【撮】粟生・光明寺

カテゴリ:【撮】京都の時代劇ロケ地
~京都の時代劇ロケ地をメジャーからマイナーまで
粟生光明寺石段_H24.08.14撮影

階段・石段のページで紹介した粟生光明寺のなだらかな女人坂と呼ばれる石段は、1986年公開の映画「必殺!Ⅲ裏か表か」のエンディングで使用された。衝撃的な結末の後、松坂慶子演じるおこうが一転、穏やかに石段途中の踊り場から石段を下りてくる。最終的に総門から御影堂の大屋根までが映るショットになるが、かなり広角で総門の外から撮影しているので途中の踊り場より先の石段は隠れてしまっている。ラストは何事もなかったかのようにすれ違ったおこうを主水が眺めながら石段に立つシーンでエンド。激しいストーリーの後のクールダウンにはふさわしい優しい石段である。

粟生光明寺石段上部_H24.01.07撮影

1995年1月11日放送の御家人斬九郎第1シリーズ第1話の「かたてわざ」では、西尾伝三郎が栗林兵庫に襲撃されスシーンで石段の上部が使用されている。当然、斬九郎が現れて西尾は難を逃れるわけだが、立ち回りのシーンに石段の上部パートと御影堂の大屋根が併せて画面に飛び込んでくると画面が一際ダイナミックに見えてくる。

1997年1月8日放送の同じく御家人斬九郎第1シリーズ第1話「初春火の用心」では、一件落着の後、義父の墓参りを済ませた蔦吉と斬九郎が最上部から石段を下る。下る前に大屋根がアップになるシーンは圧巻。歩いてくる二人が、頭部から体が少しづつ見えてくるのも撮影の妙。実際にはそれほど大きくない御影堂が巨大なものに見えてくる。

粟生光明寺のアクセスは、電車の場合は、JR京都線長岡市駅もしくは阪急京都線長岡天神駅よりバスになる。いずれも旭が丘ホーム前で下車。バスの本数が1時間に2-3本程度。バス利用と言うことを含めてプランをたてないと無駄な時間を過ごすことになる。タクシーの場合、光明寺に客待ちのタクシーはいないので、往復タクシーのつもりなら待って貰った方がよい。なお、長岡天神駅を利用する場合は錦水亭もセットがおすすめ。車の場合は寺の有料駐車場(1,000円)を利用できるが、紅葉期は寺の駐車場は観光バス用になり使用できない。近所に有料の臨時駐車場が開設されるが、紅葉目当てのの観光客ですぐに埋まってしまうので要注意。

粟生光明寺のHP

関連記事:
京都の階段・石段【段】粟生・光明寺の石段(最上部)
京都の階段・石段【段】粟生・光明寺の石段(下部)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2012.10.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【撮】京都の時代劇ロケ地

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR