【動】和気清麻呂公といのしし~護王神社 その2

カテゴリ:【動】京都の動物
~京都の街の動かない動物たち、つまりオブジェとしての動物を取り上げます。


一旦、福本清三さんの主演映画「太秦ライムライト」の話題を挟みましたが、護王神社の記事に戻ります。

和気清麻呂公の銅像_H26.04.06撮影
和気清麻呂公の銅像 H26.04.06撮影

境内の護王快感の前には、平成10年に和気清麻呂公千二百年祭を記念して建てられた清麻呂公の銅像があります。しっかりと両足で大地に立つ姿は、足腰に御利益のある神社ならでは。真っすぐに前を見つめる表情も、道鏡の野望を打ち破った、公の清廉潔白さを示しているように見えます。

和気広虫_H26.04.06撮影
和気広虫姫の御神像の案内 H26.04.06撮影

護王神社は清麻呂公とともに、姉の和気広虫姫も主祭神としています。広虫姫が多くの孤児を育てたというエピソードから、護王神社のもう一つの御神徳は、子育て、子供の成長の守護となっています。そのため、護王神社のもう一つの別名は"子育て明神"です。

飛翔親子猪_H26.04.06撮影
飛翔親子猪・昇り神猪と降り神猪 H26.04.06撮影

祈願殿の南側の木製のオブジェ、真ん中は護王神社にあった樹齢300年の桂の根株で作成したチェーンソーアート"飛翔親子猪"です。写真だと判りづらいのですが、多くの子猪と親猪が天に向かおうとしている姿を表現しています。左右は北山杉で制作された"昇り神猪と降り神猪"です。

飛翔親子猪_H26.04.06撮影
飛翔親子猪 H26.04.06撮影

元々の木材を生かす形で、中央でこちらに顔を向けているのが翼のある親いのしし、その肩に乗るように4~5頭の子いのししが彫られています。護王神社のいのしし神社と子育て明神を上手くミックスさせた作品です。

御神木周辺_H26.04.06撮影
御神木周辺 H26.04.06撮影

御神木の根本には石造の願掛けいのししが置かれ、その前には小さなお札のようなものがびっしりと立てられています。

座立亥串(くらたていぐし)_H26.04.06撮影
座立亥串(くらたていぐし) H26.04.06撮影

これは、名前と願いの内容を書いた札を願掛けいのししの前に立てる座立亥串というものです。多くの札に足腰の健康祈願が記入されていました。住所として書かれた地名も全国津々浦々です。

いのしし柄のネクタイ_H26.04.06撮影
いのしし柄のネクタイ H26.04.06撮影

売店に立ち寄ると、いのしし柄のネクタイが販売されていました。図柄が小さく、それほど目立たないので、ビジネスにも十分使えそうなネクタイでした。

いのししの絵馬_H26.04.06撮影
いのししの絵馬 H26.04.06撮影

絵馬を掛ける場所には、普通の絵馬に混じっていのししの形をした絵馬もありました。なかなか面白いデザインだと思います。絵だけでなく、形もいのししというのは珍しいですね。

大人の衣装_H26.04.06撮影
大人の衣装 H26.04.06撮影

神幸祭で氏子の方が羽織っていた陣羽織のような装束は、茶色に金で描かれた多くのライン、これもきっと、いのししをイメージしているのでしょう。さて、境内にはまだまだ、いのししがいるかもしれませんが今回はこれくらいに。いのしし神社の護王神社を御紹介しました。
護王神社:京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385(地図


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.05.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【動】京都の動物

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR