【季】嵯峨の梅林~嵯峨野の春2013その1

カテゴリ【季】:京都の四季
~表情豊かな都の四季を題材にして、自由気ままに記します。



東京では桜が満開に近いことになっていますが、先週の撮った京都の梅、まだまだ紹介しきれません。

嵯峨の梅林と心経宝塔_H25.3.16撮影
嵯峨の梅林と心経宝塔 H25.3.16撮影

大覚寺脇の大沢池の春といえば、鬼平のエンディングの桜がイメージされますが、実は心経宝塔脇には見事な梅林もあるのです。梅越しの塔を撮りたかったのですが、上手く撮れませんでした。

紅梅と白梅_H25.3.16撮影
紅梅と白梅_H25.3.16撮影

梅の数は100本ほど。紅梅と白梅が混じり合って咲いているのは美しいものです。ほんのりの梅の香が薫ってきます。

紅梅__H25.3.16撮影
紅梅__H25.3.16撮影

手前の枝が邪魔ですが、おしべの本数が数えられるほど近づいてみました。紅梅は花弁の数が多いのでしょうか?
調べたら、こういう花は八重というそうです。わかりやすく紹介しているページがありました。(青梅の吉野梅郷さんのページです。)

白梅__H25.3.16撮影

白梅も接写して見ました。こちらは典型的な梅の花の形をしています。これは一重。車折神社で桜と梅がよくわからなかったので、神職の方に尋ねたら「真っ白なのは梅」と教えて頂きましたが、確かに花の色は真っ白です。このあと、池を1周して清涼寺へ向かいます。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.03.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【季】京都の四季

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR