【石】長年、時代劇のロケを見つめてきた石仏たち

カテゴリ:【石】京都の石仏
~雨の日も風の日も京の街を山を水辺を護り続ける"いしぼとけ"達



大覚寺護摩堂脇から石仏群_H25.03.16撮影
大覚寺護摩堂脇から石仏群 H25.03.16撮影

大覚寺の大沢池の畔に立つ護摩堂、このお堂は時代劇の水辺のシーンによく登場するが、その脇に今回取り上げる石仏群が安置されている。

大覚寺護摩堂脇の石仏_H25.03.16撮影
大沢池石仏群 H25.03.16撮影

二十体ほどの石仏は木の根元に囲われて一列に並んでいる。調べてみると、これらの石仏は大日如来を中心にした胎蔵界五仏で、大沢池石仏群と呼ばれ鎌倉中期のものらしい。

薬師如来像_H25.03.16撮影
大日如来像 H25.03.16撮影

表情は既に伺い知れないが、結んでいる法界定印と冠からおそらくは大日如来だろう。

阿弥陀如来像_H25.03.16撮影
阿弥陀如来像_H25.03.16撮影

静かに目を閉じているこの像は、結んでいる印から阿弥陀如来と思われる。

大覚寺護摩堂脇の石仏_H25.03.16撮影
大沢池石仏群 H25.03.16撮影

石仏群は京都で映画が取られるようになってから随分と長い間、数々の時代劇スターの時代劇のロケを見守り続けてきた。これからも時代劇が続くようにもずっと守っていって欲しい、そんな思いでつい手を合わせてしまう石仏たちである。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.06.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【石】京都の石仏

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR