【番】もしもツアーズ~京都地元タウン誌記者が本気ですすめる今一番買いたいおみやげ争奪戦SP

カテゴリ【番】:京都の番組
~京都がテーマの番組の紹介、感想です。



昨日4/23に「鴨、京都へ行く」の番宣SPとして放送された「もしもツアーズ」です。「鴨、京都へ行く」は最近、はまってみています。京都の方からしたら突っ込み所満載でしょうが、自由に京都に行けない私にとってはTVで京都を味わえる貴重な番組です。番組終了までには、上羽やのロケ地になっている晴鴨楼に行ってみたいと思います。金銭的な問題で泊れはしませんが・・・・。

今年は春の京都スペシャル番組が無く寂しく思っていたので、家族が録画しておいてくれてラッキーでした。蔦吉姐さんも相変わらず美しく、Wでラッキー。

以下、紹介されたお店と感想です。

嵐山エリア
・ARINCO京都嵐山本店 京ロール抹茶づくし 1500円
・京菓子処 鼓月 八重桜酒カスティラ 735円
・京つけもの もり 嵐山店 あじわい漬けたまねぎ 525円
・老松 嵐山店 夏柑糖 1260円
・古都芋本舗 古都芋 1個150円
・新八茶屋 嵐山本店 プレミオピスタチオ 500円
・峯嵐堂 わらびもち きなこ 630円
・京都嵐山 どらサァヤ本舗 どらサァヤ5個入り682円

若村麻由美さんが1位に選んだのは、老松さんの夏柑糖(なつかんとう)。夏蜜柑の皮だけ残して、実を潰し寒天と混ぜて再度皮の中へ流し込んで固めたもの。若村さんが嵐山と言えば老松、老松と言えば夏柑糖という位なので相当有名なのでしょう。ちょっと高めですが、確かに美味そう。4/1から夏蜜柑が取れなくなるまでしか販売していないそうです。それ以外には、きなこが口の中できれいに溶けてしまって残らない峯嵐堂さんのわらびもちきなこもお土産にはぴったりです。京つけもの もりさんのあじわい漬けたまねぎはたまねぎが嫌いな私でも食欲をそそられました。画面を見ているだけでも唾が出てきます。

四条河原町エリア
・リンデンバーム パテアンクルート 100g700円
・nikiniki カレ・ド・カネール 70円~
・林万昌堂 四条本店 チョコマロン桜WETタイプ 1000円
・OTONA SOUP 根菜の豆乳みそスープ Mサイズ788円
・キルフェボン京都 マスクメロンと桜のティラミス 1ピース913円
・マリベル京都 クラスタートロワ 5250円
・BELLOTA 生ハムとチーズのサンドイッチBOX 980円
・ル・グランマーブル カフェ クラッセ マーブルデニッシュさくら 1斤1155円
・京都フレーバーズ 京都錦ロール 1575円

二条城から伊武雅刀さんの登場でスタート。二条城は四条河原町じゃないじゃんと突っ込みながら見ていました。伊武さんの待機場所は先斗町の富美家さん、川床には早いですが、それでも後ろの窓から見える鴨川の流れが素敵です。まずは鴨にちなんでリンデンバームさんのパテアンクルート、フォアグラ入りの贅沢なパイです。伊武さんの帰りの新幹線でワインを飲みながら食べたいというコメントには納得です。nikinikiは八橋の老舗、聖護院八ツ橋さんが経営しているそうです。nikinikiというネーミングもいいですが、今や老舗も色々なことにチャレンジしなければ通用しない時代を感じました。八橋の皮と具を自分でセレクトできるというスタイルは面白いと思います。サンドイッチのサブウェイみたいです。マリベル京都本店は町屋にニューヨークをミックスした建物が魅力な場所です。ホワイトデーには7時間待ちの行列ができたというチョコレートもいいのですが、私的にはこの建物を写真に取りたくて、早速次回の京都訪問の予定に組み込みました。伊武さんが1位に選んだのは京都フレーバーズの京都錦ロールでした。

祇園エリア
・小多福 八色のおはぎ 8個入り 1400円
・ぎおん徳屋 徳屋の本わらびもち 2500円
・をちょぼ庵 をちょぼもなか 1000円
・ラ・パティスリー・デ・レーヴ 京都プレスト 5250円
・祇園ぷらむ 特選村沢牛のヘレカツサンド 8500円
・西洋菓子ぎをんさかい 京ばあむ 1050円
・いず重 いなりずし 5個入り750円
・志津屋 祇園店 カルネ 160円

このコーナーの審判はドラマでも重鎮仲居役を勤める、かたせ梨乃さん。まずは小多福さんの八色のおはぎ、リンク先のサイトに味は詳しくかいてありますが、青海苔や青梅などの変わり種おはぎは興味があります。おばあさんが一人で作られているというのも手作り感満載でいいです。ぎおん徳屋さんの徳屋の本わらびもちは松下奈緒さんの行きつけだそうですが、プルンプルンの透明なわらびもちは十分食べ応えがありそうです。祇園ぷらむさんの特選村沢牛のヘレカツサンドは8500円。カツサンドでこの値段では食べたくても手が出ませんが、パンよりも厚い肉はジューシーさが画面から伝わってきました。八坂神社前の志津屋祇園店のカルネは、丸いハンバーガーのようなパンの中にハムとオニオンスライスを挟んだシンプルな総菜パンですが京都人なら知らない人がいないほどだそうです。私も常日頃、魂は京都人を謳っていますが、こういうネタだとやはり地元の人には勝てないなとちょっとさみしくなります。最終的にかたせさんが選んだのは、祇園ぷらむさんの特選村沢牛のヘレカツサンドでした。


http://lindenbaum.kyo2.jp/

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.04.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【番】京都の番組・映画

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR