【勝】静岡県沼津市と駿東郡長泉町の境・鮎壺の滝

カテゴリ:【勝】勝手にロケハン隊
~素人が時代劇に使えそうなロケーションを勝手に探してきました。



鮎壺の滝遠景_H25.10.05撮影
鮎壺の滝遠景 H25.10.05撮影

たまには、港町で新鮮な魚を食べてみようと、東京から沼津まで車で出かけてみました。その帰り道、パワースポットとして紹介されていたのが、静岡県沼津市と駿東郡長泉町の境の黄瀬川にある鮎壺の滝です。鮎壺と名が付いたのは、遡ってきた鮎がここを登れず、滝壺に群れていたからと云われています。手前に、滝の鑑賞にはもってこいのつり橋がかかっていますが、左側に護岸があることでもわかるように、ここは山の中などではありません。

鮎壺の滝_H25.10.05撮影
鮎壺の滝 H25.10.05撮影

もう少し近寄って見ると滝がはっきりわかるかと思います。泳いでいかないと近くには寄れない感じですが、川幅は90m、滝の落差は10mとそこそこ大きな滝です。先ほど、山の中では無いと書きましたが、それどころか、後ろにはマンションも見えています。

鮎壺のかけ橋_H25.10.05撮影
鮎壺のかけ橋 H25.10.05撮影

実はこの滝の周囲は完全な住宅街で、静かな街に突然、滝が現れるような感覚です。住宅街に滝の音が響いているのはとても不思議な感じ。夏には河原にバーベキューの家族連れが集まってくるのでしょうか。

鮎壺の滝_H25.10.05撮影
鮎壺の滝 H25.10.05撮影

注目してほしいのは、この荒々しい岩肌。これは、およそ1万年前に流れてきた三島溶岩流です。木の根元から、武骨なこの岩肌の間を落ちる滝は、結構、時代劇に使えそう。この日は水量が少なそうでしたが、増水したらもっと迫力が有るに違いありません。

鮎壺の滝_H25.10.05撮影
鮎壺の滝 H25.10.05撮影

個人的には、何となく根来や熊野を想像してしまうので、頭の中で根来衆VS仕事人、服部半蔵率いる影の軍団VS熊野一族を闘わせてみました。橋の上から俯瞰の画面もとれますし、岩肌や滝上の樹が余計な物を隠してくれます。滝の下の河原も広く使えそうです。いつか時代劇ロケ地で、この滝を使ってくれたら嬉しいですね。

場所:静岡県沼津市・駿東郡長泉町(地図)
最寄駅はJR御殿場線下土狩駅から徒歩5分

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:時代劇 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2013.10.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【勝】勝手にロケハン隊

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR