【段】東山・二年坂

カテゴリ:【段】日本石段階段学会・京都支部
~京都支部の石段階段の研究成果を発表します。


二年坂見上げ_H24.04.10撮影
二年坂見上げ H24.04.10撮影

三年坂を下って150m程進み、湯豆腐奥丹の前で右側に二年坂が現れる。二年坂の石段は、三年坂とともに産寧坂伝統的建造物群保存地区として京都を代表する石段になっている。二年坂をそのまま下っていくとと高台寺にたどり着く。二年坂と称するのは、三年坂の手前の坂という説や大同2年(807)に出来たからと諸説あるようだ。三年坂を産寧坂というように、二寧坂ともいう。いつも観光客でにぎわっているが、この写真は早朝撮影したもの。石段の下右側に看板の見えている、かさぎ屋は竹久夢二が通った甘味処で、石段の手前には竹久夢二が1917年(大正6)に数カ月暮らした寓居跡がある。

二年坂見下ろし_H24.04.10撮影
二年坂見下ろし H24.04.10撮影

二年坂の石段は三年坂に比べると傾斜もゆるやかで距離も短い。そのため一段一段の段差が少なくステップも幅広くとられているので、非常に穏やで柔らかい印象がある。下に見える三つの和傘は、我楽苦多という喫茶店のもので、二年坂を印象付ける重要なアイテムになっている(と思う)。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.05.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【段】日本階段石段学会・京都支部

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR