【散】保津川下り(H25.08.16) その2

カテゴリ:【散】京都の散歩道
~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。



船着き場_H25.08.16撮影

スタート地点の船着き場は大きなコンクリート橋・保津橋の真下辺りです。この辺りの風景はまだ街中を流れている川という感じで、川下りの雰囲気はありません。スタートが9時15分、しばらくはこのような風景が続きます。舟は3人の船頭さんが操船し、船首には二人の船頭さん、一人は竹竿を川底につきたて船首から走り下るような形で、もう一人は櫂で船をこいでいました。案内を担当するのは櫂担当の船頭さん、しゃべりながら漕ぐのは見るからに重労働です。船尾の船頭さんは魯を操ります。櫓とは車で言えばハンドルに当たり、船の進む方角を決める設備です。

保津川の釣り人_H25.08.16撮影
保津川の釣り人 H25.08.16撮影

水深は1m程で今日は、かなり水が少ないそう。川釣りをしている人がいました。鮎釣りでしょうか?保津川より下流は鮎の漁場となっており、釣りには遊漁料が必要です。

日光浴する亀_H25.08.16撮影
日光浴する亀 H25.08.16撮影

真夏ではありますが、向かい風があって舟の上は涼しく快適です。その代り、船頭さんは向かい風なので大変だそうです。舟を漕ぎながら、笑いを交え絶妙なトークで案内してくれます。岩の上には、日向ぼっこをする亀を発見、ただし暑くなると水にもぐってしまうので見れるのは今だけとのこと。

保津小橋_H25.08.16撮影
保津小橋 H25.08.16撮影

5分程で見えてきたのは保津小橋。この橋は沈下橋といい、増水の場合は川に沈む構造になっています。沈下橋には欄干が無いのが特徴で、水没した際に流木が引っ掛かって川がせき止められたり、橋が壊れたりするのを防ぐためです。以前に取り上げた埼玉県の島田橋や、京都府久世郡久御山町と八幡市にかかる上津屋橋も沈下橋です。時代劇ロケ地の神サイト時代劇の風景さんでも、ロケ地として紹介されています。

アオサギ_H25.08.16撮影
アオサギ H25.08.16撮影

亀の次は貫禄のあるアオサギがブロックに鎮座しています。保津川は魚や鳥が多く住む生物の宝庫だそうです。蝉の声と魯をこぐ音を聞きながら船はのんびりと進んでいきます。ただし、風景は高い建物も見えていてまだ街の中。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.08.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR