【時】女信長から愚将と時代考証の話

カテゴリ【時】:時代劇の話
~時代劇の感想、雑感、ニュースを書いて行きます。



最近流行りのIF歴史物です。原作を読んだことはないんですが、信長が女であることに伴い、結果的にお市や濃と男を取りあうことになる展開や、信長が女であることを知った秀吉の行動、本能寺は光秀が信長を解放してやるためだったという発想は面白かったですね。

ただ、如何せん、リアル感が無いんですよね。秀吉が伊勢谷さんというのもありますが、なぜリアル感が無いかを考えて行くと、全ては信長を演じた天海祐希さんのあの付け髭にあると思うんです。天海祐希+髭で作品がヅカ”臭プンプンになってしまったことはどうしても否めません。二夜のエンディングは♪スミレの花咲く頃~のカーテンコールが聞こえてきそうでした。別に天海さんが嫌いなわけではありませんが、私的には主役の人選ミスじゃねえかなというのが印象深い作品でした。

細かいことでいえば、いきなり冒頭、今川方で福本先生登場は盛り上がりました。やはり東映時代劇は福本先生抜きでは盛り上がりません。あと、実際には名将だったそうですが、戦国物では愚将扱いが定番の今川義元を三谷幸喜さんが演じていました。“功名が辻”でも足利義昭を演じていましたが、今後も、今川氏真や小早川秀秋等、愚将を演じて名愚将役者になって欲しいと思います。決して馬鹿にしているわけではありません。5度も家康を演じた津川さんや天下人を何度も演じた西田さんのように極めてほしいです。佐藤二朗さんの義昭も名愚将でした。ちなみに私の中での最高の愚将は「秀吉」の玉置浩二さんです。

リアル感が無いと言えば、この作品だけじゃありませんが、戦国物の合戦シーンで刀で斬り合うのがとても違和感があります。戦国の合戦は槍中心の戦いだったはずで、鎧の上から刀で斬るというのは変です。また、大将が自ら雑兵と斬り合いをしていたりすると、三国志じゃないんだからと突っ込みたくなります。ま、どこまで時代考証をするかという話になってしまうと、全員、ロバ位の馬に乗せなきゃいけなくなるので、そうすると逆にまたリアルではなくなってしまうので、どちらがいいかという話になってしまいますが。

またこれは全ての時代劇で思うんですが、もうちょっと、人を諱(いみな)で呼ぶことを避ける実名敬避俗文化を考えてほしいのです。部下が信長のことを信長様とか呼んでいるのを聞くと、そこで私は興ざめしてしまいます。時代考証の本を読むと、実名で呼ばないと歴史を知らない視聴者が、誰が誰だかわからなくなるからということだそうなんですが、もう少し何とかならないでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:時代劇 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2013.04.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【時】時代劇の話

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR