【検】寺の面

【検】:チャレンジ!!京都検定
~試験直前に読んだら受かったりなんかして。



先日、記事にした、クセルで作った京都検定学習虎の穴ツールですが、結構役に立っています。使いやすいようにどんどん改良しているのですが、自分しかわからないような機能や他人に勉強していることがわからないようにする機能も追加しているので、一般的に使えるものでは無くなってしまいました。そのうち、また公表致します。

ところで、京都検定の勉強をしていると、寺の面(つら)という言葉が出てきます。

南禅寺・・・武家面・・・武家の信仰を深く集めた
東福寺・・・伽藍面・・・伽藍の広大さから
建仁寺・・・学問面・・・学問が盛んだったから
大徳寺・・・茶面・・・・茶の湯で栄えたから
妙心寺・・・算盤面・・・徹底した管理で巨大な教団を造り上げたから

という具合です。それぞれが臨済宗の一派の大本山になっています。
学問面とか茶面はイメージがいいですが、算盤面というのは、何か京都人のそこはかとない悪意が感じられて面白いですね。計算高く巨大教団を造り上げたのが、昔の京都人は気に入らなかったのでしょうか?時代劇ファンにとっては妙心寺は武家屋敷街のシーンによく使われているので複雑な気分です。

今使っている京都新聞出版センターの『3日でマスター!京都検定3級虎の巻』にはこれだけなのですが、それ以外にも、「面」は無いのかと思って調べてみたらありました。相国寺の声明面です。禅宗の声明がよく伝えられているからだそうです。

臨済宗の各派の大本山は他にも全国にあって、京都には天龍寺があります。天龍寺が何面か検索して見たのですが出てこないので、天龍寺には面はついていないようです。

面は臨済宗の話ですが、面白いので宗派関係なく考えてみました。

大覚寺・・・時代劇面・・・言わずと知れた時代劇ロケの聖地
金戒光明寺・・墓地面・・・広大な黒谷墓地があるから
知恩院・・・・三門面・・・巨大な三門をもつから
清水寺・・・・観光面・・・一帯が京都を代表する観光地だから
八坂神社・・・女面・・・・花街祇園にあるから
下鴨神社・・・森面・・・・広大な糺の森を持っているから
京都駅・・・・階段面・・・大階段とエスカレーターが多いから
宗教関係なくなっちゃいました・・・

先ほど取り上げた『3日でマスター!京都検定3級虎の巻』は、ようやく最後のページまで終わりました。とっかかりには読みやすくて良いテキストだと思います。ただ、他の問題集なども見てみると、まだまだカバーしきれていないので、これだけでは無理でしょうね。このテキストの内容をを自作の虎の穴ツールに入れて暗記したのですが、来週からはこのカテゴリの1回目で紹介した、ネット上の「京都検定特訓マシーン」を利用していこうかと思っています。1年半くらい更新されていませんが、時事問以外なら大丈夫でしょう。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.06.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【検】チャレンジ!!京都検定

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR