【歩・過】東海道五十三次踏破・藤沢本町~その1

カテゴリ:【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)
~2010年からスタートして現在中断中の、東海道を日本橋から京都まで歩く企画の過去分です。ここでは日本橋~金谷までを取り上げます。途中の文章もその当時に書いたものです。


3/14(日)の第5回目の記録

本日は快晴。陽気も春らしくなり着る服に困る。夜になって寒くなったことを考えてジャンパーの裏地を外して着て行く。また本日より万歩計を中止。100円ショップで購入したせいか正しく歩数計れていないため。

そろそろスタート地点までの時間が気になるようになった。自宅からスタート地点の藤沢本町まで1時間半弱。移動の時間をそろそろきちんと考えて計画しないと駄目らしい。

13:12 藤沢本町駅付近よりスタート。本日は大磯までを目指す。天気も良いため足取りも軽やか。何故か往年の80年代アイドル、ひかる一平氏のデビュー曲“青空only you”を歌ってしまう。

13:24 メルシャンワインの藤沢工場。ほのかにぶどうの香りがするが、休日で操業していないので気のせいかもしれない。

町の祠_H22.03.14撮影
町の祠 H22.03.14撮影

13:35 小さな祠を見つけた。特に名も無い祠のようだが、私は石段フェチなので思わず数枚写真を撮影。石段の傾斜加減と薄暗く鄙びた感じの祠の取り合わせが心地よい。

大山道道標_H22.03.14撮影
大山道道標 H22.03.14撮影

13:38 四ツ谷交差点。ここで県道44号が1号国道に合流。1号を渡ると大山道道標。ちなみに大山道の大山とは、現在の伊勢原市にある大山阿夫利神社のこと。この交差点がいくつかある大山道の中で一番主要な田村通り大山道の基点になっている。

不動明王像_H22.03.14撮影
不動明王像 H22.03.14撮影

また、道標の上の不動明王の迫力にも圧倒される。観光地の仏像とはまた違う趣き。少し行って羽鳥交番前交差点を過ぎると、100m程の歩道には松並木。

13:48 大山街道入口交差点。ここから茅ヶ崎市に入る。ここからもまたしばらく歩道に松並木がある。

吉野家の牛丼_H22.03.14撮影
吉野家のカルビ焼肉定食

14:00 大和田バス停。歩き始めて1時間経っていないが、藤沢駅の王将が混んでいて入れなかったために、今日はバス停そばの吉野家で昼食。カルビ焼肉定食580円。たれが甘い。やはり吉野家は牛丼に限る。甘く煮た玉ねぎは、世の中の玉ねぎの存在を否定する私でもおいしく頂けるのは吉野家の妙。休憩の後14:27出発。(続く)

ラチエン通りの案内_H22.03.14撮影
ラチエン通りの案内 H22.03.14撮影

14:38 松林中学校入口交差点 国道1号と交差する道路にラチエン通りの表記を発見。ラチエン通りはサザンの2ndアルバム“10ナンバーズ・からっと”の名曲“ラチエン通りのシスター”のタイトルに使用された通り。イメージではレンガで舗装された小路をイメージしていたが、実際はTOTO茅ヶ崎工場の脇を通る普通の道路だった。ラチエンの名は、昭和11年にこの通り沿いに邸宅を営んだドイツの貿易商ルドルフ・ラチエンから来ている。

ラチエン通り_H22.03.14撮影
ラチエン通り H22.03.14撮影

桑田の恋人がこの通りに住んでいたことから曲名になったサザンファンにはとても懐かしく甘酸っぱい通りである。余談になるが、私はサザンが好きであることをめったに人に話さない。普通に好きと思われたくないからだ。高校大学時代、サザンは私にとって神であった。かつては全ての曲を一語一句全身で受け止めるつもりで聴いていた。高校の時はサザンが出ると正座してテレビを見ていたほどだ。今はサザンを普通に楽しめるようになって気が楽になった。(追記:この3年後、ようやく気持ち的にサザンを生で見ることが出来るようになりました。神戸行ったんですが、衝撃的すぎて、後日、テレビで放映されるのを見るまでコンサート最初の記憶が無かったです。)

洋館の密集地_H22.03.14撮影
洋館の密集地 H22.03.14撮影

14:46 本村交差点 交差点を過ぎるとすぐに怪しげな洋館の廃屋が密集している区画があった。立ち入り禁止になっていて中には入れないが、中に5.6軒の洋館がたっており明らかに気持ち悪い。

洋館_H22.03.14撮影
廃屋の彫刻 H22.03.14撮影

いずれも廃屋のようで玄関前の彫刻も不気味にたたずんでいる。楳図かずおの恐怖漫画に出てきそうな場所だ。

茅ヶ崎一里塚_H22.03.14撮影
茅ヶ崎一里塚 H22.03.14撮影

14:56 一里塚交差点。ここにはかつて茅ヶ崎一里塚があり日本橋から数えて14番目の一里塚があった。歩道の脇が小山のようになっていてその上に一里塚の石がある。江戸期には一里塚は盛り土をしてその上に榎などを植えて木陰を作っていたそうだが、何となくそのイメージに近一里塚だ。ただし隣はマンションになっている。ここから100m程先が茅ヶ崎駅前の交差点だが交差点の歩道は完全に地下化されている。

15:14 千川を渡る鳥井戸橋。ここで日本橋から60kmの表示。この辺りから進行方向の遠くに箱根の山々らしきものが見え始める。

旧相模川の橋脚_H22.03.14撮影
旧相模川の橋脚 H22.03.14撮影

15:22 東海道名物“でかまんじゅう”の看板を過ぎると、小出川を渡る橋の手前に、旧相模川橋脚の案内。かつては相模川はこの辺りを流れていたようだ。橋脚を触ってみたら、人が触れる高さの部分はレプリカになっていた(続く)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:神奈川 - ジャンル:地域情報

2014.05.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR