【食】錦小路で鰻を頂く~味彩のと与

カテゴリ【食】:京都で食べる
~私が京都で食べた店、食べたい店をご案内します。味音痴なのでグルメガイドはできません。まずかったり、印象悪かった所は掲載していませんので。



のと与西店外観_H25.08.16撮影
のと与西店外観 H25.08.16撮影

もしかしたら近い将来、資源不足で鰻が食べられなくなるかもしれないというニュースを聞いて、BS朝日の『京都1200年の旅』で紹介されていた錦小路"のと与"の鰻を食べに出掛けてみました。"のと与"は錦小路では2軒あって、1軒は御幸町通りと麩屋町通りの間にある"川魚のと与"、こちらは店頭での販売のみ、今回のお目当ては富小路通りと柳馬場通りの間にある"味彩のと与"です。

のと与西店の店先_H25.08.16撮影
店先 H25.08.16撮影

1Fには鰻や他の川魚が賑やかに並べられていました。店先の脇にある階段を上がって店内へ入ると13時前でも、まだ混み合っており、1人だったので運良くカウンターに座ることが出来ました。町屋を改造したという店内は、外観から考えるよりも広く、カウンター3席、2人掛け×2と4人掛け×3のテーブルに加えて座敷があります。奥行きがあって、まさにうなぎの寝床です。天井には梁が見えていてロフト風、古びた建物を上手く活かしています。早速、1,900円のうなぎ丼を注文しました。カウンターに座ると鰻を焼く様子を見ることが出来ます。その代り、エアコンがあっても、熱気が伝わって非常に暑いのですが・・・。

うなぎ丼_H25.08.16撮影
うなぎ丼 H25.08.16撮影

冷たい麦茶をおかわりしつつ20分ほどで、お吸い物と漬け物付のうなぎ丼が登場。うなぎが3切れというのはちょっとさみしいですが、皮はパリパリです。関西の鰻は腹から裂いてパリパリに香ばしく焼き上げると聞きましたが、まさにその通り。京都で鰻を食べるのは初めてだったので、これが京の鰻かと感動しつつ、山椒をかけて美味しく頂きました。皮の焦げ目に味が良く沁みています。ちなみに関東は侍中心の文化なので切腹に通じるため、腹から裂くのは忌むそうです。関西は町人中心の文化なので、そんなことはお構いなしとか。3切れなので上手く配分して食べるのが難しいのですが、ごはんだけ残ってもタレがおいしいので十分いけます。お会計を終えて階段を終える時には数人の待ち客が並んでいました。

味彩 のと与
京都市中京区錦小路柳馬場東入ル東魚屋町173 2階

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.09.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【食】京都で食べる

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR