【散】きぬかけの道から嵐山へ春の自転車散歩(H26.04.06) その11

カテゴリ:【散】京都の散歩道~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。


桜の心経宝塔_H26.04.05撮影
桜の心経宝塔 H26.04.05撮影

大沢池を一回りします。目につくのは朱が鮮やかな心経宝塔です。昨年は3月に梅林から心経宝塔を眺めましたが、今年は桜越しです。大沢池は春を愛でるには本当に贅沢な場所です。

護摩堂_H26.04.05撮影
護摩堂 H26.04.05撮影

護摩堂の周辺は随分と落ち着いた佇まいを見せています。このお堂は時代劇でも良く見かけるお堂ではないでしょうか?主人公が旅の途中に一休みしていると、若い娘が浪人に襲われていて、これはいかんということで騒動に巻き込まれたりします。奥に見える石仏群は以前にもご紹介しました。

大沢池で団欒_H26.04.05撮影
大沢池で団欒 H26.04.05撮影

大沢池の北東岸、菊ヶ島ではお年を召した方のグループがのんびりと談笑しておられました。何回かこの写真、後ろからのショットを掲載しましたが、写真の腕は別にして今回の京都訪問で一番気に入っている写真です。大沢池は一定の広さがあり、混み合うこともなく花見で散らかっていることもないので、このようにゆっくりできるのです。こういう時間は、人間らしく生きて行く上で大切だと思います。

対岸から五大堂観月台_H26.04.05撮影
対岸から五大堂観月台 H26.04.05撮影

大沢池を挟んで五大堂を眺めてみました。観月台が水に浮かぶお堂の様です。龍が伏せたような五大堂の屋根の形も優美に見えます。秋には月も楽しめる大沢池です。

大沢池入口辺り_H26.04.05撮影
大沢池入口辺り H26.04.05撮影

帰り際に名残惜しくて振り返って1枚。桜の門に入っていく家族連れの足取りもはずんでいるように見えます。

大覚寺門前_H26.04.05撮影
大覚寺門前 H26.04.05撮影

門前に戻りましたが、この風景も見たことはないでしょうか?良く大名屋敷の体で撮影される場所です。石垣の下が有栖川ですが、ここに密偵が潜んで様子を伺ったりする場所です。春の紹介か時代劇の紹介かわからなくなってきましたが、そろそろ夕暮れが近づいてきました。このあとは、自転車で最後の訪問場所、清涼寺へ向かいます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.04.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR