【散】御室八十八か所 讃岐(涅槃の道場)その3 七十九番天皇寺から(H25.10.12)

カテゴリ:【散】京都の散歩道
~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。



天皇寺のつっかえ棒_H25.10.12撮影
天皇寺のつっかえ棒 H25.10.12撮影

ちょっと気になったので近くで見てみると、なぜつっかえ棒がこのような形になっているかは分かりませんが、建物の端に小さな足場が組まれていました。お堂を建てるスペースが足りなくてこうなったのでしょう。山の中にこれだけの数のお堂を建てていくのは大変なことです。そのまま平坦な道を進むと八十番国分寺です。

不思議な囲い_H25.10.12撮影
不思議な囲い H25.10.12撮影

国分寺の前に不思議なモニュメントの様なものがあります。石の柵で囲われた岩の上に、自然石で作った小さな石塔のようなものが置かれています。柵には西三光会と彫られています。ネットで調べてみても、これが一体何なのかはわかりませんでした。

八十二番根香寺_H25.10.12撮影
八十二番根香寺 H25.10.12撮影

さらに平地を進んでいくと八十一番白峯寺(しろみねじ)、ここから緩やかに下っていくと八十二番根香寺です。写真ではあまりわかりませんが、随分と屋根が重そうに見えます。ここから少しだけ登って八十三番一宮寺(いちのみやじ)。

八十三番一宮寺_H25.10.12撮影
八十三番一宮寺 H25.10.12撮影

一宮寺の後ろには林の間から、裏の市立聾学校の建物が見え、山から下りてきたことがわかります。ゴールはもうすぐです。緩やかに下って八十四番屋島寺(やしまじ)へ。

八十五番八栗寺_H25.10.12撮影
八十五番八栗寺 H25.10.12撮影

さらに下って八十五番八栗寺(やくりじ)。正面にはもうゴールが見えています。ここから石段を下って八十六番志度寺へ向かいます。不謹慎ですが、バンドマンが喜んでしまうような寺名です。

八十六番志度寺_H25.10.12撮影
八十六番志度寺 H25.10.12撮影

志度寺は御室の中ではちょっとした広場の中央に建っており四方に道が開けています。山から下りきったで景色も明るく気持ち良い風景です。


御室八十八か所:仁和寺の裏山・成就山に古くから造られた観音霊場巡拝コース(地図)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2013.11.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR