【散】きぬかけの道から嵐山へ春の自転車散歩(H26.04.06) その9

カテゴリ:【散】京都の散歩道~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。


広沢池東岸へ_H26.04.05撮影
広沢池西岸へ H26.04.05撮影

児(ちご)神社で右折し、広沢池をぐるりと囲むように山に向かって進みます。池側には桜並木、道路の反対側は広々と農地が広がっています。

嵯峨野の田園風景_H26.04.05撮影
嵯峨野の田園風景 H26.04.05撮影

この辺りは、嵯峨野の田園風景を満喫できる場所です。畑の中の農道を時折、嵯峨野巡りの観光客を乗せていると思われるタクシーがゆっくり走っていきます。タクシーでもいいんですが、晴れているなら私は、嵯峨野巡りは絶対に自転車がお勧めです。ゆったり、のんびり、できれば嵯峨野には1日費やしてもいい位です。(かくいう私は、毎回東京から来るのでそんな余裕が無いのが残念ですが。)

弁天島の千手観音_H26.04.05撮影
弁天島の千手観音 H26.04.05撮影

100m程進むと観音島へ渡る橋があります。観音島の中央におわすのは石造の十一面千手観音菩薩です。池に向かって静かに手を合わせる姿に魅せられて、そのお姿を私のツイッターのプロフィール画像に拝借しています。背面の銘によると寛永年間に造られたものでこの場所に安置されたのは戦後だそうです。元々は蓮華寺のある音羽山にあったものだとか。その辺りの経緯はこちらのページで詳しく調査されています。

弁天島の十一面千手観音 H26.04.05撮影
弁天島の十一面千手観音 H26.04.05撮影

仏像に詳しいわけではないのですが、千手の部分の表現方法が面白いと思います。千手をこのような表現方法で表している千手観音は見たことがありません。それにしても、この場所にいると何か癒されるような気がしてきます。小さい島にもかかわらず、いつも人気(ひとけ)が絶えないのもそのためでしょうか。夏には、昔懐かしいザリガニ釣りをする子供の姿なども見られます。

弁天社_H26.04.05撮影
弁天社 H26.04.05撮影

観音島からさらに付きだした部分には弁財天を祀る小さなお社があります。千手観音とともに地元の方の信仰も厚いようで、台座の石の部分はお手製の修理が施されています。ちなみに社の後ろに見えるのは、先程入った宗教施設がある東岸です。

観音島の燈火_H26.04.05撮影
観音島の燈火 H26.04.05撮影

他にも観音島には手作りの灯火(ライト)が設置されていたりと、この島が地元の方に大切に守られているのがわかります。以前にこの灯火には「年金暮らしの老人がつけた小さな灯火です。壊したり盗ったりしないで下さい。」と札があって涙が出そうになりました。今も、夜になったらこの灯火にきちんと灯が灯っていればいいなと心から願います。

観音島の桜_H26.04.05撮影
観音島の桜 H26.04.05撮影

観音島にも1本桜の木がありますがまだ蕾でした。周囲は咲いているのに、この花は遅咲きなのでしょうか?さて、小さな島でも一日分の記事を費やしてしまいました。それ位、素敵な場所であることがみなさんに伝わるといいのですが。次は再び自転車で、嵯峨御所大覚寺・大沢池を目指します。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.04.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR