【歩・過】東海道五十三次踏破・鶴見~その2

カテゴリ:【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)
~2010年からスタートして現在中断中の、東海道を日本橋から京都まで歩く企画の過去分です。ここでは日本橋~金谷までを取り上げます。途中の文章もその当時に書いたものです。



13:44 国道を15号を外れて宮前商店街に入る。ここで15号を歩くのは終わり。しばらく旧道を歩いていくこととなる。ここは商店街とはいってもあまり店が多いわけでもなく商店街っぽくはない。300m程の商店街の途中には洲崎神社という神社がある。案内板によると創建は建久2(1191)、源頼朝が安房神社の霊を遷して祀ったとあり由緒ある神社だ。先を急ぐので参拝はせず。その代わり、軍資金が少なくなったので近くののコンビニで現金を下ろす。

須崎神社_H22.2.27撮影
須崎神社_H22.2.20撮影

13:52 神奈川駅前、青木橋交差点。JR線を越える陸橋が国道1号になっている。この地点で東京31kmの表記がある。一瞬だけ国道に出るが、国道を渡って旧東海道へ。

13:58 大綱金刀比羅神社。この辺りで日本橋から初めて坂らしい坂に出会う。途中には坂本龍馬の妻だった、おりょうが明治7年、勝海舟の紹介で働いたという田中家という料亭がある。

田中家_H22.2.20撮影
田中家 H22.2.20撮影

この辺りで生麦辺りから、私と何度も追い越したり、追い越されたりしている老夫婦と田中家の撮影でバッティング。あちらもパンフレットとカメラを持っているので旧東海道を歩いているのだろうか。

龍馬の妻の楢崎龍といえば、寺田家で龍馬を救うために裸同然で飛び出して龍馬に急を告げたことなどから、豪胆な女性として知られているが、実生活ではあまり評判はよくなかったようだ。土佐藩士の佐々木高行によると、かなりの美人だが賢い人ではない。悪人でないことは確かであると言う批評が残っている。龍馬の死後、一時、坂本家に身を寄せたが、竜馬最愛の姉の乙女と不仲で、まもなく出奔したり、晩年はアルコール依存だったということを考えると、よく言えば自由奔放、悪く言えば身持ちの悪い女性だったというようなことか。

ただ、おりょうのエピソードで心打たれるのは、おりょうの再婚相手の西村松兵衛のこと。彼は66歳で亡くなったおりょうの墓に贈正四位阪本龍馬の妻龍子と刻んでいる。晩年酒に酔うとおりょうは龍馬の妻だったということを話していたという。単なるお人よしなのかもしれないが、前の夫の名前を死後に墓に刻むという松兵衛のやさしさには心打たれる気がする。確かアナウンサーの松平定知氏も戦乱の日本史で同じことを書かれていた。

坂を上りきると神奈川台関門の碑。開港後の攘夷派による外国人殺傷事件が相次ぎ、各国領事から抗議を受けた幕府が設置した関門があった場所。この辺りは神奈川台と呼ばれていた。確かに現在も地名表示は台町となっている。このあたりはちょうど横浜が一望できる場所だったのだろう。現在はマンションが立ち並んでいるが、台地を切り開いただけあって、斜面を加工して無理繰り作ったようなマンションも見受けられる。

神奈川台関門の碑_H22.2.20撮影
神奈川台関門の碑 H22.2.20撮影

ここから坂を下って、駅前から伸びている大通りを横切る。坂の上り下りは10分程度だったが高低差がかなりある。ブラタモリのタモさんがきたらきっと面白いのでは。

14:13 高速をくぐって横浜環状1号線に合流。

14:18 新横浜通りと交差する浅間下交差点。車に乗る人だったら三ツ沢から下りてきて教習所過ぎて下りきった所と言えばわかりやすいか。そういえば、必殺(シリーズ)仲間の後輩が、ここの交差点で車を横転させて西部警察張りに店にそのまま突っ込んだと話していたことを思い出した。

14:29 西スポーツセンター前。かなり大きなスポーツ施設に横浜市営バスのガススタンドがある。横浜市の財政の豊かさを感じる。

14:32 洪福寺交差点。ここには洪福寺という寺があることから交差点にこの名前がついている。20年以上前から思っていたのだが、福が洪水で洪福寺とは随分めでたい名前だ。初めて中を覗いてみたが、中は今風のビル様式の寺。表の看板では曹洞宗建長寺派。あくまで主観で詳しくないのだが、禅宗に洪福寺という寺名もあまり似合わないような気がする。

逆光でわかりづらいが洪福寺_H22.2.20撮影
逆光でわかりづらいが洪福寺 H22.2.20撮影

気になって調べてみたが、NETでも特には出てこなかった。ただ、この付近の商店街は洪福寺松原通り商店街という名前がついていて、ハマのアメ横という異名?ついているらしい。

14:37 天王町駅前に到着。そろそろ遅い昼にすることに。早速、松屋を発見。本日は松屋のW牛焼肉定食930円也。私の外食グルメでココイチ神カレーと一騎打ちする松屋の神定食で空腹を満たす。


久しぶりの東海道踏破が登場しましたが、実は今晩から、京都へ出発しますので、今回はそのリリーフです。14日も東海道踏破の続きで予約投稿になりますので宜しくお願い致します。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報 - ジャンル:地域情報

2013.10.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR