【段・東】北鎌倉・八雲神社の石段

カテゴリ:【段・東】日本石段階段学会・東日本支部
~京都だけが石段じゃない。東日本支部の石段階段の研究成果を発表します。


北鎌倉・八雲神社の石段_H25.09.29撮影
北鎌倉・八雲神社の石段 H25.09.29撮影

円覚寺を訪れた際、北鎌倉駅のホームから見えた石段に惹かれました。北鎌倉駅は、駅のホームが異常に長く320m程もあります。改札がこの石段とは遠い方の端に1か所しかないため、改札を出た後この石段に行くためには、260m程戻ってまた改札まで、同じ距離を戻らなければなりません。面倒なので一度は諦めましたが、どうしても気になって見に行きました。

八雲神社の石柱_H25.09.29撮影
八雲神社の石柱 H25.09.29撮影

ホームからでは上にはいったい何があるのかわからなかったのですが、『村社・八雲神社』と彫られていました。この辺りの氏神様の社があるようです。

石段と雑草_H25.09.29撮影
石段と雑草 H25.09.29撮影

石段から雑草が生えているという、この『荒れている感』が石段の魅力を高めてくれます。雑草+石段は、このブログでも初めてで、否が応にも頂上への期待が高まります。下から見える最初の踊り場までは49段、それほど急な階段ではありません。踊り場から左に折れてさらに24段、さらに9段、右に折れて9段で八雲神社に辿り着きました。

八雲神社本殿_H25.09.29撮影
八雲神社本殿 H25.09.29撮影

先ほどの雑草の生えた階段からは予想外に清げな社です。実は、この社は山ノ内の八雲神社と云われ、相模国風土記にも記載されているほど古い神社でした。風土記によると村人が疫病退散のために、京都八坂神社を勧請したもので祭神はスサノオノミコトです。なお社伝では文明年間(1469~1468)に関東管領の上杉家の内部分裂で、山ノ内側の上杉憲房が京都の八坂神社から勧請したと伝えられています。ここのところ、若干、京都から離れた記事が続いていますが、八坂神社が出てきたので、今回はあながち京都と関連ないとも言えません。

弁財天と龍_H25.09.29撮影
弁財天と龍 H25.09.29撮影

建物には、表情は伺えませんが、質素ながらも見事な弁財天と龍が彫られています。他にも龍や唐獅子などが彫られており、年代は判らないもののかなり立派な彫刻です。

境内の塚_H25.09.29撮影
境内の塚 H25.09.29撮影

さらに境内には小高い塚があり、その石段は木の根に浸食されてガタガタになっているのも、石段好きには興味深い。2段目と3段目の間には根が入り込んで、外側から見えているのは見ものです。この塚には、鎌倉最大最古の庚申塔や安倍晴明(神社の表記は清明)の晴明石なども置かれていますが、石段とは離れるのでこれは別の機会に。
ちなみに、本殿の裏側はすぐ道路になっており、地図で確認すると尾根伝いに円覚寺とつながっていました。

八雲神社:鎌倉市山ノ内585(地図)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報 - ジャンル:地域情報

2013.10.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【段・東】日本階段石段学会・東日本支部

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR