【散】金戒光明寺から吉田神社へ(H25.06.16) その6

カテゴリ:【散】京都の散歩道
~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。


西雲院_H25.06.16撮影
西雲院 H25.06.16撮影

会津墓地へは門を入らずにも行けるのだが、折角なので西雲院の中へ入る。西雲院は、会津墓地の他にも花の寺としても知られていて、春にはボタン、夏にはサルスベリが美しい。花にはまだ早かったが、本堂前には、それぞれに名前の付いた蓮の鉢が綺麗に並べられていた。

会津小鉄の墓_H25.08.16撮影
会津小鉄の墓 H25.08.16撮影

西雲院には、江戸時代の儒者海保青陵や会津墓地のために尽力した会津小鉄の墓もある。写真の向かって左が小鉄の墓で本名の上坂仙吉の名が刻まれている。鳥羽伏見の戦の会津の戦死者を後難を恐れず葬った後、遺品を会津まで届けたりもしたそうだ。現代では彼の名は物騒なイメージしかないのだが。

紫雲石_H25.06.16撮影
紫雲石 H25.06.16撮影

本堂の前の小さなお堂には紫雲石が祀られている。この岩は、比叡山を下りた法然上人が腰掛けて念仏を唱えると紫の雲が棚引き、四方に芳香が漂ったという伝説がある。金戒光明寺の山号・紫雲山の起源の岩である。この岩は文禄・慶長の役で捕えられ来日し後に出家した宗厳に対して、金戒光明寺第27世の了的により江戸初期に与えられ、彼はここに西雲院を開いたという。

会津墓地_H25.06.16撮影
会津墓地 H25.06.16撮影

反対側の門を出て左に行くとすぐに会津墓地になる。会津墓地は明日【京都で癒す】カテゴリで紹介したい。


海保青陵の墓_H25.10.13撮影
海保青陵の墓_H25.10.13撮影

H26.03.03追記:後日、西雲院の前の墓地で、江戸時代の儒者・海保清陵の墓を見つけました。西雲院の東門(本堂向かって右)から出てすぐ見える、会津墓地参道と彫られた石碑のすぐ右側です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.08.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR