【記】新幹線の車窓から~東寺・五重塔

【記】THE京都
~京都の記号になっている建物、風景、その他諸々をピックアップします。



新幹線の車窓から見た東寺の五重塔_H25.09.13撮影
新幹線の車窓から見た東寺の五重塔 H25.08.17撮影

時代劇でも現代劇でも、東寺の五重塔は"京都に着いた"、"ここは京都である"ことを表現する一番わかりやすい記号になっています。記号になっている東寺の五重塔をこのブログで紹介するにはどこから撮るのがいいかと考えたら、『新幹線の中』という結果に至りました。今回、ちょうど新神戸から新横浜まで新幹線に乗る機会があったので、新幹線から撮影した東寺五重塔を取り上げます。もちろん迷惑にならないようにデッキで撮影。以下、時系列で紹介していきます。

新大阪から京都までは13分、どのタイミングで見えてくるのかわからないので、京都のアナウンスがあった時点でデッキに出ました。スマホの地図は電池が無くて使えないので、現在地が全くわからない状態でのチャレンジです。

桂川辺りから京都タワー_H25.08.17撮影
桂川辺りから京都タワー H25.08.17撮影

桂川で京都タワーが見えてきました。臨場感を出すために、この写真は加工せずそのまんまの写真です。テンションが上がってきます。

マンションの向こうに_H25.08.17撮影
マンションの向こうに H25.08.17撮影

マンションの向こうに初めて五重塔が顔を見せます。まだここがどのあたりか具体的にはよくわかりません。わかるのは間もなく京都ということだけ。

街中の五重塔_H25.08.17撮影
街中の五重塔 H25.08.17撮影

小さいながらも、五重塔がようやくはっきりとした姿を見せてくれました。街中にあってもかなり目立ちます。さすが京のランドマーク。建物の高さ制限があることもあるのでしょう。

河北印刷と八条中_H25.08.17撮影
河北印刷と八条中 H25.08.17撮影

ようやくどこかはっきりとわかる場所に来ました。右手は河北印刷(京都市南区唐橋門脇町28)の建物でその奥は八条中学校。このあと建物で見え隠れします。

根元まで見える五重塔_H25.08.16撮影
根元まで見える五重塔 H25.08.17撮影

これが一番根元まで見えた五重塔です。反対側の窓は梅小路公園が見えていたはず。このあと冒頭の写真の風景になります。

京都自動車専門学校_H25.08.17撮影
京都自動車専門学校越しに H25.08.17撮影"

すでに五重塔が真南に見える位置を過ぎ、大宮通りも越えた位置。あと十数秒位で京都駅に入ります。

最後に見えた瞬間_H25.08.17撮影
最後に見えた瞬間 H25.08.17撮影

五重塔が最後に見えたのはここ。油小路通りの手前あたりでしょうか。このあとは新・都ホテルとイオンモールでもう見えなくなります。昔は確か、新幹線ホームの西側から五重塔が見えた気がしたのですが・・・。まあ、いつ出てくるかわからなかったので、久しぶりにドキドキしてちょっとした楽しいイベントでした。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.09.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【記】THE 京都

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR