【歩・過】東海道五十三次踏破・品川~その2

カテゴリ:【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)
~2010年からスタートして現在中断中の、東海道を日本橋から京都まで歩く企画の過去分です。ここでは日本橋~金谷までを取り上げます。途中の文章もその当時に書いたものです。



2010年2月14日(日)第2回の記録:鈴ヶ森~鶴見

15:11 刑場跡の碑を過ぎて15号との交差点、鈴ヶ森に到着。ここからは川崎まで国道15号を歩き続けることになる。そろそろどこかで休みたい。

300m程、歩くと、しながわ水族館。うちの大将と出会ったばかりの時にここに来たことがある。ちょっと懐かしい気持ちになる。すぐに大森海岸駅前。疲れが最高潮。息もだんだん切れてきた。反対側にロイヤルホストがあるのだが、渡る元気が無い。こういう時、いつも目指すものは道路の反対側にある気がする。

15:32 環七との交差点。まだ休めるところが無い。川崎に向かって左側を歩いているが喫茶店さえない。国道沿いということもあり、風景も単調でつまらない。

15:39 ようやく大森警察署前でデニーズ発見。休憩する。最低30分は休憩すると決めた。店に入ってコーヒーを注文。日曜日の夕方前ということもあり、店内は中高年のご婦人方であふれている。その中で一人ドラクエ6をするオレ。かなり浮いている。電車の中からやっているボスキャラとの対決。15分やってようやく勝利。ミラルゴを倒してかがみ姫の救出に成功。

16:17 出発。雨が降りそうになってきた。30分強制休憩は成功だったらしく、体力は十分回復している。こういう長丁場は休憩が大切だと実感した。まもなく川崎5km、横浜18kmの表示。

16:32 東蒲田2丁目交差点。この辺りから京急線の立体化の工事が大掛かりにやっている。

16:36 京急蒲田駅前。ここはいつも思っていたが、15号に京急線の踏切が普通に存在するために踏切一時停止の車で道路が混雑するところ。早く立体化が進むことを切に願う。ちなみにこの辺は上司のテリトリーなのだが、彼女は現在NYにいるため、沿道で旗を振っていることは無さそうだというか無い。

16:39 環八との交差点。そろそろ今日をどこで終えるか気になってくる。川崎で終了するか、地図を用意した生麦までにするか悩むところ。

16:44 六郷の地名が見え始める。多摩川はもうすぐか?

16:49 片手が異常に冷えだす。自分の場合、過去に手のひらの汗を止める手術を右手だけしたので、左手が汗ばんでいるのに右手が氷のように冷えることがよくあって、体温の調節が上手くいかないことがよくある。手袋をして保温。

16:50 雑色駅前。遠くからずっと見えていたOKの看板は雑色駅前のOKマートの本社の看板だった。

16:55 五十鈴の看板が見える。あそこまでいけば多摩川を越えられることがわかっているのでそこを目標に歩く。今頃になってびっくりドンキーやジョナサン、モスバーガーなど休めるところが続々出現。でももう遅い。

17:02 五十鈴の看板のところに到着。ココから先が多摩川を渡る橋。川崎1km、横浜14kmの表示。ここで不思議な集団に出会った。先頭で女の人がキャリーを引いていて、そこからオレンジ色のひもを流しながら歩いている。周りにはビデオカメラやマイクを持ったスタッフ。50m位後ろで、そのひもを巻き取っている人がいる。何かの撮影らしいが機材からして衛星放送っぽい。オレと同じようなことをしているのだろうか?話しかけたら何か面白い話が聞けそうだったがめんどくさいのでスルー。

17:06 15号の下から六郷土手の上に上がり、再度15号へ合流地点。ここで17155歩。川崎駅前の街が見えてきた。現在は六郷橋の上を歩いているが、江戸期にはここは六郷の渡しといって渡し舟で渡っていたところ。ただ調べてみたら1688年までは橋があったとのことだった。洪水以降橋をかけなかったそうだが、江戸防衛のために橋を作らなかったわけではなく単に治水が上手くいかないので橋を架けなかったのだろうか

17:11 神奈川県川崎市突入。とりあえず東海道の東京都パートは完歩。六郷橋の欄干には、渡し舟のオブジェが取り付けられていた。趣があっていいなあ。

橋を過ぎると15号の下をくぐって、15号からそれる。品川ほどではないが東海道や川崎宿の案内がちらほら。そろそろ薄暗くなってきた。タケちゃんマンの“今日は吉原、堀の内”の堀の内のソープ街に並行して川崎駅前に向かって歩いていく。今日は川崎を越えてみようとここで思う。生麦まで言ってみるか?

17:26 旧東海道いさご通りの立派な看板。ここからはいさご通りというらしい。旧東海道と表示はあっても、店はチェーン店の居酒屋やレストランが立ち並び、旧道の趣はまったく無い。

17:32 小土呂橋交差点直後、忘れた頃に“ゆで太郎”出現。完全に忘れていたがこんなところにもあったとは。おそるべし、ゆで太郎。今、職場で“ゆで太郎”プチブレイク中。

17:36 休憩で復活したとはいえ、腰に違和感が出てくる。

17:43 八丁畷駅前。日没直前。

17:48 市場上町交差点。総合的に考えて今日は鶴見までと最終決断。このあたりから、鶴見川まで市場上町、市場東中町、市場西中町、市場下町と続く。市場とは鶴見の青果市場のこと。町の名前からも、市場がこの辺りの暮らしや経済を担っていることが容易に想像できる。歩いていたら銭湯の独特の匂いがしてきた。早く風呂に入って温まりたい。普段は冬でもシャワーなのでこういう時は、実に湯船が恋しくなる。広い風呂に足を伸ばして入りたい。

17:58 鶴見川を渡る鶴見川橋到着。22963歩。もう完全に日は落ちてオレの携帯のカメラで写真をとるのは難しい。そのまま鶴見へ突入。17-18年位前に鶴見に住んでいたことが少しだけあるが、もうまったくわからなくなっている。

18:09 鶴見駅付近で本日は終了。

品川駅前~鶴見駅付近 ()は日本橋からの累計。
時間:4時間19分(5時間59分)
歩行距離:約16.2km(23.67km)

かかった費用
食事代 1450円
地図代  50円
交通費  800円(自宅付近バス停~品川 鶴見~桜新町)
合計 2300円(4150円)



2013/03/15記載
このカテゴリの、前の記事に書いたようにカメラを忘れたので写真の掲載は無しです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:東京都を散歩 - ジャンル:地域情報

2013.03.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR