にはそれが無い。特別に本店のみのメニューというのは無いようだが、麺は細めか普通か、にんにくはいれるか、唐揚げは骨付きか無しかなど、一般店では無いサービスもある。またおしぼりの外袋には総本店のネーム入り。

天下一品本店看板_H24.11.10撮影
本店看板

天下一品が好きな方はぜひとも本店の雰囲気と味を味わいに来て頂きたい。あまり便利な場所にあるとは言えないが北白川まで足を運ぶ価値はきっとある。メニューに書かれた『天下に類無きもの、すなわちこれ天下一品なり』の言葉に嘘はない。おススメメニューはも、どこに行っても、こってりに半熟たまご。しょっぱいが豚キムチもよい。スープを飲むと器から見えてくる『明日もお待ちしています』の文字が愛しい。


場所:京都市左京区一乗寺築田町94メゾン白川1F(クリックで地図)
電話番号:075-722-0955
営業時間:AM11:00~AM3:00
定休日:毎週木曜日(10/4(木)営業)
写真はいずれもH24.11.10撮影

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2012.09.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【食】京都で食べる

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR