【散】御室八十八か所 土佐(修行の道場)その1 二十四番最御崎寺から

カテゴリ:【散】京都の散歩道
~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。


御室八十八か所二十四番最御崎寺_H25.03.16撮影
二十四番最御崎寺 H25.03.16撮影

今回は二十四番最御崎寺(ほつみさきじ)からスタート。ここからは土佐の国、修行の道場となる。変わった寺名の「ほつみさき」は「火つ岬」(火の岬)の意味がある。寺の裏は石段になり、最御崎寺を巻くように登って行く。

御室八十八か所二十五番津照寺_H25.3.16撮影
二十五番津照寺前の石段 H25.3.16撮影

左側には鎖のガードがあり、ガードが終わると真っすぐ登った先が二十五番津照寺(しんしょうじ)。途中の石段から仰ぎ見る津照寺ははるか上にあるように見える。最御崎寺との高低差はかなりありそうだ。

御室八十八か所二十六番金剛頂寺_H25.3.16撮影
二十六番金剛頂寺 H25.3.16撮影

津照寺前を左に行き、土と砂利の道、ゆるい登り坂を登ると紫の幕を張った二十六番金剛頂寺。幕も建物も年季が入っているのが風景によくマッチしている。金剛頂寺の右へ行き、石段を登る。一部、途中は鎖のガードがあり、落ちたら危ない場所。二十七番神峯寺(こうのみねじ)からV字で引き返す形で岩場を削ったような道を登って行く。

御室八十八か所二十七番神峯寺先の大岩_H25.3.16撮影
二十七番神峯寺先の大岩 H25.3.16撮影

途中には大岩がどっしりと鎮座ましましている。ここを右に行くと二十八番大日寺、左はショートカットする土の下り道。大日寺の脇には木の原木を使ったベンチがある。ここから市街を眺めることが出来る。

二十八番大日寺から見える京都タワー_H23.03.16撮影
二十八番大日寺から見える京都タワー H23.03.16撮影

逆光と距離があるので影しか見えないが、形からして中央に見えるのは京都タワーのはず。ここから砂利混じりの平坦な土の道を行くとすぐに二十九番国分寺、三十番善楽寺。

関連記事:
一つ前の御室八十八か所の記事
関連記事:【散】御室八十八か所 阿波(発心の道場)その2 十一番藤井寺から
一つ後の御室八十八か所の記事
散】御室八十八か所 土佐(修行の道場)その2 三十一番竹林寺から

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.04.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR