【散】京都駅ビル探検隊(H26.02.09) その6

カテゴリ:【散】京都の散歩道
~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。


ヘリポート_H26.02.09撮影

屋上を西側へ行くと、伊勢丹の入り口がありますが、そこから屋上のヘリポートが見えます。調べてみるとヘリポートの記号にはH(ヘリポート)とR(レスキュー)があって、Hはヘリの着陸が可能、Rはビルの強度や広さで着陸できず、ホバリングして人命救助を行う意味だそうです。京都駅ビルはヘリも着陸できるんだと、関係ないのに嬉しくなってしまいます。もし約30年前にこのビルがあったら、「西部警察」で石原裕次郎がこの場所に着陸し、大門軍団と大階段を駆け下りて行くシーンが見られたかもしれません。

南側の風景_H26.02.09撮影
南側の風景 H26.02.09撮影

南側ではガラス越しに伏見・宇治方面の景色が広がっています。手前のビルは近鉄の駅ビルで近鉄京都駅、ホテルが履いてっています。向こうにかすかに見える道路は、阪神高速京都線です。

東寺の五重塔_H26.02.09撮影
東寺の五重塔 H26.02.09撮影

ガラス越しなので綺麗には写りませんが、西側に視線を移すと東寺の五重塔も見えます。

屋上から大階段_H26.02.09撮影
屋上から大階段 H26.02.09撮影

最後にもう一度、屋上から大階段を写してみました。京都駅の一番高い所から見える大階段です。こんな物を作ってしまうのは、ある意味京都人らしからぬ発想だと思い、調べてみると設計者の原広司東京大学名誉教授は、神奈川県生まれの方でした。長野県の飯田高校から東京大学に入った方で、京都には縁がなさそうです。私はこの階段を見ると、豊国廟の石段を思い出します。

室町小路広場のステージ_H26.02.09撮影
室町小路広場のステージ H26.02.09撮影

エスカレーターで4Fの室町小路広場まで下りてきました。今は何も行われていませんが、コンサートや京都駅の名物、クリスマスツリーはここに飾られます。ステージ前は、大階段を舞台に写真撮影するベストスポットでもあります。

3本クリスマスツリー_H25.12.10撮影
京都駅のクリスマスツリー H25.12.10撮影

昨年の京都駅のクリスマスツリーを上から撮影した写真です。真ん中が実物のツリーでステージのある場所に組まれていることがわかると思います。左右のツリーは鏡麺に映ったツリーです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.03.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR