【石】岡崎の石仏

カテゴリ:【石】京都の石仏
~雨の日も風の日も京の街を山を水辺を護り続ける"いしぼとけ"達


ずっと前から、金戒光明寺へ行く時に、気になっていた石仏があります。天王町の交差点の近くで、白川通りからほんのちょっとだけ入ったところなんですが、場所はこの辺りです。

岡崎の石仏_H25.08.16撮影
岡崎の石仏 H25.08.16撮影"

カギ型に曲がった道の外側の角の所に石塔を中心に、石仏が並んでいますが、普通の道端のお地蔵さんとは趣がちょっと異なるので、どうしても気になって記事にさせて頂きました。

岡崎の石仏_H25.10.12撮影
岡崎の石仏 H25.10.12撮影

赤い前かけに、白く塗られた顔とその顔に描かれた目鼻は、猟奇的な感じすらして何やらいわくありげな気もします。

石塔上部_H25.10.12撮影
石塔上部 H25.10.12撮影

中央の石塔上部には「南無阿弥陀佛」の文字と「聖誉上人」「善誉上人」「威誉上人」「超誉上人」の名前があります。南無阿弥陀仏ということは浄土宗、浄土真宗に関連があることでしょうか?ちょうどこの石仏群の後ろの山は浄土宗大本山の一つ、黒谷さん・金戒光明寺があります。

石塔下部_H25.10.12撮影
石塔下部_H25.10.12撮影

下部には「三界萬霊等」と書かれ、周囲には戒名らしき名前が記されています。「三界萬霊等」は「さんがいばんれいとう」と読み、お盆に行われる施餓鬼会には「三界萬霊等」と書かれた位牌を安置するそうです。三界萬霊とはこの世のあらゆるものの命をさすのだとか。

岡崎の石仏_H25.10.12撮影
岡崎の石仏 H25.10.12撮影

先程の4人の上人の名前で検索をしてみたところ、この場所が何をする場所なのかようやくわかりました。答えはこちらのページにありました。なんと、こちらは京都の子供たちが毎年楽しみにしている、地蔵盆を行う場所だったのです。猟奇的な等といって申し訳ありません。この白い顔に書かれた顔も、きっと子供たちに親しみを持ってもらうために、書かれた顔なのでしょう。東京に住む私は地蔵盆を見たことが無いので、ぜひ一度見てみたいとは思っていました。今年の夏は、地蔵盆の時期にこの場所を訪れてみたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.01.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【石】京都の石仏

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR