【散】京都駅から三条京阪を歩く(H26.06.07) その1

カテゴリ:【散】京都の散歩道~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。


京都に早朝到着して時間がある時、私はよく京都駅から三条京阪まで歩きます。経路は色々ありますが、どこを通っても本当に京都を旅している感を与えてくれます。今回は、そんな散歩道の一つを御紹介致します。

京都駅前_H26.06.07撮影
京都駅前 H26.06.07撮影

まずは旅番組のように京都駅中央口から出発します。時間は土曜日の朝8時前です。この日は観光シーズンでは無いので、まだこの時間、駅前の観光客はそれほど沢山はいませんでした。とはいえ、それは、いつもよりは少ないというだけです。何と言っても京都は日本が誇る観光都市ですから。

下から眺めた京都タワー_H26.06.07撮影
下から眺めた京都タワー H26.06.07撮影

北から烏丸通り、東西に塩小路通りが走る駅前の交差点に向かうと、京都タワーを真下から見ることが出来ます。京都タワーを真下から撮影した写真は、NETでも少ないのではないでしょうか?下から見るとこのような感じです。展望台部分を支える鉄骨が花弁のように見えます。天気はあいにくの曇りですが、青空だと京都タワーの白い躯体がよく映えて鮮やかです。

鳥居ビルに移る京都タワー_H26.06.07撮影
鳥居ビルに移る京都タワー H26.06.07撮影

京都タワーを烏丸通りを挟んで東側の鳥居ビルの鏡面には京都タワーが映ります。何かに映る京都タワーが好きなので見つけました。昼間はそれほどでもありませんが、夜はもっと綺麗です。そのまま塩小路通りの北側を東へ歩きます。

旅館通り_H26.06.07撮影
京の旅館通り H26.06.07撮影

20mほど歩いて地下街の入り口の先、右側は京都駅ビルがまだ途切れない、1本目の細い通りの入り口に"京の旅館通り"の看板が現れます。JTBとドコモの間の通りで、烏丸通りの1本東側の通りです。

不明門通り_H26.06.07撮影
不明門通り H26.06.07撮影

この通りの正式名称は不明門通りと書いて"あけずとおり"と読みます。この通りを北上すると松原通りの先で、がん封じの因幡薬師堂(平等寺)に行き当たりますが、その薬師堂の門が常時閉ざされていることから、この通りが"あけず"通りとよばれる由来になりました。

金の龍馬像_H26.06.07撮影
金の龍馬像 H26.06.07撮影

石畳み状の不明門通りを北へ進みます。最初の交差点で金色の龍馬像が現れました。初めて見たので、比較的最近できたのでしょう、近江軍鶏の専門店だそうです。竜馬は軍鶏鍋を好んだそうですが、金色の龍馬像はちょっと・・・・

西喜楼の中庭_H26.06.07撮影
西喜楼の中庭 H26.06.07撮影

軍鶏屋の2軒先は玄関から美しい中庭が見える旅館・西喜楼です。この日は玄関が少ししか開けられていないので、あまり庭がよく見えません。

西喜楼の中庭_H24.12.09撮影
西喜楼の中庭 H24.12.09撮影

2年前に撮影した写真はこのような感じでした。こちらは私が一度、泊ってみたい旅館の一つです。西喜楼の前を一旦通り過ぎて、すぐ振り返ると中から10歳位のイスラムの装束の女の子と、その家族が出てきました。おそらく観光で来日したのでしょう。私は、"京都は楽しい?楽しかった"と心の中で問いかけます。もちろん返事は無いのですが、彼女の屈託の無い笑顔が"of course"と答えているように思えました。(続く)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.06.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR