【散】京都駅ビル探検隊(H26.02.09) その3

カテゴリ:【散】京都の散歩道
~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。



東広場から見える京都タワー_H26.02.09撮影
東広場から見える京都タワー H26.02.09撮影

東広場の北側からは京都タワーを違った視点で見ることが出来ます。高さはタワービルの屋上より1階分位、低い程度です。後ろの改修中の東本願寺の阿弥陀堂の覆いも結構な高さまであることがわかります。

東広場から見える京都タワー_H26.02.09撮影
東広場から見える京都タワー H26.02.09撮影

この写真は拡大しましたが、ちょうど京都タワーの中の人が眼鏡をかけた私でも見えました。

空中経路へのエスカレーター_H26.02.09撮影
空中経路へのエスカレーター H26.02.09撮影

この長いエスカレーターで東広場から空中径路へ向かいます。先程の京都タワーはこのエスカレーターの向かって右側から覗いたものです。

空中径路_H26.02.09撮影
空中径路 H26.02.09撮影

エレベーターを上がって、向こうまで真っすぐに伸びる通路が京都駅ビルの空中径路(skyway)です。その名の通り、京都駅ビルを東から西へ、地上45mを綱渡りの様につないでいます。長さは京都駅ビル東西がが470mということを考えると200m位でしょうか?最近リニューアルされた京都駅ビルのWEBページのの立体図を見ると、空中径路がどんなものかわかりやすいと思います。

大階段側下から見た空中径路_H24.11.10撮影
大階段側下から見た空中径路 H24.11.10撮影

こちらは少し前に撮影した写真になりますが、大階段側からエスカレーター5階あたりから撮影した空中径路です。クリスマスツリーの先の向かって左側にまっすぐ伸びる定規の様な直線が、空中径路になります。

空中径路から見た京都タワー_H26.02.09撮影
空中径路から見た京都タワー H26.02.09撮影

京都タワーの真正面辺りです。見た感じは京都タワーの展望室3階(タワーの根元が接続している部分)よりも少し高いくらい。ちなみに空中径路とはいっても、もちろん廻りは囲われています。これもガラス越しからの写真です。床下から地上が見えることもないし、揺れることもないので、高所恐怖症の方でも大丈夫だと思います。

東山の山並み_H26.02.09撮影
東山の山並み H26.02.09撮影

タワーの向かって右側には、東山の山並みが連なります。綺麗に写っていませんが、山の麓にあるのは改修中の知恩院の御影堂を覆っているドームです。関係ないですが、手前に写っている看板のせいでで、"わかさ生活"もしくは"ブルーベリー"というと私は反射的に京都を連想してしまいます。

鷹峯方面_H26.02.09撮影
鷹峯から嵐山方面 H26.02.09撮影

反対側は鷹峯・御室から嵐山辺りでしょうか。京都が周囲を山に囲まれた盆地であることがよくわかります。空中経路は途中3か所ほど、鉄骨の数を減らして、外の景色がよく見えるように工夫されています。
H26.05 加筆修正有り



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.03.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR