【撮】御家人斬九郎最終回ロケ地特集~龍谷大学・大宮キャンパス

カテゴリ:【撮】京都の時代劇ロケ地
~京都の時代劇ロケ地をメジャーからマイナーまで



龍谷大学学寮_H25.03.17撮影
龍谷大学本館 H25.03.17撮影

龍谷大学本館_H25.03.17撮影
龍谷大学学寮 H25.03.17撮影

3回連続で御家人斬九郎第5シリーズ最終回の印象的なロケ地を紹介します。今回は最終回。3日間おつきあいありがとうございました。


西本願寺に隣接する龍谷大学本館、時代劇には似合わなそうなこの古びた洋館が、斬九郎シリーズ最後のシーンを飾るロケ地となった。

微笑むかのように座ったまま動かない斬九郎。雪の中、立ちつくす蔦吉。ゆっくりと画面が変わる。

花街を髷姿の洋装の侍や外国人が歩き回っている。おそらくは明治初年の深川か。やがて茶屋の中から芸者が出てくる。待たせていた人力車に乗り込むのは、蔦吉姐さんか。

「お前さん、いきましょうか」
「へい」
聞こえないが、動き出す前に「はい」と口を動かしている彼女がとても愛らしい。

人力車を引く車夫は角刈り。顔は斬九郎そのもの。学寮の白い建物の前を通って本館の前に出て、本館をバックに車を引いていく。BGMはいつものほのぼのとした斬九郎のエンディングテーマ。

斬九郎が死んだのか、死ななかったのかわからない。心臓を撃たれたはずだから死んだのだろうか?でもこのシーンがあるから生きていた?これは斬九郎が見ていた夢?明治時代に似たような人がたまたまいたのか?見ているものに色々な想像をさせてくれるエンディングだ。

私はというと斬九郎は死んでいないと思っている。表向きは芸者と車夫になっているけれど、深川の花街の人間は、みな二人が夫婦(めおと)だということを知っている。だから、目の前でどんな客が蔦吉を口説いていたって斬九郎は余裕なのだ。度が過ぎたら、掘割にそいつをたたき込むだけ。出てきた茶屋は、松平の屋敷を売り払って買ったもの。だから暖簾には「まつひら」と書いてある。「まつだいら」をそのまま使うのは、いくら斬九郎でも流石に気が引けるのだろう。オーナーはもちろん麻佐女。意外に経営のセンスがあるようだ。蔦吉はやがて引退、仲睦まじく二人は暮らし、やがて蔦吉は松平妙子として明治の終わりにこの世を去る。そして大正になってから斬九郎は、ようやく死ぬのだ。斬九郎の最後の言葉は「梅が咲いたら・・・」。その時の葬儀の佐治の弔辞がこれ。ここまで想像させてくれるエンディングが、最終回は監督も務めた渡辺謙さんからの斬九郎ファンへの素晴らしい贈り物でなくて一体何だろうか。



明治12年に学寮とともに完成したこの建物は国の重要文化財となっており、明治期の洋風建築を今に伝える貴重な建造物である。今年の2/17に放送された「必殺仕事人2013」では左とん平さん演じる辰巳屋の怪しげな寮として、その外観が使用された。校舎としては現在も使用されているようだ。



アクセスは大宮七条からすぐ。西本願寺の正面側からは行けないので注意。大学のHPでは京都駅から徒歩10分。京都駅から散歩がてら歩いてもいいし、水族館方面のバスに乗ってもいい。帰りには、ごはん屋げんきさんの定食が心よりおススメ。

関連記事:
【時】御家人斬九郎最終回の興奮、まだ冷めやらず
【時】斬九郎への弔辞(御家人斬九郎最終回スピンオフ)
【撮】御家人斬九郎最終回ロケ地特集~上賀茂神社・神事橋
【撮】御家人斬九郎最終回ロケ地特集~法然院・山門


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:時代劇 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2013.04.03 | | Comments(5) | Trackback(0) | 【撮】京都の時代劇ロケ地

コメント

京都のロケ地巡り

はじめまして、京都在住の必殺&時代劇ファン、都の商売人です。

私も、個人で「必殺シリーズ」を中心に、京都市内各地で時代劇のロケ地に使われている場所を巡っては、自分のサイトにアップしています。

「京の街 都の商売人の《歴史と時代劇》探索記」http://space.geocities.jp/wrjsw332/kyouto-city.htm

今回コメントさせて頂いた、龍谷大学大宮学舎も、時代劇で様々に使われてますね!(ちなみに私の「母校」です(笑))

またお伺いさせて頂こうと思いますので、どうか宜しくお願いいたします。

2013-04-04 木 17:05:35 | URL | 都の商売人 #- [ 編集]

Re: 京都のロケ地巡り

コメント頂きましてありがとうございます。
必殺関連でよくお見かけする都の商売人様のお目に留まって光栄です。
お話したいこともございますので、HPよりメール差し上げます。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

> はじめまして、京都在住の必殺&時代劇ファン、都の商売人です。
>
> 私も、個人で「必殺シリーズ」を中心に、京都市内各地で時代劇のロケ地に使われている場所を巡っては、自分のサイトにアップしています。
>
> 「京の街 都の商売人の《歴史と時代劇》探索記」http://space.geocities.jp/wrjsw332/kyouto-city.htm
>
> 今回コメントさせて頂いた、龍谷大学大宮学舎も、時代劇で様々に使われてますね!(ちなみに私の「母校」です(笑))
>
> またお伺いさせて頂こうと思いますので、どうか宜しくお願いいたします。

2013-04-04 木 19:25:10 | URL | SOULKYOTO #- [ 編集]

ありがとうございます。

都の商売人です。

頂いたメールに返信しようとしたら、二度が二度とも、エラーメッセージになってしまいましたので(何故だろう?(笑))、こちらに書き込ませて頂きます。

また、こちらにリンクを張って、お伺いさせて頂こうと思ってますので、今後とも宜しくお願いいたします。

2013-04-04 木 21:49:10 | URL | 都の商売人 #- [ 編集]

すみません

↑…の文章の色の選定を間違ってしまったので、見にくいと思います。本当にすいません!(汗!)

2013-04-04 木 21:52:47 | URL | 都の商売人 #- [ 編集]

Re: すみません

ご返信ありがとうございました。メールの方は設定の問題でした。
すみません。次からは先程のアドレスにお送り頂いても大丈夫です。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

> ↑…の文章の色の選定を間違ってしまったので、見にくいと思います。本当にすいません!(汗!)

2013-04-05 金 01:01:13 | URL | SOULKYOTO #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR