【散】きぬかけの道から嵐山へ春の自転車散歩(H26.04.06) その5

カテゴリ:【散】京都の散歩道
~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。


仁和寺・二王門_H26.04.05撮影
仁和寺・二王門 H26.04.05撮影

龍安寺の駐輪場から1km程、自転車で走ると大きな二王門が見えてきます。ここがきぬかけの道の終点で、遅咲きの御室桜で知られる真言宗御室派の仁和寺です。山号は大内山、本尊は阿弥陀三尊。こちらも世界遺産の一つになります。同じ大きな門を持つお寺として、南禅寺三門や知恩院の三門がありますが、この二つの門は禅宗様式であるのに対し、仁和寺の二王門は和様という、平安時代の日本の形式で作られているのが特徴です。

嵐電・御室駅_H26.04.05撮影
嵐電・御室駅 H26.04.05撮影

仁和寺に入る前に二王門前を左に入るとすぐに嵐電の御室駅があります。ここの昔風に作ってある駅の佇まいが好きです。昨年、御室八十八か所を取材した際に、何度もこの駅を利用しました。

仁王門前_H26.04.05撮影
仁王門前 H26.04.05撮影

仁和寺は自転車置き場が二王門の前になっているので、こちらに止めます。この場所はいつも思うのですが、門から足元を見ないで歩いてきて、落ちた人絶対いると思います。私も前に落ちそうになって焦りました。門には「おむろ桜 つぼみふくらむ」と掲示されています。遅咲きなので当然のことながら、まだ開花していないようです。

阿吽の二王像_H26.04.05撮影
阿吽の二王像 H26.04.05撮影

門を護るのは阿吽の仁王像。古び方といい、筋骨隆々とした迫力と言い、他の二王とは力強さが違うような気がして魅かれます。文化財等には指定されていないので、比較的新しいものなのでしょうか?文化財だから良いというわけでなく、仏像は個々人の観賞方法で良いと思います。

参道と中門_H26.04.05撮影
参道と中門 H26.04.05撮影

二王門の向こうは広々とした参道。向こうに見える赤い門は中門です。「御家人斬九郎」や「刺客請負人」などでロケに使われていました。本堂である金堂までここから一直線で300m。法話をされていたお坊さんの話によると、ここまで真っすぐな参道は京都でも珍しいそうで「浄心の参道」や「オムロード」などとよばれているそうです。

中門_H26.04.05撮影
中門 H26.04.05撮影

中門の手前にテントが張られています。桜の時期だけは仁和寺は入山料が必要なのを忘れていました。500円支払って中に入ります。ツイッターで早朝は入山料を取られないという情報も頂きました。中門の前では、桜が綺麗に咲いていて、にわかカメラマン達を随分とを招き寄せています。私もその一人ですが・・・

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.04.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR