【季】護王神社の神幸祭 その4(H26.04.06)

カテゴリ【季】:京都の四季
~表情豊かな都の四季を題材にして、自由気ままに記します。


お稚児さん集合_H26.04.06撮影
お稚児さん集合 H26.04.06撮影

大きい子から小さい子まで、お稚児さんが1か所に集められ、集合写真を撮影していました。お稚児さんだけの集合写真や家族と一緒の集合写真など、一生の記念になる写真だと思います。京都で生まれ育つ子供は本当にうらやましいです。

人力車_H26.04.06撮影
人力車 H26.04.06撮影

人力車も準備を始めています。行列に随行するのでしょうか?この人力車は、普段は神前結婚式用に使用されているものだそうです。車夫の方も神紋入りの法被に笠をかぶった本格的な姿です。

神事の始まり_H26.04.06撮影
神事の始まり H26.04.06撮影

13時50分頃から社殿の前で、祭りの前の神事がスタートしました。最初はざわざわしているのですが次第に、境内が静まり返っていきます。社殿の前では、神前に祭を始める報告をしているようです。

お祓い_H26.04.06撮影
お祓い H26.04.06撮影

神職の方がお祓いをします。神輿だけでなく、参列者に対してもお祓いをすると・・・

祭の前の神事_H26.04.06撮影
祭の前の神事 H26.04.06撮影

進行役の神職の方の指示に従って、大人も子供も皆さん、頭を垂れます。厳かな雰囲気から、永年、地域に根付き、親しまれた神社であることを感じました。

祝詞_H26.04.06撮影
祝詞 H26.04.06撮影

黒袍(くろほう)の神職が神輿の祝詞をあげます。調べてみると、神職にも特級から4級までの6段階の階級があり、こちらの黒袍に白紋の紫袴の方は一級神職でした。全国に250人位しかいないそうです。この写真だけ見ているとタイムスリップしているような感じもします。

烏丸通りを挟んで_H26.04.06撮影
烏丸通りを挟んで H26.04.06撮影

残念ながら新幹線の時間があるので、14時前のこの時点でタイムアップ。神輿に神を遷す神事があるのかを確認したかったのですが、止むなく護王神社を後にしました。今回は神幸祭の準備段階のみご紹介しましたが、いつかまた訪れて、本番もご紹介したいと思います。4回に渡ってお読み頂きありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.05.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【季】京都の四季

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR