【散】金戒光明寺から吉田神社へ(H25.06.16) その3

カテゴリ:【散】京都の散歩道
~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。


崇源院供養塔 _H25.06.16撮影
崇源院供養塔 H25.06.16撮影

会津墓地参道と案内がある極楽橋を渡ると蓮池の右半分には、青々と茂った蓮の鉢が沈められている。花はまだのようだ。橋を渡って、石段の手前を左に入ると、徳川秀忠の正室、崇源院(江)の供養塔がある。手前には2年前の大河ドラマの主人公だった時に置かれた案内板がまだ建てられている。一昨年は香華の花が絶えなかっただろう。この塔は春日局により建立されたもので、ここには崇源院の遺髪が納められている。

五劫思惟阿弥陀仏 _H25.06.16撮影
五劫思惟阿弥陀仏 H25.06.16撮影

石段下左側には、以前に『結果的にファンキーになってしまった仏様』で取り上げた、通称アフロ仏像もお地蔵様の後ろに何食わぬ顔で鎮座されている。ところで、ここの石段は時代劇にもよく登場する。塔の前の長い石段は印象的で時代劇にはうってつけの場所だ。そのうちに都の時代劇ロケ地カテゴリでも紹介する予定。京都の石段カテゴリでは『黒谷・金戒光明寺文殊塔の石段』で紹介している。

蓮池院 _H25.06.16撮影
蓮池院 H25.06.16撮影

石段下右側には、塔頭の一つ、蓮池院(れんちいん)がある。ここは、黒谷で出家した熊谷直実が法力房蓮生法師となり草庵を結んだ場所である。そのため熊谷堂とよばれる。

法力房蓮生と平敦盛の供養塔_H25.08.16撮影
法力房蓮生(熊谷直実)と平敦盛の供養塔_H25.08.16撮影

石段の左右は歴史上の著名人の墓が多い黒谷墓地となる。文殊塔への石段を25段上がると、右が円光大師御廟。円光大師とは法然上人に与えられた謚号である。御廟の前には、熊谷直実と平敦盛の供養塔が仲良く向かい合って建てられている。歴史が好きな方なら、すぐに平家物語の直実と敦盛の物語を思い出すだろう。私もいかに武士(もののふ)の習いとはいえ、何とも言えない気持ちになった。直実の仏門に対する気持ちは、このエピソードにより、さらに強くなっていく。金戒光明寺は幕末の京都守護職本陣で知られているが、鎧懸けの松、蓮池、熊谷堂、供養塔と熊谷直実ゆかりのものも多いことは、観光的にはあまり知られてていない。

文殊塔へ_H25.06.16撮影
文殊塔へ H25.06.16撮影

再び石段を登っていくと左に会津墓地の案内があるが、そのまま文殊塔へ向かって登る。ここからは階段のステップが幅広で少し緩やかになる。文殊塔手前で少し急な石段が16段で頂上へ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR