【散】御室八十八か所 伊予(菩提の道場)その3 五十一番石手寺から

カテゴリ:【散】京都の散歩道
~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。



五十一番石手寺_H25.03.16撮影
五十一番石手寺 H25.03.16撮影

珍しく真っすぐなアスファルトの坂道を下ると突き当たりが五十一番石手寺(いしてじ)。前には小さな祠。この先はまた九十九折りを下って行く。建物を背中から見る形で五十二番太山寺(たいさんじ)。太山寺の前は全くスペースが無い。坂道の途中に無理に建物を建てた感じだ。この下は何かの工事をしている。きつめの石段を降りると別れ道。順路の通り進むと岩山を登るような登り坂が現れる。

円明寺へ上がる岩場_H25.03.16撮影
円明寺へ上がる岩場 H25.03.16撮影

ここは御室八十八か所の中でも最大の難所と思われる。途中は右側に手すり代わりの鎖が張られ、直前は傾斜が45度程もあるように感じる。お年寄りでは登れない。先程の道はショートカットのためのものだろう。

五十三番円明寺_H25.03.16撮影
五十三番円明寺 H25.03.16撮影

登りきると五十三番円明寺。建物で突き当たりかと思うと、順路は寺の右側の隙間を指している。

円明寺の先へ進む隙間_H25.03.16撮影
円明寺の先へ進む隙間 H25.03.16撮影

建物と岩のわずかな隙間を体を細めて通る。隙間を抜けるとアスファルトと石段の道になる。春休みだからだろう、野球少年たちがこの辺りでランニングをしている。予想通り先程のショートカットの道と合流する。

五十四番延命寺_H25.03.16撮影
五十四番延命寺 H25.03.16撮影

登りきると五十四番延命寺、アスファルトの平坦な道を進んで五十五番南光坊。四国八十八か所では金剛院光明寺とも号する。ここからまた下りの九十九折りになる。

一つ前の御室八十八か所の記事
【散】御室八十八か所 伊予(菩提の道場)その2 四十六番浄瑠璃寺から
一つ後ろの御室八十八か所の記事
【散】御室八十八か所 伊予(菩提の道場)その4 五十六番泰山寺から


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.05.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR