【行・帰】江ノ電バス ED1001便(高速バス)

カテゴリ:【行・帰】京都への足・からの足
~京都へ行く、京都から帰ってくる交通機関についてレポートします。出発地は東京または横浜です。データ重視。


江ノ電バス_H26.06.07撮影
江ノ電バス H26.06.07撮影

運行会社名(株)江ノ電バス藤沢
ブランド名 ED1001便 /江ノ電バス 
乗務員2名
バスタイプ3列独立シート・トイレ付
経路東名利用
利用日時H26年6月6日(金)
出発時間/到着時間 21:00/5:24
出発地/到着地戸塚駅東口 バスのりば(3番ポール) /
京都駅八条口(新都ホテル前)
休憩?
費用大人8,020円(税込、楽天トラベル利用)


・最安値ではありませんでしたが(最安値に近い金額ではありました)、今回、初めて江ノ電バスを利用してみました。バスの内部は江ノ電のイメージカラーのグリーンのシートに黄色の頭用カバー。社内は何だか落ちつくカラーリングです。エアコンなども暑くも寒くもなく快適。

・初めて乗車地を戸塚駅にしてみました。バス乗り場が一般のバスと一緒なのでわかりづらいです。一度、乗ってしまえば次回から大丈夫ですが、特に看板も出ていないので、初回は要注意。

・オプションは使い捨てスリッパとひざかけ。

・戸塚以降の乗車地は大船、鎌倉、藤沢、小田原でした。最初は3人しかいなかったのですが、最終的に9割方、埋まっていました。座席数は30席程度。

・今回の座席は7列目のA席。進行方向の左側でした。初めて、トイレがある列と反対側に座ったので、深夜トイレに行くのが大変でした。隣の席は空いているものの、その前の席の人が座席を倒していたので通れず、先頭を廻ってトイレまで行きました。今回、これが一番の難点でした。

・席毎にレール式のカーテンがあるので前後の席にかかわらずカーテンを利用できます。窓際の列には、上に2個の読書灯。真ん中の列は前の席の背もたれに読書灯が1個ついています。座席にコンセントは付いていません。

・座席は驚くほど後ろに倒れます。レバーを使っても自動では戻りません。

・アルコールNGのアナウンスがありませんでした。(高速バスでは飲まないと眠れないので助かりました。)アナウンスは全体的に簡潔です。

・消灯は小田原出発直後の23:35。休憩地は眠ってしまったのでどこか分かりませんでした。出発到着時刻はぴったり予定時間通りでした。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.06.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【行・帰】京都への足・からの足

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR