【歩・過】東海道五十三次踏破・日本橋~品川

カテゴリ:【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)
~2010年からスタートして現在中断中の、東海道を日本橋から京都まで歩く企画の過去分です。ここでは日本橋~金谷までを取り上げます。途中の文章もその当時に書いたものです。



2010年2月6日(土)第1回の記録:日本橋~品川

前日の飲みが祟って10時頃起床、早速PCを立ち上げて資料を出そうとしたら、PCが壊れている!仕方ないのでまずは復旧作業。そのため自宅出発が14時過ぎとなってしまった。そのまま駒沢の100円ショップで軍手や万歩計など必要な雑貨を購入。松屋で景気付けに牛焼肉定食のWを平らげ、駒沢大学駅へ。

切符を買おうとしてふと気づく。日本橋ってどこの駅なんだろう?東海道の資料は沢山調べたのに、日本橋はどの駅で降りればいいのか調べてなかった・・・とりあえず、三越前駅なら日本橋三越かもしれないと思い、三越前駅で下車。運の良いことに予想は正解だった。

日本橋_H22.02.06撮影
日本橋 H22.02.06撮影

早速、日本橋へ。ブラタモリで見たのと同じ日本橋だ。あたりまえか。まずは出発地点で写真を撮影。日本橋をバックに誰かに写真を撮ってもらおうとした。「これから京都まで歩くんっすよ」「へえ~すごいですね」なんて会話を期待していたが、誰も写真を取ってくれそうな人はおらず(観光地じゃないからね)、近くで写真を互いに取り合っていた中年夫婦も、明らかに写真を撮って欲しそうな顔をしている私の方を意図的かどうか知らないが見ないような感じで通り過ぎて行った。

斯く云う私の格好は、ライダースの革ジャンにハンチング&最近、お気に入りのDrifterのオレンジのトート。どうみてもこれから東海道を歩こうという人の格好ではない。「オッス、俺、ロックンロール東海道53ツガー」という体で15:54に出発。千里の道も一歩から。

余裕で歩くこと10分弱。直線なので地図も必要ない。ところが、どうも様子がおかしいのだ。事前に地図で調べた建物や町名が全然出てこない。立ち止まって地図を調べる。180度反対方向に歩いていたこと判明。東海道を京都へではなく、日光街道を日光方面に向かって歩いていた。気を取り直して再度日本橋へ。16時10分再出発。

すぐに京橋。歌舞伎発祥の地の石碑を発見。写真を撮ろうとしたが、こんな写真は誰でも撮るし、絶対、写真に夢中になって本来の目的から逸脱してしまうので、写真は大概にしようと心に決めた。ちなみにこの辺は何とかの碑とかいうのが多いらしい。

20分程、中央通りを歩いて銀座へ。休日のため銀座は歩行者天国になっている。ほんと高級ブランドショップばかりで、歩いている人もみんなシュッとした顔をして品が良さそう。ユニクロさえ、なんか気取っているように見えてしまう。ブランド関係の仕事してるのにこんなことを言っちゃいかんのだが、オレの心の原風景は常に「スプレーで落書きされた壁の前にバンドマンのお兄ちゃんが足を投げ出してタバコを吸っている」ので、どうも銀座は苦手だ。ちなみに長髪のお兄ちゃんは、日本のローリングストーンズと呼ばれたThe Street Slidersなんだが、わかりづらければ清春でもよろしい。ともあれ、ちょっと控えめに存在している吉野家がとても愛しく思えた。

両側がビルになっていて、道路が風の通り道になっているので、気温が低くて寒い。交差点のデジタル表示は6度だった。銀座が終わる頃にようやく体が温まってきた。

銀座八丁目を過ぎて高速を潜ると新橋駅前。開店前の飲み屋やスナックの看板がいくつも見える。高速1本挟んで銀座とは対照的だが、根っからのスナック好きの自称スナッカーにはこっちの方が断然、居心地というか居ちゃ困るので歩き心地が良い。距離標示は、品川まで5km川崎16km。時間的に見て今日は品川までかなと思い始める。また新橋過ぎた辺りで右足の神経痛が軽く痛み出した。このあたりから旧東海道は国道15号になるようだ。

大門で東京タワーと増上寺門前。結構画になる風景。写真を撮りたい気持ちに駆られるが、ここはぐっと我慢。今度は腰が痛くなってきた。ヘルニア持ちで本当に五十三次大丈夫か?

浜松町、金杉橋を過ぎて芝4丁目でスタートから1時間経過。新幹線が見える。東京駅から品川なんて新幹線だと10分程度なのに、まだ品川にもつかない。昔、必殺シリーズの確か「必殺忠臣蔵」だと思うけど、赤穂までの距離の遠さを表現するために、飛脚と新幹線をオーバーラップさせた映像を思い出した。昔の人は女性や老人でも、初日で程ヶ谷(保土ヶ谷)位までは歩いたそうだ。昔の人って凄いね。この辺りでそろそろ夕暮れ時。温まった体も気温の低下で寒くなり、革ジャンの腕のファスナーを下ろして防寒。

田町富士そば_H22.02.06撮影
田町富士そば H22.02.06撮影

田町の駅前で富士そば発見。2階までぶち抜いて天井を高くして竹のオブジェを飾っている。豪華かつ大胆なつくりの富士そばである。さすが丹社長。ここで富士そばフリークの私は疲れも忘れて道を渡り写真を撮影。こういうのがきっと俺らしい写真なのだろう。もし、名古屋まで行けたら、その時は必ずココイチ一号店に寄ろうと心に決めた。この辺りで休もうかどうか迷ったが、17時を過ぎているのでそのまま歩くことにした。

東京タワー_H22.02.06撮影
札の辻から見た東京タワー H22.02.06撮影

札の辻で、夕暮れの東京タワーがとても綺麗だった。ここはどうしても撮らねばと日本人の悲しい性で疲れを忘れて写真を撮影。わざわざ一番良く取れる場所を探して、歩道橋の上まで登った。札の辻で品川2km川崎13km、本日は品川までかな。

17:30泉岳寺辺り。そろそろ夜になる寸前。ちょっと変わった神社発見。本体というよりも隣ののマンションにでっかい神社のロゴを貼り付けてある!こんな神社みたの初めてだな。写真撮ろうかと思ったが、VOWみたいになるのでやめた。ちなみに反対側は笹川会館。彼の有名な笹川先生がお母さんを負ぶっている銅像。昔の「おとうさん、おかあさんを大切にしよう」の日本船舶振興会のCMを思い出した。この辺りなんか濃い。俺風にいうと「この辺、小杉隆」

17:40頃ようやく品川のビル群が見えてくる。ドラクエとかやってて、やっと街とか村を見つけた感じ。この辺で万歩計を見たら10700歩になっていた。品川まで1km。

ゆで太郎の看板_H22.02.06撮影
ゆで太郎の看板 H22.02.06撮影

さっきからそば屋の話で恐縮だが、今日、2軒目の「ゆで太郎」という立ち食いそば屋発見。以前にも五反田でも3件位、見た気がするのだが、青地に白の「ゆで太郎」ロゴが新興の立ち食いそば屋チェーンらしい。是非、今後の一人タモリ倶楽部・外食グルメ決定戦でも取り上げてみたい。品川まであと1km。

品川東横イン_H22.02.06撮影
品川東横イン H22.02.06撮影

駅近くで東横インの看板が見えてくる。旅先で東横インの青い看板みると安心する。ってか東京なんで全然まだ旅じゃないんだけど、心情的には旅になってるらしい。ちなみに自分、東横インフリークなんで、東横イン芸人とかあったら出たいし、東横インあるあるとか出来る。

17:50に品川駅前到着。ちょうど講習会の終わった大将からもメールが来たので今日はここで終了することにする。ちなみに大将とはうちの奥さんのことで会社の人はみんな彼女を大将と呼んでいる。結局、このあと大将と渋谷のわさびで焼酎2本空けました。

日本橋~品川
時間:1時間40分
歩行距離:約7.47km

かかった費用
食事代 930円
雑貨代 420円
交通費 500円(駒沢大学~三越前・品川~渋谷)


2013/02/03記載
まだスタートしたばかりのせいか、大分浮かれています。恥ずかしい文章も所々に。それも記録なのでそのまま掲載しました。写真を撮るのを大分我慢していますが、それも今だけです。購入した万歩計は、100円のでは結局使い物になりませんでした。

  



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.02.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR